« 【釣行記】平成25年10月29日(火)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣果速報】本日、無理矢理釣行を敢行!大津に出撃してきました。 »

2013年11月 7日 (木)

【釣行記補足】仕掛け、雨中の釣りで感じたこと、その他。

平成25年10月29日(火)大津釣行の補足です


遅い補足になってしまいましたが、恒例の内容に加えて、雨や波の中で感じたことを書き残しておきたいと思います。


雨のせいで写真がほとんど撮れず、文字ばかりの補足ですがご容赦くださいませ







【今回使用した仕掛けについて】


○フロロ3号・2.4m・ウィリー3本針仕掛け


・枝針・・・玄人アジ10号(自作ウィリ一)
・枝ス・・・フロロ3号・15cm
・枝元・・・先針から1m・70cm
・先針・・・グレ(メジナ)9号(空針)
・先針ビーズ・・・ひかり玉3号


今回使ったのは緑・白ウィリーバージョンでした。武山出しでコアジ1と中サバ1、海苔棚3~4枚目の間で大アジ3、中アジ2、 コアジ10、大サバ1を釣り上げました。コアジ数匹以外は先針です。今回も大アジはこの仕掛けばかり。僕の場合はなぜか長い方の仕掛けにはあまり掛かりません。今回の操作は置き竿70%、ウィリーシャクリ30%という感じでした。風波が強く、雨も本降りだったため、竿の操作にあまり集中できませんでした。僕が使うビシ仕掛けの中で1番短いものなので、海中ロープのある場所では自然とこの仕掛けがメインになってきます。



○フロロ5号・6m・2本針仕掛け


・枝針・・・プロヒラマサ9号
・枝針ビーズ・・・スナイプビーズケイムラD型3mm
・枝ス・・・フロロ4号30cm
・枝元・・・先針から4m(サルカンとビーズによる遊動式)
・先針・・・プロヒラマサ10号
・先針ビーズ・・・ひかり玉2号


完全にワラサ狙いの仕掛けです。昨年8月にワラサ乗合で使った仕掛けとほぼ同じですが、ハリス号数を1号落としてあります。今回イナダを2本釣り上げました。ワラササイズとのファイトを期待していましたが、潮汐が長潮と悪く、沖にも出られなかったためか、チャンスは訪れませんでした。この他にもワラサ狙いのビシ仕掛けはいろいろなバージョンを作ってあります。この仕掛けの真価は積極的にコマセを振って誘うことにあると思っていますが、海の状況が悪く、今回は置き竿中心になってしまいました



○フロロ8号・アジ泳がせ仕掛け


・主針・・・プロヒラマサ11号
・孫針・・・プロマダイ11号
・エダス・・・フロロ8号・90cm
・捨て糸・・・フロロ3号・90cm


枝元が遊動式の胴突き泳がせ仕掛けです。仕掛けのパーツひとつひとつを入念に確認して、最低でも10kg負荷に耐えるイメージで作成してあります。竿、リール、タモまで総合的にバランスを考慮してあり、5kgまでの青物なら力勝負でも問題なく揚げられると思います(意外に選択が難しいのがクッションゴムだったりします)。今回コアジを付けて投入しましたが、残念ながらアタリはありませんでした。1度、アジが暴れて緊張が走ったのですが、引き込まれたのはビシ竿の方で、掛かった型もイナダサイズでした。年内の釣りで活躍の場があることを期待したいところです







【潮について】


今回は長潮かつ上げ潮メインと、潮汐としてはかなり厳しい条件でした。でも、この条件下で潮の動きを観察することが出来たことは収穫のひとつと思います


朝方、武山出し付近で、表層はごく弱い北西の潮。しかし底潮はやや早い南南東からの流れがあり、予想外でした。干潮時間を過ぎてもしばらくは下げ潮の余韻があると予想していましたが、違ったかもしれません。その後、午前中いっぱい潮は全体的に動かないか、または舞っていました。これは予想通りです。おそらく中根~沖の小漁礁あたりまで沖に出ることができれば、もうすこし良い条件だったかな?と思います。


今回、NS釣り用のタックルを持ち込んでいたのですが、うまく流せる潮とは思えず、出番はありませんでした


潮汐上の干潮時間より下げ潮の流れ出しが30~60分程度は早いだろうと予想していましたが、実際には1時間半も早く流れ出したようでした。下げ潮は春の方が強いという認識ですが、秋の潮でも下げ潮優位の特徴はかなり強いんだなぁ、と感じました







【雨について】

・PU素材のレインスーツ
今年初め頃にレインスーツを買いました。防水透湿素材のレインスーツはデザインに優れたものが多く、惹かれるものがあったんですが、最終的には透湿性の無い「PU素材(ポリウレタン)」のものを選びました。透湿性のある素材は、強い水圧がかかった場合や、長時間濡れ続けるとどうしても水を通してしまうそうです(座ってるとお尻から濡れてくることをよく聞きます)。PU素材は完全防水なので、そういった恐れがありません。中から汗をかいてしまうと蒸れる欠点がありますが、ボート釣りは陸釣りと違って歩き回ることもなく、漕ぐ時以外は汗をかくこともあまりないので、向いているかも?と思ったんです


今回はじめて、実釣中に長時間本降りの雨に晒される状況になりましたが、体はまったく濡れを感じることが無く、不快感を感じることはありませんでした。求めていた性能がバッチリ実現ですとても頼もしく、オススメできる装備ですね


・タオルはびしょ濡れ
手を拭くためのタオル類はすべてビショ濡れ。手を拭く分には絞って使えば良いのですがスマホの画面は拭けません(拭いても指で操作できるレベルになりません)。スマホは上着の中に着ている服で拭くしかありませんでした。雨の日は上着の中にもタオルを仕込んでおくと良いかもしれませんね。


・スノコが滑りやすくなります
これは意外と困りました。アンカーの上げ下げの後、低い姿勢でボート中央に戻る時、長靴の底がスノコで滑ります。かなり滑りやすかったですよ。竿やバケツ類を蹴飛ばしてしまったり、もっと悪い場合にはバランスを崩してしまう可能性があると思いました。細心の注意が必要でした


・指が滑ってハリスのヨレが取れません
ヨレたハリスを引っ張って伸ばそうとしましたが、指の濡れで滑ってしまい、なかなかハリスが伸ばせませんでした。指にハリスを巻きつければ良いのですが、枝針の多い仕掛けではそれも難しかったですね


・キールにたまった水があわや床上浸水
波かぶりで入った海水と、延々降る雨で溜まっていく水が合わさり、沖上がり時にはスノコが少し浮くような状態にまでなっていました。もぅ少しひどかったら、排水作業が必要だったと思います。こういう状況を考えると、あかくみやヒシャクのようなものがあると、心強いと思います。


・ビシが見えにくく濁りが確認できません
いつも、ビシの見える深さで海の濁りを測るのですが、波が高く、雨も降っていると、海面の荒れで海中の様子が見えず、全然分かりませんでした(雨が降っている時点で海の中は暗いと思いますが)。


・スマホが操作しづらいカメラレンズ部分も濡れ、撮れても写りが悪くなります。
上でも少し触れましたが、スマホ画面は濡れていると指の操作に反応しなくなります。スマホ画面を服で拭いても、指の方が濡れているとやはり操作できなかったりしました。おかげで届いたメールへの返信や、写真を撮りたい局面で撮れなかったことがたくさんありました。また、写真が撮れてもレンズ部分の水滴等写りが悪くなってしまいます。防水、耐寒をしっかりしておけば釣りをすること自体は問題ないと思いますが、こういった不便さが発生することが、今回学んだ成果のひとつですね







【波について】


・海苔棚のロープが見えない
今回、岸払い後には、風が強く波も高い中で武山出しを目指して漕ぎましたが、高い波のせいで、海苔棚のロープが見えませんでした。台風被害のせいか、海苔棚は枠の部分のブイとロープだけで、内側に海苔のつくロープが張られていない状態のものが多くありました。そのせいもあって、接近しても海苔棚とは気付けず、ロープに接するくらいの位置でようやく気が付く、という感じでした


・暴れるビシ
波が高く、アジ狙いの7:3調子のライトロッドで仕掛けを下して置き竿にすると竿先が跳ねてしまい、海中のビシが暴れてしまう状況でした。これではコマセの出具合のコントロールも難しく、警戒心の強い魚は寄り付かないと思います。手持ちでのコントロールを試みましたが、船の揺れが激しく集中力が続きませんでした。置き竿のまま、少しでもビシが暴れないようにするため、ビシを重いものに交換してみました(40号→60号)。ビシの中にオモリを入れる方法もありますが、個人的にビシをガチャガチャ言わせたくないという思いもあり、いつも交換用の重めのビシを用意しています。


しかし、それでもなお跳ねてしまい、結局この竿では海が収まってくるまでは釣果はほとんどありませんでした。荒れている中でイナダが掛かった方の竿は5:5調子のムーチングロッドで、80号ビシでした。こちらはあまり竿先が跳ねることはなかったおかげで釣りになったのかもしれません







【イナダが美味しかった


251029sashimi
アジは大中小ぜ〜んぶお刺身!1食で終了(^^;;。

久しぶりのアジのお刺身はやはり美味しく、当日の夕食だけですべてのアジが消えてしまいました(大アジ3、中アジ2、小アジ3が全部)。イナダは半身分だけ当日出したんですが、43cmと小振りなイナダだったものの、お刺身は適度な脂がのっており、意外なほど美味しかったです(こちらももちろん完売







今回の補足記事はこれで終了です。


青物狙いも終盤戦に入ってきました。あと2回はチャレンジしたいと思ってますが、天候運等によっては次回あたりが最終回になってくるかもしれません。


釣れなくても良いのですが、悔いのない釣りがしたいものですね





« 【釣行記】平成25年10月29日(火)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣果速報】本日、無理矢理釣行を敢行!大津に出撃してきました。 »

コメント

こんばんわ
heppoさんらしい良いブログですね
仕掛けも基本通り、見ていて気持ちの良い仕掛けです
只、私は一つ上のハリスと鈎を使っていますが
私の竿は硬いですから、同じようなものかな
今回の釣りで気になった事は、竿の本数ですね
魚の種類の時合、釣れた時間を集計すると
釣れる魚の順番や、状況が見えてきます
真鯛やワラサはいつも同じ時合で釣れ
その時だけ一本の竿に集中しますね
手前オマツリで逃がす事は避けたいです
私も次で青物は終了かな
そんな気温になりそうですね

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

今回、3本の竿の扱いに失敗して反省しています(>_<)。
まだ僕には時合いが読めるほどの経験はとてもとてもありませんが、
狙いを絞ることの大切さを感じました。

ただ竿を減らすだけでなく、たけちゃんさんが言われるように
時合いに合わせて考える方向で工夫していきたいな、と思います。

次回は、やはり青物を狙いたいです!
そろそろ北風に悩まされる季節ですね。僕は天候運が悪いので、そもそも釣りに出られるかどうかが心配です〜(;^_^A。

HEPPOさんこんにちは。

仕掛けとかはとても参考になります。
今回初めて遊動式の泳がせ仕掛けにしてみました。
これで正解なのか?海の中でアジはどんな風に泳いでるのか?
いろいろ想像しちゃいます。

しかし。。。相変わらず刺身が凄すぎです(笑)
お子さんの食べっぷりで美味しさが伝わりますね。

今日はどうかな?
釣果楽しみにしてます!

HEPPOさんおはようござます。

せーじさんも仰るように、本当に仕掛け参考になります。
いつもありがとうございます。

泳がせは、私の場合はいつも先生の仕掛けなので遊動式にはしていないです。
たけちゃん師匠は遊動式ですよね。
今のところ先生の仕掛けで釣れているので遊動式にしていないです。
(ただ作るのが面倒なだけですがww)
今年から世妃亜さんの助言で孫鈎をつける様にはしています。

来年は私もウィリーに挑戦してみようかと考えています。
色々と教えて下さいね♪

しかし、この刺身の量は凄いですね(笑)
昨年のイナダは知りませんが(釣れていませんので(T_T))
今年のイナダは脂ものっていて美味しいですよね!!
あぁ~イナしゃぶが食べたくなってきました。

HEPPOさん、こんにちは。

HEPPOさんが書かれるブログは、いつも親切丁寧に書かれていてとっても為になります♪

レインウエアはポリウレタンがいいとか、ビシが軽いとしゃくった時に暴れるとか、一人でお酒を飲みながら「へぇ~、そうなんだ」「そうそう!あるある!」って感じですよ(笑)

今年も残り僅か、タップリ楽しみたいと思います(^o^)♪

> せーじさん
コメントありがとうございます!

仕掛けは詳しく説明しだすとキリが無いので、ざっくりとした感じになっちゃってます。
でも、不思議とあんまり人の仕掛けを見聞きする機会って無いですよね。
ちょっとでも参考になる部分があったら、すごく嬉しいです!何か分かりにくかったら聞いてくださいね

泳がせ仕掛けは僕もまだ実績が少なくて暗中模索です。とにかく切られないことだけ考えて作ってます。
遊動式を使ったのは、荒れた海の揺れで大きく上下する竿の衝撃でアジが針から外れそうと思ったからです。
まだまだ喰いがどう、とか考えるレベルじゃないですね~

うちの刺身の消費量は、結構自分でも驚きますよ(汗
料理の手間が無いので妻に手をかけなくていいことも助かります

昨日の記事も先ほどアップしました。手抜きっぽい記事ですが

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます!

泳がせ仕掛けは固定と遊動、両方作ってます。
まだ使い分けはあまり分かってないんですが・・・

ヒラメ狙いを意識すると、だいぶ変わった作りになるんじゃないかな?と思いますが、まだ未挑戦です。
今悩んでるのは孫針ですね。なぜか孫針有りの仕掛けを作ると針のチモトの締め込みが甘くなってしまうんです。
少しでも不安があると現場での選択時に躊躇してしまうので、つい孫針無しばかりになってます。
納得のいく締め込みが出来れば、孫針有りをメインにしたいんですが

ウィリー釣りは楽しいですよ~!
「釣った」感がかなり強くなります。外道が多い時には諸刃の剣ですが
餌付けがいらない分、手返しも早くなり、魚を寄せ続けられるのが1番の強みです(サビキには敵いませんが、潮が速い時はサビキより強いと思います)。

イナダの旬って、調べると夏らしいですね。
でも今のイナダ、脂の乗りだけじゃなくて、鯵の濃さも含めてすっごく美味しいですよね!
今までに食べたイナダより格段に美味しい気がするんですが、これって今年だけなのかな?

青物、青物!Heavyさんイナしゃぶじゃなくてワラしゃぶですよ!
残り少ないですが、ワラサでお立ち台、一緒に目指しましょう~!(^o^)/

> ブライアンさん
コメントありがとうございます!

丁寧というか、取捨選択もせずにダラダラ書いてしまって、むしろスミマセン・・・
自分用のメモを兼ねているので、つい細かいことまで書き残したくなっちゃんです。

もう少し大人になって、エッセンスを抽出できるようになりたいな、と思います。
でも、ブライアンさんに「あるある!」って思ってもらえると嬉しいですね。書いた甲斐がありますよ~!

本当に今年の良い季節も残り僅かですね。お互いに良い釣りをして過ごしたいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】平成25年10月29日(火)京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣果速報】本日、無理矢理釣行を敢行!大津に出撃してきました。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ