« 【釣行記】平成24年9月7日(金)観音崎・なかね貸ボート店さん | トップページ | 【釣行記補足2】潮流、海底状況その他について。 »

2012年9月10日 (月)

【釣行記補足1】釣行テーマ、仕掛け等について。

9月7日(金)、音崎釣行記の補足事項です。


【GPSログ取得の失敗について】


不注意でiPhoneをバッテリー切れにしてしまい、今回はログを取れませんでした。以前にも1回やってしまったことがあります。3回目は避けたいけど・・・またいつかやっちゃいそうです





【今回の釣行テーマについて】


1.「観音崎の海底地形の情報を出来るだけ掴む
釣行記に書いた通り、予め想定していた地形にズレがあったのですが、それをしっかり認識できたことが収穫です。観音崎は大津ほど広くないので、大きな意味でのポイントは限られます。走水寄りのポイントはやはり2つの高根回りのカケアガリをメインに考えることになりそうです。


Kannonzakitakane
観音崎の海にある2つの高根。


2.「狙いはアジと『赤い魚』
当日の朝には「赤い魚」「黄色い側線の魚」に変わってしまってました。もともと底からの「タナ取り」をテーマにしていたつもりでしたので、大きな変更ではありませんよ?


ストップウォッチを使ったタナ取り作業は、時間を勘で測るより格段にリズミ力ルで、集中力も節約できる感じでした。不思議なことに、行動にリズムを感じると普段隠れている集中力が引き出されてくるような気がします。今回はポイントの位置取りの時点で失敗してしまったため、タナ取りは釣果に繋がりませんでしたが、ストップウォッチ、今後は手放せなくなりそうです


1347288680740.jpg
ちょっと武骨?5気圧防水。780円。

<余談>
今回持ち込んだストップウォッチ。防水機能が無かったため、海水が浸水して壊れてしまいました。そこで新しいものを買おうと家電量販店を回ってみたんですが、どうやら置かれなくなってきているみたいです。近所のお店を回っても「以前は置いてましたが今は売ってません」という状況が複数ありました。僕は結局、地域で1番大きなホームセンターで見つけましたが、防水タイプと非防水タイプがそれぞれ1種類ずつしかなく、製品を選べない状況でした。察するところ、携帯やスマホの普及で単体のストップウォッチ市場は縮小しているのではないでしょうか。

今後ストップウォッチを買う場合は、ネット通販の方が良いかもしれません(安いので送料の負担感はありますが)。



3.「青物狙いでジグを持ち込みます
このテーマについては失敗に終わりました。なぜ失敗?まともに底がとれなかったんです


今回は40g、60gのジグ、そして40gのタイラバを持ち込んでました。道糸はPE1.5号、リーダーがフロロ40LB(12号相当)です。この構成は明らかに無謀でした(ジギングの知識が無さすぎ)。ルアーが軽過ぎる上、ラインとリーダーが太過ぎました。小潮に向かう潮とはいえ、大津の大潮に相当する程度の潮流があり、かなりの距離を流されてしまいます。また、リーリングを開始するとラインの抵抗ですぐにルアーが浮き上がってしまう感じでした。


考えてみれば当たり前なのですが、観音崎でジグ類を使う場合には、もっとラインを細くし、かつもっと重いルアーを用意した方が良さそうです。


1347288856036.jpg
ジギングはほぼ素人です(^^;;。


【今回使用した仕掛けについて】


共通仕様:鈎結びは「内掛け結び」、天秤側の接続部分には「Wクレンサルカン」。
「1本目の竿」と呼んでいる方 → 5:5調子、30~120号負荷の真鯛竿。PE3号・ドラグ3kg調整
「2本目の竿」と呼んでいる方 → 7:3調子、30~120号負荷の青物竿。PE4号・ドラグ4kg調整


◎フロロ8号・4.5m・2本鈎仕掛け
エダス元位置:上から2m(先鈎からは2.5m)
エダス:フロロ8号・35cm
枝鈎:がまかつプロヒラマサ11号
枝鈎ビーズ:ひかり玉4号
先鈎:がまかつプロヒラマサ11号
先鈎ビーズ:発光玉ソフト・タイプ8H(ピンク)


エダス元は例によってヨリモドシ仕様です。完全なワラサ狙いの仕掛けです。2本鈎で6号1本鈎仕掛けと同等の強度を出すために8号としています(結び目があるため)。引っ張り強度8~9kgを確保するイメージで作成しました。また、ラインのキズによる強度低下を50%まで見込み、ドラグは4kg調整で使いました。ブリは無理でしょうが、ワラサまでなら十分に勝負できると思います。


8月11日のワラサ乗合船釣行で36cmの真鯛、50cmのイナダを釣り上げた仕掛けと同じものです。2本目の竿に取り付け、3mm・1mのクッションゴムを組み合わせて長い時間使いましたが、残念ながら今回は何も掛かりませんでした(底に落とした時にカサゴは掛かりました)。


真鯛が掛からなかったのは、クッション、仕掛け長、鈎の重さにより撒き餌との同調が取れていなかったせいか、またはビシからの距離、ハリスの太さ、鈎の大きさによって警戒されたからだと想像します。今後の活躍に期待です。



◎フロロ4号・6m・1本鈎仕掛け
先鈎:がまかつプロマダイ9号
先針ビーズ:SASAME真鯛フロート(M)


真鯛狙いの仕掛け今回の当たり仕掛けです。引っ張り強度6kgを確保するように作成しました。上記と同じ50%ルールを適用し、ドラグは3kg調整で使いました。今回はクッションゴムなしです。


とにかくこの仕掛けにアタリが集中しました面白いのは、1枚目の真鯛によって真鯛フロートが噛み割られたらしく、無くなっていたことです。その後、ビーズなしのままの状態で、更に大鯛を含めた3枚もの鯛を釣り上げました。撒き餌には比重の異なる配合餌を混ぜ合わせて使っているので、集魚範囲は広まっていると思います。もしかするとその効果があったかもしれません(あるいは潮が緩かった(観音崎にしてはのでビーズの影響が少なかっただけかも)。


打ち返す度に指でハリスをなぞってキズをチェックしていましたが、4回目のアタリ(大きな)の時に鈎のチモトが切れてしまいました。ビーズが噛み割られた時点でチモトのチェックを入念にしておくべきでした。強度にはこだわりがあるだけに反省です・・・


鈎を結び直した直後に、強烈な引きの4.2kgの大鯛を釣り上げたので、キズさえなければ強度は十分であることは確認できたと思います



◎フロロ6号・8m・1本鈎仕掛け
先鈎:がまかつプロマダイ9号
先針ビーズ:発光玉ソフト・タイプ8H(ピンク)


1枚目の真鯛を釣った直後から2本目の竿に取り付けた真鯛狙いの仕掛けです。3mm・1mのクッション併用です。引っ張り強度的には9kg想定で、ドラグは4kg調整でOKなように作ってあります。4号の仕掛けよりハリスが太い分、浮き上がりやすいので、大きさに対し浮力がほどほどのビーズを組み合わせています。


今回、最後の1枚の真鯛(37cm)を釣り上げました。大鯛と格闘している時に掛かっていたらしく、竿を目にした時には既に穂先にはなんの動きもなく、沖上がりのために仕掛けを上げようとした時に重くてビックリ。真鯛が掛かっていることには全く気付きませんでした


1枚は掛かりましたが、4号6mの仕掛けの方がアタリが多かったことは明確でした





長くなってきたので、今回はここまでにしたいと思います。
補足事項はまだ続きます





« 【釣行記】平成24年9月7日(金)観音崎・なかね貸ボート店さん | トップページ | 【釣行記補足2】潮流、海底状況その他について。 »

コメント

捕捉①お疲れ様です。

σ(^0^)はビーズはソフトしか持っていません。あとは市販されている仕掛け!
ソフトビーズなら、取り外しや針先から付けることも可能なのでビーズの落下時間まで考えない脳天気なやつです。←これが釣果に繋がらないのかも(苦笑)

詳細な釣行記、補足説明①と一気に読ませていただきました!(^-^)/
不思議なひとときでしたね。真鯛の回遊する時間が決まっていて、さらに通る場所が決まっている。HEPPOさんは釣れないことで、その時間、その場所に導かれたかのようです。まさに魔法が掛かったかのようです!!
でも、その結果を引き寄せたのは間違いなくHEPPOさんの念入りな、万全な準備あったからですね。竿ひとつチョイス違ったらまず、上がらなかったはずですから。
そのような不思議な体験。それをさせてくれる、海のボート釣り!確かにそこにありました。
やっぱりやめられませんねo(^▽^)o


> 大さん
コメントありがとうございます!

仕掛け作りを始めたら、市販仕掛けがよく考えられて作られてることが少し分かるようになりました(^-^)。

自分で仕掛けを作る意味は、それがわかるようになることなのかな?と思います。

僕はまだ仕掛け作り初心者で、今のところ意識してるのは強度だけです。だだ、絶対に狙ってる魚に力で切られることが無いように作ってます。なので今回チモトの傷を見逃したのはものすご〜く悔しいです(>_<)。

2015年は、可能な限り細い仕掛けにこだわる予定です。きっとその年は大変なことになるでしょうね〜
考えるとワクワクしちゃいます(((o(*゚▽゚*)o)))

> のりべんさん
コメントありがとうございます!

魔力ではのりべんさんにはかないませんよ〜(^^;;

でも今回、魔力を感じました。
娘の魔力です!だって大鯛の顔がみるみる娘作のお守り真鯛そっくりに変わったんです。
どうしよう!娘が11歳になったらホグワーツから手紙が来ちゃうかも•••(>_<)。

こんにちは
走水寄りの二つの高根、沖側と内側の駆け上がりに鯛がいましたね

昨日あきおさんのブログを見て驚きました
あきおさんとk-aoruくんの相乗り
最後の写真、heppoさんが真鯛を釣った場所です
二人とも観音崎のプロ、感心しました
アンカーの効く位置も釣り方も熟知している

今回の場所は次回に繋がるのですが、他の場所も知った方が良いと思います

面白い場所は観音崎灯台寄りの根が始まる処です
沖の高根から約300m南寄りです
又はほかの場所でも良いですが
私はいつも新しい場所と、釣った実績のある場所、2箇所を釣ります
後で生きてきます

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

あきおさんとK-aoruさんの釣行、本当に楽しそうでした。
お二人ともやはり人生を楽しむ達人ですね!
(たけちゃんさんはそこに更にワイルド風味が•••(^-^))

はい!次回はきっぱりと違う場所に行こうと思っています。
そのかわり大津で似た場所を探してみようと•••(^^;;。

成功体験に縛られないようにするのは難しいので、次回は大切に考えています。
(友人とのアジ釣行が挟めれば落ち着けそうな気がするのですが)

HEPPOさんこんばんは。

今回の釣行記の中で凄いな~と思ったのは、ハリスを1cm切って。。。って所です。
さすが普段しっかりやってるからこそですよね。
お財布にも優しいですしね。

そして自分の仕掛けであんな大鯛を釣り上げる。
凄いと思いました。

ハリスの長さを自由に設定出来る点はやはり自作だな~って思います。

凄いな~と思いつつも、悔やんでる部分を見ると同じように色んなことを
修正しながら次の釣りを見つめてるんだな~って思いました。
ちょっとホっとした部分です(笑)

でもあんなにも大きな鯛を釣り上げたのは紛れもなく事実です!
そこは胸はってくださいね!

> せーじさん
コメントありがとうございます!

僕はまだ釣りの何に対して何にも自信が無いのですが、唯一自信を持てているのが鈎結びなんです。

納得するまで実際に確認したことは、やはり宝になってくれますね(^-^)。

今回の大鯛は、やはりまぐれ(か娘の魔力(^^;;)と思います。
でも貴重な大物を、4号クッション無しで揚げたことはひとつの実績になりました。
そこだけは胸を張れる•••かな?(^^;;

HEPPOさん こんばんわ。

釣行記・補足①とじっくりと3回ほど読み返しました(^^)v

当日の朝にでもこの釣行記をしっかりと読んでから望めば良かったですぅ(T_T)

実は私、転勤が決まり現「渋谷」から「平塚」へと勤務先が変わる事になりました。
その為引き継ぎやらなんやら、顧客への連絡等で非常に忙しくなってしまって
中々記事が書けないでいます。。。(言い訳、言い訳・・・(笑))

今回この記事を読んで、かなり同様な事がありました。
勿論私はHEPPOさんの様には分かっていませんので「駆け上がり」や「潮表」等分かりません。
しかしこの記事で参考になったいくつかの点もあります。
是非これを次回に活かせたらと思います。
いつもいつもありがとうございますm(__)m
本当にいつか私もHEPPOさんの記事の様に誰かの参考になる記事をアップしたいものです(*_*)


私なりの釣行記事も早くアップしたいのですが。。。
師匠にも大吟醸さんにも、その他皆さんにもまだかまだかと言われているので^^;
最近は忙しく、通勤電車の中でも寝てしまっている為コメントを入れるだけでいっぱいいっぱいです。。。

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます!

転勤ですか!それは大変ですね(>_<)。
ご無理なさらずにお仕事に集中してくださいね。

家庭と仕事の安定あっての趣味。
みなさん分かってくれていると思います(^-^)。

仕事で疲れてる時に無理に目を使い(画面を長く見る等)と、眠りも浅くなって、具合が悪くなりやすいですよね(僕もほぼ慢性化してますが•••)。

ブログもコメントも休日以外お休みして、出来るだけ良く眠る方がオススメです(^-^)。
大さんほどは溜め込まないでくだされば(^^;;。

ん~~~~~~んと・・・

先週の3連休・・・観音崎イナダ2、石鯛33cm、
           大津アジ7、鯖2、イナダ1
           観音崎真鯛42cm、メバル5、かさご1
先々週・・・・・・・・観音崎イナダ2、真鯛34cm
先先先週・・・観音崎イナダ1、真鯛35cm&72cm

あとは・・・忘れた!ってか!
書かないとなぁ・・・

と!大吟醸さんが言っていました。。。。。

> 大匿名希望さま

こ、これは•••。

もしかして、約束の「10行記事」!!
しかも途中で挫折•••(笑。

お手数ですが大吟醸さんにお伝えください。
「人の笑顔を見るのが大好きな大さん!ブログより釣り場でたくさんの人と笑い合う方が大さんらしいですよ〜!(^O^)/」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】平成24年9月7日(金)観音崎・なかね貸ボート店さん | トップページ | 【釣行記補足2】潮流、海底状況その他について。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ