« 【雑談】「釣り」と「わすれもの」の切ってもきれない関係!? | トップページ | 【釣行準備】今週末、乗合船に乗船計画中です! »

2012年3月 5日 (月)

【妄想?】(仕掛け研究補足)結節強度は「締め込み」がすべて!?

針結び・釣り針編の補足です。


関連記事:仕掛け研究1
関連記事:仕掛け研究2
関連記事:仕掛け研究2補足
関連記事:仕掛け研究3ー1
関連記事:仕掛け研究3ー2
関連記事:仕掛け研究4ー1
関連記事:仕掛け研究4ー2
関連記事:仕掛け研究5ー1

針結びと釣り針編はいったん完了宣言したのですが、まとめのところで大切なことを書き忘れていました


それは、仕掛けの強度を左右するのは、針の種類でもチモトの結び方でもなく、「締め込み具合」だということです。
(仕掛け作りのベテランの方々には当たり前の内容かと思います。初心者の戯言とご容赦ください


以下に補足として書き足しておきます。





【締め込みの重要性について】


エステル3号のハリスにチヌ針3号を結んだ実験での耐荷重は次の通りでした。


外掛け結び → 最大3.4kg(3.5kgでチモトが切れました)。
内掛け結び → 4.2kgに耐え、まだ余裕がありました(これ以上の荷重が危険なため終了)。


でも、この結果は「十分にチモトが締め込んであった」ものです。僕は締め込みをする際、結び目を湿らせた上、余分のラインの部分をペンチで掴み、両手で強く引っ張って締め込んでいます。これまでの実験で30回ほど針結びをしました。


しかし、毎回しっかり締め込んでいるつもりでも、5回に1回ほどの割合で締め込みが甘くなっていることに気付きました


締め込みが甘い場合、2.1kgを吊るすとチモトの結び目がタタキにズリ上がるのですぐわかります。


1330957427646.jpg
左が結び目がタタキにズリ上がってる状態。切れやすくなってます。

外掛け結びでも内掛け結びでもこれは同じです。これはチモトが切れる直前の状態であり、針結びに失敗している状態と言えます。


このことから、僕は自作仕掛けの強度確認方法として、2Lのペットボトルを吊るすことをオススメします(ハリス3号以上の場合)。
※正しく締め込んであれば2.1kgを吊るしても仕掛けの強度に影響はありません。これはエダス結び部分も同じです。


1330957831260.jpg
正しく締めこんである状態。2.1kg吊るしてもチモトの結び目はしっかりタタキに引っかかってます。この状態なら前述の最大耐荷重を発揮できる可能性が高いです。

甘くなってしまう主な原因は締め込む力が足りないせいではありません。


[1]結び目の形が綺麗になっていない場合。
[2]結び目の湿らせ方が足りない場合。


この2点だと思います。


[2]については良い防止法があります。それは「濡らした指で結ぶこと」です。結んでいる最中に舌で舐める方法だとうまく湿らせられない場合があります。このことに気付いてから、僕は水で指を濡らしてから結ぶようにしました。


[1]については結び直すしかありません。仮締めした時に結び目の形をチェックし、綺麗になっていない場合はすぐやり直します。面倒ですが、効果は高いです





【外掛け結びと内掛け結びの違いについて】


針結びの場合のチモトの結び目の締め込みについてもうちょっと詳しく書きます。


チモトでハリスが切れる原因は、結び目がズリ上がってしまい、鋭いナイフ状になっているタタキ面のエッジに擦り当たることです。下の写真がまさに結び目がタタキのエッジに当たっている状況です。


1330958105076.jpg
こうなってしまったら限界です。いつ切れてもおかしくありません。

こうならない為には、タタキに1番近い部分の締め込みをしっかりすることが大切です。


1330958106172.jpg


「外掛け結び」は、締め込みを行った場合に、タタキから遠い側から締め込まれるため、締め込みが利きにくいことになります。逆にいえば、しっかりと締め込んでタタキ側まで締め込まれていれば、十分な強度を発揮できます。


1330958106981.jpg


「内掛け結び」は、外掛けと逆に、タタキに近い方から締め込まれるため、締め込みが利きやすい結び方です。一般的に内掛け結びの方が強いとされている理由は、この特性から来ているんですね。


1330958107785.jpg





妄想タグをつけてしまいましたが、仕掛け作りの基本を学ぶ作業の中で、実際に感じることができた内容になります。やってみると色々と勉強になることが出てくるものですね


仕掛けを自作される方々、またこれから仕掛け作りをされる方々に、少しでもご参考頂けることがあれば幸いです





« 【雑談】「釣り」と「わすれもの」の切ってもきれない関係!? | トップページ | 【釣行準備】今週末、乗合船に乗船計画中です! »

コメント

HEPPOさん こんばんわ。

本当に本当にありがたい記事ですm(__)m

先程私のブログにもアップしたのですが、とうとう仕掛けの自作にとりかかりました!!

そこで、産まれてはじめて針にラインを着けてみたのですがやはり上手くいきません。
どうしても、締めこんでいくとハリスが切れるか、すっぽ抜けるんです・・・(ToT)
不器用なもんで、上手くいかず、どうやってHEPPOさんや先生に相談しようかと考えていたところでした。

今回の記事は正にタイムリー過ぎてビックリしました。
でも、これで更に一歩先に進めそうです。

いつもいつも参考になる記事をありがとうございますm(__)m

HEPPOさんへ

凄いです、これ。
納得です。
「内掛け」「外掛け」気にした事がなかった。
結び方って、本当にプロの方がやってやって
今の形、結び方があるんだと、つくづく思いました。

色んな結び方覚えたら、きっと、
こんな時は、これでとか、あんな時は、あれでとか・・・。
使い分けが出来るんだろうなと思いました。

  ありがとうございますの釣り師より

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます

そうでしたか!偶然ですが嬉しいです
海の上にいる時間と、それ以外を比べると、当たり前ですが普段の方がはるかに長いですよね。

アイデアを自分で仕掛けに出来たりすれば、きっとそのはるかに長い時間が楽しく過ごせるようになりますよね(^-^)。

僕は苦労を乗り越えてでも、その楽しさを感じたいです。
Heavysizeさんもぜひご一緒にどうぞ〜(^O^)/

HEPPOさんこんにちは。

いつもいつも有益な情報ありがとうございます。
一応。。。針買ってあるんです。
でも結ぶ自身がなくて触ってないんです。

一つ疑問と言うか。。。質問があるんですが、
通常、糸はナイロンだと思うんですよね。

締め込みをキツくするとなんだか伸びそうな
気がして、ちょっと手加減しちゃうんです。
でもそうすると絶対緩みますよね。

ホントに「力一杯」でいいのかちょっと不安
なんです。

HEPPOさんのブログを参考に週末仕掛けを
作ってみたいな~って思ってます。

> 釣りキチ先生 様
コメントありがとうございます!

釣りに限らず「結び」って、文化そのものですよね。
水引の結び方や風呂敷結びでも感動したことが何度もあります。

そういう結びは普段使わないので、どうしても覚えられないんですが、釣りの結びは覚えられそうな気がします(^-^)。

先生は経験に裏打ちされた仕掛け作りをされてると思います。
僕は経験(行動)が全然伴わなくて、自信が持てないんですよね。

どうしても机上の空論に走りがちです(>_<)。

でもなんとか基本を抑えて、アイデアを形にして魚が釣れる日が来るように頑張ります!(^-^)

> せーじさん
コメントありがとうございます!

やればかならず出来るようになりますよ(^-^)。

でも、焦ってやる必要は無いと思います。
市販仕掛けは便利です。僕も今でも市販仕掛けも使ってますし、多くの人は市販仕掛けオンリーで十分釣果を挙げてます。

変わったことが試したくなった時に、自然に作りたくなってくるはずですから(^-^)。

ハリスですが、1本針ならナイロン+内掛け結びをオススメできます。

でもエダスを出す場合はフロロがより安心です(結び目の強度が違うようです)。

締め込みの目安ですが、実用的でカンタンなのは「手で重さを覚えちゃう方法」です。

2Lのペットボトルの首にヒモを掛け、手摺りなどに吊します。そのヒモを横方向に引っ張り、「2kgの重さ」を手で覚えちゃうんです。

仕掛けを締め込む時は、その力を基準にして、ハリスに合わせて強め、弱めを調整します。3号ハリスなら、2kgの力で引っ張りつつ、少しギュッギュッ数回強めるくらいで良いと思います。

ちなみに、両手で普通にラインを持つだけでは2kgくらいが限界です(滑るし、痛いです)。少なくとも余分なラインの方はペンチ等で掴まないと辛いです。仕掛け側のラインはキズつけないようにご注意ください。

この感覚はそのままドラグ調整に使えるのでオススメですよ(^-^)。

ちなみにペットボトルを変えて、3kg、4kgあたりも一緒に覚えてしまうとさらに良いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】「釣り」と「わすれもの」の切ってもきれない関係!? | トップページ | 【釣行準備】今週末、乗合船に乗船計画中です! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ