« 【謹賀新年】2018年、明けましておめでとうございます! | トップページ | 【安全対策】昨年(平成29年)の海難審判裁決事例について »

2018年1月 4日 (木)

【妄想?】2018年、今年の目標など

手漕ぎボート釣り、実質7年目。


2018mokuhyou



最近3年ほど、釣行回数が伸びない年が続きました。


そのあおりを受けて、自分で設定している1年目標に対する評価も2年連続で「落第点」になってますbearing



でも実は、個人的にはこの状況を「楽しい」なんて感じていますconfident


釣りになかなか行けないのは辛いんですが、長い釣り人生に予想のつかない困難がつきまとうことは当たり前。紆余曲折はむしろ経験の幅を広げてくれるかも?と思います。


「20年目標」なんて大袈裟なものを設定した自分で言うのもなんですが、実際は22年になろうが、25年になろうが構いません。あるいはもし生きているあいだに納得のいく成果を得られなくても、それはきっと失敗ではないと思うんです。


その時どきに自分なりのベストを尽くしていれば・・・・ですねwink




pencilpencilpencil




さて、今年は「中級者期」の2年目であり、20年計画の7年目になります。
今年も、「1年目標」を設定したいと思います。


まず大事なのは、「中級者期の5年目標」に掲げているコレ。


「『もたれアタリ』を取れるようになるsign01


これが、今の僕にとって1番大切な取り組みです。



この目標の達成に至る手段として、今年は昨年の1年目標を引き継ぎます。
(落第点なので・・・。つまり、実質留年みたいなものですねcoldsweats01


・ダンゴ釣りの基本を押さえるsign01


さらに、一昨年から昨年に引き継いだ目標のうち、まだ未達の3つを、もう1回引き継ぎます。


整理すると、今年の単年目標は以下の4つになります。


◎ダンゴ釣りの基本を押さえるsign01
・細糸仕掛けの基本を押さえるsign01
・NS釣法の基本を押さえるsign01
・魚を浮かせて釣る基本を押さえるsign01


いつもの釣り人生計画表で見ると・・・、こんな感じです。


Vision2018_2



一見すると、目標が多くて達成が難しそうに見えますが、実はそうでもありません。


「細糸仕掛け」は昨年釣行回数が少なかったためにあまり実践できなかっただけで、成果を出すための戦略・手法は既に構築済です。また、「浮かせて釣る」テクニックはほぼ身につきつつあるので、あと数回確認が取れれば十分及第点には至ると思いますwink


したがって、「ダンゴ釣り」をメインに精進し、同じタックルで「NS釣り」を交える釣行をすることで、今年の目標は効率的に達成できると考えていますconfident



まずは3月上旬までの低水温期に、ダンゴ&NS釣りの経験値を稼ぐスタートダッシュを決めておきたいですねwinkshine




pencilpencilpencil




僕は毎年、上で触れている釣り人生計画のプロセスとは別に、その年その年の「目標魚」を決めています。年によっては魚種だけでなく、「釣り方」も限定することがあります(手漕ぎボートでワラサを釣る!etc)


今年の目標魚は・・・コレです。


「ヒラメを狙って釣るsign01


この目標も、昨年の引き継ぎですcoldsweats01。昨年の取り決めは・・・「なんとしても釣る!」。つまり釣り方は問いません。手漕ぎボートだろうが、乗合・仕立船だろうが、一切構わないことにしますsmileshine


ただし、ソゲ(30cm以下)は除外します。あくまで一般的に「ヒラメ」とされるサイズを条件にしておきますconfident



昨年、3回狙う機会があったんですがいずれもカスリもしませんでしたshock


しかし、この目標もアプローチ方法は考えてあります。あとはきっと時間の問題・・・だと思います(運の問題、と言い換えると自信がなくなりますがcoldsweats01




pencilpencilpencil




この3年間、釣行回数が伸びなかった原因はいくつかありますが、そのうち1番大きかった「子供の受験」がようやく終わります。


※あと大きかったのは「天候運」と「突発的な仕事の繁忙」ですが、こちらはもう自分ではどうにもならないので神様に祈るしかありませんcatface


なので、今年の釣行回数は昨年より増えるだろうと思いますconfident


今年は、どんな海、どんな魚達と出会えるでしょう?
同じように出会いを求められているみなさんと交わす笑顔も、楽しみですsign01
shinehappy01





« 【謹賀新年】2018年、明けましておめでとうございます! | トップページ | 【安全対策】昨年(平成29年)の海難審判裁決事例について »

コメント

明けましておめでとうございます。

今年はますますマニアックな方向に行こうとしてますね?(笑)

私は例年通り大津アジ、福浦アマダイをメインに行く予定ですよ。
あと来年定年ですので、行けるうちにアカムツ、シマアジなどの遠征にも行っとこうと思います。

去年は伊東のボートで5.5kワラサ、波崎で43cmアカムツなどの突出した釣果はありましたが、まあまあの年でした。

今年は初釣りでいきなりのマダイ5連荘と絶好調でしたので、何か良いことありそうな気配(笑)。

何はともあれ今年もよろしくです!

> 腰痛持ちさま
コメントありがとうございます!

す、すごいです((;゚Д゚)))
いただいたコメントひとつの中に躍っている魚の名前がハンパなく輝いてます!

腰痛さんが「まあまあ」と評されるのは相当なハードルなんだと分かりました。
ワラサ5.5kgとアカムツ43cmが揃った年なんて、普通は夢のような成果だと思いますよ( ̄▽ ̄;)。

今年は真鯛爆釣からスタートされて、アジ、アマダイ、そして遠征アカムツ、シマアジ・・・。
今年の腰痛さん、やる気マンマンな感じですね!お言葉に力を感じちゃいます。

いつと腰痛さんから教わることはとても多いです。
今年もぜひよろしくお願い申し上げます!(^O^)/

こんにちはー!
①モタレアタリを取ること、②ヒラメを釣ること。

モタレアタリ(というか前当たり?)は甘鯛やカレイではけっこう有ります。
竿先が微妙にというか不自然に動く?或いは止まるというか、魚が餌をくわえてというか吸い込んだような感じ?
これがモタレアタリの認識で合ってます(^_^;)?

モタレアタリを取るメリットは本当たりで、歯のある魚の口に針をかけてハリス切れを防ぐ?

それともミチイトを送り込んだり、ハリスを動かして逃げる餌を演出して餌を飲ませる?

ヒラメ釣るなら後者が目標、真鯛釣るなら前者が目標ですね?

前者なら本当たりを見逃さずに合わせるだけで良いですが、後者なら魚によって大分違うので前当たり取った後のアクションの方が難しいかも(^_^;)?

私は出来てるとは言えないですね(-_-;)

ヒラメの狙い撃ちはやったこと無いですから、今年はやってみようかな?

ポイントが分かっても鯵やイワシが回遊してないと、お留守になるのが悩ましい(^_^;)

狙い撃ちできたら、教えて下さいませ(^o^)/

> APさん
コメントありがとうございます!

「モタレあたりを取れるようになる」は、釣りのベテランさん達にとっては当たり前の感覚のひとつだと思います。高度ではあっても、基本的な技術だと思います。

僕は、釣行も少ないし、感覚的な経験をすぐ忘れちゃうタイプなので、しっかり身につけたくて5年間かけようとしてる感じです。ホントに僕は忘れっぽいんですよ(^◇^;)。

ただ、これは「釣れた」と「釣った」の境目のひとつだと思うので、大事にしたいです。

前アタリを拾ってからカケる釣りの楽しさは多くの方がご存じだと思います。釣りをより楽しむために、その機会と幅を広げられたらいいな、と思います(^。^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【謹賀新年】2018年、明けましておめでとうございます! | トップページ | 【安全対策】昨年(平成29年)の海難審判裁決事例について »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ