« 【妄想?】2023年の目標。今年はやりたいことが多過ぎ! | トップページ | 【釣行記】令和5年3月11日(土)京急大津・石田ボートさん »

2023年2月 5日 (日)

【釣行記】令和5年2月4日(土)京急大津・石田ボートさん

令和5年の(散々な)初釣りです!
202302040


今年の目標に向けたスタートダッシュを!

・・・そんな希望を持っていた時期が僕にもありました。


1月は悪天候の日がが多くて予定が合わせられず、結局1回も出撃できずじまい。

有休も辞さずの構えも、仕事の都合で無理でした。

こりゃ初釣りもかなり遅れそうだなぁ、と悲観していたところ、珍しく土曜日の風が弱めの予報になっている!

矢も楯も構わず、「とりあえず出る」で大津に行ってまいりました。



🏁🏁🏁



今回の目的は以下に設定。

・新導入の仕掛けのテスト(細糸、新ウィリー針)。
・動画の撮影テスト。
・あわよくば、泳がせでドラゴンタチウオ!

しかし結果は・・・

もう、スッチャカメッチャカのボロボロでした・・・。
あのフグ野郎どもめ・・・(怒



🏁🏁🏁



さて、あまりにも反省や後悔が多く、下手に心中を吐露すると大長文になりそうなので、軽~く振り返りたいと思います。


【実釣ダイジェスト】

反省点のひとつは、動画撮影を気にしすぎたことです。普段撮るような写真もほとんど撮り忘れてしまいました。この点からも短めの報告。Please forgive me!!


朝方はけっこう北風が強く、うねりも高くて大変でした(そして寒い!)。

202302042
分かりにくいですが、風が強く、結構うねりが高いです。

朝イチは中根ブイの西にアンカリング。前回に続いてブイが並ぶラインをチェック。
*ブイのラインはアンカー禁止エリアからギリ外れています(石田丸さん確認済)。ただし南側に外れるとすぐアンカー禁止エリアになるところもあるので注意が必要です。

しかし、いきなり針が無くなりました。

ヤツらです。

すぐ針を結び直し、徹底抗戦モードに。

ほどなく正体を現しました。

202302043
サバフグじゃないだけまだマシですが・・・。

ここから、アタリはすべてフグ。
途中下車も多かったですが、引きで分かります。
針取られも何度も発生。そのたびにハリスが10cmずつ短くなっていきます。

今回から投入した胴突き仕掛けの方は掛かりが良いみたいで、フグが一荷で揚がってきたりします。

202302045
勘弁しておくれ・・・。仕掛けのテストになりません。


徹底抗戦から一転、逃げることにしました(笑

次に向かったのは中根西ブイの西。
(さっきは「中根ブイの西」。今回は「中根西ブイの西」。ややこしい)

しかし、ここでも掛かってくるのはフグ。

フグ、フグ、フグ。

うおーっ、オリャーーっ!!!

202302047
天に帰るフグ(ウソです。力いっぱい投げたところ)。


どうしようもないです。時間ばかりが過ぎていきます。

さらに移動してみました。
本当は潮が変わるころに来るはずだったガレ場。

しかし、ここでもフグ。
(グフゥの音も出ません)

すでに時間は11:30。

今日はお昼頃から南風の予報。運が悪いとあと30分くらいしか時間が無いかもしれません。

Image-23_20230205214501
10:30頃から風が収まり、その後晴れてきました。僕の心中と違って暖かで穏やか。


記憶にないくらい前以来の「大津でアジボウズ」が現実に迫ってきました。


やむなし。海中ロープが大嫌いの僕ですが、最後の時間は海苔棚に託すことにします。


海苔棚エリアに移動。たくさんのボートが浮いている中、空いている場所を探していると、朝方出船待ちの際にお話しさせていただいた方に再会。
お聞きすると、結構な数のアジを確保されているご様子。僕も頑張らねば!
(大津20年の大ベテランさんで、息子さんとのタンデム。羨ましい限り。うちの息子もまたいつか一緒に乗ってくれるかなぁ)


沖の海苔棚4枚目の東側にアンカリング。混雑していたので、わずかなスペースに慎重に入らせてもらいました。

すると、1投目はフグ。2投目は海中ロープに掛かって仕掛けがオシャカ。やはり海苔棚まわりのアンカリングは難しい・・・。

すぐに移動(自分史上最高のスピードでアンカーを引き揚げ)

しかし、移動しようにもボートが多くて場所は選べません。なんとかスペースを見つけて入れたのは4枚目の南西付近。


すると、ここでようやく小気味の良いアタリが!

Image-25_20230205214901
小さめですが、本日初のアジちゃん。即泳がせ針付きで海に帰っていきました。


ここからアジのアタリが出始めました。

時折りフグも来ますが、大きな問題はナシ。

ウィリーの利点を活かしてフル回転でコマセを大盤振る舞いします。

ほどなく、心配していた南風が吹き始め、強くなってきました。

でも幸い緊急避難を要するほどにはならず、1時間半ほどアジのアタリを楽しむことができました。

13:30に納竿。

一応、最初に釣れたアジちゃんで泳がせ竿も出しましたが、こちらは異状ナシ。

でも贅沢は言えません。釣れてくれたアジちゃん達、本当にありがとう!



🏁🏁🏁



持ち帰り釣果:マアジ(13~23cm)19、ソゲ1(22cm)

Image-16_20230205220001
ソゲちゃんはリリースサイズですが、エラ付近から出血していたので確保。ゴメンね(+_+)。

一時はどうなるかと思いました。
妻に「釣れません。ごめんなさい」メールまで打ってしまいました。

とりあえず、夕飯のおかず分ガギリ確保できて良かったです・・・。



🏁🏁🏁



反省点のブログ掲載は省略(自分用反省メモはガチ長文)。

終盤に活躍してくれたのは細目の仕掛けと新型ウィリー針でした。でも警戒心の弱いコアジが多かったので、テストは継続。
新型ウィリー針については、定番採用が確定したら改めてご紹介したいと思います。

さて、1月に出られなかったので、2月はまだまだ出撃を狙っていきます。

出られるタイミングにもよりますが、次回はダンゴ釣りになるかも。


初釣りはシビア。でもどうか今年が「フグの年」になりませんように・・・(>人<)。

 

 

« 【妄想?】2023年の目標。今年はやりたいことが多過ぎ! | トップページ | 【釣行記】令和5年3月11日(土)京急大津・石田ボートさん »

コメント

初釣りお疲れ様でした。ポリシーを曲げてでも海苔棚に行ってよかったですね。いろいろと思うところがあるとのことですが、フグの活性が高い日はどうしようもないですよね。

私は海苔棚に行く時はアジ仕掛けのハリスを3号にしてます。強く引っ張るとハリが伸びて回収できるので、自分の仕掛けロストも防止できるし、漁師さんにも迷惑かけないで済むし、イナダとか思わぬ大物がかかっても問題なく取り込めるので気に入ってます。

> Paiatown2013さん
コメントありがとうございます!

フグ対策はBIGなテーマですね。
36計逃げるが勝ち。でもいつか追い払って笑ってやりたいです(^o^;)。

それにしてもやはり海苔棚は良いポイントですね。

今回海苔棚を敬遠したのは、もちろん海中ロープが苦手なこともあるんですが、動画撮影に他のボートな方々がたくさん写り込んでしまうのはマズいかな?と思ってのことでした。

動画撮影はまだ勝手が分からなくて・・・。撮影ありきではなく、釣りありきじゃないといけないなと反省しております。

針が伸びる強度設定を考えられているなんて流石ですね!

今年、細糸仕掛けに合わせる針として「アジ船頭」を採用してます。細軸で伸びやすい針なので、同じ使い方が2-2.5号でも出来るかもしれません(伸びる針と折れる針が混在しするのが悩みどころですが・・・)。ぜひ機会を作って僕も試してみたいと思います!o(^-^)o

おはようございます
フグは厄介な魚ですね
この2~3,年異常に増えた気がします
アジや青物に活性があれば追い払いますが
潮が緩く、活性の無い時はフグの天下
持って行った仕掛け全部取られた事も
しかし、今回の釣りと、前回の私の釣りと同じパターンです
以前はポイントの問題かと移動の繰り返して釣りましたが
水深、又は上げ潮に変わった時など
何かヒントもありそうですね
葉山で以前、どこまで沖に出たらフグが消えるか
試したこともありましたが
ボート範囲外でしたね


> たけちゃん様
コメントありがとうございます!

フグとのせめぎ合いは、きっとずっと続くんでしょうね(^。^;。

今回、移動を繰り返しても状況が変わらず、胴突き仕掛けを水深の真ん中に吊るしてみてもフグが食ってくる始末でした。

大津は外道が少ない海という印象がありますが、確かにここ数年でかなり増えているようですね。困ったものですね(^_^;)。

今回、事前に想定していたポイント移動と真逆の移動になってしまいました。午前は潮が舞いましたが、午後の潮は予想通りだっただけに、悔しさがひとしおでした。

無駄かもしれませんが、検討中の作戦があり、一矢報いたいと思ってますo(^-^)o。

お疲れさんでした。
折角の初釣りが台無しかと思ったのですが、結果的にはきっちり釣られているじゃないですか。
さすがです。

壮絶な戦いですが、東伊豆の30cm超えのサバフグの群れに比べると怖さはないですね。
ヒッチコックの鳥の様に、ボートを齧られて最後には自分の身も・・・は大げさとしても
仕掛けを落とすのをためらいますよ。

私の場合は、逃げ道としてフグに勝つではなく、負かされても被害が少ないように
エダスや針の付け直しが何度でもできるように工夫したり、
切り落とされると損失が大きい高価なクッションゴムや天秤は安価な自作品を使うように対策しています。

> 五目漁師さま
コメントありがとうございます!

サバフグのあのロボットのような雰囲気と容赦ないラインカットに比べたら全然マシでした。いつも思うのですが、思い切って調理師免許を取って、フグ調理資格も取れば釣り人生はガラッと変わるんでしょうね(^o^;)。

今年からテストしてる新型のウィリー、フグ対策効果も期待してます(避ける訳ではありませんが・・・)。

五目さんの対策も参考にさせていただいて、少しでも効果が高まるようにチャレンジしてみたいと思いますo(^-^)o。

出船前にお話をさせていただきました親子です。
懐かしいお話を頂き、先生が元気だったあの頃を思い出しました。
そうですか、ふぐの猛攻ですね。最近は、どこの海もふぐの猛攻でよわったものです。
どうにもなりませんから、あきらめて続行するか、移動するしか有りませんね。
まー案外と、食べようと思うと釣れないものです。あの時も5匹しか釣れませんでした。
あの日は、15センチ~26センチのアジが30匹でした。(計数器でカウントしています。)
アジを泳がせてヒラメを狙ってましたが、当たり無しでした。(ヒラメの乗り合いは1万3千円もします)
明日(18日)は、再び息子と石田丸に行きます。
前段はアジ狙いで沖の海苔筏
後段は、ガレ場~ヤマダ電機沖を流して、泳がせ、ルアーでヒラメ、マゴチ、ワラサを狙います。

> 和光市の1番さんコメントありがとうございます!

先日はありがとうございました。あの後、先生のブログにあったコメントを改めて読ませて頂きました。お話通り、鮎釣りのやりとりもありました(^_^)。おかげさまで僕も10年前の思い出にどっぷりとひたりました(^o^;。

明日は釣り日和ですね!残念ながら他の用事があり僕は出撃できませんが、もし出られたら同じ作戦で動きます。

楽しみですね!
和光市の1番さん(か、息子さん)の泳がせ仕掛けに良い魚からのアタリが有りますように!o(^。^)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【妄想?】2023年の目標。今年はやりたいことが多過ぎ! | トップページ | 【釣行記】令和5年3月11日(土)京急大津・石田ボートさん »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ