« 【雑談】「メダイの塩麹焼き」。塩麹って手軽で良いですよね~! | トップページ | 【雑談】短い春のチャンス。今年の狙いは・・・? »

2012年4月 3日 (火)

【妄想?】カクレ根とアジと潮流と・・・(その5)。

ポイントに対する考え方がちょっと変わってきました。


関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その1)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その2)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その3)
関連記事:カクレ根とアジと潮流と•••(その4)


4ヶ月振りに潮流ネタを書いてみます


(初心者の妄想です。内容の責任は持てません。世間話程度に読み流して頂けると助かります)。



これまで、潮流を考え、ポイントを妄想してきました。


Itutune13

↑根の形から有望な潮表ボイントを考えた時の図。



Netosiome5

↑潮表に加えて 「海中の潮目」を意識して考えた時の図。



4月に入り、近く海苔棚が撤去されます。当然ですが海苔棚の存在に依ったポイントは消滅します。また水温が上がってくると、いずれアジが根回りに集まってくる季節を迎えることになります。したがって、根回りに関するこのような妄想も思い出しながらポイント選定を行っていきたいと思っています。





でも、ちょっと考え方が変わりました。


正確に言うと、変わった訳ではなくて、新しい視点が加わったんです。
(例によって先輩方から見ると当然の内容だったり、へンチクリンだったりするかもしれません。海を知らない初心者の独り言ですので、ご容赦くださいませ)


いままで、以下の考え方でポイントを妄想してきました。


・魚は潮表に集まる。
 →プランクトンや底生生物を効率よく捕食するため。
・魚は潮目に集まる(目に見えない潮目(「海中の潮目」)も大切)
 →海中の潮目の状況によっては、アジが底近くにいるとは限らない。
・潮流は根によって影響を受ける。


これらの考えは海釣りの基本と思われ、今でも変わってません。ただ、以下の1点において、反省している面があります。


視点が小さすぎました


「根」に囚われすぎていた感じがします。


まず根の存在があり、潮流も魚も根を絶対的な基準にして考えをめぐらしていました。
例えぱ・・・。


「この高根の形なら下げ潮ではこう潮があたるからこのあたりが潮表だな。その中でもこの部分は隣の根の影響で出来る海中の潮目が重なるっぽいから、狙い目かな


こんな感じです



最近、頭の中で気になって仕方が無いこと、それは・・・。


「潮流が地形を作る」


という考えです。


まず「根ありき」でなく、海底の地形はずっと昔からその海に流れる潮の流れによって変化してきている、という考えです。特に底が砂地になっているエリアでは、潮流による地形の形成が顕著だと思われます。


この考えによって具体的にポイントの考え方がどう変わるか?
僕ごときには明確には解りません


でも、少なくともこんな感じのことは考えられると思います。


・水深や根の存在を意識しながら大津の海全体を捉えてみると、大きな潮の流れを想像することができる。
・砂地の力ケアガリや馬の背は、潮流によって作られている。
・砂地でも変化のある地形では、根回りと同じようにプランクトンが溜まりやすいはずなので、魚が集まっていたり、根から根へ回遊する魚の通り道になったりしている可能性が有る。
・高根回りに発生する海中の潮目も周囲の砂地の地形に変化を与えていると思われる。



以前に妄想した大津の海の大きな潮の流れ図です。


Agesio
大きな反転流は実際によく流れてます。

Sagesio
これからの季節、潮流は流れだけでなく温度にも要注意と思います。勉強に果てはありませんね。

この図はさすがに視点が大きすぎますが、もっと詳しい視点で潮が大津の海をどう流れていくか、それを一生懸命考えていると、水深の浅いところや、高根の位置を回って流れる潮流がなんとなく見えてくるような気がするんです。



Ootsumousou
グーグルアースの画面をひたすら眺めながら考えます。

実際には、大津の海の潮流は常に複雑に変化します(10分単位で刻々と変わる時もあります)。ただし、大きな流れ(強い流れ)が通るコースはしっかりと地形に反映しているはずです。
つまり、確認したことがないポイントでも潮の流れ方の把握が出来れば「ここにはカケアガリがあるはず」、「このあたりに馬の背がある可能性が高い」「この根の周囲の砂地には変化のある地形が続いているのでは」という推測が成り立つと思うんです。


魚達がどこからやってくるのかは正直全く解りません。でも少なくともエサは潮に乗ってやってくると思われます。つまり「地形」にも「エサ」にも大きな影響を与えているのは「潮流」。僕のポイントに関する考え方は「根」基準から「潮」基準により近付いたような気がします。





今、頭に浮かんでいることを実際に釣行してまとめて試せたら(3日間くらい?)、きっと釣りの腕前が一皮むけそうな気がします(もちろん現実的には無理無理無理ィです)。


とりあえず今後の限られた機会にひとつひとつ活かしながら長い目で試していこうと思います


こんな妄想をダラダラとエラそうに書いて、今年の釣行がボウズの連続だったらすみません。ボウズでもチャレンジの結果であれば恥ずかしげもなく詳報することをお約束いたします(悪い見本としてでも、誰かの役に立つ可能性があれば自分的には本望なんです)。



季節の移り変わりを感じながら、ご一緒に手漕ぎボートの釣りを楽しみましょうね





« 【雑談】「メダイの塩麹焼き」。塩麹って手軽で良いですよね~! | トップページ | 【雑談】短い春のチャンス。今年の狙いは・・・? »

コメント

HEPPOさんこんにちは。

まだボート釣り始めて間がないので「根」や「潮流」などイマイチ理解
してません。
先生のブログの山立て頼りになってます。
海苔棚なくなったら余計わからないんだろうな~って思ったり。

暖かくなれば岸に近いところがポイントになりそうですが、相変わらず
ポイント探しに苦労しそうです

HEPPOさんの記事も参考にさせて頂きながらなんとかアジを釣りたいと
思ってます

素晴らしい
私も大津の海が陸地だった頃を考えました
猿島と走水に小高い山があり
大津前から伊勢町よりに小高い丘があったと仮定します
徐々に海水面が上がり、潮の流れと干満が陸地を削り
猿島を挟んで本流から分かれた流れが徐々に浸食し
海岸を形成します

中根も武山も富士山だしも海底に沈み
伊勢町寄りは岩礁が多く、川でいえば瀬です

川なら魚の居場所は良く知っている
子供の頃から、毎日川を見て、遊んでいた

私の判断はそんな処からの発想です
春先水温が温み動き始めた時、魚はどこに

> せーじさん
コメントありがとうございます

海苔棚が無くなると、ヤマダテは1番頼りになりますよ~。
(GPSの調子が悪い時もあったりしますし

海苔棚が無くなると確かにポイントがわかりにくくなる面もありますが、
いままで攻められなかった(または攻めにくかった)ポイントも攻められるようになったりもします。

海苔棚も季節の風物詩。無くなるのは春の印です。
戸惑うこともあるかもしれませんが、すぐに楽しめるようになると思いますよ
 
 
> たけちゃんさん
コメントありがとうございます

以前から感じているのですが。
僕が頭をひねってようやくたどり着くアイデアは、すべてたけちゃんさんの掌の上ですよね

ただ、今回はある意味で当然かもしれません。
先日の釣行記を拝見して、すごく衝撃を受けたんです。

「たけちゃんさんは何故行ったことのないポイントの存在を当てることができるのか?」

これを何日も考え続けて、唯一出てきた答えが「潮流が地形を作る」という考えでした。
でも、この考えに辿りついた時はビックリしました。大津の海が今までと全く違って見えてきたんです。

また、逆に地形から潮の流れ方を推測できるようにも思いました。
中根の南や武山だしの東の深場の存在も、色々と語りかけてくるような気がします。

いつも貴重なご指導を、本当にありがとうございます

P.S. たけちゃんさんのコメント、途中で切れてしまったようですね。
   僕のブログ。たまにコメントが尻切れになってしまうことがあるようです。申し訳ありません(>_<)。
   あとに続いたであろうお言葉が気になります・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】「メダイの塩麹焼き」。塩麹って手軽で良いですよね~! | トップページ | 【雑談】短い春のチャンス。今年の狙いは・・・? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ