« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の6件の投稿

2014年1月27日 (月)

【温故知新】ブックレビューNo.1「ムツゴロウの大漁旗」

温故知新のブックレビューです


しばらく休漁期間になるので、その時間を何に充てようか考えました。その結論のひとつが「本を読もう」です。せっかくなので、有名な古典や、今後入手が難しくなっていきそうな本を中心に読んでみることにしたいと思います


ブックレビューと銘打ってしまいましたが、内容の要約(ネタばれ)等は極力控え、個人的な感想に軽く触れる程度にしよう思います。読むきっかけになったことも書き添えるつもりです







最初の1冊です


「ムツゴロウの大漁旗」畑 正憲 著(文春文庫1979年)


Bookreview1
206ページと薄めですが、小さめの字でぎっしり詰まっているので、見かけより読みでがあります。

動物学者で有名なムツゴロウ先生の書かれた釣りエッセイです。僕は学生時代にムツゴロウ先生の本を何冊か読んでいますが、釣りの本を書かれていたことは知りませんでした。たけちゃんさんのブログで紹介されていたので、読んでみることにしました



衝撃でした。


脳みそを直接両手でガシッと掴まれて、ユサユサと揺すぶられたようです。これまでの「釣り」に対する考え方のいくつかが、根本から揺らぎました。恐るべきはムツゴロウ先生の「知識欲」と「行動力」、そして「本物を求める執念」です


最近までの釣り経験のおかげで、ようやく理解が追いついたような部分もあります。また、予備知識が足らず、充分に理解できていない部分もあるかもしれません。もしかすると初心者向けとは言えないか、又は折に触れて何度も読み直すべき本なのかもしれません。


特に第3節「紀州のジプシー」は強烈でした。現在ではもう失われたであろう本職の中の本職釣り師達「雑賀衆(鉄砲で有名な雑賀衆と同じ地域です)」の姿を全力で追い求め、ついにその釣りを目の当たりにする話なのですが、熱くほとばしる何かが何度も深く胸に突き刺さってきました。そのエネルギーにあてられて、途中で何度か目を閉じ、体の震えを抑えなければなりませんでした。


他にも、鯉やハゼ、スズキといった身近な魚から潜水艦のよぅな巨大魚まで幅広く取り上げられますが、決して釣技をまとめた本ではありません。ムツゴロウ先生が体を張って追い求めた「本物」の探求記です。全編を通じて、都市化や釣りのレジャー化による「伝統の釣り」や「本来の魚の味」の消滅への哀歌のような心情がちりばめられています。


ドキュメンタリーだと思います。ムツゴロウ先生の筆力は、鋭く深い観察力に支えられて事実を克明に伝えます。伝統的な釣り方や、魚の習性に関する記述は、現在でもまったくその価値を失っていないと思います。いえ、むしろ時代が変わり、失われていく伝統の記録として、その価値を増しているようにも思えます


読み終え、日常生活の中で何度か反芻していたら、これまでにたけちゃんさんから頂いた言葉のいくつかが、自然と腑に落ちていきました。


素晴らしい本だと思います





2014年1月19日 (日)

【釣行記】平成26年1月12日(日)京急大津・石田ボートさん

思いがけず訪れた2014年の初釣行です


2601121


諸処の都合により、当面の間、釣行記はできるだけ短く書こうと思います。
僕は釣行記を短く書くことがとても苦手なんですが・・・







1~2月休漁は家族との約束でした。でも、その理由になった用事にのちょっとした合間が・・・。


妻「釣り行かないの?今行かないとしばらくいけないよ」



僕「行きます


2日前に急遽決まった釣行でした


休漁モードだったので準備不足です。

子供達からは「アジでしょ!」


自動的に大津に決まりました







石田丸さんにご挨拶をして出船待ちをしている時、「Kさん」とお話タイム。釣りキチ先生が大先輩と呼ばれる大津の超ベテランさんです。


mickさんともお会いしました。最近、本当にお縁があります




7時前に岸払い。まず向かったのは武山出し


中部の東側の際にアンカリング。潮はごく弱い北西からの流れで、底潮は沈黙です。1時間半程度で流れが変わると予想します。


しかし潮は流れず、アタリもなし。移動します。



沖の海苔棚はやはり人気ですね3~6枚目で10艘以上浮かんでます5枚目と6枚目の岸寄りの辺の間に入ります。


そばにKさん。光栄にも、お話させて頂きながらの釣りになりました


ここでは1投目からアジ型は小さめですが、3投で4匹ゲットです。上から17mのタナで泳がせもスタート。


パラパラと釣れ続け、40分程でアジがツ抜けしました。ここまではすべてサビキ仕掛け。ビシ仕掛けにはアタリなしです(サビキ仕掛けを使ったのは1年以上振りです)。



パタッとアジのアタリが止まりました。


海はすっかり凪いでいます。風も弱く、ボートは不安定。海中ロープがあるので、ボートの振れに合わせてこまめに仕掛けを入れなおします。釣りにくいですね・・・


なかなか流れない潮を睨んでいると、泳がせ竿のリールからスプール回転音が
サビキ竿をあげてから竿を取ります。


昨秋のワラブリ狙いそのままのタックルなので、やりとりは余裕でした。タモにすっぽり収まってくれたのはやはりスズキくん


2601122
アジの渋い中、本当に嬉しいゲストです\(^o^)/。


スズキを釣ったあと、辺りにアジのアタリが戻ってきたようです。


でも、ゆっくり締め処置をしてから釣りを再開したら、時合は収まってしまっていました。粘りますが、アタリません



上げ5分あたりで潮が変わることを期待していると、わずかですが潮に変化が感じられました。


アジもおかず分は釣れているので、欲が出てきました



時間はAM10:30。今年の目標を思い出し、後半は黒鯛を狙うことにします。潮の動きを求めて沖へ。


中根の西側へ移動。期待通り、わずかに北寄りからの流れがあります。


黒鯛仕掛けを打ち返してみると、大物の気配があるようです。期待が高まります


しかし、しばらく釣っていると、雰囲気が良くない方向に変わりました。気が付くと、潮が南寄りからの弱い流れに変わっています。底潮はまたもや沈黙・・・。しばらく粘りますが、潮の様子はそのまま変わりません。



12時半。風が南に変わったこともあり、ここは諦めます。
沖を見渡すと、大きな潮目が見えました


2601123
凪とさざ波立っている海面の境がはっきり見えます。

中根の沖から南西方向に大きな弧を描きながら、富士山出しの辺りを通って岸の方までつながっています。はっきりした潮目です。おそらく上げ潮本流からの分岐流と思います。海が凪いでいると良く見えるものですね。


最後のポイントはその潮目を跨いでみることにしました。沖の小漁礁かガレ場が良さそうですが、残り時間が短いです。少しでも帰りやすく、長く釣っていられそうな富士山出しに向かいます


途中、mickさんにお会いしました。情報交換すると、今日は全体的に渋いようです・・・



到着してみると、富士山出しはほとんど航路内になっていることに気づきました。根の東側の際に入りましたが、ほぼ航路ブイの線上でした。


仕掛けを入れて驚きました。真北に向かって潮が流れてます。想像と真逆でした


航路との関係で場所の調整もできないので、そのまま釣ります。



泳がせも出しましたが、ここではアタリなし。アジを2匹だけ追加して、タイムアップです。







帰港して計量してもらうと、スズキは75cm・3.1kgでした。青物ではなかなか越えられない3kgの壁をあっさり超えていました(笑


それでも、最近の大津で釣れているとてもスズキは大きいので、このサイズは小さいほうかもしれません。シーバサーのトロフィーサイズは90cmオーバーと聞きますが今の大津なら夢ではないかもしれませんね


2601124
石田丸さんHPから拝借させて頂きました。

急なチャンスに何も考えず飛び出した初釣りでしたが、比較的穏やかな海に恵まれ気持ちよく釣りをすることができました。加えて、思いがけない季節の魚を確保することができて、とても嬉しい釣行になりました。


大津の海は、真冬でも熱いですね


今年も手漕ぎボート釣りを通じて皆さんと楽しく過ごせますように





2014年1月12日 (日)

【釣果速報】本日、予定外の出撃で大津に行ってまいりました!

予定外でしたが、今年の初釣りに行ってまいりました


釣果:スズキ(75cm・3.1kg)、マアジ14(16~18cm)


260112sokuhou
なかなか精悍な感じですが、メスでした(^^;;。

・1~2月は家庭の事情で休漁の予定でしたが、今回に限り家族の許可がおりました\(^o^)/。

・大津での初釣りはまあまあな釣り日和でした(最近「釣り日和」の基準が大分低くなってます)。

・風も潮も落ち着かず、アジは予想外に厳しい状況

・武山出し→沖海苔棚5枚目の南東角付近→中根→富士山出しと4ヶ所に竿を入れました。

・釣果はほとんど海苔棚付近です。

・アジは渋かったものの、泳がせにスズキくんが来訪してくれました

・後半は黒鯛狙いに切り替えたものの、アタリ無しで終了です。

・またまたmickさんと一緒でした。ご縁がありますね~


詳細は後日またご報告させていただきます


今年は少し釣行記をライトな感じにして、気になる点は補足記事でまとめて挙げようと思います。


海水温、ここにきて下げ止まっている感じですね。黒潮が離れたのに不思議です





2014年1月10日 (金)

【妄想?】さて、2014年の目標は・・・?+今後のブログについて。

手漕ぎボート釣りが実質4年目に入りました


1389309709392.jpg
3歳のクセに生意気なワンちゃんです。

恒例ですが、今年も道に迷ってしまわないように、1年間のメインテーマを据えておきたいと思います。



≪5年目標について≫


5年目標「手漕ぎボート釣りの基礎を身に付ける
・実釣前にポイントの季節、水温、潮汐、前日の風・天候、翌日の天候予報を把握する。
・実釣中にポイントの水深、潮流、海の色、透明度、根との位置関係、海底の地形・底質、潮目を観察する。
・仕掛け、エサ、タナ、コマセの撒き方、仕掛けの流し方を考えながら様々なバリエーションで結果を出すことを重ねる。


今年はこの5年目標の4年目になります。「頭(知識や理屈)ではなく、体で覚えること」を目標にしてます。僕の考える「海釣りの基礎」のうち、実践でしか身に付かない部分という感じ?実際のところ、まだまだ曖昧な感じなので、そろそろしっかりと固めたいところです


ボート釣りを始めるにあたって、20年間の大目標を決めてあり、その下に10年目標があります(この2つは恥ずかしいので、今のところ非公開です)。そしてその下にあるのが4回の5年計画です。大雑把に言うと、最初の5年を基礎の習得(=初心者期)、2回目の5年計画を応用技術の習得(=中級者期)、3・4回目を釣果の追及(=上級者期)に充てています。


僕は細かいことに囚われやすく、本質を見失ってしまいやすい性格なので、何かに本腰を据えて取り組む時にはどうしてもこういった基本理念から降ろしてくる小目標のようなものが必要なんです。決して高尚なことを目指しているのではなく、自分の欠点をカバーして人並の成長を志している、という感じです



≪今年の1年目標について≫


昨年も同じことを書きましたが、5年目標の下に、「1年目標」があります。過去の目標を累積させるようにしているので、今年は1~4年目の分すべてが目標になります。


2014vision  
最初の5年計画もいよいよ終盤ですね。

したがって、今年の「1年目標」はこんな感じになります。


「今年の1年目標
・NS釣法の基本を身に着ける!
・すべての仕掛けを自作で対応できるようになる!

+1、2、3年目の目標(特に、魚を浮かせて釣ることはまだ実践が足りません)


あと、これに昨年の非公式目標だった「包丁研ぎをキチンとできるようにする」を取り入れたいと思います



≪今年の目標魚


・「ワラサ」、「クロダイ」を手漕ぎボートで狙って釣り上げる


昨年の目標は「ワラサ・クロダイを手漕ぎボートで釣る!」でした。結果としては、クロダイはアジ仕掛けで釣れ、ワラサは「60cmオーバーだけど3kgに足りず」というあと一歩のところでした。そこで、今年こそはキッチリと「3kgオーバー」と「狙ってのクロダイ」をモノにしたいと思います


もうひとつ。


あえて目標には入れませんが、家族の要望もあり、今年は「カワハギ」を始める年になりそうです



≪その他≫

・笑顔を共有することを大切にする
・釣りに関する文献を読む


昨年に引き続き、「笑顔の共有」を目標としようと思います。目標というより、当たり前のことですね(^^;;。1年目標の達成にはある程度固執も必要と思っていますが、友人や家族との釣りが出来るチャンスには、迷わずそちらを優先することにしようと思います。


予定では1~2月が休漁期間になることもあり、昨年末に古いものを中心に釣りに関する本を買い漁りました。すでに読み始めていますが、非常に刺激に満ち溢れていて、知識面だけでなく精神的な面でも学ぶことが多いと感じています。温故知新も良いかな?と思い、目標に添えておくことにします







≪ブログ更新等について≫


昨年夏頃から、慢性的な頭痛に苛まれています。ちょっと日常生活に支障が出始めている部分もあります。


どうやら偏頭痛のようです(「羞明」のような症状があります)。仕事や年齢、運動不足など、いろいろと思い当たるフシはあります


現在、体調不良の原因を切り分けるために、スマホの使用をできるだけ控えております。


その影響で、いつもお邪魔させて頂いている皆さん方のブログも、週末にならないと巡回することが出来ない状況です。正直なところ、更新記事に追いつき切れていないのが実情です・・・


遅れながらもなんとか読んでおります。しかし、コメント等は打ちたくても手が回らない状況になっており、この場を借りてお詫びさせていただきたいと思います。ご無礼をどうかいお赦しくださいませm(_ _)m。


手漕ぎボート釣りを永く楽しんでいくためにも、今年は体調の回復を優先していくつもりです。そのためには、ブログの更新ペースを抑えることや、内容を工夫することも厭わないつもりです。



しかし、ブログの運営はバランスを考えつつ、まだまだ続けていきます。


だって、ネタは大量にたまっているんです


実験や取材を待っているネタがほとんどですが、数えたら現在26本ありました。それぞれ、早く日の目を見させてあげたいですね


そんなこんなで、みなさまのご期待(?)に沿えない部分もあるかもしれませんが・・・。


今年も「手漕ぎボートでまっしぐら!」をよろしくお願いいたします





2014年1月 4日 (土)

【安全祈願】深川八幡(富岡八幡宮)さまにお参りしてきました。

2014年の釣行安全祈願です


昨春、こっとんさんに習ってお参りした深川八幡さまに、今年も行って参りました


Omairi20142_2
冬晴れ。お参りも気持ち良いです。

昨年は1月も半ばを過ぎてからお参りをしたので、参道のにぎわいもだいぶ落ち着いていましたが、今年はまだ正月休みの連休中ということもあり、門前仲町の駅からの道にはたくさんの出店が並んでいて、人通りもにぎやかでした。


Omairi20143
駅から参道までの間も出店等が並びます。

Omairi20145
下町の良い雰囲気を感じられて、好きです(^-^)。

境内にもたくさんお店が出ています。


本殿にはお参りの人の列が少し出来ていましたが、ほんの数分でお参りすることができました。


Omairi20146
身近な八幡さま。僕は地元ではありませんが、不思議な親密感があります。

手漕ぎボート釣りを愛するすべての方の釣行安全にを祈願させて頂きました




次に、本殿に向かって右側の奥のほうにある「古札納め所」に向かいます。


Omairi20147
ここにお納めするのは今回が初めてです。

ここでは、昨年購入した「大漁守」を、感謝の気持ちとともにお納めしました。


Omairi20141_2   
去年のお守り。釣行ではこうしてずっと身に着けてました。

古いお守りをお納めした後、境内にある販売所で今年用の新しいお守りを購入します。



「大漁守」には2タイプあります。今年も、小さめの釣り針がアクリルに封入されているタイプを購入しました。


Omairi20148_2 
今年も、このお守りと一緒です!o(^o^)o

まだまだ基礎の勉強中なので、釣果より堅実に釣行の数を重ねることができるように、という願いを込めています(主な願いは「健康・安全」。次点で「天候」ですね



自然を敬う気持ちと、神様を敬う気持ちには共通するものがありますよね。


今年がどんな1年になるか分かりませんが、このお参りの際の気持ちを忘れずに、身の程をわきまえた釣りを進めていきたいな、と思います


今年も、皆さんと安全で楽しい時間が過ごせますように。





2014年1月 1日 (水)

【謹賀新年】あけましておめでとうございます!

2014年元旦


あけましておめでとうございます


2014nenga
ボウズ軍には今年もお世話になりまくる予定です。

本年もよろしくお願い申し上げます。


今年も、みなさんと安全に楽しく手漕ぎボート釣りを語りあえますように





« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ