« 【釣行記】平成29年2月1日(水)長井かかり釣りセンターさん | トップページ | 【強風撤収】大津、風が止んでくれませんでした。 »

2017年3月 4日 (土)

【釣行記】平成29年3月3日(金)長井かかり釣りセンターさん

ダンゴ釣り修行の第2回ですsign01


29030320


宿題の多かった前回以降、2度釣行計画を立てたものの、結局2月には出撃できませんでした(何故か「春の嵐」に当たってしまって・・・。相変わらず天候運はありませんcoldsweats01


やっとめぐり合った仕事の調整がつきそうな北風の日は、ひなまつりの日でした。


(ひまなつり、縁起が悪い気もしましたがshock



前回浮上したたくさんの課題。それぞれに対策を打ちましたが、果たして結果は・・・?


今回も手漕ぎボート釣りではないので、あまり深堀りせずにざっくりとご報告させて頂きますねwink




pencilpencilpencil




今回の釣行に臨むにあたって、改善を特に心掛けたのは以下の4つです。


①竿とリールの右手操作にしっかり慣れるsign01
②朝のダンゴ作成手順を確立して時間と疲労を節約するsign01
③実釣開始後のダンゴ作成・投入の手順とタイミングを確立して確実にステージ育成・維持を図るsign01
④仕掛けの水深を常に把握するsign01


あと、今後のために踏み込んでおきたい1歩として・・・。


⑤基本の釣り方の他に、流し釣り、落とし込み、L字釣法、宙切りの4つの仕掛け操作にもチャレンジするsign01


このうち、①と④はタックルの新調もしています。まずリール、手のサイズに合わせて操作しやすくするため、スプール径が大きめなリールを購入しました(写真は後ほどのアルバムにて)。水深の把握については対策を2つ。ラインをマーキング付きの製品に変更。それからラインに目印を付けるために建築用のマーカーを用意しました。


後の②・③・⑤はネットを動画視聴とイメージトレーニングだけが対策ですcoldsweats01




早速ですがこの5つのポイントについての実釣結果も書いちゃいますsign01wink


①「右手操作sign01
竿、リールともに右手操作でひととおり問題なくこなせましたhappy01shine。巨ボラ先生に付き合ってもらって、かなり指ドラグにも慣れることができました♪

②「朝のダンゴ作りsign01
朝のダンゴ作りは2つの桶で2回に分け、5kgずつ作成。手と腕の負担が減ってスムーズに進めることができました。

③「ステージ育成・維持sign01
仕掛けダンゴと寄せダンゴを一定のリズムで投入できるようになり、エサとり→ボラ→チヌとポイントの変遷を感じることができましたeyeshine

④「仕掛けの水深sign01
マーカーがうまく塗れなかった(塗っても見えない)ものの、新調ラインの既成マーキングのおかげでしっかり仕掛けの位置を把握することができましたwink

⑤「応用仕掛け操作sign01
想定していた4つすべての釣法にチャレンジしてみました。でも今回はあまり潮が流れず仕掛けが流されなかったため、流し釣りとL字釣法はあまり効果がありませんでした。落とし込み(モーニング)、宙切りはアタリなし。最後にノーシンカーでの落とし込み(実際にはNS釣法と同じcoldsweats01)をしたらヒットがありましたが、NSのアワセ方を忘れてしまっていてアワセが決まらず、無念のバラシに終わってしまいましたshock


かなり経験値の稼げた釣りだったと思います。今回は潮の速さが一日を通じてそれほど変わらず、オモリをあまり変えなくて済んだことも、初心者の僕にとってアタリの見分け方を学ぶうえで良い環境だったと思いますconfident



釣果:黒鯛(カイズ)7、ヘダイ2、ぶっといボラ1


2903033
なんとか家族のおかず分は確保できたかな?ヘダイもなかなか美味しいお魚です♪

長井でカイズの数釣りができる時季はそろそろ終了だそうです。先月の数釣りトップはなんと52枚sign01)。僕も前回、すぐ隣での37枚という大釣りを目の当たりにしましたが、なんともスゴイ数coldsweats02sweat01。長井は、京急大津の海以上に真冬が熱い海のようです。




ところで、今回僕が一番勇気を振り絞ったことが「ぶっといボラくん」の処遇です。


長井の海が綺麗なことと、「寒ボラは美味しい」とも聞くこと、それから今回のボラがあまりに「ぶっとい」魚体だったことから、今回思い切って持ち帰りました。


本当は海で下処理をしてから持ち帰ると良いのですが、諸事情(準備の悪さ)から、血抜きだけしてそのままクーラボックスに投入しました(以前、ボラの強烈な「臭い」にひどいめにあったことがあるので、かなり勇気が必要でした・・・coldsweats01)。



ニオイが強烈なのはウロコとヌメリ、内臓だけです。


ウロコは屋外ではがしました。大きなビニール袋の中でウロコ取りを使って飛び散らないようにしました(大きな鯛の時と一緒)。ヌメリは屋外の水道で魚体をタワシ洗い(でも、長井産のせいかそれほどニオイはきつくありませんでした)


そして内臓をキズつけないように「ダイレクトに柵どり」しました。



2903031
ウロコさえしっかり剥がしてあれば、さばきにくい魚ではないと思います。

背身だけなら結構簡単です。でももったいないので腹身のほうにもチャレンジ。



2903032
もしかして卵(カラスミになる)が入っているかもしれませんが、今回は内臓には手をつけませんでした。

内臓はキズつけず、血や体液も出ずになんとかうまくいきました。ボラの「5枚おろし」といったところでしょうかcoldsweats01



それで、肝心の「食味」です。


釣った当日のお刺身。「美味しい」ですsign01eyeshine


かなり驚いたんですが、食味はほとんど「美味しいイナダ」もしくは「ワラサ」。たぶん、ワラサと言って出されたら味では見分けがつかないんじゃないかと思います。ほんの少し、後味に違いを感じますが、それもイヤな感じではありません。


海が綺麗なおかげか、時季のせいか、はたまたたまたま美味しい個体だったのか・・・。あるいはその全部?


とにかく、ボリュームもあって美味しい、上質な1本でしたconfident

(実際に食べるまで記事に載せるつもりがなかったので、お刺身の写真は取り忘れcoldsweats01



29030321
これは翌日の夕食に出したお刺身。お酒を振って1日寝かせたバージョンです。食感と旨味が明らかに変わりました。これもなかなか!ボリュームがあるので、まる2日間楽しめます♪

長井の寒ボラ、一度味わってみる価値アリですよsign01


(でも念の為、ニオイ対策には万全をwink




pencilpencilpencil




【アルバム】



2903034
渡船は朝6時に出船。1ヶ月前より30分早まってます。これから日の出時刻とともにどんどん早まるそうですよ(^^;;。


2903037
筏に乗りました。夜明けの筏。この雰囲気、大好きになりそうです(^○^)。


2903038
海の上で見る日の出。何度見ても格別ですね。


2903039
朝方は魚の気配がありませんでした。やっと出たアタリは10:30頃。腹回りのぶっとい巨ボラくん。この1匹とのファイトで、すでに疲れました( ;´Д`)。


29030310
本日最初の本命ちゃん!o(^▽^)o ボラの後、教科書通りに黒鯛のアタリが出始めました。


29030315
外道は少ないと思いますが、たまにこんなのが揚がってきます。よく見ると初めてお目にかかる本家ヒガンフグさんですね。墨を垂らしたような模様です。


29030317
午後は、毎投のように魚のアタリがあります。でもアワセに迷ったり、魚に針を呑まれたり、ハリスに傷がつくたびに針を結び直したりしたので、効率は上がりませんでした。それでもダンゴ投入のリズムは守るように務めました。


29030318
これが新調したリールです。今回は違和感なく操作することが出来ましたo(^_^)o。


29030319
この日最後の1枚はヘダイちゃん。黒鯛に似てますが、幼な顔で優しい感じがします。長井の神様、今日も一日有り難うございました!(^人^)


穂先に出る小さなアタリに精一杯の大アワセを入れるダンゴ釣り。本当に楽しい釣りです。


オールもアンカーもないのに何故か手漕ぎボート釣りより体が疲れるんですが、、ビシィッ!!と竿を大きく空に向け、魚の重みを感じた瞬間の快感は、後から思い出しても脳に快感物質が出てきちゃいますlovelyshine


これで良型の引きを経験したりしたら・・・。全国的に人気のある理由が、とてもよく分かる気がします。




pencilpencilpencil




【今回の主な反省点】


・アタリ判断が難しいsign01
ダンゴが割れ、しばらくして仕掛けが落ち着いてから出るアタリはまだ取りやすいんですが、割れてすぐに出るアタリは自信が持てずアワせられませんbearing。また、オモリの着底が判別できる状況でないと、仕掛けが底にあるか判別できない気がします。今回の釣果はすべてオモリで底が取れる状況でした。潮が早いと通用しないと思います。


同じ理由で、流し釣りや落とし込み、宙切りでラインを送り込む時、アタリが取れる自信がまったくありません・・・think


・巨ボラ1匹で右手のダメージが大変なことに・・・sign01
前回も大きなボラとのファイトがありましたが、今回のボラは輪を掛けたヘビーファイトでしたsadsweat01。船竿と違って片手の握力と手首の力だけで対峙しなくてはならず、特定の筋肉の負担が・・・shock。でも、きっとロクマル級の本命だったら、もっと激しい戦いになるんでしょうね。それを感じさせてくれた巨ボラ先生には、心から感謝していますconfident


・いつのまにか竿先が折れてしまった。
さんざん折ったことのあるメバリングロッドより更に細い穂先なので、そのうち折るだろうと思っていましたが、今回でしたcoldsweats01。いつ、なぜ折れたのかはまったく分かりません。実釣中、気がついたら穂先2cmくらいのところで折れていました。でもちょっとツメた状態でも実釣にあまり影響はなく、このまましばらく様子をみてみようかな、と思いますcoldsweats01




pencilpencilpencil




大津の水温がそろそろ上がり始めそうですねeyeshine


予定では、大津の水温が12~13度になったら、大津の手漕ぎボート釣りでのダンゴ釣りにチャレンジしてみたいと思ってます。


長井での2回の釣りでは、まだまだ圧倒的に修行が足りないのですが、もしかすると次回の釣りはいきなりの大津になっちゃうかもしれませんねcoldsweats01


海苔棚のあるなしでも海の状況は変わると思います。さて、どんなダンゴを準備しようかな・・・?




2903035
余談、今回最後にちょっとだけNS釣りをしてみたらヒットがありました(バラしましたが(^^;;)。ダンゴ釣りとNS釣りは、ポイントもタックルもほぼ同じなので、シームレスに切り替えられます。楽しいかも?



« 【釣行記】平成29年2月1日(水)長井かかり釣りセンターさん | トップページ | 【強風撤収】大津、風が止んでくれませんでした。 »

コメント

こんにちは。

ダゴチン釣り、順調に飛ばしてますね?
これから潮が濁って、乗っ込みに入るともっと釣れますよ~!(笑)

大津に持ち込むのはいつになります?
ぜひ石田丸のお立ち台で、クロダイ4つ持ちをやっちゃてください(笑)。

> 腰痛持ちさん
コメントありがとうございます!

ダンゴ釣り、進んだのはまだ千里のうち1歩です(^^;;。
でも、やはりビシ釣りやNS釣りに通じるたくさんの学びがあることが実感できます。
針と糸だけで、かつ繊細な穂先での釣りですので、魚の動きや海中の様子を感じるには最適ですね。

あとはポイントを作る・育てるというアプローチ。
ビシ釣りでもステージ作りを意識して釣ったことはたくさんありますが、盲目での手探りでした。
この釣りでは、視力1.5みたいな感じでポイントの変遷が感じられます。

ボートでのチャレンジは僕も楽しみです!(きっと潮に翻弄されて酷い目に会うと思いますが(^^;;)

大津、できれば3月中には出たいですね。海苔棚のあるうちに・・・、ですねo(^_^)o。

こんにちは
順調に進んでいますね、趣味の釣りは勉強とは違い疲れませんから
一気にレベルアップですね
私は、いつも思いますが、新しい釣りへチャレンジし、一つ増えると
数十倍も釣りの幅が広がります
まるでウイルスが広がるように色々な釣りに繋がり
その先に魚がいます
海は一度も同じ海など無く同じ釣りをしていては面白くも無い
状況に合わせて釣り方も変わり
ダンゴ釣り、撒きコボシ、NSと使い分ける事も可能です
私は浮き釣りが好きですが
これも面白いです
今まで知らなかった、表層や、中層に魚がいる事に気付きました
根ばかりでなく潮目や通り道、回遊コース
知らない事ばかりでしたが、少しは近づいたかなー、といった塩梅ですね
次回の海苔棚が楽しみですね
水中浮きも面白そうです

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

新しい釣り。たけちゃんさんのおっしゃる通り、広がりと繋がりを実感しています。
今年この釣りを選んで良かった、本当に一番今の僕に必要な釣りだった、と感じ始めてます。

これまでにお聞きしたお話から考えると、たけちゃんさんの様々な釣り経験はどれも桁違いに深く、競争や工夫に満ちた釣りだと思いますので比べるべくもないのですが、繋がりや広がり、これは僕も大事に育てていきたいと思いますo(^_^)o。

大津でのチャレンジは、簡単にいくとは到底思えませんが、僕も非常に楽しみです!
最近は天候や仕事の都合で時季を逸することが多いので、いまはとにかく機会を作ることを考え中です。

浮き釣り、まだ先なのですがトライする予定は持っています!(^O^)

ダンゴ釣りの課題クリアおめでとうございます\(^o^)/

綺麗に数釣りなさっていて、素晴らしい!
同時に「こんなに釣れるのか?」と改めて驚きです!!

ところで、読んでいて、気になった点を質問させて下さいm(__)m

まず、錘ですがどんな錘を何号で使用してましたでしょうか?

次にボラがかかった時のハリスの号数は何号でしたでしょうか?

試してみたいこともあるので参考にさせて下さいm(__)m

> APさん
コメントありがとうございます!

前回は準備の足りなさでうまくスタートがうまく切れなかった感じだったので、今回が「第1歩」でした。
ダンゴ釣りは市販のダンゴ餌が進化している上に、ネットでレシピ情報がたくさんあるので、ダンゴ作り自体にあまり悩まなくて良くなっていることが助かりますね。

ご質問について。
まずオモリですが、、釣果のほとんどは、ガンダマ3Bをひとつ付けている状態でした。あと、ラインは1日を通してフロロ1.5号です(ハリスと道糸の区別のない「通し」です)。

ビシも天秤もないシンプルな道具立てだと、本来のラインの強さに驚きます。やはり、ハリスが受ける抵抗の正体はオモリの反動やビシの水圧抵抗だということなんでしょうね。

APさんのダンゴのご活用、ぜひまた聞かせてくださいね!(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】平成29年2月1日(水)長井かかり釣りセンターさん | トップページ | 【強風撤収】大津、風が止んでくれませんでした。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ