« 【釣行記】平成27年8月21日(金)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【2015年まとめ(?)】まとまるものがありません(^o^; »

2015年10月 6日 (火)

【ミ二釣行記】平成27年10月4日(日)京急大津・石田ボートさん

大津に行って参りました


今年5回目の釣行です(例年の半分くらいのぺースでしょうか


爆弾低気圧の影響か、ここ数日我が家の愛犬の具合が悪く、直前の真夜中まで悩む状況でしたが、何とか行ってこられました
(調べたら人間でも低気圧の接近で具合の悪くなる人は意外に多いみたいですね。酸素濃度の低下で自律神経が混乱するんだとか・・・。知りませんでした



釣果は奮いませんでしたが、僕には(?)珍しい釣り日和で、気持ちの良い1日でした


今回はミ二版でサラッとメモしておきたいと思います。







秋の休日釣行なので、きっと誰かにお会いできるだろうとは思っていましたが、最初に出会った方はなんと「ぴー太郎」さん


ぴー太郎さんの大津釣行は激レア級なのでビックリしました。今回は「iOSの常連」さんに合わせての大津とのことでした。


その後、iOSさんと「mick」さん、「Dr.Sea Love」さんにもご拝謁(Dr.Sea Loveさんは小川丸の乗合での出船)。そしてそして海の上ではKagoturiさんのお兄さんにもお会いできました(隣で真鯛を釣った方がおられ、帰り際に挨拶を交わさせて頂いたらやっと気付くという、昨年の初対面の時と全く同じパターンでした


他にも、出船待ちでお話させて頂いた方々もいて、1日賑やかな心持ちで過ごせました




2710041
岸払い前の港のスベリ。休日は壮観ですね。かなりの数のボートが用意されてました。

※ぴーさんとiOSさんを海の上でお探ししたんですが、混雑で見つけられませんでした。あまりきちんとご挨拶できずにすみませんでした。



2710042
今回は朝方に富士山根。その後に沖の小漁礁、そして中根西と回りました(ガレ場と中根にはかなりの船団が見えました)。


2710043
富士山根で幸先よく小ぶりのアジをゲット!即泳がせスタート!!しかし、残念ながら丸1日の間1度もアタリはありませんでした。


2710044
ペットボトルで試作したビシ。何種類か作っている中の基本形タイプです。最近全然まとまった時間が取れないので、チマチマとした工作に走っています。とりあえずアジは普通に釣れてくれてひと安心



2710045
オモリ交換式です(今のところ25号、40号、55号に対応。でも使い方からすると「カゴ交換式」と考えた方が良いかも?)。これからしばらくはこの基本形タイプでいろいろな穴のあけ方の検証をしてみようと思います。自作ビシの話はもう少し詰めてから記事に着手します(長期的な取り組みになる予定です)。






2710046
今年は大鯖がよく釣れます(^^;;。

釣果:大鯖3(最大40cm)、マアジ5(15~17cm)+α


イナダかと思ったら大鯖、今度こそと思うと大鯖。そして三度の大鯖くんでした(笑


でも、この1番大きいサバは久しぶりの「当たり鯖」タ食の塩焼きがあっと言う間に無くなりました。コレがあるから僕は大鯖好きなんです♪




大津では前日にワラサが上がっていたこともあって、本命は泳がせでした。でも途中から色気が出てしまって中途半端に鯛狙いへ・・・。良くなかったですね。もしかしたら今回が今年の釣り納めになるかも、と思ったら欲張りな心を抑えられませんでした


再挑戦のチャンスはあるかな?


月1では必ずチャンスを作るようにしているので、あとはお天気の神様次第、というところですね





« 【釣行記】平成27年8月21日(金)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【2015年まとめ(?)】まとまるものがありません(^o^; »

コメント

iOSです。こんばんは。

やっとご一緒できましたね。
釣行回数が少なくなっておられるので海でお会いするのは
難しいかと思っていたのですがラッキーでした。

アジは回遊するので動いて追うか、来るのを待つか判断が難しい
ですね。私とぴー太郎さんはそれぞれ別の場所で待つを選択した
のですが釣果が分かれました。

中途半端な魚探の反応に惑わされて大きな群れを採り逃した
ように思います。次回はめんどくさがらずに大津のポイントを全部
駆け巡るくらいの気持ちで望みたいと思います。(あくまで気持ちです(笑))

ワラサはびっくりです。大津にいるのは知ってはいたのですが、
まさか自分のところに来るとは思っていまんでした。(タモも
あれでしたから....。)ランディングできたのは奇跡です。
大津いいですね~。今度は真鯛狙ってみようかな~。

是非、油壷にも着てください。またお会いしましょう。

p.s.探していただいたのですね。申し訳ないです。
メアド書いておきましたので次回は連絡ください。

こんばんは。
お久しぶりです。

ぴー太郎さんのブログでHEPPOさんが大津に出られ、
しかも自作のビシを使っておられたというのを聞いて
以前お話されていた理想の仕掛けのデビューかなと思い飛んできました。

ぱっと見た時に本格的に業者さんに頼んで作られたのかとびっくりしてしまいました。
ペットボトルとは驚きのアイデアです。
それにしても良い工作ですね。

以前、オキアミだったかビーズだったかの沈降速度を確認するために
巨大な筒を準備されていたのをお覚えていますが、
あれを使って実験されたのでしょうか?

私は、下窓と上窓の開閉具合で縦方向のシャクリ方や落とし方、スピードを変えますが
余り側面の窓は気にしていませんでした。
逆に側面窓だけだとシャクリ方とコマセの出方との関係がどうなるのかなと今さらに考えています。

天秤との組み合わせが楽しみです。

おはようございます

一日違いでした。
3日に大津に行ってきました。
もう一日後だったら、自作のビシが見られたんですね。

今年は滅茶苦茶忙しそうなHEPPOさんにとっては、
一回一回が貴重な釣りですね。
釣果は二の次で、どうぞあれもこれも試してくださいませ~♪

日曜日はお疲れ様でした。

出船前いろいろ貴重なお話が聞け良い刺激になりました。
また、半袖・短パン・サンダル履きが私だけで無くて良かったです (^_^)
ボートで浮く前に陸で1人浮いちゃうかなぁ〜と思っていたので・・・。

五目さんもびっくりされていますが、唯一現物に触れた私も「これHEPPOさんが作ったん?」と尋ねるほどの完成度でしたね。細か〜いところもなるほど!の逸品でした。

幸運にも本体部分をオリジナルのまま頂けたので私もトライしてみようと思います。
上手く出来た時のみご報告させていただきますね〜 (^^ゞ

あれだけの集団の中で釣ったのも初めてでしたが、ほんの一寸のズレで釣物が大きく変わりますね。
沖の方ではマダイも上がっていたようですが、私のすぐ近くに入っていた常連さんらしき方は大サバの連チャンでした。
大津は博打的要素もふんだんに有り、とても面白い釣り場だと思いました。

次回は油壺?で、ひょっこりとお会いしたいですね (^^)
また興味深いお話お聞かせください。

>iOSさん
コメントありがとうございます!

ワラサ、最高ですね!\(^o^)/
今回はiOSさんの喜びのお顔を身損ねたのが1番残念でした(^^;;。僕は泳がせで青物が釣れた時は記憶が途切れるほど嬉しかった覚えがあります。きっとiOSさんも雄叫びのひとつくらいはあげられたんじゃないでしょうか?(^-^)

本当に、やっと海でお会いできましたね。ご縁が深まった気がして嬉しいです!o(^o^)o

僕は今年かなり出撃が少ない上に平日中心の釣行なんですが、やはり休日釣行はこういったご縁を結べるチャンスがあって大切だなぁ、と感じました。

またお会いできるのを楽しみにしております(^O^)/

p.s. 以前もメアドを頂いていて、まだ連絡していなくて
すみません。僕も動画に手をつけ始めていて、そちらの収穫があったらご連絡させて頂こうと思ってました。いづれにせよ、近いうちにご連絡させていただきます(^-^)。

> 五目漁師さま
コメントありがとうございます!

ビシの件について五目さんとお話ししたいことはコメントでは書ききれません。

とりあえず今回のものはあくまで第1歩で、天秤一体型のタイプとは全く違うコンセプトになります。

五目さんの書かれてることこそ、まさにいま僕が試したいことそのものです。僕はこの基本形のビシで、縦に出すコマセを試そうとしてます。五目さんと逆で、僕は側面から出す釣りしか経験がないんです。

天秤一体型は、縦のコマセに重点を置いて考えるつもりです。いまから楽しみでなりませんp(^_^)q。でも、まだ先です。慌てずレールが現実を踏み外さないように、基本となる部分を固めてから少しずつ進むつもりです(以前にも触れましたが、僕にとってこの取り組みは10年計画です(^-^))。

あの大筒でも試してみましたが、やはり実際の海で使うと全然印象が違いました。コマセのかわりにご飯粒を使ったので正確じゃないのは当たり前なのですが•••(^^;;。

ビシや天秤をいじっていると、いつも五目さん(と、先達の「あの方」)が浮かびます。

釣りに行けなくても、なんとか楽しみを捻り出しております(^◇^;)。

> 釣りキチ先生 様
コメントありがとうございます!

実は日付を1日間違えていて、朝イチの時点では先生もいらっしゃるつもりでした
お会いしたみなさんと話していて、やっと「今日って4日だったっけ?」、と(笑

今年はガレ場がすごい人気ですね!
沖の小漁礁付近から眺めたら全部で15~6艘くらい浮いていたように見えました。

先生が開拓され、育てられたポイントと言って間違いないと思います。
そんなガレ場で大勢の方がボート釣りを楽しんでいるなんて、なんて不思議で素敵な話だろう、と思います

そうそう、僕は確かに今年なかなか出るに出られないんですが、恒例の海苔棚調査は必ず実行する予定です。
(また先生に「まだ~?」と催促されることにはなるかもしれませんが

ペットボトルビシ、今手元にあるバージョンでほぼ通常の市販のビシの昨日は網羅できるようになりました。
なにせ自分でいくらでも作り直せるので、好きなように穴をあけられます。なかなか楽しいですよ~

> ぴー太郎さん
コメントありがとうございます!

僕もホントに嬉しいビックリでした。まさか大津でぴー太郎さんにお会いできるなんて・・・

時期的に半袖短パンは微妙でしたよね。僕も妻に相談したりしました。
(そしたら「半袖短パンに決まってるだろ」と。もしかして冗談だったのかもしれませんが真に受けました

仕掛けの音の話になった時、ぴー太郎さんから「音で魚が寄る話」をお聞きして、乏しい知識の僕ながらぴー太郎さんが言われると説得力があるなあ、と感じてしまいました。

ああいった、ちょっとした話で刺激をいただけることは本当に大切だと思います。

しかしぴーさんの釣果は本当に爆釣の域だったようですね!
今回のぴーさんとiOSさんの釣りは、きっと記憶にずっと残ることになりそうです。

僕にとって惜しむらくはぴーさんとiOSさんの「ドヤ顔」を見逃したことです。
もし見られたら、一生幸せになれる笑顔をいただけたかもしれなかったのになぁ、と思います。

きっと、またの機会もありますね!その時は僕も一緒にドヤ顔、出来たら嬉しいです♪

※10月8日、コメント一部修正致しました。読み返したら分かりづらい表現に気づいて•••。知識が乏しいのは僕です。もしお気に触られていたらすみませんm(_ _)m。

HEPPOさんこんばんは。

そろそろ充電も切れそうだったんじゃないですか?
また海の上で充電出来ましたね♪
切れる前に必ず海に出ましょうね~。

HEPPOさんのお返事「え!?」って思った部分があるんで教えて下さい。

五目さんへの返信で
>僕は側面から出す釣りしか経験がないんです。
これはビシカゴの側面(横から)からコマセを出すと言う事ですか?
それとも、横にある仕掛けに対してコマセを出す感覚?

私はなんとなくカゴの上から出す(出てる?)イメージでいつもビシを振ってます。
なんか違う感覚なのかな?と思ってちょっと不思議でした。

久々にHEPPOさんと語りたいな~。
今年はレアキャラになっちゃってるんで実現できるかな?
その時を楽しみにしています♪

> せーじさん
コメントありがとうございます!

充電はとっくに切れて、寿命を消費してる気分かも!?(^^;;

希望的観測だと来年の夏くらいには落ち着くんじゃないかと期待してます。

でも、今回のビシ作りや他にも始めてる工作は、釣りに行けないからこそアイデアが出てきてるような気がします。辛さを紛らすには新しいことを始めるのが1番だし、忙しくて手や体を使えない時に、不思議と閃いたりするんだよねp(^_^)q。

縦のコマセの件は、僕もあまり説得力のある説明は出来ないかも(根拠のない妄想の類です)。

イメージとしてはマキコボシ釣りです。針とコマセを縦に同調させつつ、時間をかけて「場を作る」感じです。

普段のコマセ釣りと基本は同じだと思いますが、潮に合わせようとすると、自然と仕掛け•ビシ•天秤のセッティングとシャクリ方を変えて行くことになると思います。

そのバランスは難しいので、まずは普段やっている潮の早い時をベースにした釣りと対極に来る釣り方の基本を押さえられれば、きっとその間に来る状況に合わせるための引き出しが増やしやすくなるんじゃないかなぁ?、と妄想してる次第です。

でも、自作のビシ作りで試したいことは他にもいくつかあります。

•••なんて、偉そうに書いてしまいましたが、結局のところ試す機会も無いまま、いつかすっかり忘れてしまいそうな気もします(;´Д`A。

間抜けっぽく見えるかもですが、ある意味「妄想するだけ」でも楽しくて救われる面もあるんですよね。もちろんじつげんのために行動することの方が何十倍も楽しいですが(^^;;。

お疲れ様でした
コマセカゴの製作とは驚きました
コマセカゴはビシ釣りの一番大事な処です
魚の種類や潮の状況で使え分けるので難しいですが
基本がわかれば色々な釣りが楽しめます
基本はしゃっくり上げた時、上部の穴から海水が流れ込み
カゴの中を攪拌します
最初の一回では、その上部の穴や、側面の上部の穴からコマセが出ます
2回目以降はシャクル水圧の状況で側面の穴から吹き出します
全体が海水に混ざると、次は底の穴から一気に出ます
そんな事を踏まえて
真鯛やイサキは上の穴からポロポロ出るのが理想です
アジやサバ、イナダは一気に出しても良いですが
待つ釣りの時は、やはりポロポロが良いですね
アミコマセでは上部の穴は5mm前後オキアミでは9mm前後が良いです
さらなる進化型のカゴを期待します

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

たけちゃんさんが過去に書かれていたコマセの出方のお話はほぼ覚えていると思います。
でも今回のお話ほど詳しいことは初めてですね!貴重なお話を有難うございます

冬場に海面近くで実験されていたことは存じ上げてますが、それだけとはとても思えない細やかなお話に驚いてしまいます。

僕は家の中でちょっと実験もしてみたんですが、やはり再現性が低く、思い切って海中撮影のためのビデオカメラを買ってしまいました。冬場の澄み潮が楽しみです(今年は海に出られるかどうかもわかりませんが)。

平日忙しくても、ふとした時に改良のアイデアが浮かび、週末になると出掛けて工具やボルトなどを買ってきて試してみる。あまり時間を掛けられないので遅々とした歩みですが、それなりに楽しく過ごしています。

ビシの穴の向こうに、いろんな釣りの楽しいイメージが浮かんできます。
これもきっと、たけちゃんさんが通られた道のひとつなのでしょうね

HEPPOさんこんばんわ

私も久しぶりの大津だったのですが、お会いできてビックリです!
釣果はイマイチでしたが天気の良い中でHEPPOさんと並んで釣りをできて嬉しかったです。

ビシ自作されたのですね、とても興味深いです、
ライトタックル用のステンカンが欲しくて色々探したのですが、もう販売されていないようで諦めていたのですが、このペットボトルを使ったビシなら好きな場所に穴をあけられるので面白いものが出来そうですね!流石です\(^^)/

お仕事お忙しそうですが、また時間が出来たら楽しい記事UPしてください
楽しみに待っています(_ _)

Heppoさん、こんばんわ。

待ってました❢❢
釣行お疲れ様でした。

本当に本当に久しぶりの釣りは堪能出来ましたか?

本当なら私ももっと自重しないといけないのですが、我慢出来ずに無理やり行ってしまっています。
今年は思っていたよりもアチコチに行く年になってしまいました。
おかげで色んな釣りを覚えているところです。
年初の目標もかなり変わってきました。
ただ、やはりワラサだけはいつまでも追い続けたいです♪

マイボートのおかげで、金銭的にはかなり楽になっています。
ただ大津に中々行けなくなったのが少し寂しいです。
でもマイボートだと大津1回に対して3回は行けるので…
いつかはまるまつこうじさんの様にマイボートで大津へ行こうと考えています。

来年いっぱいは我が家も大変です。
特に来年は受験の年…
釣りにばかり行っている場合じゃないのでしょうが、ダメ親父なもんで(笑)

またHeppoさんとゆっくり語りたいですね。
落ち着いたら連絡下さいませm(__)m

> mickさん
コメントありがとうございます!

mickさんとは本当に釣行がよく重なりますよね。
僕には以前から特別に釣行タイミングが重なる方がお二人いらっしゃいます。それがmick さんとぴー太郎さんです。

そんなお二人とまたまた、しかも同時に行き合わせたなんて、いよいよこれは偶然ではないのでは??、と感じてしまいます(^^;;。

mick さんが言われるライトタックルのビシはもしかして大塚プロモデルのやつでしょうか?僕も何度も探し歩いたことがあります。僕も未だに手に入れてませんが、なんとか手にして参考にしたいと思ってます(^O^)。もし手に入ったら改造しちゃうと思いますが•••(^^;;。

僕も並んで釣れて嬉しかったです!
mickさんも久しぶりの釣行と言われてましたね。お互い季節の良いうちにまた出たいものですね(^人^)。


ペットボトルのビシカゴ、今度作り方教えて下さい!
相方が結構ビシカゴ無くすので、切実です(笑)

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます!

遅い返信になってすみませんm(_ _)m。

Heavyさんの釣りの世界はすごく広がりましたね〜
羨ましいです!o(^o^)o

HeavyさんとKAKEさんの最近の釣りを拝見してると、僕もいろいろ妄想が浮かんできちゃいます。せっかく釣行が少なくて予算的に余裕が出来てるので、免許を使った船外機釣行をしてみようかな?、とか•••(^^;;。

今年の辛いところを逆手に取って楽しみたいなぁ、という気持ちが強いところもあって、本当に良い刺激を頂いてる感じです(^-^)。この場を借りて感謝!!(^O^☆♪

仕事や家庭がいろいろあって、趣味に優先するのはしょうがないことですよね。出来れば全部、悔いのないように乗り越えていきたいですね♪(o^^o)

僕もHeavyさんとまたいろいろ話したいです。
また機会作って連絡します〜(^O^)/

> てんころもちさん
コメントありがとうございます!

お久しぶりですね!
ビシカゴや天秤をなくすのは本当に経済的にも精神的にも痛いですよね~ヾ(;´Д`A。分かります。きっとめぐこさんも都度辛い思いをされてるでしょうね・・・。

僕は海苔棚が入った大津が苦手なんですが、大きな理由のひとつがPEが高切れを起こす怖さがあることです。荷物を軽くしたい中でビシの予備の持込をやめられないのもトラウマが原因です(^o^;。

ところで、今回初めて写真をのせたビシカゴなんですが、実は余計な音を立てないようにしっかりしたパーツを使って作りこんだバージョンで、意外に材料費が高いんです(1400円くらい)。

ステンレスワイヤーを使ってパーツを自作すればかなり安く作れます(500円くらい)が、全体的にややカタついたり、掃除が難しい(後で臭う)感じになります。

自作するメリットとしては、ペットボトルの部分はいくらでも作り直して交換できるので、自分の好きなように穴を開けなおせることですねo(^_^)o。

近いうちに基本的な工作の方法は記事にしようと思っています。
(ちょっと気長に)お待ちくださいませ!(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】平成27年8月21日(金)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【2015年まとめ(?)】まとまるものがありません(^o^; »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ