« 2023年3月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月の2件の投稿

2023年5月28日 (日)

【釣行記】令和5年5月26日(金)京急大津・石田ボートさん

今年4回目の出撃。贅沢な平日釣行です!
Img_4200


今回は珍しく(?)良い天候でした。
風は適度に吹き、日差しもそれほど強くなく、気温も過ごしやすい。
おまけに潮汐も8時間も続く下げ潮で予想しやすそう。

絶好の釣り日和!

それが、まさかあんなに展開になるとは・・・。



🏁🏁🏁



今年は手漕ぎボート13年目にして初めてタチウオを目標に入れてます。
まだシーズンには早いと思いますが、テストも兼ねて大津でタチウオ狙いをしてみることにしました。

ただし、お試しなので朝2時間の制限付き。その後は、アジを狙いながら鯛類の気配を求めていく作戦。

アジが難しい時期ですが、たぶんなんとかなるでしょう。


・・・などと高をくくっていた時期が僕にもありました。

いやあ、今回のアジは本当に難しかった・・・。
10年以上振りの「大津でアジ坊主」が目の前でした。

正直、タチウオ狙いテストの気持ちはどっかに吹っ飛んでしまいました(^_^;。



🏁🏁🏁



Img_4182
朝5:30の大津。日が高くなりました。


平日だけあって、岸払い前の大津港のスベリに並んだボートは一桁。

Img_4184
今日は11番艇。謎の「ちょうどいい感じ」があります。


朝方の石田丸さんのお話では、タチウオはたまに釣れるけれど、狙うにはまだ早いとのこと。

以前は5月末といえば大鯖が入ってくる季節だったと思いますが、近年はあまり聞きません。
(観音崎には回ってきているようなので、来週あたり大津にも入ってくるかも?)



🏁🏁🏁



それでは早速、釣りのご報告です。
最近トラブル続きで省略がちだったGPSログからスタート!

【GPSログ&ダイジェスト】

20230526log
東から流れ込む潮を求めて移動し続けた軌跡(移動回数7回・移動距離6km)

満潮7:19、干潮15:06、潮汐差111cm。小潮ですが、春の下げ潮。潮汐差も大きいので、沖の本流では強い潮が流れると思いました。
そうなると反転流が発生しやすいので、どこかで東からの潮に変わるはずです。その時間は早くて9:30、遅くて11:00と予想しました。

でも実際はなかなか潮が流れず大外れ。頭を悩ませながら、結果として大津の海を西端から東端まで横断してしまいました。


①ヤマダ電機前 AM7:15
まずはタチウオ狙いです。根の南側に入りました。沖から入る潮が平成港にぶつかるときに良いポイントと思います。魚の切り身のテンビン仕掛けで誘いましたが、エサに触る存在は現れませんでした。潮が弱く、ポイントに合ってないと感じたので、ちょっと小移動することに。

②ヤマダ電機沖 AM7:45
根の東側に入り直してみました。しかし魚の気配はここでも感じられません。タチウオは諦め、予定より少し早めにアジ狙いに移行することにします。

③富士山出し北側 AM8:45
北からの潮を考えて場所取りしましたが、エサが綺麗に戻ってきます。どうも底潮がほとんど流れていないようで潮の判断がつきません。様子をみながらしばらく粘りました。結局ヒントすらつかめず。潮が変わるかもしれない予想時間(9:30)に合わせて移動します。

④海底遺跡 AM9:30
やや東側に入りました。仕掛けを入れてすぐアタリがありましたがキュウセンベラでした(リリース)。その次はミニカサゴちゃん(リリース)。

Img_4190
海底遺跡では定番のミニカサゴちゃん。


エサ取りはいますがアジが来ません。30mほど西にいる方が魚を揚げているのを目撃しましたが、キスだったようです。

9:30を過ぎても潮は流れ出さず、東からの潮が入る気配はありません。そうこうしていると10時過ぎ、表層で弱い西からの潮が流れだしました。これは予想を外したかもしれません。まだ底潮が同調するかわかりませんが、とりあえずより明確な潮を求めて沖に移動することに。

⑤中根西側 AM10:30
北西に向かってカケ下がる斜面にアンカリング。仕掛けを入れてコマセを撒くと弱いアタリ。揚げてみるとリュウグウハゼちゃんでした。

Img_4191
この幼い感じが可愛いんですよね。時期によってはとても綺麗な色になります。


その後、潮と風に煽られてボートが扇状に移動してしまいました。途端にエサ取りの気配も消え、エサが毎回綺麗に戻ってくるように。魚探の水深は23mですが、実際のラインでは25.5m。どうやら少し斜めに入った仕掛けが根の峰を越え、潮裏に入ってしまっているようです。アンカーを打ち直しても良いのですが、遅くても11:00には東からの潮に変わる予想なので、見切りをつけて移動することに。

⑥武山出し東側 AM11:15
先に入っている方がいたので、少し南寄りに入りました。その方に声をかけたところ「全然ダメです」とのお答え。これから潮が変われば良くなるはずのポイントなので、一緒に釣れ出すといいな、と思いました。

真鯛狙いの竿も出し、2本竿態勢で臨みます。しかし、仕掛けを入れても潮の流れが感じられません。表層の潮が南風に煽られて吹送流になってきたことが更に分かりにくさを増しています。エサ取りはいるようですが、コマセを撒いてもアタリなし。しばらく粘っても、来たのはミニカサゴとリュウグウハゼちゃんだけ。どうやら予想は完全に外れてしまったようです。

Img_4192
あぁ、富士山が綺麗だなぁ(現実逃避)


時計を見るともうすぐ12時。いたずらに過ぎていく時間(海の上の時間って、本当に過ぎるのが早いですよね)。「今日はダメかも・・・」そんなネガティブな思いが去来します。

でも、せっかくの海の上の貴重な時間。ムダに過ごすのはもったいない。
ギリギリまで悪あがきをすることにしました(ベストを尽くす、って言ったほうが綺麗かな?)。

⑦五ッ根中央部 PM0:15
久しぶりの五ッ根です。船外機船の方が先に入られていたので少し北側にアンカリング。しかし、釣り始めても相変わらず潮がわかりませんし、アタリもありません。エサも綺麗に帰ってきます。

いよいよタイムアップが迫ります。夕飯のおかずを待つ家族になんて言い訳しようかなぁ、と考えてる自分がいました。
最後の意地として、東側からの潮に対応できる位置に移動することにしました。

⑧五ッ根南側 PM0:45
時間的に最後になるポイントです。五ッ根の南側に入りました。残りのコマセを大盤振る舞いして底にコマセの絨毯を敷きます。いつもの倍のペースで撒きました。
しかし、ウィリー4投してもアタリはありません。近くに魚がいれば4投以内にはアタリがあるはずです。時計を見ると、いつもの沖あがり時刻である1時を過ぎていました。ついに万策尽き果てる。アジボウズです・・・。

家族にLINEを打ちます「ごめんなさい。釣れませんでした」

早く帰る理由もないので、1時半までは頑張ろうと思い、仕掛けを打ち返します。

すると、まさにLINEを打ち終えた直後の1投で、突然竿先が絞り込まれました!

元気に竿先が叩かれます。超丁寧(笑)にリーリングして慎重に取り込むと、まさかの良型マアジ!25cm級です!!

Img_4194
ちょっと後光がさして見えるマアジちゃん。良型です!


やりました!!!

すかさず潮を確認してみると、弱いながらも東からの潮が流れだしたようです。

ようやく、やっと潮を捉えました!でも、ここで魚を散らしたら最悪。ウィリーの利点を最大限活かして早い打ち返しをします。仕掛けを入れ、アタリがなくても30秒で入れ直し。

すると、またアタリが出ました!同じような良型です。

時刻は1:15。
石田丸さんの帰港指定時間の3時を考えると、最大であと1時間あります。

これはイケる!!

やがて、ポツポツとしたアタリが2投おきに、そして最終的には入れ食いではないものの、毎投出るようになりました。時間が無いのでやりとりに集中して丁寧に丁寧にリーリングします。1匹も無駄にはできません。
(それでも途中下車や目の前で落とした魚が4~5匹は出てしまいましたが・・・)

そんな途中、こんなのが釣れた時はめまいがしました。

Img_4196
ひぃぃ。か、勘弁してください(懇願)。


その時だけ2分ほどの間をあけてから仕掛けを入れ直したところ、幸いにも被害は続きませんでした。

最終的に、タイムアップの瞬間に15匹目をキャッチ!

なんとか夕飯のおかずを確保することができました。

途中、なかなか浮いてこない魚がいて、一瞬小さめの黒鯛かと疑いましたが30cmのマアジでした。同じような強い引きがもう一度ありましたが、途中下車だったのが悔やまれます。

あと、最後の1時間はメチャクチャ忙しく、バケツから氷締めクーラーにアジを移すときに2匹も投げ損なってボートの外にポチャンしてしまったのも超悔やまれます(笑


急いで後片付けをして、大津港のスベリに帰港した時刻は2:55。こんなギリギリの帰着は初めてのことでした。



🏁🏁🏁



釣果:マアジ15(23~30cm)+α
Img_4179
良型揃いでおかずには十分。釣れてくれて本当にありがとう!


潮の予想は大外しでしたが、最後に張った意地が無駄にならずに結果につながったのは、とても幸運でした。

今回の教訓は下げ潮の強さを読み違えたことです。
春の下げ潮で潮汐差100cm超とはいえ「小潮」で「8時間も続く下げ潮」であれば、力強い潮にはならないこともあると覚えておこうと思います。



🏁🏁🏁



潮の話はあくまで僕個人の妄想の範疇です。あまり真に受けずに読み流してもらえるとちょうど良いと思います。
(潮のことを考えなくても、7回も移動すればアジが見つかって不思議はありません)

でも潮の話は、僕のような釣行の少ない釣り人の「陸上での妄想材料」としてはとても楽しいものです♪

潮は生きている、流れは生命力を運んでいる。
そんな風に考えると、海の上で潮のとの出会いにも一期一会を感じることができます。

海に、潮に、1番近い釣り。そんな手漕ぎボート釣りが大好きです!


Img_4180
やはりアジは美味しいし、面白いですね。



2023年5月 3日 (水)

【釣行記】令和5年4月28日(金)京急大津・石田ボートさん

予報好転で慌てて出撃!しかし・・・。
Img_4104


今年の平日釣行計画はこれまで3回連続で悪天候中止。

今回の有休釣行計画も2日前まで激風予報。いつもどおり自分の運を呪ってました。
(もはや出られないのが普通)

しかし前日の朝、急に予報が好転!
慌てて出撃準備をして飛び出して来ました。GW直前、今年初の平日出撃です!
(有休を取り下げていなくて良かった・・・)


でも、実際の大津の海上は朝方を除いて危険なレベルの南風がビュウビュウ。
一瞬でも「天候運上向いたんじゃね?」と喜んだ自分が恥ずかしいです・・・。



🏁🏁🏁



今回の釣りは良いドラマが無かった(悪いドラマならあった)ので、簡潔に記載します。

大津の海の状況としてメモしておきたいことを先に列記。

・海苔棚は岸近くのいくつかを除いてすべて撤去済(沖の段や中段はもうありません)。
・大漁のアカクラゲが浮遊中(仕掛けにめっちゃ絡むので大変。指がヒリヒリ痛いです)。
・ガレ場とヤマダ電機沖でポツポツとタチウオが出始めてるそうです。
 (「まだ狙いには早い」石田丸大船長談)
・イカが増えており、根周りポイントでは泳がせアジがすぐに食い荒らされてしまいます。

余談ですが、石田丸大船長さんが「4月はここまで土日が8回あったが、出船できたのはたった『1日』だけ」とボヤいていました。
(天候の悪さをボヤいている人が他にもいると安心します(笑)

Img_4098
こんなに空いている大津は久しぶり。石田丸さん・まるまつさんを合わせても6ハイくらい。



🏁🏁🏁



【実釣ダイジェスト】

朝方は4~5m/秒くらいの南風。ボートが安定してちょうど良い感じ。
ちょっとアンカリングに手間取ったものの、武山出しの良い位置に入って実釣スタート。

下げ潮が流れ出すまでは釣れないだろうと思っていましたが、予想外に潮が流れていて、エサ取りも活発。

ウィリー4投目で何かがヒット!

なんと早くも本命マアジちゃんでした!

Img_4094
ファーストヒットのアジちゃん。即座に泳がせ餌になり、その後イカにやられて無残な姿に・・・。


その後も、飽きない程度にポツポツとアジが来ます。

Img_4092
この日のヒットはウィリー針ばかり。底潮はかなり早かったようです。

Img_4091
貴重だった25cmクラス。2本しか出ませんでした。



10:30頃、南風がグッと強まり、仕掛け捌きが難しくなってきました。ヤバいかも?

スマホでMICSを確認すると、剣崎と第2海堡が南西9m/秒。大津もじきに同じレベルに強まる可能性が高いので、避難を考えなければなりません。

まだ帰港には問題ないと思ったので、とりあえず避難準備として竿を1本減らし、釣りを続けます。


11時頃、アジの数が16になったところでアジ狙いを終了。海の様子をさらに詳しく知るため、真鯛狙いに切り替えることに。

海中の雰囲気は悪くないものの、しょっちゅう仕掛けに絡んでくるアカクラゲの触手とビュウビュウの南風のおかげで釣りにくいったらありません。

*表層は南風による吹送流で北に向かってカッ飛んでます。でも中層以下の流れは真反対なので、その境目を超える時に仕掛けが絡みがち。さらにラインと一緒にアカクラゲの触手が絡まっていて、「もー勘弁!」という感じ。


鯛のアタリが出せないまま迎えた12時頃、強い南風が一段と厳しくなりました。

改めてMICSをチェックすると、剣崎と第2海堡が「12m/秒」に。これはマズい!

避難開始です。強風の中でも走錨が無かったアンカーは予想通りガッチリと根に嵌って抜けませんでしたが、風上方向に引いたら素直に外れてくれました。

岸寄りに移動する途中、石田丸の大船長が船外機船で避難の声掛けに出ていくところを目撃。とりあえず僕はギリギリお手を煩わせずに済んだようです。


避難先は岸近くの第2排水溝沖。

ここでは走錨にも悩まされ、実質30分ほどしか仕掛けを入れられませんでした。
結果はメバル1(リリース)。

Img_4088
大津のメバルちゃんはものすごく久しぶりな気がします。


風は強くなる一方だったので、13:00にストップフィッシング。

厳しい状況でしたが、とりあえずおかず分のアジが確保できて幸いでした。



🏁🏁🏁



釣果:マアジ16(16~25cm)+α

Img_4085
泳がせで2匹イカに食い荒らされたので、お持ち帰りは14匹。



🏁🏁🏁



平日の出撃では大津以外の場所を考えていましたが、今回は前日急遽の決意だったので、準備見直しの手間が無い大津になりました。

GW直前ではありましたが、久しぶりにボートの数が少ない大津の海に浮かぶことができて良かったです。やっぱり、条件が悪くても海に浮かんでアタリに出会えるのは幸せですね。

5月の釣りをどうするか、ちょっと悩んでます。
しばらく各地の釣況を追いながら考えてみたいと思います。

ところで、4月ってこんなにたくさん南風が吹く季節でしたっけ???


Img_4090
今回のお呪いは「ロングスティック」。効果なしだったので次回は選手交代かな?












« 2023年3月 | トップページ | 2023年6月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ