« 【釣果速報】本日、大津に行ってまいりました! | トップページ | 【釣行記補足】仕掛け、潮、その他について。 »

2014年10月23日 (木)

【釣行記】平成26年10月18日(土)京急大津・石田ボートさん

今年8回目の釣行です





だいぶ遅くなってしまいましたが、釣行記をポストさせて頂きます


今回はいつも分けている「ダイジェスト」と「実釣について」を統合して、字数の節約を図ってみますね。


それでは釣行記スタート







【GPSログ&実釣について】


今回は時間を3つに区切って行動するプランを建てました。


第1部 ~9:00

上げ潮前半は潮が弱いと予想。少しでも潮当たりの良い高根で泳がせ餌&おかず確保のアジ狙い。


第2部 ~11:30

上げ五分頃に北東からの潮が流れ始めると予想。中根西に移動して時合で大物狙い。


第3部 ~13:30

潮止まりの間に流すラインを探し、下げ潮が北~北西からの流れ出す時合を狙って泳がせヒラメ狙い。


第1部は順調だったものの、第2部以降はまったく思い通りにはいきませんでした(>_<)。


Log261018ootsu
中根西のぐちゃぐちゃな線が混乱の度合いを物語ってます。


①富士山出し北部
AM7:00前に岸払い。多数のボートが一斉に港から出ていく「壮観」な幕開けでした。しかし風が強く波も高かったため、港を出るといつも通り(?)荒れた海が迎えます。それほど遠くない富士山出しがやたらと遠く感じられました。でも先週出船できなかった苦々しさもあって、海に出られただけで幸せ・・・(しかし朝イチで中根まで行かれた方々はかなりの時間の労力だったでしょうね


ここではアジの確保が目的です。朝方の潮は弱く、沖でも潮が舞うエリアも多いと思われ、最も潮当たりの良い根の一つと考えている富士山出しを選択しました。幸い、今年の富士山出しは全体が航路から外れていました(昨年は大部分が航路内でした。今年の航路はかなり西にズレてくれています


竿を出し、コマセの絨毯を敷いてから釣りをスタートすると、のっけから大津レギュラーサイズの中アジがほぼ入れ食い 時合は短いかと思って手返しに集中したため写真も撮れませんでしたが、とりあえず第1部の展開としては上々です


ここでは結局24匹の自主規制に達するまでアタリが続きました(実質1時間40分。すべてウィリー仕掛け。帰宅後数え直したら25匹(泳がせリリースリ2匹含め)でした)。青物狙いの釣行で泳がせアジが朝のうちに確保できたのは今年初めてです


富士山出しでは8時半頃まで僕1人だったので、アジがうまく固まってくれたのかもしれません。泳がせ竿も入れ、アジの規定数到達後には少しだけ黒鯛狙いの竿も出しました。良い雰囲気はありましたが、予めAM9:00までと決めていたので、定刻通りに沖へ移動しました。



②中根西
潮汐は長潮ですが、上げ五分となるAM9:00頃から北東の潮が流れ出すと予想していました。移動してみると中根・中根西・武山沖付近は大混雑。考えていたポイントには入れませんでした。何とかスキマを見つけてアンカリングしましたが、仕掛けを入れてみると潮が流れていませんでした、予想は「外れ」です


事細かに書いてもつまらないので省略しますが、ここでは流れない潮に加え、海中ロープ・北風による走錨にも苛まれ、アンカーの打ち直しが嵩みました(まだ風と波が残っていて厄介でした)。久しぶりの体力勝負でした


表層の潮はめぐるましく変わっていました。5~10分くらいの間隔でコマセを投げて表層の潮を観察しましたが、毎回流れる方向が変わりました。しかし底潮は流れが無い感じです。エサ取りはいますが、魚のアタリはまったくありません。


粘り強く潮を観察していたところ、AM11:00頃に底潮が僅かに西から入り始めたことを感じました。さらにもうしばらく観察していたら、表層の潮も同調してきそうな動きを見せました。同調する前にポイントに先回りすることにします。


良さそうな場所にボートのいないエリアを見つけました。そこに漕いで行くと、ほぼ同時に同じ場所を目指す方がおられました。狙いが近かったようで、かなり近い位置に停めさせて頂く形になってしまいました(ほんの7~8m)。確信はありませんが、朝方港のスベリで隣にいらした方だと思います。道具にもスタイルにも長年の経験を感じる紳士的な方でした。この方も同じように潮の流れだしを見て移動してこられたのかもしれません。


僕のボートが安定し、仕掛けを投入した直後、この方の竿が水面に引き込まれているのを見ました。かなり慎重にリーリングされたあと、タモに収まったのは立派な真鯛思わず「おめでとうございます!」と声をかけさせて頂きました


この1枚を目撃したおかげで、今回のポイント修正が誤りではなかったと確認することができました。難しい状況でしたので、僕にとっても木当に嬉しい光景でした


※きちんとしたご挨拶はできませんでしたが、竿捌きやボート上での無駄の無い自然な振る舞いを見て、貴重な勉強をさせて頂きました。このブログをご覧になることはないかとは思いますが、この場を借りて感謝させて頂きます。有難うございました


僕もその後、竿が力強く引き込まれる瞬間があったんですが、揚がってきたのは推定80cmのホシザメくんでした(リリース)。そのすぐ後、風向きが微妙に変わったせいか仕掛けが海中ロープに絡むようになってしまいました



時間は12時を過ぎ、再び潮が流れなくなっています。ビシ仕掛けを入れると海中ロープに絡んでしまう状況ですが、見渡すと中根エリアから武山出しエリアまでたくさんのボートが浮いていて、移動すべきポイントも思いつきません。泳がせ竿だけ出したまま、しばし瞑想状態です(午前中の疲れが出て、無意識に寝ちやってたかも


第3部に予定していたヒラメ狙いの流し釣りに切り替えるべきでしたが、恥ずかしながら疲労感と海中ロープのトラウマで流し釣りのイメージが作れず、体が動きませんでした



しかし、何もせずに諦めるわけにはいきません。真っ白な頭の中からヒントを絞り出します。


最後のチャンスは下げ潮の流れ出しです。普段僕は1時~1時半に沖上がりすることが多いので、今回も午後の時合のことはあまり考えていませんでした。しかし、この展開でべストを尽くすには、少し残業をして狙ってみるしかありません。下げ潮の流れ出しが北西から入ってくると考え、ポイントを移動します。


果たして、PM1:00過ぎに下げ潮は北西から流れ出しました。


しかし、僕の仕掛けはことごとく海中ロープに掛かってしまい、釣りが形になることはありませんでした


沖上がりです。


ボートを片づけ、最後の最後に一縷の望みをかけていた泳がせ竿を揚げてくると・・・。


海中ロープに絡んでしまいました。


(PM2:00終了)







前半後半で1匹ずつ泳がせを泳ぎ切ったアジをリリースしたので、持ち帰ったアジは23匹。苦しみも多かったですが、得るものも多く、良い釣りでした


2610180
写真が少ないので無理やり再掲載(^^;;。

26101812_2
リリースしたアジくんの記念写真。お疲れ様でした(;´Д`A。


大津の海の神様と魚達に、心から感謝を捧げます







いつも通り基本的な補足を置いておきますね。


【補足Q&A】


Q.今回の基本(事前)情報は?
A.こんな感じです。

平成26年10月18日(土)、京急大津・石田ボートさんからの出船。潮回りは長潮。干潮6:30、満潮13:00。上げ潮の釣りですが、潮汐的には苦手な潮です(今回は潮汐以上に潮が流れることを期待してます。関東上空は高気圧に包まれ、天気図的には申し分がありません。前日も翌日も特段の荒天はなく、久しぶりの釣り日和が期待されます。ただ、ここのところ連日のように城ケ島沖に急潮注意報が発令されており、出所の分からない潮が流れているのが気になります(東京湾にはあまり影響はないかもしれませんが・・・)。海況図から推測する大津の水温は約20.5度。この3週間ちょっとで3度低下しています。最も魚種の増える時期に入っていると思います



Q.出船前の状況は?
A.風・波!しかし釣り好き集結?すごい数の人出でした

薄暗いうちに大津港に到着すると、まさかの強風でした(北寄り8~9m/秒くらい)。海をじっと見つめてみると、暗さの向こうに跳ねる白うさぎの姿が見えてきます。2年前だったら「これは無理」と思ったかもしれません。


でも今は違います(笑


良くなってくる予報でこのレベルなら、石田丸さんはボートを出してくれるだろうと思いました(もっとも、前週に10m/秒超の風で出船不可だったので、相対的に弱く感じただけかもしれませんが)。実際、出船時刻にも6~7m/秒の風が残っていたと思いますが、定刻に出して頂くことができました


大津港のスベリは、最高の時期に2週間も「お預け」に耐えた釣り師の方々がドッと集まったような感じでした。僕はかなり早く着いていたものの、港のスベリは時間の経過とともに気合の入った釣り師と岸払いを待つボートで埋め尽くされていきました


2610181
みなさん目が爛々と光ってましたよ(^-^)。

混雑時に見られる岸払いスタイルで、今回は出船時刻に近づくと先にボートを出し、港内で浮かんで待機する方式でした。その結果、出船時刻に港内に浮かんでいたボートはすごい数になっていました(20艘は超えていたんじゃないでしょうか?)


僕は先頭グループだったので海の出口付近に浮かんでました。


「HEPPOさん


突然頭の上から声をかけられてビックリ(@。@)


港の堤防の上から声をかけてくださったのは大吟醸さん&アキさんでした。


2610186
カメラを出すのが遅くて、手を振って頂いてるところは撮れませんでした(;´Д`A。

今日もいろいろとお忙しいはずなのに、わざわざこんなところまで寄って頂いて恐縮至極です。いつも本当にありがとうございます


※あとで大吟醸さんがこの時に撮影された大津港の出船時の動画を拝見しましたが、やっぱり一斉に漕ぎ出したボートの数は20艘を超えてました。壮観でしたね



Q.朝の石田丸さん情報は?
A.前日も素晴らしい釣果があったようです。

既にみなさんご存知かとは思いますが、前日の17日(金)、大きな真鯛を3枚も揚げられた方がいらっしゃいました。石田丸さんのお話だと、沖の海苔棚4~5枚目の間付近のエリアだったということです。アジも安定した釣果が出ているようで、武山沖の深場まわりでは大アジとレギュラーサイズのアジが混じって釣れているらしい、とのお話しでした。水温の安定と共に、中アジの回遊範囲もだいぶ沖まで広がったようですね



Q.他に何か情報はあった?
A.釣果速報にも書きましたが、いくつか気付いたことが。


・富士山出し
昨年は大部分が航路に被ってしまっていて、ほとんど狙うことができませんでしたが、今年は航路がかなり大きく西にずれているようで、富士山出し全体が航路から外れていました。ただし、それにともなって(?)、昨年は存在しなかった海苔棚が富士山出し付近に入っています。おそらく、海苔棚の数を増やすために航路が遠のいたような感じかと思います。少なくとも、僕が今回はいった北部のボイントでは海中ロープに絡むことはありませんでした。海苔棚の正確な位置については、後日改めて調査してからご報告したいと思います


・中根ブイの西側
中根の黄色ブイは、去年とほとんど同じ位置にあるようです。昨年、僕は中根ブイの西側エリアでの釣りで海中ロープに絡むことはありませんでした(ブイの付近に海中ロープがあって苦労された方の話も聞きましたが)。しかし、今年も同じような感覚でブイの西50mほどの位置に入ってみたら、海中ロープが入っていました。それも中層より高い位置です。見ると去年より沖の海苔棚が近くに見える気がしたので、もしかすると沖の海苔棚が全体的に沖にズレているのかもしれません。正確な位置は後日調査しようと思いますが、海苔棚の沖にアンカリングされる際は、ご注意くださいませ。







釣行記本編はこれで完了です。


今回は補足記事も統合して1本にまとめてしまおうかと思いましたが、どうやら字数が厳しそう・・・。やむなく補足記事を1本出すことにします(軽いものになると思います)。


仕事や家庭のイベントで、10月中の出撃はもう難しそうです。
なんとか11月には2回以上出たいところですが。どうなりますことやら・・・?




« 【釣果速報】本日、大津に行ってまいりました! | トップページ | 【釣行記補足】仕掛け、潮、その他について。 »

コメント

iOSです。こんばんは。

実は私も同じ日に大津に行きました。きっとえらいこっちゃメンバーの方がいらっしゃると思って注意して見ていたのですが、気付きませんでした。なぜこんなに波風が強いのだろうと思ったらそういうことだったのですね。(笑)

私は武山だしから大混雑の中根近辺を魚探の反応を見ながら探っていたのですが、午前中マサバ1匹と乏しい釣果でした。午後になって中根南の海苔だなの南側でポツポツ鯵が釣れたので6匹釣った時点で時間切れ終了となりました。

常連のみなさんのようには行かないですね。でも収穫はありました。アンカーローラーを自作したのですが大津のボートにも付けられることが確認できました。ボートが波で下がるときにささと引けばあの重い漬物石アンカーがいとも簡単に上がってきました。おかげで5~6箇所ポイントをめぐることができました。これで大津も楽に釣ができそうです。

ちなみに今週は油壺に行こうと思います。

それではまたお会いしましょう。

HEPPOさんこんばんは。

今回は狙い通りいかず。。。
これが釣りの楽しいとこでもありますね。

しかしボートが相当多いですね~。
次回は大津って思ってるので大丈夫かな?^^;

後は今年も海苔棚ロープに悩まされそうだな~って感じです。
結構苦手なんですよね^^;

アジの釣果安定してきましたね。
後は真鯛や青物。
今年も真鯛がよく上がってます。
私もそろそろ狙いたいと思ってます!

> iOSさん
コメントありがとうございます!

いらしていたんですか!まったく気づきませんでした~(@.@)

あの混雑と岸払い方法だと、たしかに探しようがないかもですね。海の上でも出会う確率が少なそうです(^o^;。

アンカーローラー、取り付けられることが分かったのは重要な収穫ですね!
僕もボート屋さんの違いで魚探振動子の取り付けに苦労したことがあるので分かりますo(^_^)o。

マサバを確保されましたか!僕も欲しかったんですよ~
親潮系水の気配ということもありますが、何より中サバでも美味しいと聞きますよね。

ついさっきこっとんさんの記事でiOSさんが大量に登場されてるのを拝見しました。
笑っちゃった(すみません(^o^;)。ネタにされちゃいましたね~

油壺も良さそうですね。僕もカワハギデビューを検討中です!o(^o^)o

> せーじさん
コメントありがとうございます!

記事見たよ!初カワハギでツ抜け、さすがです~\(^o^)/
実は僕の今年の目標に「カワハギ釣りを始める」ってのも入ってたりします。
せーじさんのデビューに、刺激されちゃった・・・

大津の方は、せーじさんの心配通り、海中ロープが厳しいかも。
海苔棚に貼り付いちゃえばいいんだろうけど・・・。少なくとも中根西には結構入ってます(>_<)。

全体的にずれてそうだから、去年狙えなかった場所が狙えるんじゃないかと考え中です。
しかし今年も大津の真鯛はすごいことになってきたね。平均サイズは去年より大きいような・・・。
やっぱり真鯛は花があるから、混むのも当然かも(^o^;。

油壺でカワハギ&アオリイカも良いなぁ、と心も中で誰かが囁いてます

HEPPOさん、おはようございます。

凄い数のボートですねΣ(゚Д゚)
こんなに多いとポイントに入れず嫌になりそうです。
あまり人が多いの苦手なんです……

この記事を読ませて頂いた後に大津に出撃してきました。
私も中根をメインで頑張りました。
青物はまだ沖合なのでしょうか…?
いるけど数がかなり少ないですよね。
イワシや小アジがもっと釣れるようだと期待が持てるのですがあんなに大アジがいては………

貴重な貴重なイナダを取り逃がしてきました(TOT)
リベンジです❢❢

今年は海苔棚が全体的に伊勢町の方へズレている気がしました。
中根の黄色いブイは海中ロープは1本なのでしょうかね???

こんちゃ♪

本文にあった真鯛3匹って。kagoturiさんのお兄さんです。
偶然29日にお会いすることができました。その後…中根で釣り方を拝見しました。
やはり誘い方もうまかったです。目の前で2枚あげてました。

今度ゆっくりとお話したいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣果速報】本日、大津に行ってまいりました! | トップページ | 【釣行記補足】仕掛け、潮、その他について。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ