« 【雑談】「天地明察」という時代小説をご存じですか? | トップページ | 【妄想?】今年の秋の青物に向けた準備は・・・? »

2012年7月28日 (土)

【妄想?】シリーズ記事「カクレ根とアジと潮流と」の番外補足編です。

関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その1)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その2)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その3)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その4)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その5)


古~い記事の補足をしたくなってしまいました


「五ッ根」(石田丸のご主人様に依れば「イツネ」と読むらしいです)


昨年9月10日の釣行で偶然に行き当たって以来、五ッ根は個人的に大津で1番気になる根のひとつです。比較的岸寄りなのにイナダやサンバソウ(シマダイ)が釣れたり、外道の様子が他の根と違っていたり・・・。


1343439165061.jpg
これは昨年11月13日、五ッ根。息子初大津の際の釣果。

なんとなく他の大津エリアと違う雰囲気?


ただ、場所的に海苔棚が入ると狙えなくなってしまったり、潮の流れの予想が外れやすかったりして、なかなか難しい場所でもあります





昨年10月にポストした妄想記事にこんな内容がありました。


Itutune13
この頃は根を基準にして潮流を考えてました。

五ツ根の形と北西からの潮の流れを妄想してアジの居場所を考えた記事です。普通に考えると、1番人気となる場所取りは「B」「C」だろうと思います。


この記事の時、僕が妄想したもうひとつのポイントがココでした。


Itutune14
岸寄りの隅っこ。高根の陰みたいな感じ?

「アジがフィッシュイーターから身を隠しながらプランクトンを捕食するのに良さそう」と思ったのが理由です。


でも、まだ自分ではこのポイントに竿を入れてみたことがありません。放置状態のまま。秋に海苔棚が入ってしまうまでには狙ってみたいなぁ、と考えていました。





釣りキチ先生の7月22日の釣果。


五ッ根で「良型含めアジ30」という素晴らしいものです。今年初めて(?)耳に入った五ッ根での好釣果ですね


港の東側の岸寄りでは小アジが多いという情報が多かったので、型も良いというお話に驚かれた方も多いのではないでしょうか?(もちろん僕も驚きました


最初、漠然と受け止めていたのですが、後日先生のヤマダテをKAKEさんが解析した図をみてにわかに色めきたってしまいました


Itsunebacchiripoint
KAKEさんの解析ラインを自分のGoogle Earthにも引いてみました。

まさに「E」ポイントと言える場所だったようです


いままでこの場所の情報は一切聞いたことがなかったので、先生の釣果はまさにフロンティア情報。僕の妄想はただの初心者の戯言ですが、好釣果の実績をお聞きできたことはとても嬉しいです
(先生&KAKEさん。勝手にお名前を拝借してすみません。貴重で嬉しい情報を有難うございました


アジ達は、やっぱり隠れる場所を探してるのかな?


大鯖やイナダから隠れたい気持ち。想像しながらポイントを探してみるのも一興かもしれませんね


関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その1)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その2)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その3)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その4)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その5)





« 【雑談】「天地明察」という時代小説をご存じですか? | トップページ | 【妄想?】今年の秋の青物に向けた準備は・・・? »

コメント

おはようございます
魚の気持ち、そこから入る事もあります
真鯛は敵もいないので、悠々と水深の中央を泳いでいる
イナダは悪がきのようにイワシや小鯵をいじめ楽しんでいる
だから、イナダ退治です
五つ根は今の時期や秋口も面白いですが、イナダを釣るのは意外と難しいです
小鯵や鯖が集まり、イナダを釣る前に餌を取られてしまう事がおおいです
昨年の秋後半、鯵の入れ食いで、大津からもボートが集まり
五つ根に集中した事がありました
ボートのラッシュでしたね
時々イナダも釣れましたが、その時考えました
武山出しに誰もいない、潮の流れを考えた時、釣れるのではと
一人武山で、悠々と鯵も、イナダも釣りました

HEPPOさんおはようございます。

やはりこういう記事を見ると、
「ここまで考えられるようになるのにどれくらい時間が必要だろう」
と、思ってしまいます。

でもこうやって考えられる環境が私にはあります。

HEPPOさんを始め、ブログで知り合った皆さんのお陰で、
一人なら絶対に知りえない知識が蓄積出来ています。

前回記事のHEPPOさんのコメント。
とても感謝しています。
ありがとうございます。

これからもレベルアップ出来るよう頑張ります!

> たけちゃん 様
コメントありがとうございます!

たけちゃんさんが昨年秋、「状況からすると変わらないはず」とひとり武山出しに移動された記事、覚えています。なぜ「変わらないはず」という判断になったのかを考え、かなり悩んだ覚えがあります(^-^)。
(他にもたくさん悩みを頂き、いつも考え方が変わるきっかけになっています)

魚の気持ち。理解はできなくても、同じ生き物として分かる部分もきっとありますね。
これからもたくさん悩え、考えていこうと思います。

なるほど、今まで根の位置とアジのいる位置の関係がハッキリとはしませんでしたが、こういうことが考えられるのですか!

大津は案外、沖根か岸よりの根かによって異なる、複雑な潮の動きをするので、微妙に感触が違うとは思いますが、これは大変勉強になります。

ところで、昨日、「天地明察」購入しました。読むのは明後日あたりからかと・・・!?

> せーじさん
コメントありがとうございます!

良かったら、リンクしてある過去記事も見てみてくださいね。個人的な妄想記事なので内容の保証はできませんが、僕のポイントについての考え方の変遷も出てきます(^-^)。

今回の記事は「ここ釣れるよ」という話ではなく、「これが良いなら、他の同じような場所でもいける?」という見方に繋がる情報と捉えて頂けると幸いです。

今年は青物が大きく、数も多そうです。
例年とはアジのポイントも違ってくる可能性があると思います。
作戦の立て甲斐がありそうですよ!(^-^)

> かれいふぁんさん
コメントありがとうございます!

僕ごときの話がかれいふぁんさんの参考になるとは思えませんが、もしお役に立てたら光栄です(^-^)。

仰るとおり、潮の向きだけは、観音崎より大津の方が難しいと思います(>_<)。
30分の間に180度→90度と2度も変わったこともあれば、300m移動しただけで正反対だったこともあります。

でもこれは大津の懐の広さにも繋がっている面もあるかもしれませんね。

天地明察。お勧めをご信頼頂いて有難うございます!
ぜひゆっくり、じっくりお読みくださいね(^-^)。

HEPPOさん またまた失礼します。。。w

やっぱりこれぞHEPPOさんです(^O^)/
本当に貴重な記事をありがとうございます。

私もせーじさんと全く同じ感想を持っています。
絶対に1人では知り得ない情報が蓄積されています。
今回もまさにそれです!!
前回の記事、覚えています♪
私もまだ「5ツ根」は一度だけしか攻めていませんが、かなり興味を引く場所でした。
そしてHEPPOさんの記事で私の中ではやはり「C」と「E」が気になっていました。
先生の釣られた場所はほぼ「E」なのですね???
これは凄く参考になります(^^)v

まだまだ、潮の流れの強さや方向まで気が回りませんがとりあえずは
大津の様々なポイントをしっかりと自分なりに掴んでみたいです♪

本当にいつもHEPPOさんにはお世話になりっぱなしですぅ(*^_^*)

HEPPOさん、こんばんは。

先日大津へ行きヤマダ電機沖を集中して探ってみたんですが、アジのアタリも無く撃沈でした(涙)

根を集中に探る意外にも、こういう魚の気持ちになって考えてみることも大切ですね!

HEPPOさんのブログやたけちゃんさんから頂いたコメントを読んでみてそう思いました。

自分に足りない分・・・図々しいようですが、これからも色々とご指導よろしくお願い致します(^.^)

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます!

Heavysizeさんこそ好奇心のかたまりですよ!いろいろな方のブログに投稿されてるコメントの内容と量を拝見すれば、だれにも真似できない力の持ち主だと分かります。たぶん多くの皆さんに同意して頂けると思いますよ

五ッ根は大津と伊勢町の中間地点ですよね。これからの時期、伊勢町からの船外機付きボートが多く、また乗合船が入ることもあるので、意外に狙った場所にアンカリングするのは難しいと思います。でも確かに気になる場所ですよね

Heavysizeさんは観音崎釣行が控えておられますね!
ご準備は進んでいますか?

かれいふぁんさんへの返信コメントでも書きましたが、潮の向きについては、観音崎より大津の方が難しいと思います。観音崎はほぼ2方向(正反対)のみなので、同じ場所でアンカーを落として、同じカケアガリに引っ掛けることができます(走錨する方向が決まってます)。

はやくHeavysizeさんと観音崎の話をしたいですね

> ブライアンさん
コメントありがとうございます!

ブライアンさんの釣行記事、拝見しました。
ヤマダ電機前は不発でしたか(>_<)難しい時期ですね。

夏の海はポイントが狭くなりがちですよね。おまけに潮表が刻々と変わるので、入れ食いもあまり長くは続かないことが多いと思います。竿頭の釣果情報だけだと分かりませんが、意外に全体的な数は伸びていないと思います。

暑い中、アタリが少ないと集中力を保つのもなかなか難しいですよね(^^;
イワシを追ってきたイナダでも掛かってくれたら一気に気分も変わるんでしょうが、運の要素が強いですね。

イワシが相当いるんですね。これは一潮ごとに例年以上のペースで青物が大きくなる兆候だと思います。本番は秋ですね!(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】「天地明察」という時代小説をご存じですか? | トップページ | 【妄想?】今年の秋の青物に向けた準備は・・・? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ