« 【ミニ釣行記】平成27年6月10日(水)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】平成27年8月21日(金)京急大津・石田ボートさん »

2015年6月26日 (金)

【ミニ釣行記】油壺→長者ヶ崎お二人様ツアー!?

今年3回目の出撃は、思いがけない展開に・・・!


2706251
え•••、えっ!!((((;゚Д゚)))))))


休日出勤分の代休を使い、油壺に出撃しました。


しかし、まさかの休業sign01shock
今年は釣行が少ないんですが、ツキも弱っているんでしょうかcrying



でもツキに見放されたワケではありませんでした。


僕のほかにもう一方、運の悪い方がおられました。
なんと、「五目漁師」さんですsign01


※完全な偶然です。お互い顔を見合わせてビックリ。僕にとっては最高のハッピーサプライズです♪


ボート難民となったお二人様ツアーのスタートですsign01(笑




pencilpencilpencil




相談した結果、大カマスの爆釣情報がある「長者ヶ崎・オオモリボート」さんに行ってみることにしました。二人ともまったく始めての場所です。


途中、釣具店によってカマス用のフラッシャーサビキを購入。準備万端(?)です!


2706252
この坂を下るとオオモリボートさんの受付があります。


しかし、やはり慣れない場所の上、事前調査も足りませんでしたcoldsweats01
いざ現着してボート店の方にお話を聞いてみると・・・。


「カマスはルアーでしか釣れない。サビキは無理」


ガーンsign01sign01Σ( ̄ロ ̄lll)
やっぱり、そうそう思うとおりには運びませんよね・・・。


また、オオモリボートさんでは以下のルールをお聞きしました。


・カマス狙いでも沖ブイ(真鯛狙い)でも無料で曳航。
・沖ブイに行ったらブイに係留となり、帰りも曳航してもらえるが、途中での移動は不可。
・カマスに行ったら岸寄りでアンカリングしての釣りになるが、アンカーが短いため沖への移動は出来ず、実質小移動のみ。
・マイアンカーやロープの付け足しは禁止。


悩みましたが、ルアーを持っていなかったためカマスは諦め、沖ブイに行くことにしました。


H27.6.27追記 オオモリボートさんのサイトやブログでの情報を見る限り、ポイント移動は可能なようです。今回我々は「初めて」と伝えていたので、安全のためにこういったご指示を頂いたんだろうと思います。


pencilpencilpencil




沖ブイにしたのは僕の希望なんです。
ひそかに「五目さんとボートを連結して話しながら釣りが出来る!」と想像して楽しみにしてましたconfident


しかし、結果としてこの選択がこの日の釣りのすべてでしたbearing


実際、丸一日五目漁師さんと一緒に釣りができて、本当に楽しい時間でしたwinkshine


しかし、釣果の方は・・think・。



朝イチから終了まで餌取りの嵐です。
僕はいつもよりもかなり短いサイクルで竿を打ち返し続けましたが、結局エサのオキアミが綺麗に残っていたことは一度もありませんでしたsad


犯人は「グーフー軍団」


朝方、フグの切れ目にチャリコのアタリが混じった時もありましたが、それ以降はほぼ変わらず。コマセなしで釣ってもまったく無駄でした。


2706255
ものすごく貴重だったチャリコちゃん。



pencilpencilpencil




お昼ごろ、下げの時合で一時、期待した瞬間がありました。
水深27mで、ビシを水面下9mにまで上げた時、エサが始めて半分残るようになったんです。


何か大きな魚がフグの頭を抑えていると思い、気合を入れなおして釣ります。
少し上を探ると、突然「ズズン!」と竿が絞られましたsign01


でもすぐ魚の力が消失・・・。仕掛けを上げてみるとハリスが噛み切られていました。


謎の大物の正体はすぐに分かりました。
ほぼ同じタナで五目漁師さんが釣り上げられたんですsign01


フグ達の頭を抑えていた大物の正体は・・・。


「デカいフグ」でした(泣。



午後1時頃、3~4m/秒程度の西風が吹き出したところで、ボート店さんのお迎えが来て全船早上がり終了となりました。




pencilpencilpencil




オオモリボートさんの沖ブイでの釣りは、とにかくラクチンです。行きも帰りも曳き船サービスで、ブイへの係留もボート屋さんがやってくれます。


2706257
これは帰り道。引っ張られながら片付けが出来るので時間はかなり節約できます。


実際、今回はアンカーの上げ下ろしどころか、オールを掴むことすらありませんでした。


感覚としては手漕ぎボート釣りというより係り釣りか、海釣り公園の桟橋での釣りに近い感じです。これで季節がバッチリはまって青物の回遊などに当たったりするなら、良い釣りになると思いますwink



しかし今回の正直な感想としては、ちょっと疲れ足りませんでしたcoldsweats01


手前船頭は面倒で難しいけれど、実は一番の楽しみでもあるんだ、ということを、期せずして再確認できた1日でしたconfident




pencilpencilpencil




五目漁師さんの有言実行ぶり。


2706253
目に焼き付いた風景。


過去に何度かあったと思いますが、僕がブログで「フグが苦手」と書く度に、五目さんからコメントで「シャクって釣ってしまえ」と言われてました。


今回目の当たりにした五目漁師さん。ホントにフグをガンガン掛けて釣り上げられるんですsign01(@。@)


僕はアタリがあってもすぐ外れたり、ハリスを噛み切られたりして1回もフグを釣り上げてません。しかし五目さんは僕の3~4倍は掛け、その半分近くキャッチされてました。凄い釣力です。


その姿を間近で拝見して、本当に勉強になりましたconfident


うまくいかないことの多かった今回の釣りですが、偶然行き合わせた五目さんのおかげで、忘れがたい経験になりました。


五目漁師さん、本当にありがとうございましたsign01happy01shine





« 【ミニ釣行記】平成27年6月10日(水)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】平成27年8月21日(金)京急大津・石田ボートさん »

コメント

おはようございます。

今思えば災い転じて・・・でした。
これでたまに魚が釣れれば言うことなしでしたが
釣れ始めると話す余裕などなくなってしまう私ですから良かったんでしょうね。

確かに、あれだけ沖に出ていますから青物が回って来る季節だと
逆にうろうろせずにあそこで待ち伏せもいいかも知れません。

ははっ、フグ釣り選手になってしまいましたか。
コマセが余りそうだったので途中からビシテンに替えましたが
本来あの仕掛けは魚の影が薄い時や、棚がわからない時に絶大の効果を発揮します。
エサ取りが多い時は寧ろ苦手な仕掛けなんですよ。

普段使う錘は30~40号、あれは50号ですからシャクリにも向いていません。
そのせいか掛けた後でのバラシやハリスを食いちぎられることが異常に多かったですね。

平日釣りなら大津でもどこでも駆けつけますからまたお声掛け下さい。
楽しみにしています。

おはようございます
お疲れ様でした、平日釣りの怖さですね、私も何回もあります
今年も3回、凪の海を見て帰りました
今回のボート店ですが、私の釣りメモ帳から消えていました
北風が吹けば相模湾一回りしますが、記憶が無い
そこで、2~3年遡って調べて、やっと思い出しました
私はアンカーやロープを見て、帰る事があります、又注意書きもですね
この場所の根の状況など調べて持っていますが
森戸海岸の方が好きですね
又、ボート釣りは自由に楽しむのが良い処で
規制が多い店は行かない事にしています
昔は「ボートを借りるよ!!!何が釣れる、キスなど釣らねーよー」と
好き勝手でした

HEPPOさん、釣行お疲れ様でした。
休業の情報、事前に欲しいですね・・・。

私も長者ヶ崎はつまらないと思います。
駐車場の駐車台数が少ないのも好きではないです。
ブログの海中映像のカメラセッティングの話は参考になりましたが、私的には行く気にならないポイントです。ここでボート釣りなら遊漁船の方がはるかににマシと思います。

油壺の海中動画をご覧になった HEPPOさんならお分かりかと思います。長者ヶ崎の海中動画を見ると真鯛やらが他に比べてたくさんいるように感じてしまいがちですが、普通です。油壺の方がポイントが広い分、全体数も多いと思います。

しかし、五目さんの釣力、やはり尋常ではないですね(^ ^)
独自の分析力/判断力と価値観を持っておられてスゴイです。
グーフーの対処方法、凄まじいです(^_^;) 私も間近で見てみたいです。

大カマス、残念でしたね。
ルアーでしか釣れないとは、エサがサビキのサイズより大きめの小魚なんですかね?

満足できなかったモヤモヤを、ぜひ次回の釣りにつなげて欲しいです。
またよろしくお願いします。


こんにちは。
釣り場のハシゴ、五目漁師さんと一緒にされたのですね~。
しかし、あんまり客が好き勝手にあちこち移動しないように規制が多いというのは、やる気が萎えますね。
それだけ人が多くていちいち見張るが大変だからなのかなあ?
ボート客の多さでいえば大津も多いはずですが、まあ、いろいろ事情が違うのでしょう。

実際に行ってみないとわからないことも多いですから、貴重な経験でしたね。
次こそは、ガンガン釣ってください。

> 五目漁師さん
コメントありがとうございます!

僕は偶然を信じないほうです。
お引き合わせでしたね♪

オオモリボートさんは今の自分の釣りスタイルには合わなそうでしたが、いずれ貴重な釣り場と感じる日も来るかもしれません。
(僕はいつも自分が体が不自由になった時にどうやってボート釣りをするか考えてたりしますcoldsweats01

ところで僕には、もう2年以上温めている「理想の釣り道具」というネタがあります。
これは10年かけて自分にピッタリの道具のイメージを完成させることが目的です。

その中の「理想のビシ」。
実は現時点のイメージではビシテンに非常に近い形になってるんですconfident

これはビシテンを真似たわけではなく、不意の大物に対応するためにマグロビシの構造を取り入れているせいなのですが、形が近いをいうことは使い方によって同じ効果を発揮する可能性があるかもしれません。

その中で、以前から欠点として悩んでいた部分があり、今回チラッと目に入った際、真っ先にその部分の構造に目がいきました。非常に参考になりました!happy01shine

また少しアイデアが湧いてきた気がします。
実際に試作するのはまだ先になると思いますが、作る時には五目さんの分も作って、ぜひご意見を伺いたいと思います!

今年の僕は平日釣りがメインになる予定。ぜひまたご一緒したいですねo(^o^)o。

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

長者ヶ崎は「海のボート釣り場完全ナビ」で読んだことがあるだけで、まったく事前知識がありませんでした。釣行前日に大カマスの噂を偶然聞いたのが唯一の情報でしたcoldsweats01

葉山には何度か行っているので似た感じかと想像していましたが、やはりところ変わればルールも変わりますね。たぶん漁師か漁協の兼ね合いもあると思います。

やはり魚を捕らえることより自分で見つけることの方が大きな楽しみです。考えてみれば様々な釣りの中で、そこに惹かれて手漕ぎボートの世界に来た訳ですから当然かもしれませんconfident

新しいボート屋さんに来ると、改めて考えたり気づいたりすることがたくさんあります。
いろいろな意味で、今回は良い釣行でした。

しかし、あの大カマスと連日揚がっているザブトンヒラメは確かにスゴイですねsign01eyeshine
カマスはブリの特エサとも聞きます。一度釣り方を覚えておきたいものですwink


> こっとんさま
コメントありがとうございます!

やはりこっとんさんのアンテナはどこまでもお広いですね。
僕は本当に調査不足で、オオモリボートさんの良いところを引き出せずじまいでしたthink

今回、潮回りは良くありませんでしたが、時季と天候はかなり良かったと思います。
良い時期の油壺に出られなかったのは、やはり残念でしたcoldsweats01

しかしそんな局面で五目さんとのお二人様ツアーが発生するなんて、
釣りの神様もニクイ演出をするものですよねsign01wink

そうそう、記事に書き忘れましたが、油壺の坂を下っている時、目の前に釣り装束の
紳士が歩いているのに気づき、しばらく追い越さないようにペースをあわせて歩きました。

その紳士。歩くのがものすごくユックリなんです。
手に荷物も持っていないのに、なぜこんなにゆっくり歩いているんだろう??といぶかしみました。

もちろん紳士は五目さん。
歩くペースが遅かった理由は僕にも少し後に分かりました(笑

釣りが出来ないと分かった時のあの坂は、なかなか凶悪ですねsad

こちらこそ、またよろしくお願いいたしますsign01happy01

> 芋焼酎さん
コメントありがとうございます!

釣り場によって一番違うのは漁協や漁師さんとの関係と、あとは安全管理のポリシーでしょうか。
どこまで釣り人の自由を許容するか。

過去に転覆などの事故が多い場所だったりすると、
行動範囲や釣りをして良い条件の判断に制限が付きがちなことも理解できます。

今回、最後は風による強制終了だったのですが、僕の普段の感覚ではそよ風レベルでした。曳き船が前提なので、安全管理上のポリシーも釣り人任せではない、ということなんだと思います(極端な話、オールを使わせない主義もありえると思います)。見事に海に出ている全船が一律撤収でした(沖ブイだけでなく岸寄りのカマス船団も)。

芋さんのおっしゃるとおりです。
やはり実際に行ってみないと分からないことがたくさんありますねconfident
新しいボート屋さんに行った、ということだけでも、普段の数倍も経験値の多い日になったと思います。

今年はあまり釣りに出られていませんが、さらに釣果も寂しめです。

そろそろ、存在感のあるおかずを夕食に出して家族にドヤ顔をしたいものですねcoldsweats01

有難うございます!
芋さんの好釣もお祈りしております!(^o^)/

iOSです。こんにちは。

あちゃー。休みでしたか。
私もたまにやられています。その時は大津に回ります。
お会いできませんでしたが、ご一緒させていただいたことがあったみたいです。

でも五目漁師さんの釣りを近くで見られるなんて凄いじゃないですか。
昨年川奈でご一緒させていただいたことがありますが、しゃくりも凄かった
ですが、機動力が印象的でした。川奈のポイントというポイントを全て
巡る勢いでした。

最近、油壷の水中画像を撮影しています。ご興味ありましたらメアド記載しておきましたので
メールください。

それではまたお会いしましょう。

HEPPOさん、再コメで申し訳ありません。

ビシテンお見せしたらよかったですね。
もう手に入れることができず、手持ちが二つですので差し上げるわけにはいきませんが
今度使ってみて下さい。
HEPPOさんが目指す理想のビシ作りの参考になるかも知れません。

海上でも少しお話しましたが、
実用新案を登録してあれを作っていた方は町工場を経営するオヤジさんでした。
そのご本人から直接購入していたのですが、購入の度に細部に“作り”の変更がありました。
釣りが好きな方でしたので自分で使ってみては改良されていたのでしょうね。

このオヤジさんが海からあがって来ると、
クーラーボックスはいつもイサキやメジナなどで蓋が閉まらないほどいっぱいでした。
私は海上で直接釣り方を教えて頂きましたが、
“この天秤で場を作れば必ず魚は釣れますよ!” といつも仰ってました。

(残念ながら最近亡くなられたと聞きました。
将来は真鶴に住民が楽しめる美術館を建てるんだと夢を聞かされたこともありました。
残念です。)

> iOSさん
コメントありがとうございます!

大津でのニアミス、一度ありましたよね。覚えてます♪

良い時期の油壺に出られなかったのは残念でした。
でも五目さんとのお二人様ツアーは、そんな気持ちを埋め合わせて余りある幸運でしたよ~o(^o^)o

五目さんには確かにほとぼり出るパワーのようなものを感じます。
陸でも感じますが、竿を出されている時はさらにお強いですね。

ただ、それ以上に感じるのは芯が通っていて物事に動じないような何か・・・。
言葉で表すのが難しいですが、心技体の安定・・・とでもいうべきでしょうか。
いつ、どこでお会いしても、何があっても揺るがず、ブレない心体というような感じのものです。

(どうしよ。五目さんにこんな文章を見られてしまったらなんだか恥ずかしいですcoldsweats01

情報共有、ぜひ拝見させていただきたいと思いますsign01
僕もいずれ皆さんのお役に立てるような情報を提供できたらいいな、と思っておりますconfident

こちらこそ、次こそ海でお会いできると良いですね。
また、よろしくお願いいたしますsign01(^o^)/

> 五目漁師さん
再コメントありがとうございます!

五目さんからの再コメなんて大大歓迎ですよ~happy01shine

僕はガチャ目で普段メガネをかけてるんですが、メガネを外すと片目は遠視で視力3.0くらいあります。あの海の上ではメガネを外していたので、ビシテンはしっかり目に焼きつけちゃいましたよ♪

今度の機会に、ぜひまた一度見させてください。お借りするなんて、畏れ多くてとてもとても出来ませんが、穴があくほどじっくり見させていただきたいと思います(笑

ボート釣りの先達の方々に想いを馳せる時の感慨は、とても深いものがあります。
僕が海の上でよく考えていることに、手漕ぎボート釣りの歴史があります。

手漕ぎボート釣りには、少なく見ても7000年の歴史があります。ボート釣りは網より早く発達した漁法で、おそらく海辺で捕まえた甲殻類や小魚、あるいは魚の一部をエサに、木製の船の上から骨製の針を使って釣っていたようです。
(釣りより、ボート上から銛を使って魚を突く漁法の方が主流ではあったようですが)

7000年前、同じように海に浮かんで、魚や潮のことで頭をいっぱいにしていた人達がいました。そしてその中には、今の僕と同じように悩みながら、全身で海と風を感じていた人もいたはず・・・。

そこから始まる系譜の中に、星の数以上の偉大な先達がいます。ビシテンを作られた方も、そんな地上の星ならぬ「海上の星(?)」のお一人だと思います。

五目漁師さんも僕も、他の皆さんも、意識せずともその長い伝統の中にいるんだと思います。

釣りは趣味の王様。手漕ぎボート釣りはその中でも特別です。

町工場の社長さんのお話を聞いて、そんな想いを新たにしました。お会いしたことはもちろんありませんが、五目さんの中におられる方なんだと感じ、他人とは思えません。

心からご冥福と感謝の気持ちを捧げたいと思いますconfident

HEPPOさん皆さんおはようございます。
皆さんのブログ毎日更新して見ています!
HEPPOさんも何だかんだ海に出れて本当に良かったですね。
オオモリボートさんは行ったことないですが、出船の判断が特に厳しく、お隣の森戸ボート屋がオオモリボートは出ない!何てことはよくあります。移動うんぬんあったみたいですが、もしかしたら安全第一安全第一!なのかも知れませんね。
森戸は自分のホームみたいな場所です。また来られるなら小松ボートさんが一番おすすめです!愛想もよく、気分良く釣りが出来ますよ!
石田ボートさんにも行きたいのですが、なかなか釣果が安定してないようで…。貧乏子沢山の私にはオカズを手にいれなきゃならないですからね(笑)
先週、小松ボートさんでキスの泳がせでヒラメ40、39と2枚あげれました!初めてのヒラメ興奮&とても美味しかったです。今年はヒラメ当たり年なのかも知れませんね!
皆さん長々すみません。図々しいですがいつか皆さんとご一緒出来ればと思っています。

> 4パパさん
コメントありがとうございます!

4パパさんは葉山がホームなんですね。
実は僕も海の手漕ぎボートデビューは小松ボートさんなんですよ♪

2年くらいの間、6月は小松ボートさんでのシロギス狙いにハマってました。
時々釣れる25cmくらいのデカシロギスの強い引きが本当に堪りませんでしたhappy02shine
(マゴチも狙ってましたが一度も釣れずじまいですcoldsweats01

今度はヒラメ2枚ですか!?凄すぎです!(@。@)
4パパさんはコンスタントに大物をゲットされてますよね。お子さんを何人お持ちかは分かりませんが、こんな豪勢な魚(まさにタイやヒラメですよね)が並ぶ食卓なら、きっとお子さん達は魚好きに育たれるでしょうね。なんて素敵なパパさんでしょうsign01happy01shine

僕のキャリアは長くないので確信はありませんが、今年は確かに各地でヒラメが多く揚がっている気がします。今年は初ヒラメを狙うにはまたとないチャンスなのかもしれませんね(僕はまだソゲサイズしか釣ったことがありませんcoldsweats01)。

いつも素敵なコメントをいただく4パパさん。僕ももう他人の気がしません。
きっと海でお会いできる日も遠くないと思います。その日を楽しみにしております~sign01(^o^)/

おはようございます。返信ありがとうございます!
名前の通り4人の子供がいます。
HEPPOさんや五目釣り師さん釣りキチ先生等々、挙げればキリがないですがブログを楽しく愛読させて頂いてます。自分の中で皆さんのイメージはあるんですが、実際に会ったときに分からないですもんね(笑)
ましてや人見知りですし、いつも釣りの時は妻がいるんで全然釣り仲間が出来なくて!
石田ボートさんで一度、海の上で妻に声を掛けていただいた方がいたんですが、私は夜勤明けで釣果も悪く寝てました(笑)
釣り仲間がいないので勝手に皆さんを心の友として楽しく読ませてもらってます!!

大変失礼しました!!
五目釣り師×
五目漁師○
五目漁師さん失礼いたしました。

> 4パパさん
再コメントありがとうございます!

そっか、「4」はお子さんの数なんですね。
お子さん4人!本当に多いです。なんて偉大なご家庭でしょう!

これは釣りに出掛けるパパさんの責任も重大ですね。
・・・っと、パパさんだけでなく、奥さんもいつもご一緒なんですか!??

2度びっくりです!(@。@)

知り合いの中にご夫婦やカップルでボート釣りをされる方はいますが、ごくごく少数です。でも確かに、最近は大津で良い季節の休日に浮かぶと、親子さんと同じくらい男性女性のボートを見かけます。

もしかしたらいままでに目にしたボートの中に4パパさんご夫妻もいらしたかもしれませんね。

(ちなみに、女性2人組というボートも見たことがあります。後にも先にも一度だけですがcoldsweats01

手漕ぎボート釣りって、釣りの中でもとても狭い世界だと思うんです。ボート屋さんも限られてますし、長く手漕ぎボート釣りにハマっている人同士は、自然とご縁が太くなってくると思います。

同じことが大好きで、同じ海に浮かんで、同じ季節を感じる。

これはもう、顔を知っているとか知らない以前に、立派な同志、友達と言って良いですよね♪wink

「釣り仲間がいない」。
いえいえ、そんなことありません!ほら、たっくさんいますよ~♪eyeshine

返信ありがとうございます。
そうなんです。4姉妹のパパなんです!
HEPPOさん含め、皆さんにお伺いしたいのですが、HFC以外で3人乗り可能なボート屋さんってご存知ないですか?葉山辺りから三浦、横須賀辺りで。金額も高くないと嬉しいんですが…。
皆さんが釣り仲間なんて…。勿体ない言葉ありがとうございます!
いつか自分もえらいこっちゃ会に参加出きるよう顔を広く、腕も確かにしていきたいですね(笑)

4パパさんへ
通りすがりに失礼します。
3人乗りボートは私の知る限りでは、以下ですね。

佐島 海楽園  砂地が多いところ。キス、ハゼなどが釣りもの。
長者ヶ崎 オオモリボート 青物の時期の沖ブイは大物が狙える。

それから、金田湾の浜千鳥と浜浦も、小さなお子さん2名+大人であれば3人で乗せてくれたと思います。
あとは、金額が高くなりますが、ヒット三浦海岸の2馬力。いろいろな大きさがあったはず。

では、通りすがりに失礼しました。
HEPPOさん、またよろしくお願いします。

こっとんさんへ
わざわざこんなにいっぱいありがとうございます!!
一つ一つ見させていただきます!どうしてもHFCは嫌だったんで、この中から絞って子供達を連れて行きたいと思います!
本当にありがとうございました!!!

> こっとんさま

ありがとうございます!
こっとんさんの情報収集・蓄積・分析のお力にはいつも驚いてばかりです。
僕は3人乗りが出来る手漕ぎボートがあること自体を知りませんでした。勉強になりますo(^_^)o。

> 4パパさん

娘さんとのボート釣り。ホスト役のパパさんはなかなか大変そうですね。
僕も息子や娘との釣りは1人ずつでも忙しくて大変だった思い出があります(^^;。

(息子とのボート釣りは2回失敗し、ラストチャンスの3回目で大成功!親としてあんなに幸せだったことはありませんconfident


4パパさんが成功されて娘さんたちの笑顔が見られるよう、心から応援しております!(^o^)/

何から何までありがとうございます!
HFCで何度か妻子子 私子子で出たことはあります。子供達も喜んでいましたが、もうHFCには、お金落としたくないんですよね(HFC行ってる方いたらすみません)
金田湾辺りがいいかも知れませんね!
大津は意外と?!ウサギ跳んでても出ますし、数回しか行ったことないですがかなり怖かった記憶です(HEPPOさんがいたのかも…(笑))。おとなりの走水も潮が速く釣りにならなかった記憶です。大津は筏のロープやアウェイで状況も分からず、まぐれで釣れたチヌの記憶が新しいです。ただ、鯵は葉山じゃなかなか釣れないので頃合いを見てまた大津に行きたいと思います!

> 4パパさん

「妻子子」、「私子子」での出撃!(@。@)

す、すごい!僕の想像をはるかに超えてます。
もしかしてすでに娘さん達も船酔いの試練は克服済みなのでしょうか。

本当に驚きです。
ひょっとして関東一の手漕ぎボート家族と言ってよいレベルかも・・・。
いえ、レベルどうこうは気にする必要もないかもしれませんが、
少なくとも、僕はもう4パパさんご一家のファンになっちゃいました!\(^o^)/

手漕ぎボート釣りを始めてから、本当に色々な方とのご縁が広がってきました。
釣りが結ぶ縁と絆に、本当に心から感謝です♪o(^_^)o

HEPPOさんこんばんは。

コメント欄が賑わってますね♪
HEPPOさんの人柄だな~って思います。

新たな場所はいろいろワクワクしますね。
最近はそう思えるようになりました。
始めた頃は別の場所に行くことが想像出来なかったですけど^^;

五目さんと偶然もビックリですね!
偶然?必然?

HEPPOさんの引きの強さかな~って思いました♪

> せーじさん
コメントありがとうございます!

返信が遅くなってすみませんbearing

ホントに、更新も少ない今でもたくさんのコメントがいただけるのは嬉しい限りですo(^o^)o。

オオモリボートさん、あれ以来スタッフさんのブログを覗かせていただくようになったんですが、とても情報開示に積極的で、質問にも親身な回答をされているところを拝見して、とても好感を持ちました。

沖ブイでの真鯛釣りは、大津とも観音崎とも油壺とも違うノウハウがあるみたいです。あそこではフグなどの餌取りが多いのは日常的で、タナ取りも「上から」行うのがセオリー。今まで、日本海側の真鯛乗合などで上からタナ取りをする釣りを聞いたことがありますが、きっと餌取りの多い海域での釣り方なんだなぁ、と実感することができました。

新しいボート屋さん、新しい海。
やっぱり新しいことほど、勉強になることは多いですよね!o(^_^)o

チャンスが作れるかどうかわかりませんが、いつかまたオオモリボートさんの沖ブイでも修行してみたいな、と思います。

五目さんとの偶然は、僕じゃなく、きっと釣りの神様のイタズラです♪
この1日のコミュニケーションだけで、本当にたくさん教わったと思います。

魚のいない大漁。
そんな釣りも有難いですよね!winkshine

HEPPOさんこんばんは!
ちょっと聞いてくださいよ!小松ボート近隣のいつも止めていたパーキングが夏期の影響で、30分500円の青天井なんですよ 涙
その隣のパーキング30分400円の青天井で、森戸神社の駐車場で6時~17時で3000円 涙
HFCは嫌だし…。そのうち皆さんのホームにお邪魔しようかな。
おちおち森戸海岸でBBQもできやしないですよ!ガラの悪い若いのも増えて音楽うるさいし。穴場で良い場所だったんですけどねー。

> 4パパさん
コメントありがとうございます!

あちゃあ~~、やられちゃいましたか!shock

僕も経験あるんですよ~
7月に入ったとたん駐車場が海水浴客向けに早変わり。つい数日前まで1500円だった駐車場代が、まともに停めたら8000円以上のシャレにならない値段になっちゃうんですよね(泣

4年くらい前の話になりますが、僕もまさに同じ状況で参っちゃいました。でも小松ボートさんに聞いたら、ちょっと離れたところにある民家の裏の空き地のような駐車場を教えてくれました。そこは1500円で停めさせてもらえました(今はもうないのかもしれませんが・・・bearing)。

あと、海開きした後の葉山の海岸はたくさんの水着の若者達のお祭り状態で釣り客はやたらと肩身の狭い雰囲気だったのを覚えてますね。いやぁ、楽しそうに騒ぐビキニギャル達のそばを、ちょっと冷たい視線を感じながら竿とクーラーボックスを担いで通るのはなかなか印象深い経験でしたcoldsweats01

しかし困ったものですね・・・。

でも、夏になっても表情の変わらないボート屋さんもありますよ♪
ぜひ大津や、他のボート屋さんにもトライしてみてください!中にはBBQの穴場が見つかるところもあるかも?wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ミニ釣行記】平成27年6月10日(水)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記】平成27年8月21日(金)京急大津・石田ボートさん »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ