« 【雑談】地味な話・・・?「仕掛け壊しの日」。 | トップページ | 【釣行記】平成28年10月22日(土)京急大津・石田ボートさん »

2016年7月 3日 (日)

【釣行記(仕立船)】平成28年7月2日(土)松輪・佑幸丸さん

仕立でのイサキ・アジ船釣行です

2807021

お隣の釣り好きなご主人さんからお誘いがあり、仕立船釣行に行ってきました

今回は手漕ぎボートではないので、アルバム的に短くまとめておきます。







釣り船に乗るのは一昨年の12月振り。その時は晩秋のアジ船で船宿は大津の石田丸さんでした。


(過去記事リンク)大漁!でも泳がせの大物をバラし無念・・・。


僕は混雑した釣りが苦手なんですが、仕立てのお誘いがある時は乗船人数に余裕のあることが多くて有難いです


今回の船宿さんは初めてお世話になる松輪江奈港・佑幸丸さん(仕立て専門の船宿さんです)


釣りものはイサキ・アジ。仕掛けはハリス1.75号のウィリー。
僕はイサキを釣ったことがないので、ワクワクです







朝5時半に出船。


梅雨時ですが、幸運なことに雨の予報はありません。天気予報では曇りなのも嬉しいですね。 もし晴れ間が覗いたら、きっと途端に夏の日差しになるでしょう



港から10分くらいで、イサキポイントに着きました。 たくさんの船が集まっています。



2807022
時々、隣の船と竿同士が当たるくらいの距離まで近づきます。隣の船とのオマツリが発生したり、隣の船のおじさんが釣り方のアドバイスをくれたことも(;^_^A。

しかしアタリは少なく、イサキはなかなか釣れません


周囲の他の船を見ていても、魚の姿はポツリポツリです。半分くらいはアジっぽい感じでした。



結局、ここは1時間ほどで諦め、五目が狙えるポイントに移動。
(僕は20cm弱のウリンボ1にアジ1だけでした。←地味ですが人生初イサキです



次に行ったポイントは五目ポイント。


ここではアジがそこそこ釣れました。朝方は中アジ、潮変わり時に一時アタリが止まりましたが、その後は大アジが釣れだしました


2807023_2
さっきまで寂しかったイケスがやっとにぎやかに\(^o^)/


みんなのイケスバケツがにぎやかになったところで、最後にサバ狙いのポイントに移動。
松輪のサバは有名ブランドです)


さすがサバ落とすたびにアタリがありました


ここでは時々アジも揚がっていましたが、40cmクラスばかりでビックリしました。お隣のご主人さんが40cmクラスのトリプルを揚げられたのは本当に壮観でした


みなさん、アジ・サバを中心にクーラーをいっぱいにされたようです



晴れ間が覗くことは少なくて、ほぼ1日曇りの天気で過ごしやすかったですね。


2807024
左舷僕を含めて4人だけ。乗合船だとなかなか望めない余裕ですo(^_^)o。


2807025
沖上がり近くに晴れ上がりました。暑くなる頃に陸に戻ったので、気持ち良さだけ残る良い天候でした。







釣果:イサキ(ウリンボ)1、マアジ16(42~24cm)、ゴマサバ5(最大43cm)、ウマズラ1(30cm)、メジナ1(29cm)、オキメバル2



2807026
アジは立派なサイズが多くてオカズには十分過ぎるくらい。あれ?イサキ写ってない?小さ過ぎて埋もれた!?(・_・;?


2807027


サバは5本で自主規制発動。沖メバルは胃袋が出ちゃったものだけキープ。このウマズラ、期待どおり大きな肝が入ってました!\(^o^)/


僕は釣り船よりも手漕ぎボートでの釣りを優先するようにしていますが、手漕ぎボート釣りに無くて釣り船にあるすばらしいものを1つ揚げるとすれば、それはたくさんの人とワイワイと楽しい時間を共有できることですね


普段は海の上でひとりぼっちになる釣りが多いので、ことさら感じるのかもしれません。


イサキがあまり釣れなかったことはちょっと残念でしたが、いろいろな笑顔に触れられ、天候にも恵まれ、また船長さんもとても良い方で、とてもとても心地の良い釣行でした


お世話になったみなさん、ご一緒できたみなさん、本当に有難うございました





« 【雑談】地味な話・・・?「仕掛け壊しの日」。 | トップページ | 【釣行記】平成28年10月22日(土)京急大津・石田ボートさん »

コメント

こんにちは。

中々楽しそうな釣りでしたね。
仕立て船もい~もんでしょ。
今度機会があったら、お誘いしますね?(笑)

シマアジ、カイワリ、イサキ、メダイ、オニカサゴ、、等とり揃えてあります。
どれがいいですか?(笑)

> 腰痛持ちさん
コメントありがとうございます!

仕立船もたまにはい〜もんですね!( ^ω^ )
釣ったことのない魚が釣りものだと、よりテンション上がっちゃいます。

ただ、僕は何せ釣行の機会が少ないもので、どうしても「チャンスがあれば手漕ぎ!」と思っちゃいます(^◇^;)。
今回も、頭の中は「下にあるのはどんな根で、潮はどう流れていて、船長はどう船を流してるんだろう?」みたいなことばかり浮かんできてしまって・・・。

本音を言うと、魚は10匹もいれば十分で、あとは操舵室を覗いていたかったですf^_^;)。

でも、シマアジ、メダイなんて憧れちゃいます。手漕ぎでは狙えませんもんねo(^_^)o。
年間20回くらいの釣行が確保できれば、船も2〜3回は入れたいんですが、現実はなかなか難しいですね(;´Д`A。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】地味な話・・・?「仕掛け壊しの日」。 | トップページ | 【釣行記】平成28年10月22日(土)京急大津・石田ボートさん »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ