カテゴリー「走水」の2件の投稿

2023年12月12日 (火)

【釣行記(仕立船)】令和5年12月9日(土)走水・第八宏二郎丸さん

恒例の職場の同僚との仕立船釣行です!
202312090


普段、僕は乗合船や仕立船に乗ることはほとんどないんですが、今年のようになかなか手漕ぎで出撃できないと、やはり船に乗る機会は有難く感じます。

昨年、同じ週に出た仕立アジ1日船では、参加者全員が大漁。それに加えて僕の泳がせに2回もアタリが出た良い釣りでした。

そんな記憶も新しいので、ついつい期待も大きくなってしまいます。


🏁🏁🏁


しかし、天気予報は厳しい感じ。

前日朝の予報では、南西の風9m/秒とかなりの強風。初参加の方々もいて、幹事役の僕としてはトラウマを残してしまわないか心配になるほど悪い条件でした。

さらに、2日前の時点で2人から発熱の連絡があり、不吉な予感がマンマン<(>_<)>。


・・・ところが!

あけてビックリ。

発熱があった2人は翌朝には回復。さらに前日の夕方の予報で突如風が収まり、釣り日和の予報に変わりました!


天候運の悪い僕的には初めて経験するレベルの大逆転ラッキーです。

これは、僕の悪天候運を上回る誰かが存在する模様。嬉しい誤算です♪



🏁🏁🏁



手漕ぎボートではないので、簡潔にご報告。

朝方は走水沖からスタート。その後、伊勢町沖に移動しました。

伊勢町からは大津の海が一望できましたが、手漕ぎボートは一艘も見当たらず。

※海は良い凪の釣り日和でしたが、直前まで強い南風予報だったせいで手漕ぎは出なかったようですね(もったいない)。


アジのアタリは朝方からポツポツとあり、おおむね途切れなく続きました。

途中、伊勢町沖に移動したのはアタリが無かったからではなく、型が小さかったから。

お昼過ぎから南西の風が吹き出しましたが、せいぜい4~5m程度。無事に起き上がりの14:00頃まで釣り続けることができました。


この冬のアジ仕立は今年で第7回になりますが、今回の全体の釣果は過去最高

海釣り自体が初めてという2人を含む9名で、竿頭はなんと「99匹」!スソでも33匹という結果でした。

外道や大物はほとんど出ませんでしたが、本命アジのは文句なしの大漁。大満足の一日でした。



🏁🏁🏁



ちなみに僕は44匹。
一日ずっと泳がせを出しましたが、残念ながらアタリは出ず、2年連続の大物外道ゲットとはなりませんでした。

僕の釣果:マアジ44(29~14cm)

202312099




🏁🏁🏁



【アルバム】

202312091
走水漁港の朝。美しい日の出です。


202312092
走水沖のアジ乗合船団。空も海も青一色です。


202312093
右舷の面々。手前からDIさん、MON3さん、Taskさん。


202312094
左舷側の面々。手前からHAGIさん、Fallさん、YUAさん、MTHさん、MANOさん。


202312095
去年が初の釣りだったはずのMTHさん。なんと57匹もゲット!もう1人前ですね♪


202312096
37匹ゲットのTaskさん。なんと今回の釣果で娘さんが魚のおろし方を覚えたそうです!\(^o^)/



202312097
初参加のDIさん。新しいことの飲み込みがめっちゃ早い!これからが楽しみです!


気心の知れた仲間との釣り。本当に楽しい日でした♪

みなさんお疲れ様でした。
また来年、ご一緒しましょう!


🏁🏁🏁



さて、今年はまだ大津の海苔棚計測をやっていません。

なんとか機会をひねり出して早く済ませたいところですが、仕事もプライベートも予定がギュウギュウに立て込んでいて・・・、どうなるでしょう?

でも常にチャンスは狙っていきたいと思います!

 

2022年12月11日 (日)

【釣行記(仕立船)】令和4年12月10日(土)走水・第八宏二郎丸さん

職場の同僚と恒例のアジ仕立船釣行に行ってきました!
Image-21_20221211230501

年に1回のアジ仕立船釣行。

コロナ禍のせいもあって2年ほど休止していましたが、やっと再開です。
(僕が福岡に赴任していたせいもあったりしますが・・・)

僕は普段、手漕ぎボートでの釣りを優先していてほとんど乗合船などに乗ることはないんですが、この定例会は別ですね。
参加メンバーみなさんがとても楽しみにしてくれていて、職場では見られない笑顔が乱れ飛ぶ素敵な集まりです。

今年は第6回。過去はすべて大漁。

いままでは大津・石田丸さんから出船していましたが、石田丸さんが仕立船の営業をやめられたので、今回からは船宿が変わります。

今回の船宿は走水の「第八宏次郎丸」さん。かつての「石田丸」船体が新しい名前で就業している船宿さんなんです。

それでは、新しい船宿さんからの初出船釣行をご報告します。

(手漕ぎボートでの釣りではないので、ごく簡潔にまとめてみます)



🏁🏁🏁



天気気予報はこれ以上ないくらい完璧な釣り日和☀。
たぶんメンバーの中に僕の悪天候運を超える晴れ男がいるんだと思います(笑

今回の参加者は8名。初参加は1人、あとはいつものメンバーです。

釣り座に余裕があるので例年通り僕は泳がせ竿も出させていただきました。


出船は7:30頃。

今回のポイントをざっくり言うと「猿島沖」→「走水沖」。

最初からコンスタントにアタリがあって、入れ食いモードとまではいきませんでしたが、ほぼ一日中釣れていました。

船宿が変わっても好釣は変わらず、全員が十分過ぎるアジをゲット!

竿頭で55匹、スソでも25匹。
型は多少のバラツキがありましたが、食べごろの中アジ中心でクーラーボックスはみんなにぎやか♪

大物賞は40.2cm!
海釣りがほぼ初めてとは思えない上達ぶりで才能を発揮したMTHさんが釣り上げました。

外道はイシモチ、サバ(こっちも42cmと立派)。過去2枚揚がっている黒鯛は今回揚がりませんでしたが文句なく楽しい1日。

参加者全員で交わした素敵な笑顔が最高でした。



🏁🏁🏁



【アルバム】


Image-16_20221211230601
今回お世話になった船体。隣の青い船は元石田丸(扉絵参照)です。


Image-20_20221211230701
猿島の沖側。ずっとコンスタントにアタリがありました。


Image-25_20221211230701
右舷側。手前からMTHさん、YUAさん、MANOさん。


Image
左舷側。手前からHAGIさん、MStarさん、Taskさん、カンさん。(一番奥は中乗りさん)



Image-19_20221211230801
本当に穏やかで暖かな釣り日和でした。


Image-17_20221211230801
大物が釣れるように!、とお呪い。
(港で声をかけてくださったAPさん、バナナありがとうございました!)




🏁🏁🏁



僕の獲物ですが、アジは31匹(最大サイズ39cm)。
型もよく、アジだけでも十分すぎる釣果です。

しかし、幸運にもそこに泳がせでの獲物が加わってくれました♪

Image-23_20221211230801
猿島沖でヒットしたドラゴン117cm!

このサイズのタチウオは最近出てないようで、中乗りさんが「これは貴重だよ~」と教えてくれました。

僕自身、こんなに大きなタチウオは初めてです。今年手漕ぎボートではタチウオにやられて悔しい思いばかりだったので、まさに幸運でした。


泳がせのアタリは1回だけかと諦めかけていた14:00過ぎ。

眺めていた泳がせ竿の竿先が急に暴れ出しました。

引き込んだり・・・、戻ったり。このアタリはたぶんアイツです。

早アワセは厳禁なので、慎重に様子を見ました。

5度めか6度めに一段と深く竿が引き込まれたときに大アワセ!


掛かりました!

揚がってきたのはやっぱりアイツ。

Image-22_20221211230801
走水沖で来てくれたヒラメ氏!

やった!僕の泳がせでの本命です。

今年、福岡から関東に帰任して以降、泳がせでは思うような釣りが出来ていませんでしたが、だいぶ溜飲が下がりました。

これが手漕ぎボートだったらもっと嬉しいかもしれませんが、贅沢は言えません。

最高の釣りでした!



🏁🏁🏁



僕の釣果:タチウオ1(117cm)、ヒラメ1(54cm)、マアジ31(最大39cm)

Image-18_20221211231101
本命中の本命さんと、今年の宿敵のラスボスサイズさん。なんと贅沢な釣果でしょう♪




🏁🏁🏁



さて、仕立船が終わったので、次は遅れている「海苔棚調査」。
なんとか今年中に完了したいところです。そして、その次の釣り納めも考えないといけませんね。

何かと忙しい師走。みなさんはどんな釣りで年を締めくくりますか?

 

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ