« 【釣行記】令和3年10月15日(金)糸島・玄海マリーナさん | トップページ | 【釣行記】令和3年11月10日(水)仮屋(佐賀)・孝好丸さん »

2021年11月 5日 (金)

【雑談】今年も京急大津の海苔棚位置計測はお休みです。+α

昨年に引き続き、今年も京急大津の海苔棚位置計測は中止。

Image-23_20211105073501



現在も福岡に単身赴任中なので、今年も「京急大津の海苔棚位置計測」とその結果のKMLファイル公開はお休みです。


東京に帰任したら再開するの??
たぶん、またやると思います。いつまで続くかはわかりませんが。


ただし、聞くところによると最近の京急大津は大人気で、海に出るボートの数がかなり増えているようです。これまでの主な計測時期は11~12月のトップシーズン。他の方々の釣りを邪魔しないことを考えると、少なくとも土日は避けて計測にあたることになると思います。

仕事などで都合が合わず、計測をあきらめる年も出てくるかもしれませんね。



🏁🏁🏁



海苔棚位置の計測は、単なる僕のモノ好きでやっていることです。

でも、自分の中では「ボートを漕ぐ体力」を測るバロメーターにもしています。


昨年も書きましたが、冬の強風シーズンの中、約12kmを3時間半ほどかけて漕いで回るこの作業は、ある程度体力がないとなかなか完遂できないレベルの疲れを伴います。実際、計測作業はなんとは終えたものの、残りの時間で竿を出す体力が残っていなかった年もあります。

しかし逆に言えば、この計測作業を問題なくこなせれば、当面の手漕ぎボート釣りの気力・体力は十分であることの証になります(多少の悪条件でも大丈夫!)

自分の中で掲げている目標のひとつに「70歳を超えても単独で手漕ぎボート釣りができる体力を維持する()」があります。そのための道標にもなるんじゃないかな?、と思ってます。

※ すでに偉大な先輩方が実現されています。なので、今は「その先輩方よりもっと永く!」という目標に変わってます。ぜひ果てしなく高い壁になっていただいて、それを超えたい!



【参考:過去の京急大津の海苔棚位置計測結果&KMLファイルの公開記事】

2011-2012シーズン・「沖の海苔棚」データ

2012-2013シーズン・「沖の海苔棚」データ

2013-2014シーズン・「沖・中段の海苔棚」データ

2014-2015シーズン・「沖・中段の海苔棚」データ

2015-2016シーズン・「沖・中段の海苔棚」データ

2016-2017シーズン・「沖・中段の海苔棚」データ

2017-2018シーズン・「沖・中段の海苔棚」データ

2018-2019シーズン・「沖・中段の海苔棚」データ

2019-2020シーズン・「沖・中段の海苔棚」データ



🏁🏁🏁



ここからはオマケの近況報告です。

去る10月30日(土)、北九州で船を持っている知人の同行しての釣りに行ってきました。約10ヶ月振りです。

釣りものは「アラカブ」(関東でいう「カサゴ」)。船で向かったのは「北九州空港」。

北九州空港は、まるで滑走路が海に浮かんでいるような空港で、その外壁まわりには消波ブロックが入っています。

そのブロックの隙間に潜むアラカブを狙って、船からの「ブラクリ釣り」。

なんとなく、昔ハマッていたブラックバス釣りに似た感じがして楽しめる釣りなんです。
(岸際の狙ってピッチングの釣りをしているような感じ)

Image-18_20211105073801
港を出るところ。港内は穏やかですが、出ると強めの東風が吹いていました。


Image-19
空が高くて気持ちの良い秋晴れ(風は強いんですけどね)。


Image-20_20211105073801
海から見る北九州空港。見えてるのは管制塔かな?


Image-22_20211105073801
やや良型のアラカブ。関東ではなかなか出会えないサイズですよね。



Image-21_20211105073901
お前ら、ホントどこにでも湧くな!!!



ただ、あいにく東風の強い日で海の状況は良くなく、釣果のほうはあまり伸びませんでした。


釣果:アラカブ(カサゴ)7 ※2人での釣果。ご厚意で全部いただいてしまいました。

Image-16_20211105073901



ここのアラカブ、めちゃくちゃ美味しいんです!

Image-17_20211105073901
あまりに美味しくて火が入れられません。全部お刺身と握りでいただきました♪



去年初めて食べた時には本当にビックリ。

今年もこの美味しさにありつくことができて良かった!



🏁🏁🏁



さて、次の出撃予定なんですが、今のところ目処がたっていません。

週末の予定や車(カーシェア)の確保状況からすると11月中は出られないかも・・・。

良い季節なので、なかなか悩ましいところですね。

ただ、もう手漕ぎボートを借りられるアテはないので、出るとしたら筏に乗るか船外機船を借りるかになりそうです。

*乗合船も考えたんですが、レンタカーのパッケージ時間(12時間)以内に帰ってこれず、延長料金+船賃等で釣行コストが30,000円を超えてしまいます。貧乏生活中の僕にはちょっと重い・・・(^_^;)。


でも、なんとか都合をつけて貪欲に出撃したいと思います。

みなさんにとっても、今秋が良いシーズンになりますように!

« 【釣行記】令和3年10月15日(金)糸島・玄海マリーナさん | トップページ | 【釣行記】令和3年11月10日(水)仮屋(佐賀)・孝好丸さん »

コメント

おはようございます
楽しみにしていた福岡行きは中止となり残念です
仕事も少ないのか相見積もりのダンピングもあり
地元の業者に負けましたね
来年帰ってくるのを楽しみにしています
その大津ですが
従妹の休みは休日の為
大津は諦めています
朝6時では駐車場もボートも無し
又、海苔棚の沖は禁止で中根は無理
その他何かと禁止事項も増え、難しくなりましたね
大津も葉山と似たようになり
釣りの好きな釣り師には敬遠されるようになりました
これは油壷も同じく
定置網の東側は禁止
釣船など寄ってきて、ここは禁止だよと注意もされます
イサキや石鯛、黒鯛と面白い場所なので
魅力は無くなりましたね
そんなことで観音崎だけになりました
コロナはこんなところにも影響もあり
楽しみ迄奪われましたね

おはようございます。
ここにきて記事の投稿頻度が上がってきましたね。
帰任が間近かなと思うのは私の期待からの考え過ぎでしょうか。

大津には今年は行けませんででしたが、最近の釣り人気と相まって随分繁盛しているようです。
休日はボートがなくなることも珍しくないようです。

そんな中で海苔棚の位置はもとより配置さえわからない(私もそうでしたが)不慣れな人も多いでしょうから位置の計測は重宝されると思います。

私が一番遠くまで漕いでいたのは福浦の中深場、それでも片道2.5kmくらいでしたから12kmという距離の凄さは分かります。しかも海苔棚周りは多少は静かとはいえ大津の海はいつもポッチャンポッチャンしていますから大変な作業だったのですね。
次回はタイミングが合えば半分お手伝いしますよ。そうすれば残った時間で釣りもできそうですし。

伊東のフグ退治もありますし、何れにしても全ては帰って来られてからのお楽しみですね。

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

博多のお仕事、残念ですね。
でも、海でお会いできる機会がより楽しみになりました。帰任したら、ぜひタイミングをご相談させてください!o(^_^)o

休日の大津は大繁盛なんですね。僕も伊東、長井あたりが増えるかもしれないです。

あとは観音崎。数えてみたら、もう9年も伺ってません。「5年離れよう」と決めてはいましたが、いつのまにか長くなり過ぎました。改めて門を叩かせて頂こうと思います。

コロナと釣り、こんなに関わりがあるとは想像がつきませんでしたね。でも同好の士が増えるのは歓迎です。ルールを守り、安全に永く楽しむために必要な情報の発信が求められている時かもしれませんね。

> 五目漁師さま
コメントありがとうございます!

投稿頻度が上がっているとすれば、残り少ない時間を楽しもうと、少し焦っているのかもしれません(^O^;)。

海苔棚の位置計測は「モノ好き」と記事で書いていますが、では何が好きなのかというと、「誰よりも漕ぎまわることで、ホームグラウンドの大津の海と深く関わっている」感じがするところです。多くのことを考えながら、やがて無心になっていくプロセスには、一種の瞑想みたいな面もあるのかもしれません。

などと書くと、変態的な部分を吐露してるようでなんだか恥ずかしくなってきました(^O^;)。

糸島で、予想を超える自由度の高い釣りを経験してしまったので、海の上にもしばしば混雑が発生するという最近の関東に戻るのが少し心配です。

でも、上手に手漕ぎボートで海に親しむ方々が増えているなら歓迎です。帰任したら、釣り場でまたいろいろな方と言葉を交わしてみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】令和3年10月15日(金)糸島・玄海マリーナさん | トップページ | 【釣行記】令和3年11月10日(水)仮屋(佐賀)・孝好丸さん »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ