« 【妄想?】こんな未来は意外に近い!?ボート釣りと「ウェアラブルコンピュータ」! | トップページ | 【雑談】そろそろ釣りに出かけられるかな・・・? »

2013年4月 6日 (土)

【妄想?】春の海に舞い沈む「さくら仕掛け」を作りたい!

「さくら仕掛け」を作ってみたいです


1365229579900.jpg
1ヶ月振りの更新です(^^;;。

Q.「さくら仕掛け」って何?
A.「さくらの花びらが舞い散るのと同じスピードで沈む仕掛け」のことです。


昨年の6月頃、仕掛け研究シリーズの記事を書き進めていた時、ふとしたことから興味を持ち、チャレンジしたくなってしまいました。


※「ふとしたこと」


たけちゃんさんから頂いたコメントがきっかけ。こんなやりとりでした。


 たけちゃんさん「桜の花びらの落下速度が好きです。秒速5cmかな」
 HEPPO「秒速5cmほぼオキアミの自然沈降速度ですね


海中でひらひらと沈むオキアミの花びら・・・。


頭の中にそんなイメージが湧いてきて、すっかり夢中になってしまいました



実際に釣れるかどうかは「?」。
少なくとも春の釣りに調和しれくれそう?
たとえ釣れなくても、きっと素敵な思い出の1ページになってくれると・・・



それではダメ・・・です
ロマンチックな気持ちだけで作ろうと思った訳ではないんです。1回きりのお遊びではなく、今後に作る仕掛けの基準としてきちんと作ってみたい、と思っています


これまでも自分なりの基準を設けて仕掛けを作ってきたつもりですが、実際のところ、いろいろな思い付きに振り回されて、あまり印象が整理されていない感じです。


この「さくら仕掛け」を思いついた時、「これしかないと直感しました(大げさ?)。





大切にしたいことは「美しく散るさくらの花びらの落下速度」と「仕掛けの沈む速度」を近づけること。



【こだわりというわけではないのですが・・・】
自然界にはいろいろと不思議なつながりがあると聞きます。例えば、宇宙空間に吹く太陽風の発する電磁波を音に変換すると、夜明けの鳥の声や、夏の夜のカエルの合唱に聞こえたりします。また、牛の搾乳機のリズムをモーツァルトの音楽に合わせると、牛の乳房の炎症が激減したりします(ちょっとオカルトチックに聞こえるかもしれませんが、本当の話なんですよ)。


そんなふうに不思議なつながりがあるのなら・・・


「人間が気を惹かれるものなら、魚も気を惹かれたりするかもしれない」


そんな風に思ってしまった次第です





人が「美しい」と感じる風情を、できるだけ正確に魚に見せてみたいです。


「仕掛けの沈む速度」は、これまでの仕掛け研究で取り扱ってきたラインやビーズの比重を参考にしつつ、必要があれば実験を追加して確認していくことにします。


問題は「実際のさくらの花びらの落下速度」です。ネットで調べる限りでは、「秒速5cm」という話も多く出てきます(映画や歌詞に表現があるようです)が、雪の結晶の研究で有名な中谷宇吉郎博士(有名な寺田寅彦博士のお弟子さん) の研究で「秒速50~150cm」という成果報告があるようです。


※ちなみに昨冬、雪が降るスピードの「ゆき仕掛け」も考えましたが、自分でスピードを測ることが難しいので諦めました(ちなみに中谷宇吉郎博士の実験では「秒速25~110cm」だそうです)。


僕はこの点を実際に確かめるために、約10ヶ月も待っていました。そうしてやっと、訪れたんです


桜の花びらが舞い散る季節が・・・。





というわけで、実験です



【実験方法】


例によって幼稚な方法です。


①桜の木の下で待ち構えます。

②落ちてぎた桜の花びらを追いかけ、地面に落ちてすぐにピンセットで拾います。  拾った花びらは、乾燥しないように小さなタッパーに保管します。

③花びらを地上2mの位置から放ち、地表に到達するまでの時間をストップウォッチで計測します。


この実験を、風にさらされた外気の中と、比較のために無風の自宅内でも行ってみたいと思います。



【実験開始


まずは、外気での実験です。自宅近くの大きな公園で行いました。
時折秒速1~2m程度の風が吹く状況でした。ちなみに、4月だというのに、気温は約8度でした(寒かった・・・)。


1365229581940.jpg
寒く見えますが、本当に寒いんですよ。


1365229584079.jpg
不審人物に見られないかドキドキです。


1365229585580.jpg
ロッドベルトを活用して目印に!(^。^)


1365260308625.jpg
離れて見るとこんな感じです。


1365229588761.jpg
2mの位置からヒラリ。


1365229590307.jpg
今回の小道ちゃん達。ピンセットだけ100円ショップで買いたしました。


それではスタート


メメタァッ



効果音を間違えました



パッ


ヒラ、ヒラヒラヒラ~


ハラリ・・・



10枚の新鮮な花びらを落としてみました。



【実験結果】


Okugaijikken2


地表に達するまでのタイムは、こんな感じです。外気中なので風の影響もありますが、意外にも、同じ桜の花びらなのにひとつひとつ落ち方に違いがありました。


実際に自分の手でこの実験をしてみて、いくつか感じたことがあります。


多くの花びらは、回転しながら落ちてゆきました。でも、最もゆっくり落下したのは、水平姿勢で安定しながら落下した花びらです。


これは海中でのオキアミの沈下にも共通すると思われます。以前、オキアミに針を通して塩水の中に沈める実験をした時、オキアミは水平姿勢を保ちながら沈下しました。しかし、実際の海中では仕掛けが受ける潮流の抵抗などがあり、オキアミは沈下時に水平姿勢を保つのが難しいのではないかと思われます。沈下姿勢が変われば、桜の花びらがそうであったように、沈むスピードが変わる要素になると思われます(ほんの僅かな違いかもしれませんが・・・)。


通常のビシ仕掛けの場合、付け餌はコマセと違う動きをした方が喰いが良いと思いますが、魚の活性が低い時は自然な沈下姿勢を意識してみるのも面白いかもしれません。


餌への針の通し方が沈下速度に影響することも、押さえておきたいポイントです。


ひとつひとつ違う、さくらの舞い散り方。その中で、僕が1番「美しい」と感じたのは、「ゆっくりと落ちる」花びらの姿でした。個人的な印象なのかもしれませんが、落下が遅いほど、「舞い散る」という表現に馴染み、美しい感じがしました。


海の中の魚も、こんな風に感じることがあったり・・・するのでしょうか?


「桜の木も、確かに生きてる」。


まだあまり花びらの落ちない日だったため、ずっと桜の下で花びらを待ち構えていました。そうしたら気付いたのですが、花びらの散り方にはリズムがあります。無作為に1枚1枚落ちてくるというより、ずっと散らなかったり、ある瞬間に何枚かが一緒に放たれてきたりします。


そよ風のリズムに桜の枝が調和して、美しい和音を奏でているようで、静かな命の脈動のようなものを感じました(これも大げさかも)。




さて、屋外での実験結果は上記のとおりですが、次に屋内での実験結果を報告させて頂きます。


1365229742439.jpg
リビングのドアの上辺が丁度2mでした(^-^)。


1365229745459.jpg
家族はだれもこの光景に風情を感じなかったようです(T_T)。


Okunaijikken2


一見して、外気中の実験より、落下スピードのバラつきが少ないのが分かります。つまり、屋外の実験では風による影響が少なからず有った、ということでしょうね。でも、平均タイムは意外なほど近いです。屋外、屋内とも、平均するとこんなふうに言えそうです。


「さくらの花びらは1秒間におよそ80cm落下する






さて、これらの実験結果から、目指す仕掛けの沈むスピードの照準をどこに定めるか、悩みどころです。


 平均タイム?

 それとも、1番早かったもの?


 あるいは、最も遅く、美しかった花びらに合わせる??


この悩み、実は一筋縄ではいかなそうなのです。


でも、長くなってきましたので、続きは後編に譲りたいと思います





久しぶりのブログ更新になります。なんだかブログ更新の方法を忘れかけてしまっていました


後編のポストまでも、少し間が空くかもしれません。あるいは、釣行記が突然間に入ってくるかも(そうなりたいものですね~)。申し訳ありませんが、気長にお待ちください


HEPPOは、手漕ぎボート釣りを愛する皆さんの幸せな時間をいつも心から応援しています





« 【妄想?】こんな未来は意外に近い!?ボート釣りと「ウェアラブルコンピュータ」! | トップページ | 【雑談】そろそろ釣りに出かけられるかな・・・? »

コメント

HEPPOさんこんにちは。

先日の桜の花びらはこういうことだったんですね。
この前編を見て私の意見です。

「海も自然」
と考えると外気での実験が生きるような気がします。

「そして花びらの落ち方」
これは個人的な意見がありそうですよね。
そしてはそれは魚によっても様々な意見があるのか否か。
魚の種類が変われば釣り方が変わるようにきっと変わるのではないか?と
想像してしまいます。

そうなると平均を取るのか早いのを取るのか遅いのを取るのか。。。
難しいですね~。
きっとその日によって変わりそうですね。
なんとなくですが。。。その日の釣行でいくつかのパターンを試す必要が
ありそうですね。
餌もオキアミがよければアオイソがいい時もありますしね。

HEPPOさん、後編も楽しみにしています♪

こんばんわ
久しぶりですね、私も病気ですが、heppoさんも重症ですね
桜とオキアミと沈下速度、真面目に考えたら、寝込みそうです
桜の落下速度のついでに、毛鉤もお願いします
カゲロウが水面に下りる速度にあう糸とか、毛鉤の羽根の長さは・・・・・・

余計な事を考えてしまいました

話は変わりますが、ボートが無理な時は渓流でもと考え
準備を始めましたが、そこでテンカラの糸に驚きました
昔は4~5本の撚糸でしたが、今はフロロカーボンの重い糸かと思います
糸をムチのように振る事ができます、気がつきませんでしたね

餌釣りも川虫、イクラ、ミミズと沈下速度も違いますから悩みますね

話が脱線してしまいましたので、次回の展開を楽しみに待ってます

HEPPOさん、こんばんは。

このまえの話は、サクラの花びらが舞い散るスピードの速さだったとは!

いやぁ、思い付きもしなかったです。

でも、HEPPOさんらしい実験ですね(^o^)♪

またここからどう進展していくんでしょうか・・・

次回の展開楽しみにして待ってますね!

HEPPOさん こんばんわ。

やったァ〜!
久しぶりのHEPPOさんワールドだ\(^o^)/

なるほど、桜の沈下速度と、オキアミの沈下速度…
師匠、ココにもやはり重症患者がいましたぁ(笑)

HEPPOさん、私もせーじさんに一票です!!
家の中ではなく外の結果をもとに実釣ですよぉ〜!
私も半分壊れかけてますぅ(T_T)

HEPPOさん、お久しぶりです。

これまたHEPPOさんらしい企画ですね!追求度がハンパないですぅ~。

公園でピンセット・メジャー・ストップウォッチで実験されている光景を見て
誰も釣りの仕掛けのための実験だとは思わないでしょうね~。

さくら仕掛けでさくら鯛を釣る、最高ですね。

後編を首を長くしてお待ちしております!

> せーじさん
コメントありがとうございます!

せーじさんのいう通りだと思います。
風と潮にも似た部分がありそうですもんね

仕掛け作りには無限の組み合わせがあるとおもいますが、
こんなふうに何かを無理やりヒントにしてみるのも面白いんじゃないかと思います。
(今回は「無理矢理」とは思ってないですが

でも、今回のチャレンジは思っていたより難しいかもしれません。
実際の仕掛け作り、なかなか悩まされます

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

釣り○○は病気ではないと思いますよ。
だって治りませんから(笑

僕は釣り○○ではない気がします。釣りに行かない釣り○○が居ても良いなら別かもしれませんが

自然を相手にすることの良さは、なんでも(○○でも)受け入れてくれそうなところですよね

最近、なかなか海に出られなくて、正直気持ちのやり場に困っているのですが、釣り人生は長いです。アイデアだけでも大切にしていれば、いつか役に立ってくれるかもしれない、と自分に言い聞かせています。

仕事でさらに頑張るためにも、そろそろ魚を掛ける感触を確認したいですね!
神様に釣り日和の週末をお祈りしてしまいます

> ブライアンさん
コメントありがとうございます!

さくらの舞い散るスピード。思ったより早いです。
市販の仕掛けより早く沈むように調整することになりそうです。

今までに作ってきた仕掛けとかなり違うものになりそうなので、面白いかもしれません

最近、ちょっと釣りから遠ざかっていますが、ブライアンさんのブログの、たくさんの美味しそうで、それでいて身近にも感じるお魚料理を拝見していると、海釣りの楽しさが心に湧き出てきます。いろんな意味でたまりません。有難うございます

お互いに体をいたわって長~く釣りを楽しんでゆきましょうね

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます!

Heavyさんの1票、了解です!

釣り○○のみんなの意見をぜ~~んぶ突っ込んで、うまくくっつけたら、きっと釣りを変えていく何かが生まれそうですね

う~~ん、楽しい!

いつか、この世で一番くだらな~い仕掛けを作り上げてみたいですね

> K-aoruさん
コメントありがとうございます!

公園での実験は、釣りどころか不審者に間違われる恐れが・・・

釣りは別にしても、いつもと違う視点で回りを見てみるのは面白いですね。
桜の花びらの散り方って、改めて観察すると本当に不思議に満ちてました。

いつか海に潜って、飽きるまで海の中を観察してみたいなぁ。
きっと無限の不思議に満ちてるに違いありませんね

HEPPOさん、こんにちは!!
小田原から横浜にでる東海道線からのコメントです。

今年はサクラの開花は早かったですが、途中の寒気で案外長持ちしましたね。
私も相方も、サクラはハラリハラリと舞っている時が一番美しく、また切なく、人の感情を揺さぶる情景だと感じています。
まさかそれを魚に対して行うとは…あっぱれですっ♪♪♪
私が魚なら、涙を流して喜ぶと思います。

世紀の大実験、しっかりと見させてもらいます!!

こんばんは!のりべんです(^-^)

いやあ、久しぶりのHEPPOさんワールドです。待ってました!
そしてテーマが『さくら仕掛け』イイですね…。最近の新入りであるオニカサゴのオニさんにオキアミをどうあげるか悪戦苦闘中ですが、オキアミの沈下速度がその花ビラと同じなんですね〜!いやあ、それが釣果に繋がるかもとの事、すごく共感出来ます。イイですね!(^o^)
ちなみにオニさんが一発で食べるパターンですが、エアレーションの流れを受けて、目の前に落ちた場合です。それって潮の動き始めに落としたときの着乗り、という感じがしませんか?(^o^)

さあ、花ビラの実験です。穏やかな気持ちです…。とその時!

『メメタァッ』

ストライクです!!!…いや、反則です〜!!笑っちゃったじゃないですか!(^o^;)

うーーーん、今回も面白いですね!続編、お待ちしております♪

> 東海道線こうじさん
コメントありがとうございます!
あたらしいお仕事場で、きっとまだ緊張の中で過ごされてるんでしょうね。
貴重なお時間にコメントを頂いて有難うございます!(^o^)/

あはは、こうじさんみたいなお魚さんがいたら嬉しいですね♪

今回の仕掛け作りは、意外と実戦的ではないかもしれません。
思ったよりもさくらの花びらのスピードは速いんですよね(^^;。

でも、やはり魚さんたちに風情を見せてみたいです。
大実験どころか、くだらな~いトンデモ仕掛けに行き着きそうな気がします。

くだらない仕掛け。つくりた~~い!!\(^O^)/

> のりべんさん
コメントありがとうございます!

コメントは打てないまま時間ばかり過ぎてしまいましたが、のりべんさんのブログはいつも拝見してます。
最近は水槽管理の難しさや、魚の色々な反応を教えて頂けて、本当に貴重な情報が満載です。

オニカサゴの反応は面白いですね!のりべんさんのおっしゃるとおり、微妙でわずかな動きが誘いになることを証明していただいたように思います。

実際のさくらの花びらのスピードは海中のオキアミのスピードよりだいぶ早いようですが、きっと魚たちから見ると、沈んでくるエサにも、気になるスピードや動きがきっとあるんでしょうね(^-^)。

そして、貴重なツッコミをありがとうございます!
ボケを散りばめても、華麗にスルーされてしまうことが多いので、ツッコミを頂けるとすごく嬉しいんです!(笑

続編、ちょっと追加実験の器具が揃わず、遅れ気味です。
気長にお待ちくださいませ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【妄想?】こんな未来は意外に近い!?ボート釣りと「ウェアラブルコンピュータ」! | トップページ | 【雑談】そろそろ釣りに出かけられるかな・・・? »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ