カテゴリー「○ユムシ観察記」の6件の投稿

2012年2月19日 (日)

【ユムシ観察記】ついに最終話!ユムシ1号、2号、3号よ永遠に・・・!!

全国1000万人の100万分の1のユムシファンの皆様。


お待たせ致しました。ユムシ観察記の続きですsign01



というより最終回ですcoldsweats01



今回は都合により以下の4部構成になっています。


1.序文(ここ。2月18日作成)
2.観察完了手記(2月8日の観察完了直後の文章)
3.ユムシ観察記最終回
4.エピローグ


<<注意>>気色悪いものや気持ち悪いものに弱い方は「ユムシ観察記最終回」を読み飛ばしてくださいsign01


ひょんなことから始まったユムシ観察記。最初は想像もしていなかったんですが、意外にも皆さんの関心を集めたようです。様々な方から「期待してます」「気になります」というコメントなどを頂いたり、大津でお会いした初対面の方に「ユムシは連れてきてるんですか」と聞かれたり・・・。


危うく「ユムシブログ」になってしまうかも知れない状態だったこのブログ。
このタイミングで最終回をお届けできるのはある意味ラッキーかも(笑


では、興味を持って読んでいただいた皆さんへの感謝を込めつつ・・・。本編に入らせていただきますconfident


ポチっとな。



piscespiscespisces



ユムシは不死身ではありませんでした。


若干精神的に衝撃を受けている(理由は後述)ので、まずは要点を整理します。


・まず、24日目が丁度経過した前後で、1匹(3号?)が絶命したようです。

・25日目(正確な時間は不明)で、2匹目が絶命したようです。

・26日目経過時点で、最後の1匹 (3匹目)が絶命しました。



つまり、こういうことになります。


Triviamane
トリビアかどうかわかりませんが。

「余った釣りエサのユムシを自宅に持ち帰って放置した場合、気温10~15度の環境なら、3週間ちょっと生き続ける。」


(パクリオチ。ご容赦くださいcoldsweats01



しかし、観察を終えた僕自身として、どうしても声を大にして言いたいことがあります。


ユムシを死ぬまで保管してはいけません。


どういうことかというと・・・。


いえ、思いだすのも怖ろしくて・・、困ってしまうのですが・・・。


でもとにかく一言・・・。


ユムシの死に様は凄いです。



名前を付けていなくてよかった・・・。

名付けてペット化していたら立ち直れないところでした・・・。



では、最後の観察記に・・・。


※以降が「ユムシ観察記最終回」になります。冒頭に書いたとおり、自信の無い方は読み飛ばしてくださいsign01



fishfishfish



23日と17時間経過時点。
前回の観察で1番状態の悪かった個体らしきユムシ(3号?)に異変が出ています。


1329626061921.jpg
明らかに1匹おかしいです。

1329626069301.jpg
頭付近が黒い?

苦しそうにトグロを巻いています。こんな行動は見たことありません。しかも吻(ふん)を大きく広げていて、中が真っ黒に変色しています。まるで断末魔の声なき叫び声をあげているようです。


1329626073550.jpg
「ぐわあぁあぁ〜!」ツノまで出てる。

さらに、この状態に至り、初めて気がついたことがあります。なんとユムシには吻側にも2本の針状のもの(角?剛毛?)があるようです。今までは全く見えませんでした。


これは、もうダメだな・・・。


直観的にそう思いました。普段は夜に観察するのですが、明日は朝に様子を見てみることにします(タイミングが悪く、明日は仕事で宿泊当番なので、帰宅しません。明後日の夜まで観察できないんです)。



penguinpenguinpenguin



24日と1時間経過時点。
いつもと違う朝の時間帯。昨日の個体がノッペリと長くなっています。しばらく見ても全く動きがありません。どうやら絶命し、全身の筋肉が弛緩したようです。時間もないのでとりあえずこの個体も取り除かず、そのままにすることにします。


1329626206233.jpg
右の個体。天に召された?(3号?)

1329626212372.jpg
肉眼では死んでいると思いましたが、写真で良く見ると表面にわすかな動きがあるようです。この時点ではまだごくわずかな生命活動があったのかもしれません。


他の2匹も、かなり体が凸凹になっていて、状態が悪いことは明らかです。これから出勤ですが、帰宅は明日の深夜になってしまうので、次の観察は約40時間後になります。
この調子だと、その頃には全滅してそうな予感が・・・。



chickchickchick



26日と17時間経過時点。


大変なことになっていました・・・。


写真の代わりに僕の衝撃を表現する画像を置いてみます。




Gyaaa
妻いわく、僕は怖い顔になってたそうです。


ー体何が起こったのか?


文字のご報告でご勘弁ください(画像を掲載すると完全にブログが破綻してしまいます)。



<ユムシの最後について>
・ユムシが絶命すると、まず全身が弛緩して、ほぼ同じ太さでのっペりと長い状態になります。この時点では気味悪さは無く、むしろ動かないので気色悪さが減少する感じがしました(上の写真のとおりです)。

・その後(おそらく半日経過するかしないうち)、体の表面に穴があき、そこから一気に体液(血)が噴出するようです。ユムシ餌を使ったことがある人はご存じだと思いますが、ユムシの体内には大量の赤い血wineがあります(切ると噴出する)。あれが、自然に噴出してくるんですshock

・体液噴出後の体は内側からしぼむようで、外見上はかなり凸凹で醜い姿に変わります。

・体液が噴出した時点で、タッパ一内の水は赤く染まっています。その中に血や分泌物の細かいかたまりがたくさん散らばっていて、さらに凸凹になったユムシの亡骸が沈んでいる状態になる訳ですshock



僕は虫やゲテモノにかなり強い方なのですが、予想外の光景を心の準備無しで見てしまったため、ちょっと衝撃を受けてしまいましたshock



ユムシは強いエサです。放置しても長く生き延びてくれます。でも長期間経つと身は小さくなり、大物狙いのエサとしての価値が減少する気がします。エサとして自宅で保管できる期間は2週間をメドにするのが良いと思います。


とにかく、自宅でユムシが絶命しないようにご注意ください(家族eyeに先に見つけられたらシャレになりません・・・shock)。トグロを巻いたら余命1日です。



想定外の後味ですが、これにてユムシ観察記を完結したいと思います。


中には他で聞いたことのない生態を発見したような成果もあったと思います。最後に衝撃はありましたが、当初の目的に従って観察をやり切った感じはありますね。



ユムシ、なんという想像を超えた不思議生物でしょう。
今後、ユムシ餌を使うことはたくさんありそうですが、1号、2号、3号への感謝を込め、できるだけ粗末には扱わないことにしたいと思います。



clovercloverclover



エピローグ




都内某所。




大きな池のある公園内の敷地内に




ひっそりと




日本唯一と言われる「ユムシの墓」が存在する。




1329626864259.jpg


1329626875830.jpg



そこは、大物狙いの釣り人達のひそかな巡礼地として




今日も静かに、遥かなる海を臨んでいる。




1329626884289.jpg
裏面




(ウソです)






2012年2月 6日 (月)

【ユムシ観察記】3週間経過!?不死身ですか・・・??

ついに3週間が経過しました。3匹とも、まだ生きてますcoldsweats02


Ruttsujump
ルッツジャンプ(すみません)。
※「ルッツ」はユムシの地方名です。


1月14日に京急大津に赴くも、強風で出船できず、出来心で自宅に持ち帰ってまったユムシ3匹。ただ放置しているだけで、まさか3週間も生き延びるとは・・・。


ここで、僕がユムシを保管(放置)している状況を整理しておきます。


・1月14日のAM6:00頃、佐原IC近くの「釣り具のタックル」さんで購入。水と空気入りのビニール袋(口を輪ゴムで止めてある)で引き渡されました。

・この日は強風が止まず、AM11:00に出船を諦めて帰途に。PM1:00頃に自宅に帰宅。100円ショップで購入したタッパーのような密閉容器に、袋の中の水ごと入れました。

・そして、直射日光が当たらず、子供の手の届かない場所にその密閉容器を安置。同じ場所に気温計を置いていますが、これまで気温は常に10~15度範囲内で安定しています。

・そして1日に1~2回、安置場所から容器を取り出し、様子を確認しています。

エサやりも、水換えも、一切行ってません。「完全放置状態」といって良いと思います。


ときどき「エサはやらないの?」というご質問を受けますが、ペットじゃありませんから(笑


ちなみに、ユムシのエサはデトリタスと言われる有機物の微粒子や、その微粒子についたバクテリアだそうで、プランクトンですら大きすぎるようです。このデトリタスは海底の堆積物などに多く含まれているそうです(自宅に海底の堆積物なんて持ち帰れるワケありませんsign01coldsweats01


今回の観察の最大の目的は「放置状態でいつまで生きるのか」を確認することです。僕と同じように、エサとして残ったり余ったりした方が、次回釣行まで保管しておける期間はどれくらいか?とお考えになることがあると思います。そんな時に参考にしていただける観察結果を得られたら、と思いますconfident


それでは、観察記録に。



fishfishfish



21日と17時間経過時点。
前回観察時点(15日と17時間経過時点)からここまでは、ほとんど様子が変わりませんでしたのでバッサリ省略します。


1328453593738.jpg
想像を超えた生命体。

1328453595246.jpg
動きは当初よりかなり緩慢になってます。

3匹ともかなり小さくなってきています。そして動きも緩慢になり、弱っているような雰囲気を醸し出してますが、それでもしぶとく生き延びてます。というより、こいつらに「死」という概念があるんでしょうか?それすら疑わしくなってきました。


釣りエサとしての扱いを書いたあるサイトには「ユムシは血と内臓を出すと返って動きが良くなる」と載ってました。心臓がないので内臓を取っても死なないそうです。


こいつら・・・不死身??


ちなみに例の体外に排出された針らしきもの(剛毛?)は容器内に8本視認できます(撮影は省略)。

1328453596457.jpg
やせてきたせいでしょうか?1匹はこんなシワシワなひずみが目立つように。



penguinpenguinpenguin



22日と17時間経過時点
ほとんど昨日と変わりません。1つだけ補足すると、3~4日前から、少し水が生臭くなってきました。3週間も水換えせずに放置しているので、むしろ遅すぎるくらいの変化だと思いますが。


1328453597374.jpg
右のやつが1番細い。

1328453598605.jpg
でも生きてます。

1匹だけ状態の悪さが目立ちますね。ツルツルさが無くなってくると別な気持ち悪さが出てきそうです・・・。


1328453599762.jpg
もし絶命しても薄気味悪くなったりしないでね•••。

いつまで続くのかこの観察記。だんだんどうするべきかわかんなくなってきたYOsign01(笑





2012年1月30日 (月)

【ユムシ観察記】2週間経過!弱ってきた?意外な変化も・・・。

不思議生物ユムシsign01放置で2週間経過しても生存中sign01
でもだんだん小さく、弱くなってきたような・・・。


Koujichuu2_2 
コウジ現場 (すみません)。
※コウジはユムシの別名 (釣りエサでは上等種という区分けも)です。

ただ写真を撮り続けるだけでは芸が無いので、ちょっと観察っぽいご報告をしておきますねcoldsweats01



ユムシの「頭」と「おしり」の見分け方。1度でも使ったことのある方は問題ないと思いますが、これから使ってみようと思う方は意外に解りにくく、気になると思います。ネットで調べてもよくわからないんですcoldsweats01


まず「頭」。特徴は「吻(ふん)」があることです。


1327900167976.jpg
このくちばしみたいな「吻」は完全には引っ込められないようです。

お尻側も似たような感じで細くポコッと出っ張ってることも多いので一見区別が付きにくいです。裏側に切り込みが入っていれば「吻」です。



そして「おしり」
このお尻、ネットで調べると「わずかに剛毛がある」ことが特徴のようです。でも、正直ジロジロ見回しても毛なんてほとんど見えませんでした。・・・でした?過去形??(詳細は後述confident


1327900176132.jpg
「毛が生えてる方」と言われても・・・。

ユムシを針に1匹掛けする場合は、基本として針先は頭から刺し通すようです(チョン掛け、縫い刺し、通し刺し。なんでもあり)。でも実際には半分に切って2回分にする人もいますし、輪切りや縦に割って使う方法もあるようです。要は、きちんと身が付いていれば魚の食いにそれほど影響はない、とされてます(どんだけ美味しいんでしょうか?coldsweats01)。狙う魚の捕食方法に合わせて、針先の出し方だけは工夫した方が良いようです。


それでは観察記にGOsign01

※今回は記事が長いです。すみません!(>_<)



fishfishfish



10日と16時間経過時点。
1匹が過去最少サイズになってます。しかももう1匹もかなり小さい。揺すって刺激しても動きが鈍いです。


1327901596142.jpg
ちっさ!!体長が最初の頃の半分くらい?

1327901605714.jpg
やっぱ、弱ってる?

前回の例もあるので、しばらく時間を置いて様子を見てみましたが、それでも小さい2匹の動きは鈍いままです。いよいよ本当に弱ってきたんでしょうか?少し経つと1番大きいやつは動きが出てきて、比較的元気そうに見えます。


1327901612417.jpg
ひずみの様なへこみが目立つようになってきました。


ウネウネしてるところをよく見てみると、体にへこみやくびれが出るようになっていることに気付きました。体の厚みが薄くなってきている証拠でしょうか・・・。



penguinpenguinpenguin



11日と15時間経過時点。
とりあえず3匹とも生存してます。ただし1番小さいやつには殆ど動きがありません。死んでいるのかと思ってジ一っとみていると、少し動いている、という状態です。明らかに弱ってると思います。


1327911647602.jpg
小さいやつ。ほとんど動き無し。

1327911650434.jpg
やっぱ、1番小さいのが3号かなあ。

よく見たら、大きな変化を発見しましたsign01お尻から針のようなものが突き出してる個体がいますsign03


1327911651941.jpg
ハッキリと突き出してます。

これが剛毛?いままでは体内に隠していたんでしょうか?しかも、良く見ると既に体外に排出されたと思われる針状のものが周囲のゴミに紛れてますsign01
(前日の写真をよく見直すと、既に1本存在してますねcoldsweats02)


1327911652891.jpg
抜けてしまったのか、自分の意思で抜いたのか不明です。

これは何でしょう?苦しくなると排出するんでしょうか?それとも護身手段のひとつ?あるいは体が小さくなってしまった為に収納し切れなくなって出てきたものなんでしょうか?


抜けたものが2本、突き出しているものが1本なので、ユムシの数と一致してます。この大きな針のようなものは1匹に1本の可能性もありますね。これが剛毛と言われるものなのか、そうでないのかはよくわかりません・・・。


こんな変化は聞いたことがありません。ユムシを食べる文化のある北海道や韓国では、この針みたいな剛毛(?)はどうしてるんでしょうか?釣りには関係なさそうですが、気になります。
※子供のノドに刺さったりして親に「ごはんを飲みこみなさいsign01」とか言われたりするのかなぁcoldsweats01



chickchickchick



12日と15時間経過時点。
当初から比べると3匹ともかなり小さくなってきた気がします。昨日は1匹はまだ大きい感じがしましたが、今日は3匹とも小さい。元気もありませんが、死にそうなわけでもないようです。


1327912394059.jpg
次の写真と比べてください。3匹ともほとんど動かなくなってきました。

1327912396041.jpg
またもや見分けがつきません。見分けはもう諦めました。

よく観察すると、昨日気がついた針状の突き出しは、どうやら体を離れて捨てられたようです。さらに、落ちている針らしきものの数が4本に増えています。「1匹に1本かも?」という推測はこれで否定されました。やっぱりこれが「剛毛」なんでしょうか?もっともっと飛び出してくるのかもしれません。


1327912397211.jpg
よく見ると針みたいなものが4本写ってます。


cancercancercancer



13日と17時間経過時点。
様子は昨日と大きく変わらず。小さくて元気はありません。


1327913970306.jpg
真ん中のやつ。どんだけ小さくなってんだ!

1327913972948.jpg
真ん中のやつ。どんだけ長くなってんだ!

1点、新しい動きとしては、1匹おしりの方から粘膜らしきものをちょっと出してます。また、こいつは角度を変えて見ると針も1本飛び出しかけてます。


1327913974839.jpg
先端近くか、粘膜みたいなのが出てますね。

1327913976072.jpg
キラッと光る針(剛毛?)


snowsnowsnow



14日と15時間経過しました。
ついに2週間を経過しました。元気もないように見えますが、まだ3匹とも生き延びてます。日に日にサイズが小さくなってきているような気がします。もしかしたらこいつらは死なずに限りなく小さくなり続けるのかもしれません。そんな気がしてきましたcoldsweats01


1327915455633.jpg
次の写真と比べると•••。

1327915457373.jpg
3匹ともほとんど動きが無いことが分かります。

今度は口(吻)の方から粘膜のようなものを出してるやつがいます。


1327915458637.jpg
口から粘膜?苦しいのかなぁ•••。そりゃ苦しいかthink

ユムシの仲間には体から粘膜を出して有機物由来の微粒子を捕食するものがいると聞きますが、これがその捕食用の粘膜でしょうか?よっぽど飢えているんだろうなぁ・・・。



snailsnailsnail



15日と17時間経過時点。
3匹とも生存。1番元気がなさそうに見える(ほとんど動かない)右の1匹はちょっと体色が黄色がかってきたようにも見えます。


1327916771774.jpg
うーん、なんだかもう元気かそうじゃないかもわからなくなってきました(>_<)。

1327916774156.jpg
小さくなってきていて、動きも少なくなってきたことは確かです。

体が小さくなってきたためか、おしりの剛毛がかなりはっきりと見える状態になっています。


1327916775347.jpg
全部の針が突き出してきてます。

今日気がついたのですが、水槽の中に溜まっているゴミのかたまりの中に、黒っぽい血の塊のようなものが散在してますね。これ、ユムシの体から出てくるものなのかもしれません。1匹の表面に同じようなものが付いているのに気付きました。


1327916776269.jpg
この小さな黒っぽい固まり。

1327916777195.jpg
体の表面からあの固まりらしきものが出てきてる?

不思議生物ユムシ。今日も不思議ですsign01

(長文にお付き合い頂いて有難うございましたconfident



2012年1月23日 (月)

【ユムシ観察記】3日振りの帰宅。生存は果たして・・・?

不思議生物ユムシsign01全てが謎。


1327326723170.jpg
「ユムシクラメン」(お約束)

14日のAM6:00頃にエサとして購入したものの、強風で出船中止になったため自宅に持ち帰ったユムシ3匹の放置観察記の続きです。


前回、5日と15時間経過時点まで記載しました。翌日から2泊3日の地方出張に行っていたため、今回の観察はその帰宅後からのスタートです。


ちなみに僕自身の勝手な事前予想では「1週間くらいは生きるかな~?」でした。出張中にその1週間は過ぎてます。果たして生存してるのでしょうか?


1327326731267.jpg
参考•出張に出掛ける直前の様子。
3匹仲良く長くなるなぁsign01sad



では、観察記録を。



penguinpenguinpenguin



8日と12時間経過時点。
とりあえず、生ゴミには出されていませんでした。
(家族は存在を無視していたようです)


3匹とも生存してますsign01
でも・・・。良く見るとまた1匹だけ小さくなっています。
しかも今回は色も白っぽく、動きまで鈍いようです。弱っているのでしょうかeye


1327329689954.jpg
1327329691697.jpg
3号?おまえはやっぱり3号なのか?

この調子だと、近々1匹脱落しそうな感じでしょうか・・・?
(死んじゃったらいったいどんな風になるんだろう?)



fishfishfish



9日と15時間経過時点。

生存数が減るかと思いきや・・・。


どうやら元気なようです。でも全体的にサイズが小さくなってる?


1327327043970.jpg
1327327047292.jpg
やっぱり見分けがつきません。だから長くなるなってsad

しかし何も食べることなく、なぜ生きていられるのでしょう?おまけに水も汚れないです。つまり排泄もしないし分泌液もほとんど出ない。


どんだけエコな生命体なんでしょうか??



いろいろ考えていると、ウネウネ動く3匹の体がまた大きくなってきたことに気付きましたcoldsweats02


1327327146718.jpg
オイオイ。なんだよ元気そうじゃん。

想像するに、普段はじっと動かず、大きさもコンパクト気味で、何か刺激を受けると激しく伸び縮みするような活動スタイルなんではないでしょうか?


つまり小さくなったからといって、弱っているワケではない??



snowsnowsnow


うーん。もしかして次回釣行まで生き延びるかもしれない(最悪2月の中旬頃ですがcrying)。



この連載記事。

「次の釣りまで生き延びたのでエサとして使いましたsign01チャンチャンsign03


で許されるんでしょうか・・・?coldsweats01




2012年1月19日 (木)

【ユムシ観察記】現時点までの経過について


関連記事:【釣行断念記補足】ヘンなものを自宅に持ち帰ってしまいました。

※気色悪いものが苦手な方は読み飛ばしてください。

ユムシ1号、2号、3号ともに元気ですsign01


前回釣行断念(1月14日。強風で出船できず)の際、AM6:00頃に「釣具のタックル」さんで購入したユムシ3匹の自宅保管(放置)観察記です。


1327007817779.jpg
「シクラメンとゆむし」

1327007855877.jpg
冬の風物詩ですね•••(ウソ)。

早速、観察記録を。



fishfishfish



2日と14時間経過時点。
元気にウネウネ、してます。


1326979448349.jpg

1326979450217.jpg
ちなみにどれが1号、2号、3号かはわかりません。


fishfishfish



3日と16時間経過時点。
元気に動いてるんですが・・・。
なんだか1匹小さくなったような気がします。

もしかしてこいつらは弱るとナメクジのように小さくなるんでしょうか?
この小型化したヤツを「3号」としたいと思います。


1326979451322.jpg

1326979766868.jpg
下のやつが明らかに小さくなってる。得体の知れなさup


fishfishfish


4日と15時間経過時点。
小さかったやつが元のサイズに戻ってます。
なんなんでしょう?


1326979453909.jpg

1326979455113.jpg
また見分けがつかなくなりました。得体の知れなさupupup

ちなみに、それぞれの2枚の写真は5秒間隔くらいで撮影したものです。連中の動きを想像してもらえると良いのですが(良くない?coldsweats01)。GIFアニメも作ってみましたが、リアル過ぎなので掲載は控えさせて頂きます・・・gawk



fishfishfish


5日と15時間経過時点。
何も食べず、水も変えず。
でも元気。不気味不思議な生き物です。


1326980941468.jpg

1326980943451.jpg
2枚の写真を交互に見て、動きを感じてくださいにゃcat
結構激しく動くんです•••sad


ちなみに、ユムシ達の保管環境ですが、リビングの外の暖房等の無い場所で、1日の間の気温が10~15度の範囲内です。撮影時にはシクラメンの横に移動させてますが、普段は背の高い家具の上の暗めのところに置いてます。ただ置いてるだけ。完全な放置状態です。



fishfishfish


明日の早朝から2泊3日の地方出張なので、しばらく観察できません。
(出張に連れてく?飛行機に乗せる??無理coldsweats01



不在の間に生ゴミに出されませんように・・・(祈





2012年1月16日 (月)

【釣行断念記補足2】ヘンなものを自宅に持ち帰ってしまいました。

我が家の平和な(?)風景に異変が・・・!?


釣りすらできなかったのに補足記事が2回も続くのはどうかと思うんですがcoldsweats01



fishfishfish



我が家の見慣れた景色。


1326635900786.jpg
我が家の一角。

あれ?何かありますね。


1326635902157.jpg
不吉な予感。

なにこの水が入ったタッパー?しかも何かが入ってるみたいです。



ま、まさか・・・こ、これはsign02



コレです。


1326635903401.jpg
気持ち悪かったらゴメンナサイ•••gawk

ユムシ(別名「生きる〇〇〇〇」)。それも3匹

太くなったり長くなったり、愉快な連中です。


食べると美味しいとも言われますが・・・。

絶対食べられません(笑



fishfishfish



釣行準備記事で「『お遊び』を仕掛ける予定です」と書いたのですが、実はあれは「ユムシ餌の投げ竿でヒラメを狙う」つもりだったのです。

ネットで「カレイ、ヒラメ狙いで漁師が使うエサ」という記述を見つけてしましまして•••coldsweats01

最近大津でヒットしているヒラメは底近いタナらしいので、回遊型ではなくやはり居付型と思われます。なら根際に沿って砂地にキャストしてサビいて広く探れば、掛かる可能性が結構あるのかも・・・という妄想です。

チャレンジできなくて残念think


このユムシくん達。14日の朝に佐原インター側の「釣具のタックル」さんで購入したもの。人生で初めて購入したユムシくん達です。実際に使われることもなく、海に捨てるかどうか悩んだのですが、気がついたら自宅に持ち帰っていました。



緊急企画sign01ユムシは自宅で放置状態で何日生き続けるのかsign03


スタートですsign01coldsweats02



今後しばらく、不定期にちょこちょこと報告を入れようかと思います。水変えもしない予定ですので、予想では1週間くらいかな。ただ、来週末は2泊3日の地方出張が入ってたりしますので、もし帰宅時に無残な姿になっていたりしたら、そのままフェイドアウトして闇に葬るかもしれません(というより妻に生ゴミ扱いされて消滅する可能性の方が・・・coldsweats01)。



どうなることやら。



関連記事:【ユムシ観察記】現時点までの経過について



2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ