« 【釣行記】令和4年9月17日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】令和4年10月21日(金)京急大津・石田ボートさん »

2022年10月10日 (月)

【釣行記】令和4年10月8日(土)京急大津・石田ボートさん

前半良い良い、後半ヒドい。
いやはや、本当に頭を抱えてしまう釣りでした。

202210080


10月の連休の初日。荒天の合間を縫って、大津に出撃してきました。関東復帰第2戦です。

朝方は狙い通りの展開でニンマリ。しかし大物狙いに切り替えた後半はまともに釣りができませんでした。

海苔棚の入った大津の海に出るのは3年振り。

海の上で思い出しました。

そういえば、僕は海苔棚が入った海が苦手なんでした・・・。



🏁🏁🏁



苦労話は面白くないので、後半の釣りはシンプルに。今回は完結にまとめてみます。

それでは実釣報告へ!



🏁🏁🏁



【岸払い前】

石田丸さんの貸ボート、今日も売り切れです。秋の連休かつ悪天候が多くて出られない休日が多いので、まあ順当ですね。

202210081
盛況!

202210082
めっちゃ肥えてる・・・。港の猫は幸せそうですね。


石田丸さんの朝情報。

・沖と中段の海苔棚はすべて入った。
・最近の天候の変化は以前と変わっていて、昔からの常識と合わなくなってきている。
・コロナ禍でお客さんは増えたが、最近はまたレジャーが増えたせいかやや落ち着いてきた。


【GPSログ&実釣ダイジェスト】

20221008log


①武山出し沖
前日の荒天でアジが深場に落ちていると思い、朝イチで武山沖の30mラインへ。

ウィリー仕掛けでコマセを振って5投目。ヌメっとしたアタリで首を振ることもなく揚がってきた本日1匹目。

202210083
25cmクラスのナイスアジ!


この釣れ方は活性が切り替わる時の最初のアジによくあります。これは期待できそう!

次投からは毎投アタリが出るようになり、その間隔も徐々に短くなってきました。

202210084
2匹目。19cmのコアジちゃん。即泳がせ仕掛け付きで再投入。

202210085
3匹目。35cmクラスの大アジさん。


立て続けにサイズの違うアジが掛かってくるのは、アジが回遊せず避難モードで固まっている証拠。どうやら今日の狙いは当たりだったみたい。

ほぼ入れ食いの状態で15匹ほど釣れた時、急にアタリがパタッと止まりました。

底潮が変わったわけではなさそうなので、これは黒鯛かタチウオのアプローチと思われます。急いで黒鯛狙いの竿を出すことに。


しかし、仕掛けを作っている最中、置き竿にしていたウィリー竿の竿先が突っ込みました!黒鯛ちゃん、気が早いよっ!(@。@)

竿を取ると、かなりの引き。ドラグも何度も引き出されます。やっぱり黒鯛だ!大津の黒鯛ちゃん、久しぶりだなぁ。緩む顔を引き締めつつファイトします。

そんな皮算用が膨らむ僕の目の前の海面に姿を現したのは・・・。

なんとアジでした。デカっ!!( ゚Д゚)Σ

202210086
姿が見えるまで、完全に黒鯛だと思ってました。


47cm。僕のアジ最大記録更新。

黒鯛じゃなかったのは残念ですが、コレは立派なトロフィーサイズ。嬉しい1本です♪

このデカアジを釣ったあと、またアジのアタリが戻りました。いやー、アジの群れを蹴散らしたのはデカいアジだったというワケですね・・・。


次のドラマは数匹のアジを追釣したあとでした。
異変が起きました。

魚を掛けて巻き上げてくる途中、グッと重くなった瞬間がありました。しかしすぐにまた元の引きに。2匹目が掛かってバレたのかな?

揚がってきたのはアジでしたが、その姿が・・・。

202210088
アジの下半身が行方不明。この状態でピチピチと暴れてます。


明らかにタチウオの仕業。

泳がせ竿の穂先に目をやると、アジが暴れています。一度、竿先が入ったのでアワセてみましたが空振り。しかし仕掛けを揚げてみると、餌アジの尻尾がありませんでした。

すぐさま、そのままの状態で泳がせ仕掛けを再投入。手持ちでタチウオを狙います。

仕掛けがタナに届くと、すぐにガツガツとしたアタリが出始めました。

手ごろなサイズのアジが残っていないので、これは1発勝負。たぶん相手はドラゴンサイズです。

しばらくガツガツの穂先を伺い、満を持して掛けにいきます!

おりゃっ!

スカッ!

ああ、外したぁ(泣


仕掛けを揚げてみると、アジは食べカスになっていました。

そのあと次の餌アジを調達する前に、タチウオの群れは消えてしまったようです。

残念無念。こんな回遊に備えて中アジで短冊を作っておけば良かった・・・(ドラゴン相手なら死に中アジ丸ごとでもよかったかも)


そのあと、数匹のアジを追釣したところで数が自主規制に到達したと見なし、アジ狙いを終了しました。

この時点でまだ10:00くらいなんですが、今回の盛り上がりはこれで終了です。

202210089
そういえばこんなのも。必ず会いに来るよね、キミ。


黒鯛狙いに切り替え、アタリのないまま1時間ほどたったところで、海の様子が変わっていることに気付きました。かなりの澄み潮になっています。

朝方は濁りの強い状況でした。どうやら上げ潮が入ってきて一気に澄んだようです。むー、これは良くありません。居つきの魚の活性が激落ちしてしまいます。

居付きではなく、上げ潮に乗って入ってくるニューフィッシュを狙ったほうが良さそう。

ポイントを移動することに。

そして、ここから地獄の迷走が始まりました。


②カサゴ根(謎の根)
本流に少しでも近く、アンカー禁止エリアでない場所は東西の沖目にありますが、まず東に行ってみることに。このポイントに来るのは相当久しぶりです。

しかし、知っている様子とはまったく違うポイントになっていました。

水深も以前よりかなり深くなっているうえ、堆積物かなにかが数m積もっているような感じ。根回りで餌を浮かせて攻めているはずなのに、1番上の針に砂地の魚が掛かります。

2022100810
リュウグウハゼちゃん。キライじゃないけどお呼びでない。
(ちなみに、手袋を表裏逆にはめているのは故意です)



お手上げ。移動します。


③武山出し東側
潮に合うはずのポイントでしたが、ものの見事に海苔棚が被っていて攻められません。

まずい、今年の海苔棚の配置は僕にとって厳しいかも・・・。

どんよりした気分で即移動です。


④武山出し北側
海苔棚からは離れていますが、アンカリングすると無情にも海中を走るロープが魚探にハッキリと移ります。これでは攻められません。

やばい、ここもダメか・・・。

これは最初のポイントに戻るしかないかも。いや、情報集めも大切。思い切って大移動してみることにします。


⑤沖の小漁礁
ガレ場までいけばロープもないと思いますが、たくさんの先客ボートが浮いています。いつもこんな時の切り札になってくれる「沖の小漁礁」に行ってみることにしました。海苔棚からもかなり離れているので、きっと大丈夫。

アンカリングして唖然としました。

なんと、ここにも海中ロープが走っています!それも、2~3本。ここにまでこんなにロープが伸びているのは記憶にありません。僕の知っている過去の配置と、かなりズレているんでしょうか。

なんにせよこれではビシロストが怖くて攻められません。

迷走に時間がかかり、時計を見ると13:00になっていました。

もう新しいポイントを探す時間がありません。万事休す。

敗北感にドップリと嵌りながら、この日の竿を納めることにしました。



🏁🏁🏁



持ち帰り釣果:マアジ25(47~19cm)、マルアジ1(19cm)
2022100811
上の右にいるのが唯一のマルアジちゃん。



狙い通りの好釣果ですが、後半の不甲斐なさもあって、正直ちょっと物足りない感じです。

でも47cmの大アジは当分の自己記録に残りそう。近いうちに更新できるといいなぁ。

2022100812
サイズ違い記念写真。これ全部同じポイントで続けて釣れたものです。



🏁🏁🏁



マズイです。僕の好きな大物狙いのポイントが、今年は全滅に近いかも。

これまでにも海苔棚被りや海中ロープで攻められないポイントが出るのは常でしたが、今シーズンの配置はこれまでで1番厳しい感じ。

今年の海苔棚位置測定は11月にやるつもりですが、早めに全容を把握して対策を考えたほうが良いかもです・・・。


今月中にもう1度出撃する予定なんですが、どう組み立てるかじっくり考えてみます。

しかし、青物の気配がありませんね。あの澄み潮は黒潮系水だと思うんですが・・・。

問題解決が釣りの醍醐味。今年の難題、いただきました♪(冷や汗



2022100813
それでもアジはやっぱり楽しいし、美味しいですね♪


 

 

 

 

 

 

« 【釣行記】令和4年9月17日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】令和4年10月21日(金)京急大津・石田ボートさん »

コメント

こんばんは!
鯵リミッターまで釣るなんて流石です
(*^^*)
次はリミッター解除して走水まで輸送お願いします(笑)

今年のロープ、そんなにポイントと被りですか!
厳しい冬の陣になりそうです(^^;;)

イガイ根~武山根北側にかけては、砂が溜まってきてます。

ブッコミしておいたら、鉤折られたことが1度あります。

漁礁ベルト造成の狙い通り、カレイが居着きやすい海底になって来ているのかもしれません。

堆積物、泥の場所と砂の場所がある感じです。水深は25~30mと結構範囲が広いです。
武山周りは潮通しの良い場所と悪い場所が出てきている感じです。

HEPPOさんの攻略、楽しみです(*´艸`)

追伸
サワラも入って来ていて、先日、同じ食い逃げが船でも有りました。
船長がサワラにやられたねと言ってました。
リベンジ対象増えますね(*^^*)

お疲れさまでした
取り合えず良い釣果です
ブログを読み進めると、同じ釣りだなーと
一緒に移動して釣っている気分です
ちょっと違うのは、私の場合最後は富士山出しです
直ぐ帰れますからね
大津は、コロナ、気候天候のせいで大きく変わりました
又海苔棚も、ルール外のロープ張り、駐車場も難しく
そんなことで、暫く大津に行ってません
楽しみな釣り場ですが、釣り人の少ない冬予定です
海苔棚は好きでないので、海苔の流れる先で
黒鯛狙いです
逢える日を楽しみにしています

> APさん
コメントありがとうございます!

10年前と比べると、大津のポイントの様子は本当に変わりましたよね。常に新しいポイントを探していかないと置いていかれそうです。

タチウオとカレイがアジと並んで大津の名物になる日も近いのかな?

次は潮通しの良いところで青物を狙ってみようかと思案中です。海苔棚周りの攻略は、位置計測をしてからにしようかと思います(^。^;)。

> たけちゃん様
コメントありがとうございます!

戻ってからの大津2回、とりあえず以前の通りアジは捕まえらてホッと胸を撫で下ろしています(^o^;)。

いろいろ激しく変わる中ですが、つい変わらないものを探してしまうのは良くないクセかもしれませんね。

軸を確認して、これからチャレンジを重ねていこうと思います。

僕もたけちゃんさんにお会いしたいです。寒くなる頃(?)ご連絡しますね!o(^_^)o

こんばんは
同日、私も出撃しておりました。
しかも朝イチ同じようなポイントにおりましたが、こちらは全然駄目でした。
ポイントを走水方面へ大きく替え、11時過ぎよりようやく釣れ始めました。

しかしアジ47cmって…
そんな化け物アジが居るんですね〜
食べごたえありますね😄

> うとしんさん
コメントありがとうございます!

また同じ海に浮かべていたんですね。
ご縁を感じて嬉しいですo(^-^)o。

11時過ぎに釣れ始めたお話、ありがとうございます!
僕は潮の流れを想像するのが魚より好きなんですが、パズルが嵌まり、とても参考になる情報です。

デカアジなんですが、脂の乗りや食味は37cm個体のほうに軍配があがりました。でもおっしゃるとおり、食べ応えはありました。

そういえば以前、走水にあった広川丸という大アジ専門の船宿さんで60cmオーバーの写真を見たことがあります。もしかするといまもそんなモンスター級が密かにボートの下を泳いでいるのかもしれませんね(^o^;)。

たかがアジ、されどアジ。
アジ釣り、大好きです(^-^)。

おはようございます。

いよいよ本格的に始動ですね。
釣り場はたくさんあれど、これほどアジにに特化し、それにこたえてくれる釣り場も珍しいですね。
最近はほぼ一年を通して太刀魚も釣れてるようですし少し様相が変わりつつあるのでしょうか。

この一年私の方は足が遠のいていますが、こんな記事を拝見すると行きたくなってきました。
サイズもバライティに富んでますが、私が好きなのは25、6cmの中アジでしょうか。
加えて、たまに20㎝前後が釣れてくれると泳がせも楽しそうです。

海苔棚も入りつつあるようですし、アジの行動が落ち着いて釣りやすくなったころに久しぶりにいってみようと思っています。

> 五目漁師さま
コメントありがとうございます!

アジは潮を教えてくれますし、家族がアジ好きなので、僕の釣りがアジから大きくはなれることはなかなか無さそうです。
(実は家族はアジよりイカ好きなので、イカに転向する可能性は僅かながらあるかも(^_^;))

海苔棚の入った冬場のアジ。九州とはまた違ったあの美味しさが、楽しみですね。

天候が許せば今週金曜に出る予定なんですが、青物調査をするか海苔棚調査をするか悩んでおります。まだ構築途中っぽい海苔棚もあったので、青物かな・・・?

早く今年の海苔棚と仲良くなって、冬場の釣りに備えたいですね。五目さんともご一緒できる日が楽しみです!o(^-^)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】令和4年9月17日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】令和4年10月21日(金)京急大津・石田ボートさん »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ