« 【釣行記】令和4年10月8日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【雑談】11月は出撃できず。コロナにしてやられました・・・。 »

2022年10月23日 (日)

【釣行記】令和4年10月21日(金)京急大津・石田ボートさん

青物狙いで京急大津に行ってきました。
202210210


すでに扉絵で書いてしまっていますが、結果は無念の敗北。

わすかながらチャンスはあったんですが、モノにできませんでした。

潮の展開はほぼ予想どおり。ポイント移動も時合をつかめていただけに、敗北感が大。

でも、次につながる良いこともたくさんありました。


それでは、実釣報告へ!



🏁🏁🏁



関東復帰後、初めての平日釣行。

狙って取った有休ではありませんでしたが、続く土日は強風で出られない予報だったので貴重なタイミングです。

しかし、2日前から急に強い南風が吹く予報に変わり、当日までヤキモキしていました。

当日朝の予報は、午前中は凪。お昼頃から強い南風です。

実質午前中限定の早上がり条件ですが、秋の良い季節に出られるだけで幸せです。
(特に最近は本当に週末の天候が悪いですよね・・・)



🏁🏁🏁



【岸払い前】

平日ということもあり、用意されていた石田丸さんのボートは10艘くらい。こんなにすいている光景は久ぶりです。

202210212
スベリにビッシリと付いている貝の量がすごいですね。



石田丸さんの朝情報。

・昨日、武山の沖(沖の海苔棚の間)で黒鯛とワラサが出た。
・昨日はタチウオは出なかったが、お客さんが少ないせいだと思う。
・こんな高気圧のど真ん中なのに南風が吹く予報なんて昔の感覚とは合わない。最近の天候は読みづらい。

朝の出船待ちで、隣のまるまつボートのお客さんによく知っているお顔が・・・。

「腰痛持ち」さんでした。変幻自在の釣りで常に大漁の超ベテランさんです。早速ご挨拶をして運気をいただきました。あやかりたい、あやかりたい(^o^;。


【GPSログ&実釣ダイジェスト】
20221021log
中根でのポイント移動は短距離過ぎてログではほとんど分かりませんね(^o^;。


①中根ブイ付近
朝方、石田丸さんで釣り禁止エリアとアンカー禁止エリアの確認をしたところ、中根ブイ(複数あり)のラインはOKとのことだったので、チェックしに行きます。
今回、朝方は北寄りからの潮、9時~10時頃に東から入ってきて猿島方面に流れる潮、その後、徐々に北東から入ってくる潮に落ち着いていく予想を立てています。
予想に従い、まずは朝方の時合を攻めます。

ちょっと想定より根に寄った場所にアンカリング。まあ良いかと釣りを開始。
風は穏やかな北風。潮は予想通り真北から入ってきています。3投目のウィリー仕掛けに訪れた最初のアタリは・・・。

202210213
お前か!

フグでした・・・。結構大きい。

げんなりしましたが、何となくおもしろそうな場所なのでメゲずに釣りを続けます。

しかし、そのあと7投で5匹のフグを釣り上げました・・・。

ダメだこりゃ。

サメかエイでも掛かってくれれば打開できるかもしれませんが、望み薄です。

しかし、何か気になる場所で、ほんの少しだけ移動して攻め直してみることにします。

北に10mほど移動して再アンカリング。

ウィリー3投目を底から5m上げたところでギュギュッと力強い引き込みが!

202210214
フグじゃない!

37cmの大アジちゃんでした!

うーん、引きは良いし、家族の大好きなおかずだし、嬉しい!釣れてくれてありがとう!
(一応、今日は青物狙いなんですが(^o^;))

このあと入れ食いとわけではありませんが、立て続けにもう2本の大アジちゃん達が釣れてくれました。

202210216
37cm!

202210215
36cm!


たった10m移動しただけでこの違い。この難しさもアジの醍醐味のひとつですね。


しかし3匹目の大アジちゃんのあと、パタッとアタリが途絶えました。
黒鯛狙いの竿も出して様子をみたところ・・・。

針を盗られるようになりました。どうやらフグが寄ってきてしまったようです。

時計を見ると9時。そろそろ潮が変わる予想時間なので、移動することにします。


②ガレ場
仕掛けを入れ始めたのは9:20頃。潮を見ると、東から西にゆっくり流れています。その5分後には、猿島のほうに向かう潮に変わりました。想定通りの変化です。

この潮では、まだ良い魚は釣れないと思います。チャンスは上げ潮が北東から入ってくるようになる最初のタイミングです。とりあえず置き竿を2本出して、休憩タイム。飲んだり食べたりしながらのんびりと潮の変化を待ちます。

そうしていると、突然、中層狙いの竿の竿先がフワっと上がり、ビシの重量感が無くなりました。

一瞬2本の竿の仕掛けが絡んだかと思いましたが、魚の食い上げアタリでした。やたらと表層を走り回るので、シイラでも掛かったかと思ったら・・・。

2022102110
なぜかサバが1本だけ交通事故のように釣れることって、ありますよね。


お久しぶりの大サバちゃんでした。41cm。立派な魚体です。

とりあえず有難くいただき、すぐに仕掛けを入れ直します。


サバのあと、またアタリの無い状況がしばらく続きました。

そしてようやくの10時半頃、潮の流れがぐるっと変わり、北東からの潮が入り始めました。素破、チャンスタイム到来です!青物が入ってくるはず!

底付近のタナと、中層のタナを2本の竿で狙います。


満を持して竿先を観察していると・・・。

中層狙いの竿が引き込まれました!

しかし竿を手に取ると、魚の感触がありません。

仕掛けを揚げてみると、なんと6m仕掛けのハリスが1mしか残っていませんでした。

これは・・・、針に掛かった魚とは別の魚が光るハリスをエサと間違えて噛み切ったような感じです。タチウオか・・・サワラ???

ヤバい。イナダでもワラサでもない、想定外の魚かも。

慌てて底狙いの竿に目をやると、途端に竿先がギュギュッ!!と引き込まれるところが目に映りました。

急いで竿を取り、魚に対峙したわずか2秒後。

「ブチッ!」

切られました(>_<)。

仕掛けを揚げてみるとハリスの切り口から5cmくらいが削り切られ、繊維がズタズタに裂けています。

明らかに鋭い歯のある魚。これはタチウオっぽい感じです。


参りました。

狙いすましていた時合に、2本の竿の仕掛けが一瞬にしてやられてしまいました。

急いで仕掛けを再セットして入れ直しましたが、貴重な時間をロスしたせいか、群れは過ぎてしまったようです。

再びアタリが来ることを強く長いながら仕掛けを打ち返していると・・・。

今度は針が無くなっていました。

2022102112
先っぽ数cmが嚙み後でガジガジになっています。


これは先ほどの切られ方と違って鋭い歯によるものではありません。あきらかにフグの仕業です。

ここにもわいてきてしまったか・・・。一転、暗澹たる気持ちが押し寄せてきます。

その次の1投では、本体のお出ましでした。

2022102113
チャンスをつぶす立役者。お魚サイドのヒーローなのかも。


貴重な時合を逃した悔しさを引きずったまま、一生懸命フグ対策に頭を悩ませていると・・・。

西からの風が頬を撫でていることに気付きました。

風が変わり始めたようです。時計を見ると11:00。

この風は、10分後には強い南風に変わりました。ちょっと早いけど、残念なことにどうやら予報は当たってしまいそうな感じです。

一気に波が立ち、白波も見えるようになりました。先ほどまでの凪がウソのようです。

ガレ場にたくさん浮いていたボートのうち、半分くらいの方々が竿を揚げ、帰り支度を始めました。


その時、底付近を攻めていたウィリー竿の竿先がバタバタと暴れ始めました!

仕掛けを揚げてみると、中アジとコアジの一荷。

一瞬悩み悩みましたが、悩むより早く、体がそのコアジを付けた泳がせ仕掛けを投入していました。

10分でもいいから、チャンスが欲しい!そんな思いでした。

ウィリー仕掛けを投入すると、またすぐにアジのアタリが!

2022102111
これは泳がせサイズ未満のリリースサイズ。3匹くらいリリース。


どうやらこのタイミングで入れ食いモードに突入したようです。南風で一気に海面が騒がしくなったことで、アジの警戒感が薄れたのかもしれません。あるいは・・・。アジの緊急退避場所に続く魚道に当たっていたのかもしれません。

強風から避難するタイミングを考えながらアジを数匹釣り上げていると、異変が起きました。

底付近のタナでアジを掛けた直後、突然強烈な引き込みが!

ドラグがギャアアア!!と悲鳴を上げ、まったく止まらずにラインが飛び出ていきます。そして3秒後にバチンッ!と竿先が跳ね上がりました。

切られました。まったくたちうちができませんでした。

さっきの切られ方とは違います。あのパワーとスピード。おそらくワラサ。

泳がせ竿を観察しますが、アジの暴れている気配はありません。

泳がせエサではなく、アジ仕掛けに掛かったアジの方を選んで食いついたようです。

・・・運が悪かった?いえ、違います。これは、負けたと言う方が正しいです。泳がせ仕掛けを避けたワラサの勝ちです。

この時点の時間は11:45。南風が吹き始めてからわずか約30分間の出来事でした。


その後、アジを釣りながら風と海の様子を見ましたが、南風は収まる気配がなく、更に強くなりそうな感じもあります。

12:00過ぎ、竿を納めることに。

泳がせ竿を出したまま片付けをしましたが、最後まで竿身が引き込まれることはありませんでした。最後に、泳ぎ切ったコアジちゃんをリリースして、本日の釣りは終了です。



🏁🏁🏁



持ち帰り釣果:大アジ3(37・37・36cm)、大サバ1(41cm)、マアジ(21~32)8

2022102115
十分大きいんですが、前回47cmを見ているせいで小さく感じてしまいます。


数は少ないですが、大アジのおかげで4人家族の豪勢な夕食2回分には十分でした。大サバは塩焼きにしましたが、久しぶりに脂の乗った美味しいサバを味わうことができました。



🏁🏁🏁



それにしても・・・、今回の釣りの敗北感は大きいですね。

タチウオ対策が準備してあれば揚げられたかも・・・。
アジ仕掛けを5号にしていれば揚げられたかも・・・。
泳がせ仕掛けにひと工夫あれば揚げられたかも・・・。

そんな思いが次から次に去来してきます。

青物狙いにしては、やはりちょっと準備が足りなかった気がします。

しかし、中根ブイ回りに攻められる場所があることや、移動中に気になる地形がいくつか見つかったことなど、次回以降につながる良い要素もありました。やはり、悪天候の合間に出撃できたことは幸運。大津の海の神様に感謝です。



🏁🏁🏁



さて、青物狙いでこの展開だと、いつもの僕なら熱くなって突っ走ってしまうところなんですが、今年は幸い1月に九州でブリを釣っているおかげで、いくらか冷静な感じです。

次回は11月になると思いますが、3年振りの海苔棚位置計測をやる機会になる可能性が高いと思います。

休日の大津は海の上も人が多いので、なんとか休暇を取って平日かな。


やはり釣りはドラマティック。やめられませんね!


202210211
いつもと違う角度からの大津港の夜明け。この輝く地平線はいつみてもワクワクしますね。





 

 

 

 

 

 

« 【釣行記】令和4年10月8日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【雑談】11月は出撃できず。コロナにしてやられました・・・。 »

コメント

お疲れ様でした~!

私はアジ23~40㎝14本で、その他コアジ5かな?(泳がせ以外は放流)、カサゴ3、フグ5放流でした。
泳がせは、1度竿先が戻らなくなるアタリが有りましたが、合わせを迷っているうちにアジを取られてしまいました。多分ヒラメかな?
中層狙いと底狙いのロングハリスにはアタリが有りませんでしたよ。
11時には南風にビビり、上がりました。

ガレ北はもう少し北側ですね。
青いのや赤いの、黒いのや平べったい魚等の通り道になってます。
もう少したつとアジは海苔だなに付いて細かくなってしまうので、美味しい30㎝までの中アジを釣るなら、今のうちです。

> 腰痛持ちさま
お疲れ様でした〜。
コメントありがとうございます!

腰痛さんがいらした位置は遠目に見えました。私のログに打ってある「ガレ北」のピンは実際はガレ場ですね。

腰痛さんの泳がせのアタリ、惜しかったですね。ヒラメのアワセは難しいですね(>_<)。

おっしゃるとおり、海苔が着くとアジは海苔棚についてしまいますね。次回はもうそんな状況になっていそうです。

まだ確定ではありませんが、次は海苔棚位置の計測を考えてます。3年振りですが、10回目記念でもあったりします。体力が持つか、ちょっと心配です(^O^;)。

またぜひご一緒したいですね。今後ともよろしくお願いします!(^o^)/

こんばんはー
私は翌日土曜に釣行予定でしたが、予報を見て前日キャンセルを入れたんですが、結果出れたみたいです。当日判断にすれば良かったと悔やんでます。

やっぱりガレ場良いですね〜
私はガレ場でしか泳がせでの釣果はありません。
中根方面では全然駄目なんですよね😵
相性が悪いのかな…
今のボート屋さんではガレ場はエリア外となってしまう為攻められないのが残念です。

太刀魚チャンスにワラサチャンス、惜しかったですね。
アジ仕掛けにワラサでは太刀打ち出来ないですよね😅

おはようございます
釣りはドラマチック!!!
釣りとは????と、少し気になる事もあり過去の釣りブログを
見ていた時この言葉、heppoさんのブログの最後で
そう・・・なんですよね
毎年同じ魚を釣り、たまには変わった魚もいますが
もう飽きる頃かな、と想いながらも
釣り具屋を覗いては仕掛けの鈎やハリスを買い
情報を見ては行きたくなります
ワラサや黒鯛、真鯛と
何度釣っても興奮し、感動します
本当にドラマチックです
今回の釣りも、それなりに良い釣果と想いますが
やはり次につながる釣りですね
海苔棚の位置楽しみです

> うとしんさん
コメントありがとうございます!

土曜は結局穏やかだったみたいですね。悔しい気持ち、分かります。

特定の場所で相性が悪いことって、ありますよね。僕も長年武山出しとの相性が悪いです(^。^;)

実はガレ場もほとんど攻めたことがないんです。いつも似たようなポイントで空いている沖の小漁礁に行ってしまうので・・・。でも、今シーズンは沖の小漁礁がロープで攻められないので、ガレ場にお世話になる機会が増えそうです。

アジ仕掛けを切られたあと、すぐに5号仕掛けに切り替えました。それでもアジは問題なく釣れていたので、最初から使っていれば良かったです(^o^;)。

日曜日にはイナダも釣れているので、いよいよ大津も青物シーズンですね!お互い頑張りましょう!(^。^)/

> たけちゃん様
コメントありがとうございます!

久しく書いていませんが、僕のブログの座右の銘は「釣りは一話完結の短編ではなくて、人生をかけて紡ぐ長編ドラマ」なんです。玉置豊さんという方の言葉なんですが、まさにそのとおりと思います。

子供の頃の釣りも、今の釣りもこれからの釣りも、活きていない経験はありませんし、釣り以外の人生も然りです。

たけちゃんさんの記事やお話からは、さらに深く豊かなドラマが伝わってきますので、こんなことをお伝えするのはお恥ずかしいですが(^o^;)。

魚たちとの出会いは本当にドラマチックですよね!時々、釣りの神様はずっと見ているんじゃないかと思います。偶然にしてはあまりにタイミングが良すぎる奇跡も起こったりします。

いつか今と同じ釣りができなく時が来るかもしれませんが、胸を高鳴らせるドラマは保ち続けたいですね。

観音崎と大津で場所は違っても、ちょうど同じような展開だったのですね。せっかくかけた大物を逃すとへこみますが、それだからこそ釣り上げた時の喜びも大きいのかもしれないですね。

私は常にサバ短を準備するようにしてまして、タチウオがいるとわかるとタチウオ仕掛けで狙うようにしてます。

小アジを確保できたら泳がせもやるんですが、サバ短仕掛けのまま、置竿でゆらゆらさせてると、意外とヒラメやマゴチも釣れるので、アジ釣りしながらのサバ短放置釣りも気にいってます。

> Paiatown2013さん
コメントありがとうございます!

10月の2回の釣りで連続してタチウオにやられた時、ボートの上でPaiatownさんの記事を思い出してました。あらかじめ短冊を用意しておけばよかったなあー、と(^o^;)。

我が家の家族はそれほどタチウオが好きではないので、実はこれまで狙って釣ったことがありません。

でも、いまやタチウオはアジに匹敵する大津名物になりつつありますよね。やはり対策は必須。遅ればせながら取り組みたいと思います(^O^)。

蛇足ですが、10月最終週にコロナを罹患しまして、その後何かと体調が優れなかったり、他の予定が込んでいたりして、11月は出撃できない見込みになってしまいました。

早いところ海苔棚調査を終えてしまいところですが、やむなしです(/ _ ; )。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】令和4年10月8日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【雑談】11月は出撃できず。コロナにしてやられました・・・。 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ