« 【釣行記補足】仕掛け、テーマ、潮、その他について。 | トップページ | 【釣行予告】今週土曜(18日)に出撃予定です! »

2014年10月14日 (火)

【雑談】最近の海況について少しだけ・・・。

手漕ぎボート釣りのトップシーズン真っ最中です


2週連続で台風の影響もあり、なかなか釣り日和を見つけるのが難しいですね


僕も休日出勤や家族のイベントの合間を縫って、ようやく11日の土曜に大津に行ってきたんですが、あいにくの強風で出船できませんでした
(僕が風を呼んだわけではありませんよ







釣行記の代わりにはなりませんが、雑談として最近の海況に触れておきますね



9月初旬に急激に関東沿岸に近づき、中旬頃まで大規模な分流の流入を引き起こしていた黒潮。その後、9月末頃までの間は安定した距離感で推移していました。


しかし、10月に入ってから徐々に関東から遠ざかってきています。


連休前(10月10日)の海況図です。


Kuroshio141010_2
黒潮本流は、かなり沖に離れましたね。

特徴として指摘しておきたいのは、「房総沖に黒潮の流れとの距離が生まれてきている」ことです。


房総沖の黒潮が遠ざかると、その隙間から関東沖に親潮系の海水が流入してきやすくなります。10月3日の海況図を見ると、親潮系の流れが押し込んできていることが分かりやすいです。


Kuroshio141003
10月3日の海況図。黒潮分流の高温域が明らかに北東からの親潮系水に押し曲げられています。

もしこの状況が長く続くと、長い目では関東沖の水温の低下要因になってきます。また、同時に東京湾に親潮系の回遊魚が入って来やすくなる要因にもなります。親潮系の回遊魚として僕がすぐに思いつくのはマイワシマサバです。黒潮系の大型回遊魚は遠ざかってしまう可能性があって心配もありますが、美味しい魚ですので回遊してきてくれるのも悪くないかもしれませんね


この房総沖の黒潮と親潮の押し合いへし合いは日替わりで優勢が変わつている状況で、その日にどちらが強いか予想することは難しいです。但し、東京湾口は既に水温安定期に入っていることもあり、台風が来ようが、親潮系水が回り込んで来ようが、魚の活性に短期的な悪い影響は殆ど無いと思います(急に濁ったり澄んだりする時は別です)。青物が回るか、マサバが回るか、という当たり外れはあるかもしれませんが・・・


僕の現在の1番の狙いは大型青物なので、この状況が今後どう変化していくかはとても気になります。しかし黒潮は本当に気まぐれ。こればかりは神のみぞ知る、ですね







最新情報として、今日(10月14日)の海況図も見ておきたいと思います。


台風の影響も有ってか、この連休中の海況の変化はなかなか激しかったようです。黒潮の姿が連休前とはまるで違いますね。


Kuroshio141014
14日海況。黒潮が大きく蛇行し、黒潮の北側に何箇所か冷水塊が現れています。

房総沖の黒潮との間隔はやや狭まっているんですが、また親潮系水の差し込みが明確に表れています。もしかすると黒潮に押された親潮系の流れが、絞り込まれたノズルのように速さを増して流れ込んでいる状況かもしれません。




もうひとつ。


10月8日から13日にかけて、神奈川県水産技術センターからの「急潮注意報」が6日連続で発令されていました。城ケ島南西のブイによる潮流の観測結果によるものです。


リンク → 神奈川県水産技術センター「急潮情報」


しかし、これは明らかに黒潮の分流によるものではありません。おそらく台風の風の影響かとは思うんですが、他の場所の観測結果を見る限り複雑な潮になっているようで、確信はまったくありません


ただ、もし台風の強風による吹送流だと仮定すると、ポイントは「8日から」早い潮が入ってきていた、ということになると思います。8日と言えばまだ台風は沖縄の南に遠く離れていました。台風がまだ遠くても、影響は沿岸に届いていることがある、ということを教えてくれているのかもしれません。







次回の釣行予定が立たずに困ってます


11日に出船できなかったことで少々慌ててしまい、迂闘にも休日出勤の振替休日を車が使えない日に取ってしまいました


元々慌て屋なので、普段は極力冷静にするように努力してるんですが、どうも「ワラサ」のことを考えると心が冷静さを失ってしまうみたいです。


罪なお魚さん達ですよね





« 【釣行記補足】仕掛け、テーマ、潮、その他について。 | トップページ | 【釣行予告】今週土曜(18日)に出撃予定です! »

コメント

こんにちわ。

Heppoさんのブログを見ていると、いつも本当に研究熱心で凄いと思って
しまいます。潮の事や潮流などには僕も詳しくなりたいんですが、
中々大変で、遊びの時は感にたよる傾向があります。^^;

親潮ってサバやイワシが付くんですね、なんかそれを追って大型回遊魚も
来そうな気がしてしまうのは僕だけでしょうか・・。w

> Takaさん
コメントありがとうございます!

僕は自分の感覚に自信が無くてダメなんですよ〜(>_<)。

なのでアドリブに弱くて、よく海の上で頭が真っ白になってしまい、後で自己嫌悪になったりしてます(;´Д`A。

それはさておき、親潮と黒潮の混じるところは魚の活性が上がりますね。海況図で親潮系水の差し込みがあった日々の大原のヒラメ釣果を見てみたら案の定、好釣果でしたo(^_^)o。

ここから完全な私見ですが、黒潮が離れ冷水塊が出ている状況だと、イナダ〜イナワラの湾内への回遊の可能性は減ると思います。しかしもっと大きいヤツは別です。遊泳力が高く、体力に自信マンマンの大型は、黒潮をかなり離れてもイワシやサバを追いかけると思います。Takaさんの言われること、僕も同じです!(^O^)/

本文には書きませんでしたが、もう一種この状況で気になる魚がいます。

もちろん(?)、「ヒラメ」です!
先日大津で座布団サイズのバラシがあったそうです。Takaさんの出番なのかも??o(^o^)o

なるほど、そうですね。

返信をコメントを頂いて、改めて海況速報を見たら
色々と考えたり、予想したりしてしまいますね。
やっぱり面白いです。
自分も今後は、よくよく速報をチェックして見ます。(^◇^)

> Takaさん

僕は海況図を見始めた頃、全然イメージが湧かずピンと来ませんでした。
でも定期的に見続けてるうちにポツポツと気になることが出てきて、それについて調べたりするうちに、少しずつ妄想の材料が増えてきた感じです。

正直、釣りの予定が無くても海況図を見ることは楽しいです。日本より大きいサイズでのたうち回る黒潮の姿は巨大な龍のようです。こんな身近にホンモノの「水龍」がいるなんて、釣りを始めなければ気づきませんでした。

地球の表面には更に更に大きなたくさんの水龍が激しく蠢いていて、それらが時々大きく体をよじるだけで、地球規模の気候変動が起きます。

僕の頭の中はいつもそんな妄想でいっぱいなんですよ(恥ずかしくてあまり人には言わないようにしてますが、つい書いちゃった(^^;;)。

地球は動物です。
釣りがそれを教えてくれました(^-^)。

HEPPOさん、こんばんわ。

いつも本当に凄えなぁと感心ばかりです…
潮が分からない。
特に潮の流れなんて余計に……(TOT)

いつも感が頼りですぅwww

面白いですよ。
第六感が働く時ってあるんですよね。
以前スズキを釣った時も、サビキで中型アジの鯉のぼりの時も、先日の鯛の時も…
勉強嫌いで頭悪いオイラには感しか頼るものがないっす(TдT)

でも、HEPPOさんのおかげてほんの少しだけ潮にも興味が出てきました。
今度一緒に釣りをする機会があったら色々と教えて下さいね〜♪

> Heavysizeさん
コメント有難うございます!

Heavyさん、それですよ、それ!
やっぱりHeavyさんも釣れる前に感じるものがあるんですね。

僕にはそれがまったく無いんです。
それが、以前から僕が「Heavyさんやせーじさんの方が釣りに向いてると思います」と何度か書いた際の理由のひとつなんです。

自分にその感覚が無いことを自覚した上で、人並に上達していくにはどうしたら良いか・・・。それをずっとずっと考え続けた結果、妄想を膨らませ、育てていく方向に進んだ感じです。

Heavyさん、その感じは誰にでもあるものではありません。ぜひその勘を信じて、Heavyらしい釣りをこれからも見せてください。
違うからこそ、参考に出来る部分がきっとあると思います!o(^o^)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記補足】仕掛け、テーマ、潮、その他について。 | トップページ | 【釣行予告】今週土曜(18日)に出撃予定です! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ