« 【釣行記】令和6年2月11日(日)伊東・井上丸さん | トップページ | 【釣行記】令和6年4月6日(土)伊東・井上丸さん »

2024年2月19日 (月)

【雑談】令和6年2月11日(日)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。

釣行動画を公開しました!

釣りの内容はブログ記事のほうがずっと詳しいと思いますが、海中動画は参考になりやすいと思います。

もしご興味があれば良かったらご覧くださいませ。


« 【釣行記】令和6年2月11日(日)伊東・井上丸さん | トップページ | 【釣行記】令和6年4月6日(土)伊東・井上丸さん »

コメント

おはようございます
動画は面白いですね
これほどストレートに鮮明に映し出されると
何度見ても飽きず、カイワリの食餌のしかたなど
釣りの参考になりました
私が疑問に思っていた南房総の釣り方も
一理あるとおもいましたね
コマセをごく少量にして、釣れても一気に上げず
隣の釣り人が仕掛けを下ろしたのを見てあげる
魚を興奮状態に見せることでした
船長も見たことが無いから、説明も出来ず
先代からの受け売りでしたね
観音崎の私が命名している幻の根が
見たくなりましたね
しかし、潮も速く、濁り潮の東京湾では無理です
以前あきおさんから、見せて頂いた堤防周りや
浅場でもちょっと離れては写りませんでしたね
動画は大変面白かったです

> たけちゃん様
コメントありがとうございます!

たけちゃんさんに面白いと言ってもらえるなんて、撮影した甲斐があったというものです*\(^o^)/*。

いつも海の中のことを考えてるのに、実際の海の中のことは知らない。釣り人が普遍的に抱える矛盾?それとも面白いところでしょうか?

水中カメラは準備するのも釣りの最中に撮影するのもなかなか面倒なのですが、これまでダイビングと釣りを両方やられる方々の独壇場だった世界を垣間見せてくれるのは有難いです。技術の進歩と普及には感謝ですね。

それにしても、魚との知恵比べにいかに負けているかとこう見せつけられてしまうと、心中穏やかではいられませんね。

伊東は遠いですが、またカイワリちゃん達にお手合わせをお願いしに行ってこようと思います。

以前iOSさんに同様の動画を見せてもらっていますので、驚きはしませんでしたが、相変わらずのカイワリですね。
釣れない→餌がなくならない→魚がいない。 と思っていましたが、居るのに食ってこないことを思い知らされました。 これを見た釣り師は皆さん様々な工夫を凝らしますが、成功は聞いたことがありません。
針がついた餌は明らかに見切っていますが、何かの拍子に盲目になり食ってきます。
これが時合いなんでしょいうか?
カイワリだけではなく、程度や状況は違いますが邪魔になるほど食ってくるあのサバやソーダでさえも食わないときにはちゃんと見切っているようです。

HEPPOさんがどんな勝負をされるのか楽しみです。
私ももう一度挑戦してみようとあらためてファイトが湧いてきました。

カイワリの動画、面白いですね。ちゃんとオキアミを食べてるのにハリのついたエサは見切ってるなんてすごい。

私ならまず①ビシ位置を上げる②コマセをまかない(こぼれる程度)という作戦にしたいです。カイワリが自分の遊泳層の外に出る焦りとなかなか食べられない焦りで、カイワリ同士のエサ取り競争を演出する趣旨です。

たぶんそれでも食わないと思うので③ハリスを細く、長く④ハリのサイズと色を試行錯誤、というチャレンジを数時間楽しんでしまうと思います。

考えてるだけでワクワクしてきました。

> 五目漁師さま
コメントありがとうございます!

僕もiOSさんの動画は拝見していたのですが、実際に5時間半も餌が取られない状況と合わせて目にした際は驚いてしまいました(^o^;)。

実は福岡の糸島でも、超澄み潮の時に牡蠣棚まわりの魚と散々見切られ合戦をしたことがあります。その時の結論としては「いかに針を小さくしようと、自然に流そうと、コマセや餌を変えようと、ダメな魚はダメ」でした。アジとサンバソウとフグとバリ(アイゴ)は群れの中に積極的な個体がいて、NSでしばらく流すと食ってくれましたが、チヌやイサキ(もしかするとウメイロだったかも)は常にハリスもエサから1mも離れたところで見切っていました。

それまでは魚は針の磁性を感じていると思っていましたが、「目でハリスも見てる」ことが確認できた経験でした。

とはいえ、この日も腰痛さんはすぐ近くでカイワリを3枚釣られてました。僕もなんとか家族分くらいの枚数を目標にチャレンジしていきたいみたいと思いますo(^_^)o。

> paiatown2013さん
コメントありがとうございます!

この当日の海の上では海の中の状況は見えていなかったので気合いが足りなかったかもしれませんが、底から中層までウィリーシャクリをしたり、底に集中してコマセを撒いて絨毯を敷いたりしました。あとは先針を小さくしたのと、オキアミを2匹掛けにする、ウィリー針にもオキアミを装着する、ですね。

全部ビシ仕掛けで試したことですが、唯一の1枚は胴突き仕掛けの方でした(^o^;)。

paiatownさんも言われるとおり、もっといろいろ工夫を楽しみたいです。ダメなものはダメかもしれませんが、せっかく出された課題なので、思い切りトライ&エラーにチャレンジしたいです。

と、思ったのですが、また悪天候に苛まれてるうちに季節が変わってしまいそうです。今日も候補日でしたが、出られなくて残念です(/ _ ; )。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】令和6年2月11日(日)伊東・井上丸さん | トップページ | 【釣行記】令和6年4月6日(土)伊東・井上丸さん »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ