« 【釣行記】令和5年5月26日(金)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】令和5年8月26日(土)京急大津・石田ボートさん »

2023年6月25日 (日)

【釣行記】令和5年6月24日(土)京急大津・石田ボートさん

梅雨の合間に京急大津に出撃してまいりました!

Img_4343


今年の梅雨は雨が多めですね。
僕は普段、強風悪天候にさいなまれてなかなか出撃できないのが当たり前なんです。でも梅雨時は風があまり吹かないので出撃しやすい気がします。
さすがに大雨だと無理ですが、多少の雨は気にしない手漕ぎボート釣り師さんって、結構多いですよね。

もう晴れると夏空でめちゃ暑い時期ですが、幸い今回の予報は1日曇り空。
釣り日和と言って良いです♪

しかし、こういう時は落とし穴が多い気がします。

4~6月はアジが渋い時期。

また、前回みたいにアジを探して延々と移動することになったりして・・・。


そう。
そうなんです。

この悪い予感、的中しました(笑



🏁🏁🏁



今回、主な狙いはアジ。アジを狙いながら追う大物を鯛類にするかヒラメにするか悩んだんですが、家族会議にかけたところ息子の「タイ」の一言で決定しました。
泳がせ竿は持ち込まず、鯛狙いの竿を持っていくことにします。

前回はタチウオのお試し狙いをやってみましたが、今回はパス。理由は、前回と似たような潮周りだから。
たぶん、あまり潮が流れないと思われます。

予想としては、釣り時間中は北~北西からの潮が入ってくると思いますが、ごく弱いか、もしくはほとんど流れない時間帯が長い感じ。

まあ、潮があまり動かないなら、アジもかなり運が必要になります。対策は神頼みですね(^_^;。

濁りがひどいという話なので、最近好調らしい岸際も厳しいかもしれません。少しでも濁りから逃がれるために、沖目も考えたいところです。



🏁🏁🏁



3ヶ月振りの休日釣行。
駐車場がどれくらい混雑するかな?と気になっていたんですが、5時10分の到着時点で港の駐車場はまだ余裕がありました。5時半くらいにほぼいっぱいになったような気がします。

Img_4326
朝5:30の京急大津の海。ガスが濃くて水平線が見えませんでした。


大津港のスベリに並んだボートの数は石田丸さん以外も含めて30艘くらい。トップシーズンに比べるとやや少ないですが、やはり盛況ですね。

出航待ちの時間では何人かの方々とお話させていただきました。みなさん手漕ぎボート釣りを深く愛されてる方ばかり。楽しいひと時でした。

1番長くお話させていただいたナメックさん(仮称)は、たぶん6~7年前にもお会いしたことがある気がします。なんと缶コーヒーのプレゼントをいただいてしまいました。

それから、まるまつ丸の午前アジ船で出航する前のAPさん。わざわざお寄りくださってお約束の「バナナ」を拝領。いつもありがとうございます!

Img_4330
盛況の出船待ち。僕は16番艇です。

Img_4331
APさんが乗られるはずのアジ乗合船。わざわざお越しいただいてすみませんでした&ありがとうございました。



🏁🏁🏁



さて、早速実釣報告です!

今回の大筋は前回と似たような展開だったので、少々短めにまとめてみ・・・たいと思います(自信なし)

しかし春のアジって、本当に難しいですね・・・。



【実釣報告】

満潮7:35、干潮14:41、潮汐差114cm。小潮。前回(5/26)とほとんど似たような状況。ただし、前回の日は東京湾に突発的な沖合水の流入があったようなので、特に上げ潮優位の日だったようです。
今回は前回よりはちゃんと下げ潮が流れる可能性が高いかな?しかし、それでも釣り場の底潮はあまり動かない程度と思います。

と、そんな感じの予想をしました。

結論から言うと、おおむねこの予想で合ってました。

表層では北寄りからの潮がずっと流れていましたが、底潮が同調して流れ始めたのは午後になってからでした・・・。


①武山出し(中心からやや北西寄り)AM7:20
めっちゃ海面が凪いでます。濁りはかなりきつい感じ。ウィリー仕掛けからスタート。コマセを撒きますがアタリが出ません。ミズクラゲがやたらと多く、しょっちゅうラインに当たるので海の中の様子が分かりにくいです。

毎投エサは取られるんですが、どうも小型のフグのようです(ハリスにキズが)

途中、鯛狙いの竿も出して海の情報収集を強化してみました。高いタナまで小型のエサ取りが元気。良い状況ではないようです。

2本竿でしばらく粘ってみたんですが、底潮が流れ出す気配がなく、1時間半ほどで見切りをつけることにしました。

Img_4333
APさんバナナとナメックさんコーヒーで今日のお呪い!


②五ッ根(中心部)AM9:20
五ッ根は岸に近く、好調と言われる岸際ポイントに似た性格もあると思います。ただ、根が複雑な形をしているので、ポイントが狭く、正確な位置取りが大事になります。

まず、中央部に入ってみました。しかし、魚の気配なし。やはり底潮が流れていないようです(表層は北西からの潮)。広く寄せを試みますがダメ。40分ほどで移動を決めました。


③五ッ根(南側)AM10:30
前回13:00過ぎからアジが良く釣れた場所です。時間が違いますが、潮の状況も違うかもしれないので、早めに覗きにきました。
ここではコマセに添加剤を叩きこんで大盤振る舞いしてみましたが、やはり底潮の動きは感じられず前向きな兆候もつかめません。

11:00を過ぎてボウズのまま。状況はいよいよピンチ!
*みなさんが焦る時間ってどれくらいですか?僕は11:00を過ぎると急に不安になります(笑

場合によっては13:00頃に戻ってくることも考えつつ、潮の流れを求めて沖目に出てみることにしました。


④中根(カサゴ根沖)AM11:15
潮汐は下げ六分。沖の本流は下げ真っ盛りのハズです。これ以上沖には出られないところまで来てみたところ、先客が2艘いました。
しかし、あまり釣れてはいないようです。僕がアンカリングしてしばらくすると、2艘とも移動していかれました。

ここではアジ狙いのウィリー竿と、真鯛狙いの竿を出します。また、コマセには手持ちの添加物をすべて叩き込んで寄せにかかります。

しかし、ウィリー4投してもアタリは出ません。エサ取りはいるため、まったくの潮裏というわけではないようですが、打ち返しを重ねても時間だけが過ぎていきます。

ここもダメか・・・。

そんなシンドイ気持ちを抱えながら置き竿の穂先を眺めていた11:40。

真鯛狙いの竿の穂先がスーッと海中に入っていきました。

ヒットです!

ドラグが出ないので、それほどの大物ではありません。引き方からして真鯛でもありません。しかし、アジにしては体力が長続きします。非常に元気で、繰り返し繰り返し引き込みます。

もしかしてデカいフグかも、と不安がよぎりましたが・・・。

濁りのきつい海面下に姿を現したのは、大きなアジ

一度姿を見せてから5回くらい引き込んだ大アジちゃん。相当しぶとい1本でした。

Img_4335
ボウズから解放してくれた1本。釣れてくれてありがとう!


なんとかようやくボウズを逃れました。時計を見ると11:45。

ここからアジの確変が来るかも?なんて期待をしたんですが、この日の状況はそんなに甘くありませんでした。

真鯛狙いの竿で同じタナを攻めるもアタリは続かず。またウィリー竿の方も積極的な釣りに切り替えるもアタリは来ません。

どうやら交通事故的な単発だったようです。

いくらコマセを振っても当たらないので、再び置き竿で様子を見ます。30分経っても異状ナシのまま。「ヤバイ」メーターが一気に上昇してきました。

家族に「ヤバイ」旨のLINEメッセージを入れます(言い訳の前フリ)

その後、小用を催したので、用を足します。
(ブログ記事で小用の話を書くのは初めてかも笑)

小用の真っ最中で動けない僕を狙ったかのように、意地悪な状況が到来。

置き竿のウィリー竿が突然バタバタと暴れ始めました。

ヒットです!

・・・待ちに待ったヒットですが、竿が取れません!(泣

ここで慌てると悲惨な事故が起きるかもしれません。

暴れる竿を眺めながら、まずは小用を先にしっかりと完了します。正直、「バラす」のと「まき散らす」のとどっちがマシか深く考えました。

本当にバレてしまっていたら、後悔したかもなぁ・・・。


幸い、小用をしっかりと完了したあとに竿を取ってみるとまだ魚はついていました。ゆっくり、しっかり(笑)とリーリングします。

船上に姿を現したのは25cm級の丸々とした良型アジ!しかも、もう1匹20cm級のアジもついていました。

ミラクル!

小用のおかげでダブルヒットになったようです!おしっこ万歳!!(笑

20230624x1
分かりにくいですが小用ダブルヒットの図(笑


この日のアジは本当に甘くなく、このダブルヒットの後もアタリはまた遠のいてしまいました。

しかし、コマセを振ってもアタらないものの、置き竿にすると10分に1回くらいアタリが出るように。

状況は微妙ですが、型の良いアジが混じることから、13時に五ッ根に戻るプランは採用せず、この場所で最後まで粘ることにしました。

Img_4336
20cmちょっと。今回では小さめサイズです。


Img_4338
この日のレギュラー、26~27cmサイズ。文句なしの良型です♪


ポツポツと釣れたのは結局12:30頃から納竿した13:30までの1時間。
最後の30分はちょっとパターンを掴んでヒット率が上がったこともあり、なんとかトータル14匹まで伸ばすことができました。夕飯のおかずをギリギリ確保(今年はこんなパターンばっかり・・・)



🏁🏁🏁



釣果:マアジ14(19~37cm)

Img_4322
程良い釣果。贅沢を言えば、これに大物が1本加わってくれれば最高!

数はソコソコでしたが、今回は型が良かったです。37cmは別格としても、25cmオーバーが5匹。20cmを切るサイズは1匹だけでした。


🏁🏁🏁



本文では書かなかったんですが、今回の海の状況は結構厳しかったです。

・濁り
武山出しより岸側の海の色はコーヒー色でした。
過去最高の濁りに比べるとややマシでしたが、かなりひどい濁りです。プランクトンの増殖による赤潮の一種。
海面に浮くタイプの赤潮と違って、少なくとも深さ数m単位までは分布しているようです。

Img_4340
コーヒー・・・というよりは少しマシかな?


・クラゲ
午前中はミズクラゲが大量に流れていました。視界の範囲内で10~15匹も見えるほどでした。
午後は代わって大量のアカクラゲが来襲。2ヶ月前の釣行の時と違って仕掛けに絡んでくることはなかったんですが、アンカーロープに触手が絡みついてくるため、否応なしに触ってしまうことになります。

濁り自体が魚の活性に影響することは少ないと思いますが、濁りが入ってくる際や去っていく際の海中の明るさの急な変化は一時的に魚の活性に悪影響を及ぼすので注意が必要ですね。



🏁🏁🏁



今回、予想より暑さはマシだったんですが、それでも疲労感が強めでした。どうも軽い脱水状態になってしまったようです。
500mlのペットボトル1本は飲み切っていたんですが、もう足りない季節なんですね(年齢のせいもある気がしますが・・・)。

これからもっと暑くなります。
今年はタチウオ狙いで夏の釣りも積極的にしようと思っています。次回こそはタチウオ狙いの本格スタートになるかな?

これから暑い夏。水分補給には慎重に注意を払うようにしましょう!


Img_4325
今年の釣果はソコソコ続き。打率は十分高いので、そろそろ長打が欲しいところですね。

 

 

 

 

 

 

 

« 【釣行記】令和5年5月26日(金)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】令和5年8月26日(土)京急大津・石田ボートさん »

コメント

HEPPOさん、こんにちは。

3000里も行かずしてわずか数里(弱?)で稀なアジを毎回見つけてしまわれるのはさすがです。
釣りのj始めから納竿までが手に取るように見え、
うーん今日は厳しかった、でも最後にはお互いに帳尻合わせが出来てよかったですね、
とご一緒していたような気分になりました。

HEPPOさんの神聖な記事を汚してしまい申し訳ありませんが、この歳になると小用の回数が増え、同じ様に最中に掛かってくることが結構あります。
私の場合は逆に、一旦止めて慌てて竿を、いや釣竿を掴みに行きますよ。
滅多にない獲物最優先です。

こうして大津のアジを見ると無性に食べたくなりますが、実は私もタチウオのシーズン待ちです。
伊東や網代でもタチウオは難しいですので今から楽しみにしているところです。

> 五目漁師さま
コメントありがとうございます!

ここのところ、似たような釣りを繰り返してしまっていますが、実は動画撮影の練習がかなりメインを占めていたりします。もう釣行4回も撮影にチャレンジしてるのに、全然上手く撮れません。動画撮影、こんなに難しいとは思いませんでした(>_<)。

それにしても五目さん、毎回僕のお下品ネタを丁寧に拾っていただいてありがとうございます!(笑

僕は釣りではない方の竿を優先しました。まあ、どちらにしても落ち着いて対応することが大切ですよね(^o^;)。

五目さんも大津タチウオ狙いの予定なんですね。僕は平日に出られるか分かりませんが、出る時には出来るだけお知らせするようにしますねo(^-^)o

HEPPOさん大変ご無沙汰してます!
久しぶりに覗いたら定期的に行かれてて嬉しくなりました。
最近は冬場にちょこっと三浦ボート船外機で武山の沖側を狙う釣りを会社の友人と行く程度になっています。
私がブログやってた時に甘鯛釣りでションベン釣法って言って小に行く度に甘鯛釣れてたのを思い出しました(笑)
釣りあるあるですよね。
また釣り場でお会い出来るのも楽しみしております。

> せーじさん
久しぶり!コメントありがとうございます!
元気そうで何より!\(^o^)/

そういえば、せーじさんのションベン釣法あったかも(^o^;)。懐かしいね!

僕は相変わらず手漕ぎ一辺倒。こだわってるわけじゃないんだけど、釣行が少ないから最優先の釣りばかりになっちゃいます。もう少し出られれば、船外機や筏も普通に行くと思うんだけど(^_^;)。

せーじさんもたまには手漕ぎも良いんじゃないかな?僕もまた一緒に出られたら嬉しいです(^-^)/。

海の状況が厳しいと、粘るか移動するか判断に迷いますが、HEPPOさんは粘り勝ちでしたね。おみやげ確保おめでとうございます。

仕事が忙しくなってすっかりブログをお休みしてましたが、私も6/17に大津港、6/18に走水港から出撃してきました。同じくひどい濁りで初日は粘り勝ち、2日目は粘り負けでした(笑)

> paiatown2013さん
コメントありがとうございます!

ポイントを移動するかどうかは本当に悩みますよね。
釣りの醍醐味だとも思いますが・・・(^o^;)。

2日続けて出撃!?さすが!!タフですね〜(o_o)。
思い出すと、むか〜し僕もそんなことをやったことがあるような・・・。でも今は有り得なすぎて想像もできません(^O^;)。

でも長期休暇中とかなら、初日坊主だったら翌日延長戦とかやりたいですね。まあ、実際は仕事が定年になるまでは難しそうですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】令和5年5月26日(金)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】令和5年8月26日(土)京急大津・石田ボートさん »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ