« 【雑談+妄想?】最近の海について気になる印象など・・・。 | トップページ | 【開設3周年】ブログ開設から3年を迎えました! »

2014年8月13日 (水)

【雑談】今年の「休漁期間」の過ごし方は・・・?

8月は僕にとって恒例(?)の「休漁期間」です。


2608131


今年は諸事情によってちょっと早めに突入した休漁期間ですが、振り返ると一昨年も昨年も8月は休漁しています。


そんな「恒例化」しつつあるマイイベントについて、少し書いておこうと思います







Q.そもそも、なんで休漁期間なんてあるの?
A.話せば長くなるのですが・・・。


海釣りを始めたばかりの頃は「釣り期」があったんですよね。冬のメバリング、春と秋のエギングと海釣り公園。そして初夏のボートシロギス。真夏の釣りはしていませんでした。


しかし大津に通い始めると、困りました


なにせ1年中アジが釣れるんです凍えるような真冬も、脱水症状になりそうな真夏も、同じ釣りができちゃいます。1年の趣味面での生活パターンが変わりました。


次第に家族から「夏休みで家族揃っているのに、また1人で釣りに行くの??」と言われるようになりました。また、妻は日焼けを心配する性格で、真っ赤になって帰ってくるとよく喧嘩になったりしました。


最初に8月を休漁にしたのは、そんな「家族」と「日焼け」が理由だったような気がします


僕は何かにハマると周りが見えなくなってしまいがちですが、いつも妻がブレーキをかけてくれ、現実に繋ぎ留めてくれます。とりあえず妻と喧嘩していられる範囲(呆れられてしまわない)で折り合いをつけていれば、変に浮世離れしてしまうことは防げるかな?と思います


やや強引にまとめると、「8月は家族と過ごすシーズン」ということでしょうか。


言い換えると「家族での釣りはOK」、「ご近所づきあい釣りもOK」なんです


実際、過去8月に乗合船や海釣り公園に出掛けたこともあります。もっとも、家族はもう真夏の釣りはコリゴリのようですが・・・(笑。



Q.夏の休漁期間には何をしているの?
A.結構忙しく過ごしてますよ~


とりあえず箇条書きに。


・家族と過ごす。
・本を読む(釣り以外の)。
・秋の釣りの準備をする。


本は家族に勧められてるもの中心に、せいぜい数冊です。


どれがメインか、なんて野暮なことは聞かないでくださいね



Q.「秋の釣りの準備」って何をするの?
A.徐々にやることが定例化してきました


・仕掛け作り(主に泳がせ仕掛けとウィリ一仕掛け)。
・リールの分解メンテナンス(掃除と注油)。
・PEラインの状態チェックとローテーション(巻替え)。
・サルカン類の交換。
・タックルの入れ替え又は新規追加(実はコレがポイント??)。


仕掛け作り。
ウィリー仕掛けはパーツ作りがメインです。いろんな色の枝針用ウィリーを仕込んでます。今年は定番カラーに加えて、「青」と「オレンジ」を作ってみました。青は腰痛持ちさんにお聞きしたハナダイの「喰わせ色」のお話から。オレンジはケイムラも絡ませて「エバ鯛」イメージを取り入れてみたものです。


2608133
定番カラー達。頼りになります!o(^_^)o


2608134
今回の期待カラーちゃん達です。


2608135
イナダ用はまだまともな実績が無くて思考錯誤中です(;´Д`A。


泳がせ仕掛け作りはこの時期のイベントですね。大型青物をターゲットに、早秋用にはハリス7~8号、晩秋用は12号で作ります。ステ糸の長短、遊動式と固定式のバリエーション込みで、大体10個+αくらい作ります。7~8号のものは一度使った後でも冬以降にスズキやヒラメ狙いに使いまわすことがありますが、12号の方はほとんど使い捨てですね


26081311
泳がせ仕掛け。2つの基本構成イメージです。

秋の泳がせ釣りは大物との真剣勝負。勝負は仕掛け作りの時点から始まっていると思います。針を結ぶ時の慎重かつ全力での締め込みは、大型青物に出会う資格を得るための神聖な儀式と思っています(ちょっと大袈裟かな?


本当に、祈りを込めて作ってますよ



リールのメンテナンス。
普段はスプールとラインガイドのレール部分に注油するくらいですが、この時期は分解して内部まで掃除・注油します。困ってしまうのは「ネジの固着」ですね。普段のメンテが雑なのがいけないんですが、いざ分解しようとすると、最初のネジが固着してしまっていて分解できないことがあります


2608132
ココです!!


2608136
この部分のネジが固着すると、もう分解できません・・・。


この下の方のリールは、無理に回そうとしてネジ山を潰してしまいました。この部分のネジは、メーカーによって材質が違っていて、錆びやすいものも有ります。最近僕は買ってすぐ抜いてしまうようにしています。でも構造上必要なタイプの場合は、固着しないように気を付けるしかありません。


ネジの形状によっては、ネジ山が潰れてもなんとかなる場合もあります。


2608137
ジャーン!「ネジザウルス」登場!!


2608138
固着したネジをガブリ!!そしてグイッと回すと・・・。


2608139
ありゃ!??


26081310 
ネジが回ったかと思ったら、ネジの頭をねじ切っちゃいました!(◎_◎;)。
とりあえずこれで分解メンテは可能になりましたが・・・。ネジザウルス恐るべし。


PEラインの状態チェックとローテーション。
1年使ってきたPEラインは、冬場に海中ロープに擦ったり、夏場に大鯖に暴れられたりして少なからず痛んでいると思います。寿命を延ばすために、このラインを反対向きに巻き替えるか、または先端から30~40mほどを切って捨てています。


ラインを切る時には、普段1番使う20m台と30m台のところにマーカーが見やすいカラーが来るように調整してます。この作業では、以前奮発して買った「リサイクラーDS」が大活躍してくれます


個人的には、ラインは最低4年は使いたいと思っているんですが、実際はオマツリ等で切らざるを得なかったりして意外にちょこちょこと消費してます。4号以上のPEはひどく絡んでも強く引くと結び目が解けて元に戻ることが多く、意外に長持ちしてますね


(作業写真は1番上の扉絵です)



サルカン類の交換。
クッションゴムに付いてるサルカンをニッパーで切って外し、新品と交換します。あと、アジ用の竿は普段ラインの先端のサルカンを付けっぱなしにしているので、これも交換します。サルカンは構造上、塩分が内部に貯まりやすく、腐食や固着は外側からは見えにくいです。それでも何年かは強度に問題もなく持つだろうとは思うんですが・・・。


僕は「サルカン破断事件」が深いトラウマになっていて、交換しないとどうにも落ち着きません。あんな悔しい思いは2度としたくないですね



タックルの入れ替え、又は方は新規追加
実はコレが最大の目的と言っても良いかもしれません。休漁するということは、釣りに行かないということです。あたりまえのことを何をいまさら?、と言われそうですが・・・。


釣りに出ないということは「お金が減らない」ということです


禁断症状に耐えながら1ヶ月以上も釣行を控えることは、なかなかの精神的修行です。でも、引き換えに「投資予算」が貯まる、と思えば修行も悪くない・・・と思いませんか?


実際のところ、昨年は夏の休漁明けに「2級小型船舶操縦免許」を取得しましたし、家庭の事情で置いた昨冬1~2月の臨時休漁では、思い切って魚探を新調しました(船舶免許の方はさすがに休漁期間の予算をはるかにオーバーしてましたが)。


僕の1回の釣行費用は約1万5千円。1ヶ月休漁すると2~3万浮くイメージです。


さて、今回の休漁はどんな「お買いもの」になったのでしょうか・・・?
(この記事の中のどこかに隠れているかも?







8月も半ばを過ぎました。予定通りに行けば、休漁期間はあと2週間ちょっとです。


準備万端で秋のスタートを切れるように頑張ります



しかし、暖流系の大形青物が関東を通り越して北海道まで回遊しているニュースには驚きました。


どうやら日本沿岸全域で水温が平均化しているようですね。深海からの湧昇流は想像を超えた規模で日本を包んでいるようです。もう少し様子を見てから、一度情報をまとめてみようと思っています。


どんな秋が来るにしても、しっかりと「今年の海」に寄り添いたいものですね





« 【雑談+妄想?】最近の海について気になる印象など・・・。 | トップページ | 【開設3周年】ブログ開設から3年を迎えました! »

コメント

解禁までもう少しですね。

今年は海が例年と違う様相ですね。今年だけで済むのでしょうか?
釣り場も海も魚も、年々、刻一刻と変化して行ってしまいます。
私は、そのときしたい釣り、しなきゃならないと思った釣りを、一期一会の感覚を持ってして行きたいです。
去年のやり方は今年はもう通用しないかも知れない。

休養十分、用意周到、秋からまた楽しい釣りができると良いですね!
また遊んで下さい。
よろしくお願いします。

(トビラ写真の釣りキチ三平が気になります・・・)

おはようございます・・・こんにちは、かなーー
しかし、ブログを読み、微笑ましくもあり、懐かしさも覚えます
私は今、一年中ボート釣りですが
以前ボート釣りは、秋以降から冬までの釣りでした
冬から夏までは釣り船で旬の魚を釣るか、旅行を兼ねての釣りが多かったです
そんな事でしたから
heppoさんの準備の内容は、まるで同じですね
そこで一言、ウイリーなどの作り過ぎに注意です
今も私の手元には二パック、数にして70セット前後のウイリー仕掛けがありますが
使う事のないウイリーです
釣りに行く前日に、ちょっと閃きがあり、作ってしまいます
他の仕掛けも似たようなものですね
しかし、勉強と思い、楽しみもあり作り続けますね
※こっとんさんの視線と同じでした

> こっとんさま
コメントありがとうございます!

あはは(^o^;
釣りキチ三平、お気づきですか!
誰かが突っ込んでくれるかな?と期待してましたが、まさかこっとんさんとは・・・。
大収穫です!

僕も、海と魚との出会いは一期一会と自分に言い聞かせています。
というより、その心はこっとんさんから学ばせて頂いたことのひとつなので、当然かもしれません

昔、熱海の堤防でこっとんさんが経験されたことを、僕は何度も繰り返しイメージしました。
なんとか自分の経験として心に馴染ませたかったからです。
ただの妄想ではありますが、たくさんのことを学ばせて頂いたように思います。

ところで、関東沖の海況を改めて調べなおしてみたんですが、どうやら深海からの湧昇流の影響は2月終わりか、3月始め頃から表面化し始めていたようです(当時はまったく思いもしなかったですが)。

日本海側で深海魚の捕獲が起こり始め、対馬海流が例年より強いという話が出たのは昨年秋くらいの話なので、時間差があります。つまり時間をかけて徐々に、より大規模に至った現象のようです。

まったくの個人的な妄想ですが、この現象が収まるのにも、出現時と同様、最低1年はかかるのでは?と思ってます。

深海からの湧昇流は水温が安定してます。おそらく水深200m付近で12~13度、現在沿岸で釣り場に至る底潮でも16~18度くらいと思います。もし、この状況が続けば、今年は海況図での水温低下がかなり早いと思います。

でも、それだけ水温安定期に入るのも早いので、今年の秋の釣りは悪くなさそう?と思います。

その後の低水温期にはあまり水温が下がらず、最低水温は例年より2度以上高い13~14度くらいになると妄想しています。もしそうなれば、今年は晩秋から冬にかけて、釣りが長く楽しめるかもしれませんね!o(^_^)o

こちらこそ、また遊んでくださいませ~!o(^o^)o
今後ともよろしくお願いいたします。

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

笑ってしまいました(^o^;。

今までにたけちゃんさんからいただいた中で、最も説得力があり、かつ最も受け入れさせて頂く気の起きないアドバイスですね!

僕も、使うことが無さそうな仕掛けを抱えてます。新しいことを取り入れると、それ以前の仕掛けはなんとなく使う気が起きなくなっちゃいます。予備として抱えてはいますが、塩漬け在庫です

たけちゃんさんは70セットと書かれてますが、その他の仕掛けを合わせれば数十倍の塩漬け在庫が部屋いっぱいにあることが簡単に想像できちゃいますよ~

あ、そう考えたら気を付ける気になってきました!(笑

たけちゃんさんも釣りキチ三平に反応されましたか!?
以前にも申し上げたかもしれませんが、僕の中でたけちゃんさんは矢口高雄先生のイメージに重なるんです。

釣りキチ三平はたくさんの人に自然の魅力を伝えた、素晴らしい作品ですよね。
いつ、何度読んでも心が引き込まれてしまいます。

このコメントを書く直前にも、読んでいました。
「平成版鮎の夏2002」という巻。続編の新装本ですが、相変わらず・・・素晴らしいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談+妄想?】最近の海について気になる印象など・・・。 | トップページ | 【開設3周年】ブログ開設から3年を迎えました! »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ