« 【釣果速報】省エネモード?アジがまるで別の魚!? | トップページ | 【釣行記補足】海苔棚KMLファイル+その他もろもろについて »

2013年2月11日 (月)

【釣行記】平成25年2月9日(土)京急大津・石田ボートさん

2013年の初釣りです


昨年12月に2週連続平日釣行をした時、家族に許可を貰うため、つい口が滑って「1月は釣りに行かないから」と約束してしまいました
(Heavysizeさん曰く「口は禍いの元ですね」


そんなこんなで2月を心待ちに日々を過ごし、ようやく初釣りに行ってまいりました


記事を短くするため(ココログアプリで扱えるように)、今回は「GPSダイジェスト+Q&A形式」で書いてみたいと思います。





【GPSログダイジェスト】


20130209log
GPSログがあまりにも解りやすくて笑われてしまうかも・・・。

今回の大津釣行で狙っていた1番の獲物。それがこのGPSログです。実は12月7日にもすべての海苔棚を回っていたんですが、まさかのiPhoneバッテリー切れでログの記録に失敗してしまいました。今回、ようやくの成功です


それも、奇跡的な成功です。後述しますが、今回もミスをしてしまい、99%失敗、という状況でした(今年はツイてる?)。


※沖の海苔棚のKMLファイルは後日補足記事で公開させていただく予定です。



①AM7:30 沖の小漁礁の少し沖側
朝イチで向かいました。水深30mラインを狙います。北風が強く、波も高くて到着まで30分程かかってしまいました。潮はほとんど流れていません。ビシ仕掛け投入。ビシは3m過ぎまで見え、やや澄み潮です。


誘いをかけても餌も取られず、魚の気配がありません。メタルジグに切り替えました。しかし方々に投げても反応なし。付けエサを青イソメに変えましたが、掛かってきたのはシロギスちゃん。見切りを付け、実績ポイント(沖の小漁礁・水深29m)に小移動しました。しかし状況は変わらず。予定では2時間粘るつもりでしたが、後述のバッテリートラブルもあり、1時間ちょっとで切り上げました。



②AM9:00 中根の深場(寄り道)
海苔棚回りを漕ぎまわりながら出会うボートに状況を聞いて回りました。みなさん揃って「ダメです」「さっぱり」とのお答え。波が高くて船酔いされてる方もいました。厳しい寒さといい、確かに修行チック?な状況でした


中根の南側の深場に浮いているボートに「調子はどうですか~」と声をお掛けしたら、なんと「K-aoruさん」でした


1360596100519.jpg
サンタ顔は僕の加工です。ホンモノは爽やか笑顔のイケメンですよ(^o^)。

海の上でお会いするのは初めてで、とても嬉しかったです今日は大津組の出船があると聞いて、わざわざ来てくれたとのこと。爽やかな笑顔で癒されてしまいました。隣で釣りたかったですが、バッテリーの問題があるので「海苔棚めぐりをしてきます~」と先を急ぎました



③AM9:15 沖の「9枚目」の海苔棚
今年の沖の海苔棚は9枚あることを確認しました。東の方を見ると、少し先に伊勢町エリアの「クロベ根」の黒い鉄柱が見えます。魚探を見ていましたが、このあたりは水深が8~12mしかありません。伊勢町のカレイエリア?いつか攻めてみたいな、と思いました


バッテリーが心配なiPhoneをおそるおそる確認してみると、まだ活きてくれてますやったとりあえず海苔棚のおおざっぱな位置は記録できたはずです。調子に乗って、より正確な位置を把握するため折り返して漕ぎ出しました



④AM9:30 沖の7枚目の海苔棚の北東角付近(カサゴ根(謎の根)の北側)
折り返して戻ってくるところで、魚探画面で小さな窪みのような地形変化を見つけました。カサゴ根(謎の根)の北側と思います。魚探には魚の反応はありませんでしたが、こういう場所は魚の回遊コースの「駅」のような場所である可能性があります。気になるので、仕掛けを入れてみることにしました。


波と風がひどく、1回目のアンカリングでは走錨してしまい、危うく海苔棚に入り込んでしまうところでした。2回目のアンカリングでは狙い通りの位置取りが成功ビシ仕掛けで攻め始めます。


1投目。
ビシを開け気味にし、ハリス長+1mの位置から50cm単位で5m誘いをかけ、回収。真ん中の針のオキアミの頭がありません。


2投目。
ビシを少し締め、今度は同じ範囲を2往復します。回収。すべての餌がありません。アタリはありませんでした。エサ取りがいるようです。


3投目。
同じ範囲を攻めますが、誘いの間隔をすこしゆっくりにし、竿先を慎重に観察します。すると2往復目のスタート位置で、ほんのわずかな穂先の振動がありました。竿を止めて本アタリを待ちますが来ません。回収すると、エサがすべて取られていました


餌取りのようですが、何も反応が無いよりはマシ。とにかく魚種を確認してみます。小さなオキアミを選んで付けました。小さなアタリに合わせを入れて掛ける作戦です。


4投目。
2往復目の最初でアタリを待ちます。来ましたほんの1~2cmの竿先の振動です。間髪入れずに竿先をピッと小さく上げます。重みが乗りました何かが掛かったようです。リールを巻きますが、魚が暴れません。ただ少し重いだけです。


ミニカサゴっぽい引きです。
根際ですので、さもありなん?ビシを上げ、ハリスを掴むと、意外に重い。何が掛かってる??


揚げてビックリ25cmほどもある良型のマアジです

1360596104207.jpg
まさかの本命。別の魚みたいでしたよ!(◎_◎;)

まったく引きませんでした寒さで運動能力が緩慢になっているのでしょうか?それとも生きるための省エネモード??


そのあと、まったく同じパターンでアジと思われるヒットが6回続きました。獲れたのは3匹。1匹は口切れ。あとの2匹は海中ロープに掛かってしまい仕掛けごとロストです。


AM10:30頃、風向きが変わり、アタリが止まりました。潮止まりでもあり、ボートの位置もズレてしまったようです。しばらく粘ってみましたが、アジはもう来ませんでした。


途中、K-aoruさんが近くに来てくれました。早上がりされるそうで、お別れのご挨拶でした。「明日は観音崎行ってきます~」。連チャン流石ですまたお会いしましょう~(^o^)/



⑤PM0:00 沖の1枚目の海苔棚の東側
11時頃から風は止まり、海はようやく凪いできました。行きと違って超ラクチンに漕ぎながら海苔棚を周回、西へ戻ります。その終点近く、海苔棚1枚目の近くにアンカリングしました。「海底遺跡」ポイントの少し北です。砂地ですが、漁礁の際と思います。潮は想定通り、わずかに猿島方向に流れてます。最後の1時間半をここに賭けることにしました


1投目。ビシ仕掛けを誘いあげて再び落とすといきなり「グッ」と来ました。揚がってきたのは24cmの良型カサゴ嬉しい獲物です。でも砂地のはずじゃ??まあいいや


1360596106049.jpg
僕の手は相当大きいので小さく見えるかもしれませんが、良型ですよ(^^;;。

2、3、4投目にはメバルこれまた僕の「FF(Favorite Fish)です
これで今日の夕食分だけは確保できました。でも砂地では??気にしません


PM0:30、まだメバルは釣れたかもしれませんが、ビシ釣りは切り上げました。最後はNSを流してみたかったんです。「海苔棚の下に流す」、これを目的に海苔棚の潮上に位置取りしました。



しかし今回もNSでの初釣果はお預け。またしても大津の潮の複雑さを思い知りました


PM1:40。NSを終了。最後の悪あがきに、1投だけビシ仕掛けを投入してみました。


1360596107952.jpg
今日の最後のお魚さん。釣れてくれて有難う!(^O^)/

結果はこの子。大津の海に感謝を捧げつつ、水面に叩きつけて無事にお帰り頂きました(数十羽のプリンちゃん群の衆鳥環視下です)。



⑥PM1:50 沖あがり。



釣果(再掲載):マアジ3、メバル3、カサゴ2、シロギス1。


1360596609569.jpg
今回のアジ。僕にとっては特別な釣果です。




それでは後半のQ&A編にまいりましょう、後半しゅっぱ~つ(全員集合風)


Q.今回の釣行の基本情報は?


A.列記します(釣行前に書いたものです)
平成25年2月9日(土)、潮汐は干潮10:23、満潮15:51。天候予報は晴れですが明け方の最低気温はマイナス1度。朝方は北風が強めで、10時頃に弱まる感じ。朝の寒さは相当厳しそうです。前日は強い北風。個人的にこの時期の北風続きは魚の活性にあまり影響がないと考えています。心配されるのは水温ですが、大津の水温は2月に入ってから10度台で安定しています。最近がしょっちゅう爆弾低気圧が日本を通過していますが、翌日に到来しそうな低気圧はありません。



Q.朝の石田丸さん情報は?


A.会話形式でどうぞ


HEPPO「最近はどこが良いですか?」

ご主人「釣れてない

ご主人「海苔棚のあたりはダメ。港を出てまっすぐ沖に行った方がいい。緑のブイのあたりまでいけば乗合船がいる。そのあたりの水深30m以上あるところまで行けば釣れる」

HEPPO「風がかなり強いですが、そんに沖まででて大丈夫ですか?

ご主人「南風に変わるときはダメ。今日はずっと北風だから、行っていいよ」

今回は初めてお聞きするアドバイスで、ちょっと驚きました南風に変わる心配が無い時限定の許可ということなんだ、と感じました。僕は海苔棚付近に用事?があるので、「30m以上」という部分を参考にさせてもらうことにしました



Q.バッテリー絡みのミスって?


A.やってしまったんです
ボートの準備をしている時、致命的な忘れ物に気付きました。今日のメインは海苔棚位置の記録なのに、なんと携帯の充電コードを忘れてきてしまいました


大きなサブバッテリーがまったくの無意味。今までの経験から、本体バッテリーだと3時間持ちません。万事窮す?


やむなく、思いつく限りのバッテリー対策をしました。
GPSアプリ以外のすべてのアプリを強制終了し、GPS以外の通信を無効にする。画面の輝度を下げる。無操作1分で節電モードに移行するようにする。そして携帯を防寒着の内側のポケットに入れ、常に温める。メールも封印。写真も最低限。音も消しました。


9分9厘諦めですが、あとは天に祈ります・・・



結果。奇跡的に本体バッテリーだけで沖上がりまで持ちました
予想外過ぎる奇跡です何が1番効果的だったのかはっきりとはわかりませんが、個人的には画面の輝度を下げたことと写真を減らしたこと、そして温めながら最低限の操作で使ったことが良かったと思います


正しく使えばスマホのバッテリーも結構持つものですね。今までは自分の使い方が悪かったんだと解り、猛反省です



Q.もうひとつ大失敗があるでしょ


A.はい、あります・・・
なんと、同じ日に大津に出られていた雲の上の大先輩、尊敬するKAKEさんにご挨拶しそびれてしまいました


一昨年の9月にお見かけしたことはありますが、まだご挨拶できていません(KAKEさん、失礼をお許しください。またの機会に必ずご挨拶させていただきます~


海苔棚の周回をしている時、僕の周回コースの反対側に浮かんでいたボートがあったのですが、それがKAKEさんだったと後でK-aoruさんに聞きました・・・





釣行記本編は以上です


細かい話などは後日、補足記事をポストさせていただこうと思います


真冬の大津の海の表情、しっかりと心に焼き付きましたこれからもたくさんの顔に出会いたいですね





« 【釣果速報】省エネモード?アジがまるで別の魚!? | トップページ | 【釣行記補足】海苔棚KMLファイル+その他もろもろについて »

コメント

シブかったかもしれませんが、大きい情報を得ましたね。私など、現場に行ってないのに、行ってるつもりになれました。とても、よい釣行記だと思います。

しかし、このまま冷えきってしまうと、アジの居場所がある程度掴めても、口を使わないので釣れないかもしれませんね。

HEPPOさん、こんにちは。

今年初めての初釣り、お疲れ様でした。

たしか土曜日は予報が北4だったと思いますが、そんな状況の中ログを採られていたとは、本当に頭が下がる思いです。

日曜日にHEPPOさんと同じくアジの状況に驚いた口ですが、貧果を嘆くよりも、貴重な経験を出来たと前向きに考えることにしました(^o^;)

今年こそ、HEPPOさんとお会い出来るのを楽しみにしています♪

HEPPOさんこんばんは。

ログ採取お疲れ様でした。
電池がこんな状況なのに。。。メールしてすみません

HEPPOさんがアジ釣った付近。。。私も行きました。
でもカサゴと小さいメバルだけでした。
若干位置が違うかもしれませんが、もうちょっと探ってもよかったかもですね。

この渋い中貴重なアジ3匹ですね。
光輝いてます!

私は反省ばかりですが、次回のリベンジに燃えてます!
また頑張ります♪

こんばんわ。

やっぱりHEPPOさんの記事は行った気にさせてくれますよね♪
事細かに描写されているので想像しやすいです。
しかし私も前回そうとう漕いだと思ってましたが、今回のHEPPOさんは。。。
あれ?9枚ありました???
だとしたら私が7枚目だと思っていたところは…(-_-;)

実は今思い出したのですが、前回釣行の時港への帰り道かなり岸よりで小魚が追われているっぽい感じがあったんです!!!
完全に冬になった海ですが、これをどうとらえていいかわからなかったんです。
何せベルト式救命胴衣の件で凹んでいたので…f(^_^;

アジのい食い…
ブライアンさんも初体験したとありました。
アジで速合わせ??????
ピンときませんね。。。(>_<)

いったい魚はいるのでしょうか?
いても喰わないだけでしょうか?
例年の2月もこんなに難しい状況なんでしょうか?
水温の低下は活性が落ちる最大の要因なのでしょうが、釣れている方もいるということはやはりポイントですかね。。。

> かれいふぁんさま
コメントありがとうございます!

今回は本当に貴重な体験でした。
同じ魚でも、移り変わる状況の中で行動や反応も変わるものなんだぁ、と実感出来たかな?と思います。

KAKEさんやkagoturiさんのガレ場沖のアジと活性が違うような感じも、とても興味深いですね。
僕の釣った場所も水深は30m以上ありましたので、水深より本流との関係でしょうか。

アジは居ると思いますが、しばらくの間、口はほとんど使わないかもしれませんね。
しかし真冬になっても大津は釣り師の集まるアツい釣り場ですね(^^;。

> ブライアンさん
コメントありがとうございます!

そうなんです~(>_<)。体感では朝方が北風4~5m、9~10時頃は5~6mあった感じでした。
波も高くて、朝方10艘以上いた海苔棚周辺のボートは11時前にほとんど撤収されちゃってました。

皆さん、寒い・波が高い・釣れない、の三拍子に耐えかねたのかもしれません(>_<)。
僕は最初から目的意識があったのと、バッテリートラブルで火事場の○○力的な気合いになっていたので、
かろうじて耐えられた感じでしょうか(^o^;。

アジの反応は本当に驚きましたが、小さいアタリを狙って拾うチャレンジは面白く、勉強になりました。
ブライアンさんと同じく、前向きに考えてます!(^o^)/

直感ですが、なんだかブライアンさんとは油壺でお会いできそうな気がします

> せーじさん
コメントありがとうございます!

海苔棚周辺のアジは、おそらく相当小さな群れの単位で窪みや根の陰に隠れてほとんど動かずにいるような気がします。
エサもコマセも、ごく近いものだけをノッソリと追うだけ?僕のケースも少しボートがずれたらもうアタリは来なくなりました。

アジ達も生きなければならないので、摂餌はすると思いますが、エサを食わせるのはとても難しいでしょうね(>_<)。

僕、大津でアジ&イシモチボウズは2回経験がありますよ~。
これからの長い釣りでも、きっとまだまだあるはず。僕はボウズくんとの綱引きを結構楽しんでます!

「ボウズはトモダチ!?」←翼くん風

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます!

今回、大津の海面ではボラかイナっぽい魚のジャンプが頻繁に見られました。
それからスズキらしき水面のモジリ(ナブラまで行かない)もボート周辺で何度も見かけました。
K-aoruさんとも「あの水面の動きはなんでしょうね~」とお話ししてました。

真冬ですが、海に魚はたくさんいると思います。
ただ、低水温の環境に精一杯合わせているんでしょうね。きっとプランクトンの量が少ない時期で、
消費エネルギーを抑えているんだろうなぁ、と想像してます。

この状況の脱出の目安は水温12度だと思いますが、実際の海では潮によって温度が変わるんですよね。難しいです・・・(>_<)。

昨年を参考に考えると、遅くとも3月の下旬には12度以上の潮が入ってくるようになると思います。春の鯛の乗っ込みもその時期に始まるようですよ~(はるか沖からですが)。

クロダイ、できれば3~5月に仕留めたいな、と妄想しております

おはようございます
同じようなコースとりですね、又、④番までの移動が速い、そこも同じです
ただ気になったのが4番の位置です
もう少し沖にアンカーを入れるとロープに絡まないのでは
その位置で前回黒鯛など釣りました
回遊コースの駅、良い表現ですね、満ち潮に変わると仕掛けが海苔棚の方へ
流れます、そんな潮が良い時でもう少し我慢できたら面白かったかもしれません
この近辺が黒鯛の産卵場所と思っています
次期待したいです

HEPPOさん、こんばんは!

うひょ~、赤い手袋していたらサンタにされちゃった(笑

当日はHEPPOさんとKAKEさんに海上でお会いできて良かったです。
せーじさんとは一日違いでお会いできず・・・海上セクシーポーズ見られなかったっ

実は、「何か海苔棚をグルグル廻っている変な人がだんだん近づいてきたょ~、怖いよぉ~」
と思っていたのです。が、海苔棚を計測しているHEPPOさんと分かりほっとしました。

最近、美味しいアジを食べていませんので次回頑張ります。
HEPPOさんの次回釣行も期待しております。

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

今回は魚が渋いことも覚悟の上で、魚を釣ること以外を盛り込んだ釣行でした。
でも不思議なもので、低水温での貴重な釣りに出会えました。

本当に知らないことばかりなので、海の上では新鮮で鮮烈なことがたくさん感じられます。
海のこと、魚のこと、知りたい気持ちが無限に湧いてきます。

やはり釣れなくても海に出ることは幸せですね

④のポイント、僕が見た窪み地形はおそらく北に延びるミゾ型の地形かもしれません。
大津ではあまり見かけたことのない地形でした。この次に行く時にはもう少し北を狙ってみます。

昨年秋から、北から入る潮に当たっていません(>_<)。下げ潮では潮が舞い、
上げ潮では東からの潮が猿島方向へ抜けるパターンばかりです。

これから春の早潮になっていきますね。
昨年の3、4月に早い潮を経験したので、今年は驚かずに潮に合わせた釣りを目指してみたいです

> K-aoruさん
コメントありがとうございます!

僕はK-aoruさんのボートを「もしかしてKAKEさんかな?」と思いましたよ

あの時はあまり気付かなかったんですが、写真をじっくりみて驚きました。
K-aoruさんのボート、荷物が少ないです!
竿の出し方の工夫や手袋の防寒対策もとても興味深いんですが、荷物の多い僕からみると
想像できない身軽さ?です。

僕も荷物を減らさなきゃ~
サンタさんは季節ハズレかもしれませんが、赤っぽい人はサンタしかありません!(断言

お会いできてすっごく嬉しかったです!また一緒に釣りましょうね~(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣果速報】省エネモード?アジがまるで別の魚!? | トップページ | 【釣行記補足】海苔棚KMLファイル+その他もろもろについて »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ