« 【釣行記】平成26年11月8日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣果速報】本日、大津へ平日ゲリラ釣行に行ってまいりました~ »

2014年11月16日 (日)

【釣行記補足】仕掛け、潮、その他など・・・。

平成26年11月8日大津釣行の補足です


2611084

またしても本命には振られてしまいましたが、まだ頭の中ではしつこく青物を追いかけてます(^^;;。そんな思いも含めての補足編です。


恒例の部分はサラッと行かせて頂こうと思います


それでは補足編スタート







まず今回の最初は、本編で予告したせーじさんの動画から。


短くてファイトの一部しか映ってませんが、まあ、この時の海況でも見てくださいませ。



※スマホで見られないかも•••。まだYoutubeの設定がよく分かってません(>_<)。後で色々いじってみます•••。


この時の波は全然気になってなかったというせーじさん。


すげーです







【仕掛けについて】


○フロロ4号2.5m・3本針ウィリー仕掛け
※構成はいつもと同様なので省略。


いつものスタメン仕掛け。前回に引き続いてイナダ対策の4号バージョンです。黒潮分流がやや人ってきているので中層は澄み潮の可能性がありましたが、曇天だったので濁り潮用の夜光重視バージョンを投入しました。ウィリーは上がオレンジ、下が夜光緑。先針のカラ針はインブライト真鯛8号です(夜光)。いつも50cmのクッションゴムを付けているので、実質3mのイメージなりますね


今回は海中ロープに絡むこともなく、アジ竿をたたむまで活躍してくれました。今回この仕掛けで釣ったアジの数は6匹。数は少ないですが、泳がせアジの確保、時合到来の検知等で十分に役に立ってくれました



○フロロ2.5号6m・1本針仕掛け
先針:超人マダイ9号→インブライト真鯛8号→PE真鯛7号


真鯛・黒鯛狙いの仕掛け。今回は短時間勝負だったのと、想定している大型青物はオキアミではなくアジ泳がせの方にくるだろうという予想から、ハリスをいつもより細めにしました。効果があったかどうかは分かりませんが、黒鯛のアタリはかなり早く出てくれました。黒鯛を釣った後、まだ大物の雰囲気があったのでいろいろ手を入れてみましたが、残念ながら今回は2匹目に喰わせることができませんでした


ちなみにこの長さの仕掛けにはいつも50cmと30cmを連結した80cmのクッションゴムを付けています(太さが違うものを組み合わせてます)



○フロロ12号・胴突きアジ泳がせ仕掛け(エダス遊動式)
全長:2m
エダス:フロロ12号1.2m
針:主針プロヒラマサ12号、孫針PE真鯛11号
ステ糸:3号1.2m


ワラブリ想定の仕掛けです。今回は釣れたアジの中で1番大きい23cmほどのアジを泳がせました。途中、アジが弱ったので1回アジを交換しています(ほぼ同じサイズ)。


僕が釣り針を結ぶ場合、素手でほぼ失敗なく結べるのはハリス4号までです。5号だと3回に1回くらい締め込みに失敗するようになり、6号だと半分くらいで失敗します(太くなると指先に力が必要になり、余計な力が入って結び目が乱れがちになるせいですね。締め込みに失敗した針は、一見ちゃんと結べているように見えても強度は半分くらいになります。大物狙いの仕掛けでの針結びの失敗は致命的なので、この仕掛けは当然素手では締めこめません。市販の締め込み具を使って締めこんでいます(僕の仕掛け作りの道具達はそのうちまとめてご紹介する予定です)


今回この仕掛けを5本作りましたが、仕上げにテストで約11kgの負荷をかけてみたら3本が切れてしまいました。原因はやはりチモトの締め込みの失敗です。しかし残りの2本はチモトの状態に問題も出ず、15~16kgに耐える確信の持てる仕掛けになりました


この仕掛けをドラグ4.0~4.5kgで投入し、大型青物の序盤~中盤のダッシュをいなす作戦です(最初からドラグを5kg以上にしてしまうと、たぶん僕の方が体力負けしてしまいそうで・・・


エラそうに書いてしまいましたが、この仕掛けではまだ魚を釣ったことはありません。今までにイナワラやスズキを釣っているのはハリス7~8号の仕掛けです。この12号仕掛けで釣ったことがあるのは、唯一 「アオリイカ」だけです。孫針にガッチリフッキングしてましたよ(笑。


ちなみに現在僕が泳がせで使っている竿はダイワのワラサ竿、リールは旧型のレオブリッツ270MM(を手巻きで使用)です。ドラグ性能は素晴らしいですが、ブリサイズに対しては非力もいいところで、力勝負で浮かせることは到底できないと思います。ボートの利点を活かし、負荷をかけながら長時間走らせ、時間をかけ酸欠にする方法しか可能性は無いでしょうね。万一釣り上げられたら奇跡の類です。


でも狙わなければ氷遠に釣れないので、シーズンには今後もずっと狙い続けようと思います



【潮について】


今回は本編に潮の話を書き込んでしまったので、あまり補足で書くことがありません。代わりに、ちょっと最近の海況に触れておきたいと思います


13日の海況図を見てください。


Kaikyou261113_2
茶色の矢印は僕が書いたイメージです。

黒潮の分流がかなり湾内に入り込んできています。黒潮の分流の流入は水温の低下を遅くするだけでなく、上げ潮の勢いを増す要因となり、また沖合からの黒潮系回遊魚の供給要因にもになります。日替わりで程度の差はあるんですが、ここ2週間くらい黒潮の接近が続いているので、現在はかなり黒潮系回遊魚の回遊の可能性が高まっていると思います(イワシが少なく、群れの大きさは例年に劣る可能性がありますが・・・



続いて関東沖の海況です。


Kuroshio1411131
水温が下がらない原因が見えてきますでしょうか•••?

一見、黒潮はやや沖に離れているように見えるかもしれませんが、その印象は誤りです。見やすくするために、また着色してみます。


Kuroshio1411132
23度のラインまでを塗ってみました。

海況図上の黒潮本流の点線を大きく超えて、黒潮が氾濫状態にあることと、外房側から黒潮系の沖合水が差し込んできているのが分かると思います。


ただし、この状況は現在かなり不安定になっていて、もしかすると突然収まってしまうかもしれない雰囲気を感じます。現在の大津の水温は例年の平均的な数字より1度近くも水温が高い状況ですが、高水温がいつまで続くかはこの黒潮の氾濫が収束するタイミングにかかっていますね。




【魚探のバッテリーについて】


本編に書きましたが、今回魚探に使っていたバソテリーが海水の浸水で壊れてしまいました」。


→ 八重洲電業「Fishing CUBE Mini」 ※購入時の記事へのリンク。


購入した時は確か上州屋限定構成で17,800円でした(3年前の話です)


まあ、3年間も使ったんだからいいか・・・と思い、賈い替えのために上州屋に行ってみました。すると、今年新シリーズにモデルチェンジしており、同じ製品は既に廃盤になっていることがわかりました


同じ容量の新シリーズ商品を見てみると、値段が「22,800円」


たけ~~~っ


しかも定格の電圧が12Vから14.8Vに上がり、本体の全長が長くなってしまっています。僕はバッテリーのサイズにぴったり合わせた樹脂製の箱で魚探のオールインワンボックスを自作していました。


つまり、買い替えても同じボックスには収まりません。1から魚探セットの収納方法を練り直さなくてはならないようです。どうしよう・・・


とりあえず、またしばらく以前の相棒であるHONDEXちゃんのお世話になりながら、良い方法を気長に考えることにします







今回の補足は、これで終了です。


おそらく次回が青物狙いのラストになると思います。
(区切りも大切です。でもまだ水温が下がっていないので、泣きの1回も有ったりして・・・)


なんとか1回くらいは良い型の青物のアタリを感じたいものですね





« 【釣行記】平成26年11月8日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣果速報】本日、大津へ平日ゲリラ釣行に行ってまいりました~ »

コメント

返信ありがとうございます!
赤は色々試してみないとって感じなんですね。
しかし、動画凄いですね。自分なら引き返してるかもしれません…。

HEPPOさんこんばんは。

昨年の12月末にも青物っぽい魚と格闘しました。
結局海苔棚ロープにやられちゃったんで上がらずでしたが。。。
中層なんでサメではないとは思うんですけどね~。

一つ質問いいでしょうか。
サビキとウィリーって同じ群れなら両方に食ってくると思ってたんですが、
今回、ウィリーには食ってきてもサビキは全然ダメでした。
ウィリーに食いつくならサビキにも食うだろうと思ったんですが、魚から
見ると全く別物なんですかね?

潮もそんなに流れてなかったのでサビキ有利な感じでしたが全然ダメでしたね。
ますますウィリーって面白いな~って思いました。
イナダやワラサもウィリーに食いつくみたいだしね。

HEPPOさんがよくウィリーを使ってるのが最近理解してきたとこです。

しかし今回の泳がせ仕掛けはかなりヘビーですね~。
私も12月釣行時も諦めず泳がせやってみます!

> 4パパさん
コメントありがとうございます!

返信が遅くなってすみません。

真鯛、釣れると良いですね!
真鯛はおそらく日本で一番研究されてる魚で、釣り方も生態もネット上にたくさん情報があります。釣りに行けない時にいろいろ調べてみたりするのも楽しくてオススメですよo(^_^)o。

動画の海況。たしかに手漕ぎボート釣りの限界点に近いと思います(;´Д`A。

予報が厳しい時に釣行を見合わせる判断はとても大事ですよね。4パパさんはいろんな点で手漕ぎボート釣りに向いておられるような気がしますo(^_^)o。

> せーじさん
コメントありがとうございます!

コメントが遅くなってすみません(;´Д`A。
なぜか先週末くらいからスマホでコメント欄が開けなくなりました。

散々困ってたら、ついさっき「スマートフォン表示」にすれば開けることに気付きました(^^;;。

ウィリーとサビキ、僕もせーじさんの認識とほとんど同じです。潮の早さによってコマセとの同調に向き不向きがある•••くらいです。バケとしての役割自体には、たぶん差はほとんど無いような気がします(何に似せて作るかはもちろん違いになるけど)。

あの日に感じていた中でせーじさんの話に関係ありそうなのは「魚達のタナは真っ暗だろうなぁ」ということくらいかな?

東京湾は澄み潮っぽい時でも水深25mくらいまでしか光が届かないようです。あの日は澄み潮かどうかはよく分からなかった(荒れてて(^^;;)けど、空に厚い雲がかかってたので、真っ暗になってることを想像してました。

ほんの少しでも明るさが有れば魚達も目が慣れる(捍体視)ので、水中とのコントラストが強い色なら反応するはずだけど、真っ暗な場合は夜光系じゃないと見えないかもしれません。僕の釣ったアジは全部夜光に掛かりました。

せーじさんのビシ仕掛けは夜光ビーズとか付いてなかった?

余談だけど、僕は海中の「明るさの変化」は水温よりもっともっと強く魚の行動に影響すると思ってます。

僕が外を出歩く時、急に寒くなることよりも急に暗くなることの方が怖いからね(-_^)。

HEPPOさん、こんばんわ。

やさぐれHeavysizeです(TOT)
気にしないで下さいww

冒頭のせーじさんの動画…
凄いですね(+_+)波が…
流石HEPPOさん❢❢(笑)

今日も何処かにHEPPOさんかKanさんがいるのかと探してしまいましたwww

冗談はさておき、本当に今年は青物が少ないですよね。
しかし、いない訳ではありません。
それを釣るにはどうしたら良いのかが分かりません(TдT)
運に頼らないとダメですかねぇ。。。

私はこれで完全に今月は出撃がなくなりましたので、今年もあと1~2回の釣行となるでしょう。
最後まで青物を狙い続けたいと思います❢❢

HEPPOさんが早いとこ釣ってヒントを見つけて下さいよ〜(^o^)v
期待してますね♪

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます!

すっかり返信が遅くなってごめんなさい(>_<)。

こないだのタイミングでの出船不可は辛かったね(T_T)。
僕の出る日なら、きっと荒れてても出れたのに・・・(笑

(↑最近すっかり謎の自信を持ってます

泳がせアジのサイズを小さくすれば、ワラサやスズキの可能性が出てくるけど、
今年はなぜかワラブリ以上しか頭にないんだよね・・・。

運が大きいので、普段から運の悪い僕には厳しい戦いかもです。

Heavyさんなら・・・、きっと!
お互いに頑張りましょう!!応援してます!o(^o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】平成26年11月8日(土)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣果速報】本日、大津へ平日ゲリラ釣行に行ってまいりました~ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ