« 【雑談】令和6年4月6日(土)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。 | トップページ | 【雑談】令和6年4月26日(金)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。 »

2024年4月27日 (土)

【釣行記】令和6年4月26日(金)伊東・井上丸さん

今年3度目の伊東に行ってきました!
202404260

GW直前に休暇を取っての贅沢平日釣行。それもこの4月2回目の出撃です。天候運のない僕には珍しい(苦笑

前回はまだ朝方が寒くて着るものに困る時期でしたが、いまやもう夏日がちょくちょく出て暑い。
陸上の季節はいっきに進んだ感があります。これだけ気温が上がると、植物性プランクトンは激増しているのではないでしょうか。



🏁🏁🏁



伊東でのカイワリ狙い、前々回2月は澄み潮で激渋、前回4月6日は濁り潮でアタリ激増。今回も春濁りが入っていると思われ、たぶんアタリが無いということはなさそう。

というわけで、今回はカイワリを狙いつつ、少し別の方向にも意識を広げていこうとと思います。

ターゲットに追加するのは「ハナダイ」
前回釣れたハナダイ。時期のせいか、とても美味しかったんです。調べてみると、春に味の落ちる真鯛と違って、ハナダイは春も美味しいとか。

しかも、海中映像を見る限り、カイワリ以上に釣り針を見切っている手強いお魚さんです。

手強くて、美味しい。

これは魅力的なお相手ですね!



🏁🏁🏁



今回の釣行はなんと「五目漁師」さんと一緒。これまでにも何度かご一緒していますが、前回は福岡赴任前だったので、実に4年以上振りです。

しかし、そんな貴重な機会なのに、二人ともおしゃべりと釣りに夢中でお揃いの記念写真を撮るのを忘れてしまいました。

というわけで同行の証拠写真はありません(笑


202404265
代わりに(?)井上丸さんの写真。井上丸さん、いつも楽しい場を提供してくださってありがとうございます。



🏁🏁🏁



それではさっそく釣りの話にまいりましょう!

【実釣ダイジェスト】

岸払いはAM5:40頃。

※今回は忘れもの無しです!(笑


①AM6:00 カメヤホテル前(カイワリポイント)
潮が北東から入ると予想して、カイワリポイントの東側の端にアンカリング。

目論見が功を奏したのか、第1投目からずっとアタリが出ます。

・・・が、なかなか乗りません。

3投目でやっと乗った!

グイグイ引きながら揚がってきたのは・・・。

202404267
君か!伊東で会うのは初めて。


なんと大きなマアジアタリの正体はキミらかい!!

下半身の引き締まった回遊性のタイプです。サイズは32cm。

ここ最近、伊東での釣果を見ていると大きなアジが結構釣れています。大きいヤツだと50cmくらいのも出ていて、このサイズは平均以下かもしれません。
(ちなみに五目漁師さんがこの日釣られたマアジは40cmを大きく上回っていました)

てっきりアジ狙いのポイントでの話かと思って朝方に井上丸さんで聞いてみたところ、「カイワリと同じポイントで出ている」とのことでした。

本当に釣れました。

京急大津でたくさん釣っているので敢えて伊東でアジを狙うことはないと思いますが、大きなアジは引きも強く、これはなかなか楽しいかもしれません。

しかし次の1投で、今度は本命さんが!

202404268
カイワリ!僕にとっての伊東と言えば君!


大きなアジの群れが入っているとカイワリが蹴散らされてしまうのでは?と心配だったんですが、良かったぁ。

その次の1投でもアタリ出て、今度はイトヨリでした。

とても良い雰囲気です。今日はツイてるかも。


しかし、ここで不可解な現象が起こりました。

突如として、僕のボートが船首(北北西)方向に走錨し始めたんです。

僕のボートの北西20mくらいのところには五目漁師さんが浮いていました。最初、五目さんのボートが走錨して流され始めたのかな?と思いましたが、なんと移動していたのは僕のほうでした。

*動画映像で見直しましたが、突如僕のボートが船首を五目さんのボート方向に向けて進み始めました。アンカーロープが伸びている方向に走錨するなんて理解できません。原因は今も不明。
*五目さん、気付くのが遅れてすみませんでしたm(_ _)m。

そんなこんなで最初のポイントからは外れてしまいました。同じ場所で同じ現象が起こったら困るので、北に50mほど移動することに。

気を取り直して釣りを再開。

しかし、この場所はフグ野郎どもの陣地でした。

針、とられまくり。
おまけにバラしまくり。

しかも悪いことに、たま~にカイワリが釣れるんです。それも微妙~に移動を決心するギリギリ手前のペースで。

ただ、前回と比較するとかなりアタリの数は少なく、状況は全然違います。もしかしてこれがフグとカイワリが結託した戦略なのでしょうか。

202404269
カイワリくん、君達と・・・。

2024042614
バサグーフー野郎。実は仲良いよね?というか結託してる???


今回の釣り。ボート上で針を結んだ回数は実に「14回」。自己記録更新です。

ちょっとした工夫で、今回から仕掛けのエダスを少し長めにし、エダス針を盗られても1回は結び直せるようにしました。それは早速役に立ったんですが、なぜか嬉しくなかったです・・・。

針盗られ以上に悔しかったのが「途中下車」。釣れた数よりバラした数のほうが確実に多かったと思います。過去イチのカイワリっぽいアタリも・・・バレてしまいました。残念。


≪その時海中では≫

さて、ここで自宅に帰ってから確認した海中映像の話です。

アタリが止まった10時頃、今回も海にカメラを投入してみました。その時の映像から一言。

まず、映像を見るなりとても驚きました。

なんと、「暗くてほとんど何も映っていない」んです!

2月の澄み潮の時は、非常に高い透明度で海中の様子が遠くまでクリアに見通せました。4月上旬の時は濁りが入っていて、視界が前回の半分もない感じでした。でも視界が狭いとはいえ、水深約40mの海中は明るく、魚達の活き活きした姿がたくさん映っていました。

しかし、今回は前回の濁りとは桁が違うレベルの濁りだったようです。海底までほとんど光が届いていません。以前撮影した京急大津の水深28mはほぼ真っ暗な世界でしたが、ほぼ同じような感じです。

「伊東でもこんなに海中が暗い時があるんだ・・・」それが率直な感想でした。

さて、そんな中で今回も撮影中にカイワリのヒットがありました。

そのファイトシーンから1枚映像を切り出してみました。

20240426darkworld1

どうでしょう?暗さが伝わりますでしょうか?
これは10mくらいリーリングした頃の映像なので、おそらく水深30mくらいだと思います(カメラは斜めに下を見下ろしています)。

このレベルの暗さだとほとん何も見えないので、Youtubeに動画をアップする時には補正ツールで明るさ補正をかけてみるつもりです。

まだ作業に取り掛かっていないのでどんな映像になるか分かりませんが、実際に動画で見てみたい方は後日の動画アップをお待ちください。


--ここから実釣報告に戻ります--


しかしアタリがだいぶ遠のいた11時頃、突然元気なアタリが!

2024042612
このハナダイちゃん、青いところが強く光ってました。凄く綺麗。


今回の本命、ハナダイちゃん!ナイス!!

このハナダイちゃんはウィリーに掛かっていました。ちなみに前回もそうでした。ハナダイは結構ウィリー好きなのかも?

この後アタリが止まってしまい、お昼頃、突如として発生したイトヨリ3連発を最後にカイワリ狙いを終了しました。


②PM0:30 カイワリポイント沖(アマダイ狙い)
風がまったく吹いておらず、潮は伊東にしては結構早めに沖に払い出している状況。

結果として、斜面を下るような方向にしかボートを流すことができず、なかなか難しい状況でした。

無理矢理45~47mラインを漕いで引っ張りながら流してみましたりして、タイムアップまでにアタリはわずか3回。

そのうち2回はアマダイっぽい良い引きだったんですが、いずれも悔しい途中下車(今日は良いアタリはすべてバラシ。なんとも残念)

唯一、揚がってきてくれたのは伊東では珍しいらしい。この子でした。

2024042616
ただ重いだけで全然引かず。目も飛び出してるし、気絶してたのかな?


当初は前回チェックしきれなかった漁礁ポイントの調査をするつもりでしたが、もどかしい状況も手伝って時間切れ。

モヤモヤした気持ちを抱えながら、PM2:30に納竿。



🏁🏁🏁



釣果:ハナダイ1(28cm)、カイワリ5(最大24cm)、マアジ1(32cm)、イトヨリ4、タマガシラ1

2024042617
贅沢な話ですが、ハナダイがもう1枚いればかなり満足感も違ったかも。


釣果は残念な要素が多かったですが、思ったより暑くならず、穏やかな釣り日和に当たることが出来てラッキーでした。

とにかく、伊東の海にも本当にいろいろな表情があるんだな、と改めて実感。



🏁🏁🏁



知識としては当たり前かもしれませんが、お魚さん達のエサへの食いつき方と濁り(または暗さ)には相当な相関関係がありそうだと実感できました。

駆け出したばかりの伊東初心者ですが、既に伊東の海にたくさんのことを教わっています。

今年の予定では伊東への釣行は梅雨までになりそうなんですが、なんとかそれまでにできるだけ多く出船して、さらに多くの表情を観察したいと思います。

海と魚達との出会いも一期一会。
1回1回の釣りを大切にしていきたいと思います!


2024042620
伊東の海とお魚さん達に心から感謝。

 

 

« 【雑談】令和6年4月6日(土)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。 | トップページ | 【雑談】令和6年4月26日(金)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。 »

コメント

カイワリ、ハナダイと本命確保おめでとうございます。狙った魚を狙った通りに仕留めるのはお見事ですね。今回はフグでしたが、これからの季節はエサ取りとの戦いですよね。しばらくエサ取りのいない冬の釣りを続けてきたので、しっかり頭を切り替えていこうと思います。というか、例年、エサ取りと戦うのが面倒でアジ釣りとタチウオ釣りにシフトしていることを思い出しました(笑)

HEPPOさん、お疲れさんでした。

そうでしたか、海底も濁りだったのですね。
例年赤潮や春濁りはありますが、これほどの濁りがずっと続くのは初めてです。
しかもいつものクラドの濁りですとラインやガイドにべったりクラドの名残が付着するのですがそれがなく、丁度雨が降った後の濁りのような感じではないでしょうか。

私も先ほどブログを更新しましたが、その中で濁りが食いを浅くしているのではと書いています。
餌が見えにくいので突進してきて勢いよく吸い込むのではなく手探り状態で食ってくるのかもと思ったりしています。

それと、カイワリを捌いて気付いたのですが胃袋にコマセが入っている個体は意外と少なく、釣れたカイワリは通りすがりだったかもです。
魚探に映る魚は恐らく私が前回も今回も釣ったチャリコではないかとも思っています。
彼の胃袋はコマセでパンパンでした。

こんな話をしているとまた直ぐに行きたくなってきます。
今日行かれたKさんは明日もと考えられたらしいですが、あいにくクーラーボクスに余裕がないので止めにしたとのことです。お好きです。

おはようございます
伊東の海は魚種も多く不思議な海と想っていましたが
なんとなくheppoさんのブログを見て気付きました
少し海の中が見えてきたような
砂地の中の岩礁地帯でありながら
潮目も出来る海の生け簀のようなポイントに見えますね
普段は小魚の多い場所ですが
季節により小魚を狙って大物も入る面白い場所のような気がします
南房の館山の海にも似ています
釣れる魚は似ていますがカワハギが出てこないのは
狙う人がいないのか隣の川奈に集まってしまうのか
まぁー楽しみな場所ですね
ちょっと遠いのが残念です
私は絵の一番忙しい時期なので、ブログを忘れてしまうほどです
5月半ばにいったん落ち着きますが
その後は展示も始まるので絵の世界にどっぷりはまっています
今年及び来年が勝負と想っているので
絵を優先しています
絵を描き始めて思ったのは永いサイクルで考える事ですね
齢も忘れて、釣りも山もまだ先でも良いとか
いつまで生きるのか忘れていますね

お疲れ様でした。
すっかり伊東の海にハマりましたね?(笑)
でも針14本ではまだまだです。
私は針2袋(40本)を使い切って早上がりしたことがあります。
私も次は伊東と思っていますが、実家の草刈りとイワナ釣りのイベントの次になります。
この所大津アジ(46尾)、仙台カレイ(16尾)と好調が続いてますので、年1度のイワナも期待してます😊

> paiatown2013さん
コメントありがとうございます!

ハナダイは毎回1枚掛かってくるので、もう1枚釣れてくれたら嬉しかったですね(^。^;。

僕はまだ経験がないのですが、伊東も来年だとそろらサバやソーダが入ってきてカイワリが釣りづらくなる時期だそうです。今年はラッキーなのかもしれません。

僕も今年は来年のpaiatownさんと同じで梅雨時くらいからアジとタチウオにシフトする予定です(^O^;。

> 五目漁師さま
コメントありがとうございます!

お疲れ様でした&ありがとうございました(^-^)。

今回の魚の胃袋、まさに同じでした。カイワリはあまりコマセを食べておらず、ハナダイは胃袋をコマセでパンパンにしてました。興味深いです。

海中映像はまだ詳しく見れていないのですが、ビシの上げ下ろしの様子をみる限り、水深の上の方の濁りが酷かったようです。そこで光が遮断されてしまうのだ、海底の方は真っ暗だった感じに見えました。

もうすぐカイワリの時期も終わりかと思うと、はやる気持ちは確かに湧いてきます(^o^;。Kさんもきっとそんなお気持ちが強いんでしょうね。

ところで、今日は一日外出なのですが、例によって僕のiPhoneからは五目さんブログに書き込めないため、僕からのコメントは少し遅くなりそうです。ご容赦くださいませm(_ _)m。

> たけちゃん様
コメントありがとうございます!

たけちゃんさんのお話のとおり、伊東は黒潮の潮裏にあたる穏やかな海ですね。ウィードや磯場は少ないようですが、基本的には魚が育つ環境としては天国なのではないかと思います。

黒潮の離れ具合によって大きな潮の流れはかなり変わりそうなので、年によって潮はガラリと変わりそうです。

今回流れた潮は過去一番にはっきりしていました。止まる時は止まる、流れる時は流れる。やはり潮の観察は楽しいです。

ところで、たけちゃんさんほどやりたいこと、出来ることをたくさんお待ちの方は、そもそも仮に寿命が他の人の倍あっても全然足りない感じだと思いますよ(^o^;。

以前にもどこかで書いた記憶がありますが、たけちゃんさんはきっと仙人になられると思います。ただし、食べるのは霞ではなくガッツリした肉や魚だと思います( ^ω^ )。

> 腰痛持ちさま
コメントありがとうございます!

うへぇっ!!
40本ですか!!!???

参りました・・・。
自分の未熟さを思い知りました。

新しい修行の目標ができました。
フグとの戦いにおいて不退転の決意です。たとえ針を盗られ続けようとも、逃げず諦めず、戦う時は戦い続けます!

まずは針買って来なきゃ・・・(^O^;。

HEPPOさん、こんにちは!
いつも貴重な情報ありがとうございます。
昨日、伊東の海に浮かんできました。
GW中のベタ凪で最近の好釣果からかカイワリポイントは渋滞していました。
これから胃袋調査と次の釣行へ向けた仕掛けつくりをやります。
グーフーのおかげ?で針結びは出来も時間も上達しました@@
前回の動画も興味深く拝見いたしました。
とても参考になります。

> サビキ小僧さん
コメントありがとうございます!

昨日の釣果、拝見しました。
毎回素晴らしい釣果ですね!\(^o^)/

金曜の平日でもカイワリポイントは他店や船外機ボートが集まっていました。GWともなれば渋滞状態になるんですね(@_@;)。

そんな中でのあの釣果はやはり只事ではありません。研鑽の結果と思います。流石ですね〜!o(^O^)o

動画はやはり伝わる情報量が違い、ベテラン腕利きの皆さんにもご参考いただけるようです。基本は自分のための情報集めなのですが、お役に立てれば光栄です(^-^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】令和6年4月6日(土)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。 | トップページ | 【雑談】令和6年4月26日(金)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ