« 2017年6月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月の1件の投稿

2017年10月10日 (火)

平成29年10月8日(日)京急大津・石田ボートさん

4ヶ月振りの出撃ですsign01


29100822


やっと・・・、という感じで久しぶりに海に出られました。


今年はいろいろと他の予定や悪天候に祟られて、ぜ~んぜん釣りに出られませんshocksweat02




pencilpencilpencil




短めに近況報告sign01


※4ヶ月も更新していなかったので、ご心配いただいた方もいらっしゃいました。
 本当にすみません。HEPPOはすこぶる元気です(恐縮


なぜあまり海に出られないのかというと・・・。


①子供が受験生(高校受験)sign01
休日にたくさんの学校めぐりをしたり、深夜までの塾通いをクルマで送迎(イマドキの受験生は本当に想像を絶するほど忙しいcrying。家族を挙げて毎日毎日サポート中。


②昨年から仕事内容が変わったsign01
ものづくり的な仕事が増え、自分の頭の中のイメージを具現化する機会が増えました。もともとモノづくりが好きな性分なので、企画を考える時期やプレゼン用試作品を作る時期なんかには、ついつい休日まで勉強や試作にいそしんでしまいます(汗


③相変わらず天候運が無いsign01
コレでも最低月に1回は釣行計画を立ててます。でも7~9月はすべて悪天候にガッツリ阻まれました・・・shocktyphoon


いろいろあって、釣りに関してはここ3年くらい我慢の年が続いています。長い人生、こういう時期もありますねcoldsweats01。正直、ブランクが続くと釣りのウデマエも当然落ちると思うんですが、今はやむなし。今後の釣り人生のためにも、人生をうまく回すことも大切・・・かな?wink


そうはいっても、自宅ではよく釣り道具を撫でまわしたりしてます(笑
たぶん、子供の受験が終われば出撃回数はかなり回復できるんじゃないかな?




pencilpencilpencil




さて、釣行記に入ります。
(こちらも短めに・・・)



【GPSログ&ダイジェスト】


今回のGPSログをもとに、ザッと振り返ります。



20171008log
もう、沖と中段の海苔棚はほとんど入ってました(一部はまだ枠だけ)


①中根付近
朝イチは富士山出しや海底遺跡でアンカーを落として潮の様子を見ることが多い僕ですが、今回は沖に直行。子供の送迎の関係で早上がりが必要なので、少しでも時間を節約したかったんです。しかし、コレは裏目に・・・bearingsweat01


水深27m。沖で大アジ探し。でも、必死に魚を寄せてやっと中小のアジが釣れ始めたところで、パッタリと魚の気配が消えました。潮が予想と大幅に違う展開になったんです。朝イチは予想通り北西からの潮。しかし下げ五分の8時半頃から、底潮が南西から流れるようになりました。


南西!?一時的かと辛抱したものの、南西からの潮は強まるばかり。おまけに北東からの風がかなり強まり、周囲ではウサギが飛び交う状況になっていました。


AM9:30頃、沖をあきらめ、岸よりに移動です。



②武山出しと中根本体の中間地点付近
武山出し沖側周辺にはたくさんのボートが浮かんでいました。アジはかなり釣れている雰囲気。根と根の間の30mラインならどこでも良いかと思い、他のボートの邪魔にならないところを選びました(水深29m)。


最初はアタリが遠かったものの、ウィリー仕掛けでコマセを縦に振り続けると、ほどなく入れ喰いに近い状態になりました。約1時間後のAM10:30頃、ツ抜けしたあたりでアジ狙いは終了(実は今日、子供達が留守でお刺身を食べてくれる家族が少ない日なのです)


この時点で下げ七分です。潮を確認すると、北西から力強い潮が流れているようだったので、今度は真鯛・黒鯛を狙って再び沖に出てみることにしました。



③中根西付近
水深27m。潮に合わせたつもりでしたが、釣りを始めると、エサを底に這わせても齧られもせず、魚の気配ゼロ。おかしいですcoldsweats02。表層は北西からの潮が入っているものの、どうも中層から下は複雑な潮になっているようです。


海の様子を観察しながら粘り強く仕掛けを打ち返しました。しかし目立った良い兆しを得ることもなく下げ止まり時刻になってしまいました。唯一の収穫は、本当に潮が止まったのが、潮汐表の下げ止まりより1時間遅かった(下げ潮優位)ということです。


黒潮が活発だとこの時期は上げ潮優位なことも多いのですが、どうやら今は本当に黒潮の影響が弱いようです。


PM1:00に沖上がり。
一時風が強かったものの、全体的には天気も良く、気持ちの良い釣り日和でしたconfident



【補足1】
・今回は潮汐差が大きめの大潮だったので、ダンゴ釣りタックルは持ち込みませんでした。
・僕の仕掛けに青物の気配を感じることはなかったんですが、武山出し近辺やガレ場ではイナダが何本か揚がったり、仕掛けが切られたりという話があったようです。
・例年の僕ならこの時期は「青物病」。でも今回は妻から「刺身が翌日以降でも美味しい魚を釣ってこい指令」が出ていたため、アジ以外は真鯛・黒鯛狙いで通しました。
・真鯛、黒鯛はどっちもカスリもしませんでした(泣



【補足2】
・大津港のスベリ。海から回収された流木(?)、うず高く大量に積み上げられていましたcoldsweats02。石田丸さんのボートの出し入れがとても大変そうでした(泣。
・朝方、まさかの「mickさん」にお会いしました。mickさんは僕が偶然釣り場で行き当たる人No.1。いまだにその不思議なご縁は健在のようですconfident
 (もうお一方、ジョイントNo.1の「ぴーさん」がいらっしゃいますwink
・隣店のタチウオ乗合に乗られる「Yさん」にも遭遇sign01(Yさん、お久しぶりでしたhappy01shine
・そのYさんと一緒にタチウオ乗合に乗られた「大吟醸さん」から、帰り際に石田丸さん経由でタチウオのお裾分けをいただきました。アジ一色だった釣果に華が加わり、本当に助かりましたhappy02shine
 大さん、いつも本当にありがとうございますsign01
・お目にかかることはできなかったんですが、「APさん」も大津に出ておられ、アジ大漁、かつ立派なマコガレイまで揚げられたそうです。さすがです~sign01happy01shine




pencilpencilpencil




【写真ダイジェスト】



29100821
まず驚いてしまったのはこの「渦高い流木の山」です。岸払いどきは満潮だったので、スペースがほとんど無く、ボート出し作業はとても大変そうでした。早く撤去が進みますように・・・:;(∩´﹏`∩);:。


29100817
定時まで、港の中にたくさんのボートが待機。写真では分かりづらいのですが、今回は特に多くて壮観でした。


29100815
本日最初のアジくん。寄せて釣ると良型が先に釣れることが多いと思いますが、今回もそんな感じ。


29100814
と、いうわけで、2匹めはこんなサイズになったワケです。


29100813
またもミニサイズ。そして、ここであまり頑張ってコマセを振り過ぎると・・・。


29100810
こんな連中が寄るハメになります。中サバくん。


29100812
フグちゃん( ;´Д`)


2910089
武山出し付近に移動。


29100811
最初はアタリが遠かったですが、一旦寄せると入れ喰いに近くなりました。ピンボケだ。


2910086
9時過ぎからしばらく、かなり北風が強かったんですが、お昼前にはこの穏やかさ。気持ちいい癒しの海でした(*^_^*)。


2910085
海苔棚の風景。以前釣りキチ先生にお聞きしたお話では、このV字の柵のようなものはまだ準備作業の時に立てるもので、そのうちに撤去され、いつもの海苔棚の姿になるようです。


釣果:マアジ12+α


2910081
最初に釣れた良型アジくんは、大ジャンプ一発で活かしバケツから海に飛び出して行ってしまいました。なかなかすごいジャンプだった( ;´Д`)。


(もらいもの)大吟醸さんからいただいたタチウオ

2910082
大さん、ありがとうございます〜(๑>◡<๑)


pencilpencilpencil




今年は(も?coldsweats01釣行が少ない展開なのですが、年内は可能な限りペースアップを図りますsign01天候さえ味方してくれれば・・・。


(自信まるでナシcatface


潮周りによっては、ダンゴ釣りタックルの出番も出てくると思います。
少ない機会を活用できるよう頑張りますsign01wink





« 2017年6月 | トップページ | 2017年12月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ