« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の18件の投稿

2012年3月29日 (木)

【雑談】ふとした疑問。魚へん(偏)に四季を合わせると・・・。

コノシロを釣った時に感じたことなんですが。


今年2月、手漕ぎボートで初めてコノシロを釣った記事を書いている時、「コノシロ」という名前を漢字で書くとこうなることを知りました。

Winter

「コノシロって、日本の冬を代表する魚なんだ~と、プチ感動した覚えがあります


そこで感じた疑問。他の季節の魚は何なんでしょう?



まず、です。

Spring

これはよく目にするのですぐに思いつきました。「さわら」ですね(西京焼き、大好きです)。


美味しい魚ですが、春のイメージがありません。調べてみたところ、美味しいのは冬ですが、産卵のために沿岸に来るのが春なので、漁師達から「春を告げる魚」と捉えられていたことに由来するようです。



<余談>
新婚旅行で行ったハワイで、115cmのサワラを釣ったことがあります(僕の人生最大魚)。Wikipediaの記載によると、日本のサワラの最大記録は115cmだそうです。もし日本だったらタイ記録だった?



次、に行きましょう。

Autumn

これ、すぐには思いつきませんでした。「かじか」と読みます。


カジカという魚は子供の頃に100回くらい読んだ「釣りキチ三平」に出てくる「カジカの夜突き」のイメージや、手塚治虫の「火の鳥」に出てくる美しいおてんば娘の名前として知ってます。響きのよい素敵な名前で、大好きです


でも、秋のイメージはあまりありません。調べてみたところ、由来はあまり明らかではないようです。近年生息数が減少しており、自治体にレッドデータブック指定されている種類もあります。産卵期はおおむね1~3月とされているようです。


僕はヤマメやイワナの棲んでいるような清流にいる川魚のカジカしか知らなかったのですが、漁業的に見ると郷土料理等で珍重される海のカジカ(トゲカジカ※)の方が有名なようです。


※鍋にするとあまりにも美味しくてみんなが箸で鍋をつつき壊してしまうことから「鍋壊し」の別名あり。但し、大人気なので産地(主に北海道)でしか流通しないそうです。ちなみに川魚のカジカの郷土料理も最高級品です(石川県の「ゴリ」)。


でも、海のカジカも句は冬。秋との関連はいまひとつわかりません。カジカの名前の由来は「夜、川の中で鹿のような声で鳴く」ことから「河鹿」。それが転じてカジカとなったようです(鳴き声の正体は「カジカガエル」というカエルだそうですが)。


カエルの声としても夏のイメージですよね?う一ん•••。


日本の秋の代表魚、というわけでは・・・ないみたいですね



さて、最後はです。

Summer

これ、読めますか?


僕は読めませんでしたでもお寿司屋か何かの看板に書いてあるのを見たことがあるので、漢字として存在してることは知ってました。


この漢字「わかし」と読みます。
そうです。あのブリの幼魚のワカシです。モジャコ→ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリの「ワカシ」ですね。


九州近海で孵化したあと、ワカシサイズになった個体は、春から夏にかけて太平洋沿岸を北上します。そして初冬から春にかけては沖合いを南下します。この行動を繰り返しながら、1年で32cm、2年で50cm、3年で65cm、4年で75cm程度を目安に成長するそうです。


釣りをしていると、たしかにワカシは夏のイメージですね。生まれて1年を超えたワカシが夏にサビキ等に掛かり始め、秋にはイナダサイズになる、という感じでしょうか。


正直、日本の夏の代表魚としては意外性のある抜擢ですが、とりあえず納得です



コノシロのおかげで、季節ごとの魚達が日本の文化に深くかかわっていることが感じられました。いままでよりも魚との出会いをより大切に出来そうな・・・気がします





今週末の土曜日も、悪天候のようですね


実は、3月31日(土)に、春休み中の息子と一緒に大津へ行こうと計画していたのですが、またもや中止です


今年に入ってからの釣行計画はこれで9回目。その中で実際に釣りが出来たのは2回(手漕ぎボート1回、乗合船1回)。釣行実現率は約22%です。今年を終える頃には、なんとか50%超くらいにはなっていて欲しいところですね(ちょっとグチっぽくてすみません。コレも釣りの内ですよね)。


皆さんの天候運も海水温と一緒に上昇しますように





2012年3月27日 (火)

【雑談】京急大津の海の水温が12度を超えました。

本日の東京湾口海況図で、今年初めて大津の水温が12度を上回りました。


「12度」
マダイやクロダイの乗っ込みのスイッチになる温度だと言われてます。


Tokyowan240327
この図は休日には更新されないので、先週末のうちに上回っていたかもしれません。

既に大津ではクロダイが揚がり始めてますが、いよいよ本格的な乗っ込みシーズンに入ったとみて良いのではないでしょうか?


(初心者ですの個人的な妄想ですが、昨年秋から「超低水温」状態が長かったことは、マダイ、クロダイの摂餌行動をいつもより長い間抑え込んできた可能性があります。その反動で今年の乗っ込みは例年以上に熱いものになるんじゃないかな?と期待しています
(単に例年より沖合に引っ込んでいただけかもしれませんが





・・・と、思ってはいたのですが、本日(27日)の大津の石田丸さんの釣果を見たら、目が飛び出そうになってしまいました。


なんとクロダイしかもおひとりで


なんてすごい釣果でしょう。言葉になりません
素晴らしいとしか言いようがありません





ここまでとはいかなくても、しばらくの間各地のボート釣りで春のお楽しみが続くかもしれませんね



さて、みなさんもご唱和ください。


「釣りに行きたいよ~~~





2012年3月26日 (月)

【雑談】手漕ぎボート釣り後の手荒れ。僕の場合の原因は・・・。

いきなりですが自分の写真を載っけてみます


【2日後】


1332770519944.jpg
僕の「指」です(^^;;。

【4日後】


1332770521143.jpg
1枚目からいきなり老けた感じですが光の加減です。

【6日後】


1332770522291.jpg
シワが増えた気がするのは気のせいです。

3月20日に行った乗合船釣行。普段の手漕ぎボート釣りとは違う点が、いろいろありますが、中でも今回特に注目していた点がひとつ。


それは「アミコマセを使わないこと」です。


今まで、ボート釣りの後には必ずと言っていいほど指の皮がボロボロに剥けてきていました


ネットで原因を調べてみたところ、たくさんの人が同じ症状に悩まされていることが解りました。また、どうやら原因は人に依って異なるらしいことも解りました(中には全くボロボロにならない人もいるらしいです)。


原因の候補となるのは以下の3つ(もしかしたら他にもあるのかも)。


①エビ(アミ)アレルギー ※このアレルゲンは殻ではなく、解凍後の汁に多く含まれるようです。
②付けエサ用のオキアミや長期保存可能アミコマセに入っている防腐剤アレルギー
③アオイソメの体液(毒液)アレルギー


アジ乗合で配給されたコマセは「イワシミンチ」でした。付けエサは「アオイソメ」です。
また、持参した付けエサ用のオキアミも使いました。


つまり、僕の手荒れの原因が②と③なら、今回の釣りの後に手荒れが起こるはずです。


さて、その結果は・・・。


【2日後】


1332770843483.jpg
妙にみずみずしい指。光の加減。

【4日後】


1332770844875.jpg
これが普段っぽいかな。

【6日後】


1332770845907.jpg
指のシワって、いつのまにか増えてるんですね。

指の皮は全く剥けてきませんでした。


つまり、僕の場合の原因は「アミコマセ」アレルギーだということですね



手荒れの予防法もいくつかある(手袋をする、最初にアミコマセを海水でよく洗う等)ようですが、残念ながら確実で納得のいく予防法は今のところ見当たりません


幸い、手荒れが仕事に響いたりする職種ではないので今のままでも影響は少ないんですが、これがもし手を人に見せる職業だったらりしたら、深刻な問題ですよね


頭に浮かんでいる対策もありますが、今後の釣行で試してみて、もし上手くいけば改めてご紹介したいと思います。





この話題。ベテランさん方には「今更」という感じだと思います(なので個人的な話題として「雑談」タグに)。でも僕は今まで「アオイソメ」を疑っていたので、「アミコマセ」が原因だということは新鮮な発見だったんですよね


指の皮剥け。皆さんはいかがですか?





2012年3月23日 (金)

【雑談】「内掛け結び」の結び方について

「内掛け結び」の結び方についてご質問を頂きました。


僕は決して結び上手ではありません(というより仕掛け作り1年生の初心者です


でも記事で針結びをご紹介し、その記事を見てチャレンジして頂いた方がおられることを心から光栄に思います



自分流ですが、できる限り詳しく結び方の流れを書いてみます。
(結び方の流れを記事で表すことがとても難しいことを知りました。解りにくい部分もあるかと思いますが・・・



(写真のサイズが大きめで、かつ数が多いため、重い記事だと思われます。すみません(>_<))



≪内掛け結び(針結び)の結び方≫



【注意】結び目を締め込み時に舐めるのではなく、初めから指先を濡らして結び始めることをオススメします。

1.まず左手で釣り針をつまみ、ハリスを沿わせます。


Uchigake1
ハリスは釣り針の手前を通ってます。


2.ハリスの先端を下の方にもってきて、写真のように輪を作ります。
ここまでは「外掛け結び」とまったく同じです。


Uchigake2
上から通ってるハリスは釣り針の向こう側を通ってます。


3.釣り針とハリスを右手に持ち替えます。
このとき、針先と親指の間に隙間を作っておく必要があります。


Uchigake3_2
針先を親指のスキマを使ってラインを巻いていきます。


4.下に出ているハリスを写真のように輪に通します。
通したあと、ハリスを上に引っ張る時、下側から絞られていくハリスが針先と親指の間のスキマを通ります。


Uchigake4
これから巻いていくたびにこのスキマを通します。


5.輪を通したハリスを写真のようにやや左上に引っ張り、釣り針の軸にしっかり巻きつけます。


Uchigake5_2
釣り針への巻きつきの状態や、輪の部分の形が崩れないように微調整しながら引っ張ります。


6.引っ張ったテンションのまま、引っ張り方向を左上から右上方向に変えます。
これにより、今作った軸への巻きつきが右手の指で抑えている内部に入り、そのまま右手の指先ではさみ込むことができます。


Uchigake6
巻きつきが右手の指先の押さえに入り込んでいきます。


7.右手指先で巻きつきをはさんで押さえたまま、ハリスを向こう側から廻して下向きに引っ張ります。
そこから次の巻きに入ります。またハリス先端を4.と同じように輪を通します。


Uchigake7
ここからまた、ハリス先端を下から持っていき、再び輪に通します。


8.5.と同じように、軸にハリスを巻きつけます。
ただし僕の場合、2巻き目以降は6.の動作を省略し、テンションを保ったままハリスを下側に持ってきます。


Uchigake8



9.6.を省略したため、今作った巻きつきは右手指先の押さえに入っていないと思います。僕の場合、2巻き目以降はこの巻きつきを左中指の爪で右手指内に押し込んでしまいます。
常にハリスのテンションは一定に保ち、ハリスにたるみができないようにします(締め込む必要はありません。ラインが張っていれば十分です)。


Uchigake9_3


いま作った巻きつきを、左中指の先端(左手の親指と人差し指はしっかりハリスを引っ張ってます)を使って右手指内に押し込んじゃいます。


Uchigake10
グイッと。この調子で6回を目安に繰り返し巻きつけます。

H24.10.5 追記 失敗を減らすには、巻きつけの数を減らしてみるのが有効です。内掛け結びの場合、締め込みさえきちんと出来れば、巻きつけが少なめでも強度は落ちません。

そしてこの巻きつけを6回以上繰り返します。




10.6回巻きつけたら、最後に輪を通したハリス先端が写真のように上向きになった状態でしっかり右手指で押さえます。
そして左手でエダス元方面のハリスを写真のように掴み、引っ張って仮締めします。


Uchigake11
巻きつけ作業を止めるのは、輪を通し終わったところです。


11.エダス元側の仮締めをすると、今までハリス先端を通してきた輪が絞られます。
輪を絞りきったら、左手を離し、今度はハリス先端側を掴みます。


Uchigake12



12.写真のようにハリス先端側を引っ張り、仮締めします。


Uchigake13



13.仮締めが終わったら、結び目の形が綺麗になっているか確認してください。
もし仮締めしても巻きつきが綺麗に揃わない状態だったら失敗です。その場合は結び直すしかありません。


Uchigake14
これは十分成功と言える状態です。失敗の場合は、左側の巻きつきがバラバラに離れてしまっていることが多いです。


14.仮締めの状態では、写真のようにタタキの裏側(針のフトコロの反対側)からハリスが出ている状態のはずです。


Uchigake15
この段階ではこれで正常です。


15.右手指先で強く結び目をつまみながらグルッと結び目を回し、ハリスが針のフトコロ側から出るように調整します。


Uchigake16
この「結び目回し」は地味に重要です。ハリスの出ている向きをキチンと合わせてください。


16.結び目回しが終わったら、締め込みを行います。


僕の場合は写真のように左手でペンチを使って締め込みます。ハリス3号であれば、2kgの力でゆっくり締め、数回ギュッギュッと3kg以内の力で締め込めば十分と思います。


Uchigake17





17.締め込みが完了したら、ハリスを引っ張って結び目をタタキに引っ掛けます。


強く引く必要はありません。結び目がタタキに寄れば十分です。加減がわからなければ結び目を爪で動かしすだけでも構いません。


Uchigake18
指先が汚くてすみません・・・


18.余分なハリスをカットして、「内掛け結び」完了です
正しくやればこの写真のような状態になると思います。


Uchigake19
かんせい!!

H24.10.5 追記 最近の僕はハリスの尻尾を写真より短めに切ってます。2mmくらい。




どうでしょう?

正直、結び方の流れを写真と文字では伝えるのはかなり難しいです。何度もチャレンジして「自分流」を見つけてしまうのが一番早いかもしれません。


僕のこのやり方を真似る必要は全くありません。ただ、どこかほんの一部でも、どうしてもうまくいかない場合のヒントの種になれば嬉しいな、と思っています



これから仕掛け作りにチャレンジする皆さんが、より楽しく針結びができるようになることを心から祈っています



(Heavysizeさん、お待たせしてすいませんでしたm(_ _)m。今の僕ではこれくらいが精一杯です。お役に立てると良いのですが•••。上手く行くと良いですね(^-^))



2012年3月22日 (木)

【釣行記補足】釣行秘話+調理写真等。

今回の釣行。本来ならドタキャンでした


実は、前日の昼頃から娘が発熱していたんです。


前日のPM4:00頃、仕事中に妻からのメールが着信。


「38.6度あるよ」

1332384281602.jpg
添付されてた写真。娘が!(◎_◎;)

仕事中ながら固まってしまいました



そしてPM7:30頃帰宅すると、息子が飛んできて・・・。


「××ちゃん、40.4度だって


我が家の高熱記録更新です(そういう問題ではありません)


発熱から半日で40度超。これは只事ではありません
当然、釣りどころではありません。


実際、2月4日の釣行計画の時も前日に娘が39.6度の高熱を出し、釣行は延期しました



でも今回は特別な釣行です・・・。


2度と訪れない大切な釣り。

まるでアクマイザー3のザビタン(※)のように頭が割れそうに悩みましたが、最終的には妻の厚意もあって釣りに行かせてもらうことにしました。
(※解らない方、安心してください。知らないのが普通です


ただし、釣りの後に予定されている食事会はキャンセル。休日診療を受信するためにできるだけ早く帰ってくる前提です。



で、当日・・・。


朝方に飲んだ解熱剤の効果か、娘の熱は下がり、僕が帰宅した時にはほぽ平熱でした。それでもすぐに休日診療に行ってインフル検査を受けましたが陰性でした。その後、薬の効果が切れても再び熱は上がりませんでした。良かった•••。



ともかく・・・。


特別な釣行だったとはいえ、娘よごめん&事情を最大限酌量してくれた妻に感謝です





今回の釣果の調理・食味等について。


今回のスケジュールは翌日が平日で、しかも翌日から3日間は仕事の都合上、自宅で夕食が取れないスケジュールでした。やむなく、当日の夕食以外は朝食で消費することになりました。


とりあえず、こんな感じです (これが全部ではありませんが)。


1332384722027.jpg
お刺身 (当日の夕食の1人分)。今回、息子(僕よりずっと味が解る)にはっきり言われました。「血抜きしたでしょ!アジは血抜きしないで!!」。言わなかったのに見抜かれました。血抜きアジは味が物足りないそうです。

1332384727863.jpg
アジ出汁茶漬け (翌日の朝食。手抜きバージョン。ヅケにした刺身とすりごまのみ。薬味省略です。時間が無いのでやむなしで、とても美味しかったんですが、やっぱりネギはあった方が良かったかな。

1332384730703.jpg
翌日の夕食(僕は不在)。イシモチの蒲焼を乗せたチャーハン。残ってたのを少し食べたらウマかった。イシモチは何にしても美味しいですね〜。


で、で、今回の個人的サプライズ


興奮しすぎて写真を撮り忘れてしまったのですが、この子ですよこの子


1332384864469.jpg
上の方に見える「ミニソゲ」(ちっさいヒラメ)ちゃんです。結局ヒラメかカンゾウヒラメかわかりません。

リリースを悩んでいるうちにバケツの中でひっくり返ってしまったため、持ちかえった小型ソゲ(ヒラメ)ちやん。無駄にしないためにもと思い、5枚おろしの練習をさせて頂きました。そして出来上がったお刺身を冷蔵庫で保管し、翌日の朝食で頂いたのですが・・・。


「美味い


口に入れてすぐに感じるしっかりした歯応え。それからかなり(5~6秒?)遅れで、豊かな旨味が口いっぱいに拡がってきました。メチャウマです


1332384870268.jpg
輝いて見えるようになりました。

調べてみると、ヒラメは「寒い季節は大型、春~秋は小型が美味しい」とされているようです。まだ海は冬だと思いますが、それでも小型がこんなに美味しいとは・・・。


どうしよう。ヒラメ好き度がグーンと上がってしまった気が・・・


なんだか海釣りの無限ループにハマっているような気がしてきました。
釣りたくて釣り、釣れた魚を食べたらもっと釣りたくなる。まさに「釣りたい欲求の再生産」


海釣り地獄という地獄があったら喜んで落ちていきそうで怖いです(笑





2012年3月21日 (水)

【釣行記】3月20日(春分の日)・アジ午前船(大津港・いなの丸さん)

アジ乗合午前船に乗ってきました(釣友「まっつーさん」の送別釣行)。


・ポイントは大津沖ではなく、猿島の沖側の31mダチでした。中根あたりから見るとちょうど猿島の裏側に同じくらいの距離を取った辺りです。
・船全体としては好釣果。沖合のアジの活性は上がってきているようです。
・思ったよりもイシモチが少なかった印象。
・ライトタックルではなく、ノーマルタックルでの釣りでした(LT禁止エリア)。


乗合船釣行の時は簡易報告にさせて頂きますね。





【日程】
平成24年3月20日(火・春分の日)


【船宿】
大津港「いなの丸」さんの半日アジ乗合・午前船(AM7:30出船、AM11:30沖上がり)。
(通常はライトタックルも可ですが、LT禁止エリアに向かう時はノーマルタックル。猿島沖はノーマルタックルになるそうです)


※余談1
大津港の大きな特徴は手漕ぎボートと乗合船が同じ場所で乗れることです。風で手漕ぎボートが出ない日に急きょ乗合船に変更!ということが可能です(予約は要りません。無料でタックルを借りられる船宿さんもあります)。


【同行者】
会社の同僚4名(まっつーさん、剣豪さん、ミッシェルさん、KOZAさん)。3月一杯で福岡に帰任されるまっつーさんの送別釣行です。


【天候・潮まわり】
中潮。干潮9:53。実際にも潮はあまり動いていませんでした。

GPV気象によれば朝方は曇りで風速5~6m程の北風が残り、AM9:00頃までには収まる予報。実際の天候はまさに予報通りでした。AM9:00頃には空が晴れ渡り、海もほぼ凪ぎ。ポカポカの春の陽気を感じることができました(日焼けしちやいました)。


1332339852337.jpg
AM6:00頃。風は強く、海は白波がたくさん見えます。

1332339853265.jpg
AM9:30頃。晴れ渡り、ポカポカ陽気。海は凪。

※余談2
港への帰り道(AM11:40頃)、大津の海を見渡しました。石田丸さんの手漕ぎボートは1艘も見当たりませんでしたが、黄色い船体の手漕ぎボートが1艘、沖の海苔棚の3枚目と4枚目の間の沖側に浮かんでるのが見えました。また、PM0:10頃、親子連れがまるまつ丸さんから出船するのが見えました。地元の方でしょうね。凪いだ海とポカポカの天気を確認してから親子で大津の海へ。とても素敵で羨ましい光景でした。


【釣況】
・5人全員が右舷に入り、大ドモの方とあわせて片舷がほぼ満員の状況での釣り。仲間の顔が見れて楽しい釣りでしたが、必然的にオマツリが多くなってしまいました(左舷は2名で、その方々が44匹、41匹の好釣果)。右舷の大ドモの方も電動タックルでしたが、僕たちの混雑の割を食う形になってしまって申し訳なかったです
・潮まわりは良くなかったものの。終始2~3投毎にアジかイシモチが釣れる状況で、たまにアタリが増える時間もある、どいう感じでした。活性はまずまずでした。
・僕はアジ11に対してイシモチ7でしたが、他の仲間は大体アジ4~5に対してイシモチ1という割合で、予想よりもだいぶイシモチが少ない感じでした。これはポイントによる違いなのかもしれません(大津沖だともっと多い?)。


【釣果】
昨日の速報通りです。

1332341671948.jpg
アジ11、イシモチ7(小型はリリース)、ミニソゲ(ヒラメ)1。

仲間の釣果はおおむねアジ15匹、イシモチ3匹あたりが平均的でした。竿頭はやはり「まっつーさん」。さすがです


1332339854182.jpg
今回の最大の釣果は•••。

釣果は伸びませんでしたが、全員の笑顔でまっつ一さんの送別釣行を飾ることができたことが思い出であり、最大の釣果ですね


【個人的反省点】
反省点を書き出してみたら、やたらと沢山出てきて、数えたら1100字を超えてました。大半は自分の中の目標設定のような話なので省略して、事実を中心に書いておきます


・アジの追い食いを狙って待つうちに最初のアジが外れちゃうという失敗を10回くらい繰り返してしまいました(結果、アジの一荷は1度もなし)。
・30cmクッションゴム+手作りの2.3m(3本針)仕掛けでスタートしましたが、すぐにオマツリ。そのままオマツリとの長い戦いへ。2本針2mの市販仕掛けに変え、さらにクッションを外して出来るだけ仕掛けを短くしたりしました。それでも実質3時間45分の間に仕掛けを6個消費してしまいました。針が1つ増えるだけでオマツリした時の複雑さが飛躍的に上がることを学びました。
・ビシの振り方を思い出すまでに時間がかかりました。前回(昨年8月) は入れ食いで、ビシを適当に振っても大丈夫でした(2時間弱で22匹釣って自主納竿)。その時のイメージで釣ってしまったのはダメでした。ボートでの誘い釣り(ウィリー釣りと同じ)を思い出し、振り方を変えたらアタリが増えましたが、遅きに失しました。この点は、次回は決して繰り返しません
・竿とビシのさばき方も忘れていて、序盤に一度、魚を取り込んだ時に、ビシをコマセバケツに入れ損なったまま竿を置いてしまい、海中に竿を落としてしまう失態を犯しました(回収はできました)。


すべて、経験不足が根本原因です。
こういう釣りをしてしまうと、どうしても克服するまで再挑戦してみたくなります。でも乗合船の場合、うまくいくと釣果が増えすぎて困るというジレンマ(マイルール「24匹制限」に引っ掛かる)があり、なかなか足が向かないんです。マイ冷凍庫か、引き取ってくれる小料理屋さんでも見つかれば行きやすくなると思うんですが・・・


※余談3
船釣りの常連さん方の「知り合いのお店に持ち込んでいる」率って、結構高い感じがします。今回も下船後にお会いした方がそう仰ってました。手漕ぎボート釣りの世界でも同じような話を何度も聞いたことがあります。釣り人の夢のひとつですね。「釣果を持ち込める行きつけのお店」・・・。





乗合船は、釣り方の基本を学べる有効な方法だと思います。マダイやアジのビシ釣りやウィリ一五目釣りが上手な人は手漕ぎボートでも上手だと思います。でもその逆は必ずしも成立しません。


敷居が高い面はあるのですが、長い釣り人生を考えると、乗合船の経験を積んでおくことが釣りの幅と深さを拡げる、と改めて思わされる釣りになりました



最後に・・・。


まっつーさん、3年間有難うございましたこれからもお互いの釣りの話をする機会を作りましょう。これからのご活躍と充実した釣り人生を祈念しています


1332339951784.jpg



2012年3月20日 (火)

【釣果速報】大津港・半日アジ乗合での釣果報告!

沖合アジの活性は上向き?ポカポカ陽気に春の到来を感じました


本日(3月20日・春分の日)、大津港「いなの丸」さんの半日アジ・午前船に乗ってきました。


釣果:アジ11、イシモチ7、カンゾウヒラメ?(小型)1。


1332238201810.jpg
僕の釣果はスソの方です(^^;;。
アジは最小でも22cm、25cmオーバーが4匹と良型揃いでした。美味しそうです!\(^o^)/
意外な外道が混じってますね(リリース悩みましたが•••)。


•本日のポイントは大津沖ではなく「猿島沖31mダチ」でした。
•朝方は曇りで北風が5〜6m吹いており、海はウサギが跳ね回ってる状況でした(手漕ぎボートは出られないレベル)。
•でも次第に収まり、9時頃には晴れ渡って凪でポカポカ陽気になりました。
•仕事仲間5名で乗船。3名がアジ15匹超。僕が見る限りでは今回の主役の釣友「まっつーさん」がアジ18匹で仲間内の竿頭。さすがでした
•他の乗船者の方々はみなさん電動リール使用。竿頭の方は44匹(
•船宿さんとしても久々の好釣果となったようです。沖合のアジの活性が上がってきている印かもしれませんね。
・残念ながらクロダイは出ませんでした。


詳細は別途釣行記(手短になる予定)にてご報告させていただきます





2012年3月19日 (月)

【釣行準備】3月20日(春分の日)乗合船で釣行予定!

手漕ぎボートではありません。大津の半日アジ乗合に乗船予定です


先週土曜(10日)に予定していたものの、悪天候で延期にした釣友「まっつーさん」の送別釣行(当日は大シケでまさかの出船不可だったようです


再設定は難しいかとも思ったのですが、奇跡的に参加予定者全員の調整がつき、20日(火・春分の日)に開催することになりました


最近の大津沖の半日アジ船の釣況はというと・・・。


・アジは不安定。竿頭5~30匹くらい。海の水温はまだ低く、アジの活性もまだまだ良くないようです。
・イシモチの数が多く、日によってはアジの3倍くらいアタリがあるみたい。
・たまに外道でクロダイが上がってます。いなの丸さんで3月11日になんと3kg()の巨大クロダイが揚がってます(デカすぎです)。


石田ボートさんの釣果報告によると手漕ぎボートでもイシモチのアタリが増えてるようですので、やはりかなり状況は近いと思います。手漕ぎボートでクロダイが出始めるのも間近かな?



心配される天候なのですが、現時点の予報では「晴れ」。朝方は5〜6mの北風。AM9:00頃までには収まる感じです。手漕ぎボートでは悩まされてしまう予報ですが、この程度なら出船に問題無いところが手漕ぎボートとの大きな違いですね



ところで先週土曜はまた雨でした。週末 (特に土曜)を狙い撃ちするような悪天候が続く今年は、本当に週末釣り師の泣かせですね・・・



さて、前回の釣行準備記事で書いたように、今回の釣りは大津の海の手漕ぎボートエリアより沖合いの状況を見る意図もあります。


・アジの活性はどうか?
・イシモチ最終局で最後のフィーバータイムに突入するのか?
・そしてクロダイは出るのか?


(大津沖で釣ることが多いのですが、猿島沖になる可能性もあるようです。「猿アジ」も魅力ですね〜

ちなみに個人的予想ですが、潮回りが非常に良くないのでアジの数は伸びず、代わりに船中1枚はクロダイが出るんじゃないかと勝手に考えてます
長めの仕掛けも持ち込んで頑張ってみたいと思います





2012年3月18日 (日)

【妄想?】アンカーの位置からボートの移動範囲を予想できる?

アンカーの位置からボートの移動範囲を予想できる?


久しぶりに妄想らしい妄想記事をポストしときます。
(ホントに妄想です。くれぐれも真に受けないでくださいね


自分が海中に投入したアンカーが、ポイントに対してどんな風に位置してるか正確に解れば面白いなあ、と思うんです。


何が面白い?
ボートが振られる時、アンカー位置を中心に扇状に振られます。つまり、中心点が解れば、ボートの振られ方がアンカリング時点で予測できる可能性があります。スマホGPSの情報と風向きの予報を合わせれば、「点」ではなく、流し釣り的に「線」で狙う釣りができるかもしれません。

また、目指すアンカリングポイントから何mズレているかが解れば、ロープを出す距離で調整できる可能性もあります。


なるほど。で、それって可能?
わかりません (笑


代わりといってはなんですが、僕の妄想の経過を書いときます(あくまで妄想です。期待はしないでくださいね)。


最初に考えたのは・・・。
携帯電話のGPS機能です。アンカーに防水対策を施した子供用ケータイか何かを括り付け、海中に沈んだケータイの位置をGPS位置情報サービスで特定できないかなぁ、といぅ発想です。


結論から先に書くと、コレは全くダメ


可能性を調べるため、潜水艦の通信技術について調べてみました。専門的な考察(軍事的な話とか)など、たくさん字を読んだところ(読んだだけ。理解は無理)、次の事実が判明しました。


「海水は電波を通しません」(笑


海中では音波しか伝わらないようです(超低周波なら電磁波もある程度伝わるようですが)。たしかにソナ一も魚群探知機も音波(又は超音波)ですよね。早々に否定されました。残念(淡水の場合、不安定ではありますが数m程度なら電波が通るケースもあるようです)


一応簡単な確認の実験をしときます(諦めるため)。


用意したもの。以下の3つです。
1332038360273.jpg
フードストッカーに水を張ります。水中の台座用に小さなタッパーを入れてます。

1332038368757.jpg
防水対策したiPhone。

1332038372610.jpg
塩です。ただの塩。


【実験開始】防水ケース&ジップロックに入れたiPhoneとオモリを入れ、水道水を張ったバットに沈めます。


1332038623269.jpg
水道水に沈んだiPhone。本当はジップロック無しで防水ケースのテストを兼ねようかと思いましたが、勇気足らず•••

水深5~10cmくらいでしょうか?水道水なので淡水ですね。iPhoneを見る限り、アンテナはなんとか立ってます。


1332038631802.jpg
アンテナ1本。たった数センチの水の壁でも電波は弱くなっているようです。

ここに「塩」を投入します(海水の塩分濃度を参考に、水1Lあたり約40g程度を目安)。
撹絆すると・・・。


1332038637720.jpg
塩を投入し攪拌します。写真にはありませんが、iPhoneが急に浮き上がってきてビックリしました。そっか、比重が変わるんですね。昔学校で習ったような(^^;;。

1332039878193.jpg
iPhoneの塩漬けです。

1332046068038.jpg
圏外。WiFiは3重の電波で、かろうじて繋がってますが、切れる寸前ですね。

圏外になってしまいました。なるほど、確かに塩水によって電波が遮断されるようです。
これで自分のくだらない妄想に諦めがつきました


1332046069341.jpg
ジップロック浸水なし。防水対策になることが再確認されました。

1332046070260.jpg
取り出したらこの通りビンビンです。

さて、どうしましょう?
アンカーそのものからは位置情報が得られないとなれば、あとは何とか推測の手段を考えるしかありません(←諦めてないやん


手掛かりはひとつだけ。「アンカーロープ」です。自分とアンカーをつなぐ唯一の「絆」です(←おおげさ


なんとなく、以前からアンカーロープの長さと向きを手掛かりに使えば推算できそうだなぁ、と思ってはいたのですが、文系で計算に弱い僕は漠然と思うだけで検証してませんでした。


それが、先日の釣行記補足に頂いた「たけちゃんさん」からのコメントで目からウロコが落ちました。そうだ中学生の時に習った「三平方の定理」じゃないですか!!


Chokkakusankakukei
こんなのでしたっけ?

直角三角形の斜辺の長さをcとし、その他の辺の長さをa,bとした時、


Pitagorasunoteiri


が成立する、というピタゴラスの定理です。


これをアンカリングに当てはめると・・・。


Ancorpitagorasu
絵に書いたらなんだかおおげさに見える(^^;; かなり単純な話です。

つまり水深(a)と海中のアンカーロープの長さ(c)が解れば、ボートがアンカーポイントから何mズレているか(b)を推算できるんですね


もちろん、潮流や風向によるロープのたわみがあるので概算にしかなりません。でも実際の釣りにおいて参考に使える場面がありそうな気がします。



さて、そうすると残る問題はアンカーロープの長さ(c)をどう把握するか?です。


これは面倒な問題ですが、不可能ではありません。以下の2つが考えられます。


1.マイアンカーロープを持参して結びかえる(又はマイアンカー使用)。
2.ボート乗船前に、アンカーロープの長さを測っておく。


上記どちらの場合でも、アンカーを打った後、ポートに残ったロープの長さを測れば海中に入っているロープの長さが効率的に解ります。


僕自身、この方法を実践したことはありません。予定も未定です(もっと基本的なやりたいことが他にも山積みですので・・・


でも、きっといつかこの妄想が自分の釣りをより楽しむ方法に繋がってくれるんじゃないかな・・・、そんな気がします


(しつこいようですが、あくまで初心者の妄想ですよただ、たけちゃんさんが実際にロープの長さを測ってアンカーワークをされたことがあると知った時は心底驚きました)






ここまでの記事は、しばらく前に書き上げていたストック記事です。

公開するタイミングを図っていたら、なんとビックリ KAKEさんが3月14日の大津釣行でほとんど実現されてます

1332053757556.jpg
引用の許可を頂きました。KAKEさん有難うございます

GPSでアンカーを落とした位置をマーキングされ、下船後に扇状のボートの振られ範囲を分析されてます。流石KAKEさんです

アンカー投下時の水深と、アンカーロープの長さ情報があれば、この扇型の範囲を船上で予測することも理論上は可能ですね

いつも未来を先取りした釣りを見せてくれるKAKEさん。夢をも与えてくれます。本当にありがとうございます



2012年3月17日 (土)

【妄想?】「置き竿向き」「手持ち向き」やっぱり竿の調子って大事なのかな?

置き竿にした時のアタリの数。竿によって偏りがあるんです。


僕は道具を見る目にあまり自信がないので、竿、リール、ラインについてはどんな製品が良いか人に語る自信が全くありません(書いたこともありません)。でも、大津でボート釣りをしていて感じることがちょっとだけあります。


「置き竿にしてる時、竿によってアタリの数に差が出ること」。
風や潮によってボートの状況は様々です。潮下側になる竿のアタリが増えたりすれば、「コマセ筋なのかな」と想像もつくのですが、僕の今までの限られた経験の中では、状況に拘わらず、置き竿の時のアタリは同じ竿に偏る傾向があります。


僕のアジ狙いは2本竿で、6:4調子と7:3調子の2本を主に使ってます。両方とも竿長195cmのバットジョイント式で、竿部分はワンピースです。


【6:4調子の竿】カーボン93%:錘負荷30~60号


64rod
エムオン「ライトタックルゲームCX 195Ⅲ」という竿です。まるでグラスムクような感じ。ガイドが18個も付いてます。カタログ落ちしてるようで最近お店では見かけません。6000円くらいだったような。

【7:3調子の竿】カーボン98%:錘負荷20~60号


73rod
プロマリン「ディアクルーズ船30ー195」。これも6000円くらい。張りがあり、明確に手持ちコンセプトの竿です。

※注意 同じ「調子」で表示されていても、実際の曲りは竿によって大きく異なります。調子の呼称より、写真の曲り具合をご参考ください。



置き竿の時にアタリが多いのはどっちでしようか?


「正解」答えは6:4調子の竿です


記録を取っていないので客観性には欠けるのですが、両方とも1年半ほどべアで使い続けてきて、置き竿の時のアタリの数は倍以上違う感じです。またイナダ、巨大アナゴといった大物外道も、掛かったのはすべて6:4調子の竿です(これは偶然の可能性大ですが


なぜ差が出るのかは考証しません(僕にはできません)。



じゃあ、6:4調子の竿を2本にすれば良いのでは?

それじゃダメなんです。この6:4調子の竿、とてもよい曲りをして、ビシの振れを適度に抑えてくれるんですが「誘う釣り」には軟調すぎて、ビシをイメージ通り振れないんです


置き竿はラクで良いのですが、誘う釣りは渋い時に効果を発揮したり、一回り大きな型が釣れたりするので、置き竿オンリーに割り切るのも厳しいです。難しいものですね



でも、今後もずっとこのぺアで釣っていくと得られる情報が限られてくるので、先日、もう1本竿を買い足しました。1.8mのバットジョイント式、錘負荷10~50号のグラスソリッドのロッドです。
今度の調子は「5:5(ムーチングアクション)」


55rod
アルファータックル「ローリングウルトラライトビシ180」という竿の錘負荷が軽い方です。4200円。振ってみるとペナペナに感じますが、グラスソリッドの粘りに期待してます。

(「ムーチング」と聞くと釣りキチ三平のアラスカ・サーモンダービーを思い出しちゃうのは僕だけでしょうか?


さて、今後のアタリの傾向はどうなっていくでしょうか・・・?





2012年3月16日 (金)

【雑談】近頃「アレ」に見えるもの・・・。

あの企画以来、後遺症があるんです


生活していると、目の前のものが「アレ」に見えてしまう時があります
長期間にわたり、観察し過ぎてしまったのでしょうか・・・。


悪夢は人に話した方が良いと聞くので、記事にしておきます。



近頃 「アレ」に見えるもの。
【その1】


朝食の時、たまに出現します。


1331908164117.jpg
死ぬ直前のアレにソックリ•••。食べろってか•••。

噂によるとこれでも魚が釣れることがあるらしいので、あながち遠くないかも。



近頃「アレ」に見えるもの。
【その2】


仕掛け研究の記事を作ってると、よく出現します。


1331908165142.jpg
ある写真アプリで美白加工した自分の指の写真です。

この幻想に囚われると逃げようがありません。



近頃 「アレ」に見えるもの。
【その3】


「世界一美しいポケモン」と呼ばれる 「ミロカロス」。


1331908166063.jpg
いままでは美しく見えてたんですよ!お気に入りだったんです(T_T)。

「世界一美しいアレ」に見えてきて訳がわからなくなります



かなり多くの方々に印象を残したらしい「あの企画」


みなさんも似たようなことをする時には後遺症が出たりしないようにお気を付けください・・・





2012年3月13日 (火)

【妄想?】(仕掛け研究4-2)エダスにも外掛け結びがあるんですね!

「エダス外掛け結び」の結び方のご紹介です。


関連記事:仕掛け研究1
関連記事:仕掛け研究2
関連記事:仕掛け研究2補足
関連記事:仕掛け研究3ー1
関連記事:仕掛け研究3ー2
関連記事:仕掛け研究補足
関連記事:仕掛け研究4ー1
関連記事:仕掛け研究5ー1

エダス結び編の準備編パート2。今回は「エダス外掛け結び」です


今回エダス結びについていろいろ調べるまで、全く知らない結び方でした。
(もし改めて書くまでもない有名な結び方だったら・・・すみません





≪エダス外掛け結び(ダブルライン)≫


まだ強度テストはしてませんが、結び方を見る限り最強クラスの期待がかかる感じです。針結びの外掛け結びを覚えていれば、結び方もカンタンです


【ポイント】締め込みの際には、しっかり結び目を濡らしましょう!あらかじめ指を濡らして結ぶのもオススメです。


Edasusotogake1
今回もヒモで説明しますね。解りやすいといいんですが(^^;;

まず、モトスで二重の輪をつくります
両手でモトスを持ち、右手側を奥側にひねりながら左手側に近づけて最初の輪を作っていきます。


Edasusotogake2
写真とるために右手離してるので右手は映りません(^^;;

最初の輪の交差点を左手で押さえたら、今度は右手側を手前側にひねりながら左手に近づけ、逆ひねりの輪を作ります。


Edasusotogake3


2つめの輪を1つめの輪に重ねて、二重の輪を揃えます。
青い点線の四角形の中(輪の交差点)のモトスの交差の仕方を確認してください。


二重の輪が完成したら、二重の輪が下向きになるように持ち替えてください(赤い点線)。


Edasusotogake4


これが下向きに持ち替えたところです。
モトスの直線と二重の輪の接点の部分が3本のラインになっているのがポイントです。


次に、モトスにハリスを沿わせます。


Edasusotogake5


モトスにハリスを沿わせたところです。


このハリスをモトスの三重線の部分に結び付けていきます。


Edasusotogake6
ここで内掛け結びをする人はモノズキだと思います。

ハリスでこのような輪をつくり、モトスの三重線の部分に「外掛け結び」をしていきます。
外掛け結びをマスターしている方なら、もう説明は不要でしょうね。


Edasusotogake7


このようにハリスを巻きつけていき(4~6回)、ハリスの先端を、赤い矢印のように輪に通します。輪に通したら、ハリスの両側を引っ張り、仮締めします。


Edasusotogake8


仮締めしたら、結び目の形が整っているか確認してから、十分に結び目を濡らし(又は濡れてることを確認し)、ハリスの締め込みをします。


3号ハリスの場合は前回同様、2kg程度の力でゆっくり締め、数回ギュッギュッと3kg以内の力で締め込めば大丈夫と思います。


Edasusotogake9


ハリスの締め込みが完了したら、今度はモトス側の締め込みを行います。


基本は両側から締めていきますが、結び目の位置を調整したければ、左右の引っ張り方で調整しながら結び目の位置を直してください。


ここでも締め込みを行うときには、結び目が濡れていることを確認してくださいね。


Edasusotogake10_2
見るからに強そうなエダス元です。

締め込みが完了したら、ハリスの余分を5mm程度残してカットします。


Edasusotogake11
完成!カンタンですよ!\(^o^)/

結び目がやや大きくなることから、エダスの多い仕掛けにはあまり向かないかもしれません(潮流の抵抗を受けやすい)。でも、モトスは輪になっているだけで結びコブになっていないことから、強度の面で期待できそうですね今後の強度テストが楽しみです





とりあえず2つの結び方をご紹介しましたが、実際の強度テスト実施まではちょっと時間がかかるかもしれません。


編み付けエダスの敷居が高くて・・・。気長にお待ちください





2012年3月11日 (日)

【妄想?】(仕掛け研究4-1)エダス結び編・まずは8の字結びです。

今回からエダス結び編に入ろうと思います。


関連記事:仕掛け研究1
関連記事:仕掛け研究2
関連記事:仕掛け研究2補足
関連記事:仕掛け研究3ー1
関連記事:仕掛け研究3ー2
関連記事:仕掛け研究補足
関連記事:仕掛け研究4ー2
関連記事:仕掛け研究5ー1

釣りに行けない日が続きますね。
図らずも自宅でできる仕掛け作りばかり進んでしまいます


いよいよエダス結びの確認に移っていきます。

エダス結びにはいろいろな結び方があるようですね。今のところ、以下の4つの結び方の強度を確認していこうかなと思ってます。


1-1.「ヨリチチワ結び(輪を出すタイプ)」
1-2.「ヨリチチワ結び(輪を切るタイプ)」
2.「8の字結び(エイトフィギュア)」
3.「外掛け結び(ダブルライン)」
4.「編み付けエダス」


1~3はほぼ習得済ですが、4の「編み付けエダス」はまだ練習中です。
なかなか苦労してますが、そのうち出来るようになると思います(希望的観測)。





今回は準備編。


各エダス結びの結び方は、ネットで検索すると解りやすい図解がたくさん出てくるので省きます。ただ、1番よく使われる「8の字結び」のハリスの長さの合わせ方と、ネット上に解りやすい説明が少ない「エダス外掛け結び」の結び方だけはご紹介しておきたいと思います。


今回は「『8の字結び』のハリスの長さの合わせ方」です。





≪8の字結び(エイトフィギュア)≫


ロッククライミングの命綱にも使われる強くて解けにくい結び方です。市販仕掛けのエダス結びはほぼこの結び方だと思います。


ここでは、あらかじめ印をつけた場所にほぼピッタリと結び目をもってくる目安を含めてご説明します。


【ポイント】締め込みの際には、しっかり結び目を濡らしましょうあらかじめ指を濡らして結ぶのもオススメです。



Eightfigure1
テグスだとうまく写真に写らないので、便宜的にヒモを使って説明します。青がハリス、白がモトスだと思ってください。

まず、モトスとハリスを沿わせ、結び目を作りたい場所を合わせます。



Eightfigure2_2
写真には写っていませんが、右手もラインをつまんでます。

次に、結び目を作りたい場所から2単位左(仮に5cm×2単位=10cm)のところを指で持ちます。



Eightfigure3

次に、右手側のラインを寄せて、輪を作ります。


(右手でつまんでいるラインを奥側にひねりながら近づければ輪ができます)


輪の直径を概ね1単位(例では5cm)にしてください。


ココがポイントになります



Eightfigure4

下側に伸びていたラインを上側に折り返します。


折り返した後、図の赤い矢印のように輪をくぐらせてください。



Eightfigure5

左手はしっかり輪の交差部分を押さえたまま、右手でラインを引っ張り、軽く仮締めします。仮締めする時、左手の指は1番最初からつまんでいるラインだけをしっかり持ち続けます。そうすれば結び目がスルスルと右に移動します。


Eightfigure6

仮締めの後、結び目をしっかり濡らして(又は濡れていることを確認して)から、締め込みをします。目安として3号ならまず2kgくらいの力で締め、ギュッギュッと数回3kg以内の力で締めこめば大丈夫と思います。


前述の目安を参考にしてもらえれば、結び目は予定の場所からそれほどズレないと思います(多少のズレは全く問題ありません)。


締め込みが完了したら、ハリスの余分を5mm程度残してカットします。



Eightfigure7
イメージ。無理矢理針を置いてみました(^^;;。

8の字結び(エイトフィギュア)は結び目が小さいことが特徴です。


エダスが多い仕掛けでも潮流の抵抗を受けにくく作れる要素になりますね





エダス結びを練習している時、針結びの時以上の楽しさを感じます。なんでしょう?ワクワク・・・?「仕掛けが作れるようになる」ことへの嬉しさでしょうか?それとも、「結ぶ方法を覚える」こと自体に何か本能的な喜びでもあるのでしょうか・・・?


悶々としがちな時節妄想しながら結んだり引っ張ったりする習慣を身にに付けてみるのも一興です。


楽しいですよ~





2012年3月 9日 (金)

【釣行延期+雑談】なんと予報が雪に・・・。やむなく延期します(>_<)

明日予定していた乗合船釣行、延期します。


雨風は覚悟してましたが、雪予報は想定外です


予定を立てて以来、徐々に予報が悪くなっていき、ついには「雪」予報になってしまいました


決行(強行)する手もあるかもしれませんが、今回は友人を集めての大切な釣行なので、改めて日を選びなおします。


良い日が見付かるといいなぁ・・・。





2月24日に「大津の水温が10度を超えた?」という記事を書きました。
その後、水温はまた10度を切ってしまい、かなり長い間切ったままでした


3月7日に10度を上回り、本日(3月9日)時点では11度をも上回りました。
ようやく明確に水温が上がり始めたと言って良さそうです

1331298760829.jpg
いつのまにか11度を超えてますね。

※大津の水温をいつも見ている神奈川水産振興センターの「東京湾口海況図」サイト。
ネットワーク障害で月曜から更新が停止していました。復旧して良かった


これで、低水温記録の日数が確定しました。前回の記事内容を以下のように訂正します。


<大津の水温が10度を切った日数>


2008年 → 計28日(1月19日~3月2日の間)
         ※9度を下回った日も2日有ります。
2009年 →    0日(一度も下回ってません)
2010年 → 計 3日(2月18~21日の間)
2011年 → 計 4日(2月13~22日の間)

2012年 → 計30日(1月24日~3月6日の間)


9度を切る日は無かったものの、2008年の日数を超えてしまいました
やっぱり今回は「超低水温の年」だったんですね。





4月になると、いよいよ大津の海苔棚やワカメ棚が撤去されます。
「ポイントはどこ~??」と海の上で迷子になりやすい季節になりますね


ヤマダテやGPS、そして魚探が本領を発揮する季節・・・とも言えるでしょうか。


寒い間は例年と大きく違っていたと言われる大津の海。
暖かくなってからはどうなるんでしょうね・・・(ドキドキ?)。





2012年3月 7日 (水)

【釣行準備】今週末、乗合船に乗船計画中です!

3月10日(土)に乗合船釣行予定です
今回は手漕ぎボートではありません。


職場の同僚であり、このブログにも何度か名前が登場している釣友「まっつー」さんが大津の海を去られます。今回の乗合船釣行は、釣り仲間を集めて行う「お別れ釣行」なんです。


職場は全国からの出向者で構成されています。まっつーさんはこの3月で出向期間が終了し、福岡に帰任されます。


ちょっとだけ思い出を振り返ることをお許しください





◎まっつーさん
釣りキャリア(バス釣り出身)が似ていて、手漕ぎボートデビューも同時期。そして大津の海に何度も一緒に出船しました。


まっつーさんは腕が良く、他の人が渋い中でも、いつも手堅い釣果をゲットする人でした。大物運もあり、1番ビックリさせられたのはおととしの7月。葉山に手漕ぎボートでのシロギス釣りに行った時、メゴチ泳がせで47cmのクロダイを釣り上げたことです



1331077920746.jpg
クロダイをメゴチに喰いつかせる釣運はスゴい!(◎_◎;)

メゴチの泳がせでクロダイなんて聞いたことがありません。ボート屋さんもビックリしてました(もちろん本人が1番驚いてましたが)。


僕が魚探を導入し、大津で好釣果を得た時も、まっつーさんは釣りキチ先生のヤマダテを武器に同レベルの釣果を確保されました。いろいろ思い返しても、釣果で負け越してることは明らかです。


良きライバル、でした


福岡に帰られたら、きっと玄界灘あたりで豪快な釣りをされるでしょうね。
(ちょっとウラヤマシイ・・・





さて、今回の釣行は乗合船ですが、大津に行く予定です


週間天気予報では土曜(10日)が雨のようですが、小雨でも決行するつもりです。手漕ぎボートと違って、雨風が吹いても出船率が高いので、大雨さえ降らなければたぶん大丈夫でしょう。


予定では「午前アジ(ライトタックル)」に乗るつもりです。

お店のレンタルビシは30号、腕長25cmの天秤、基本2mの仕掛け。おそらく大津沖の水深30m前後のエリアを釣ることになると思います。大津沖ではここしばらく、たまにアジが釣れない日も有りますが、概ね10〜30匹のアジが釣れていて、外道にはイシモチ、カサゴ、ウミタナゴが釣れてるようです。


つまりタックルも、釣り方も、対象魚も、釣れてる状況も手漕ぎボートとほとんど同じ、ということです(さすがに釣果の安定度はより高いですが)。


手漕ぎボートエリアより沖合いなので、アジの釣れ具合や外道の様子など、今後しばらくのボート釣果を占うことができるんじゃないか、と期待してます。1番の期待は「クロダイ」ですね。実は2月28日に大津沖のアジ乗合の外道で一度クロダイが揚がってます。その後は続いてないようですが、期待は高まっちゃいますね


自作仕掛けのテストも兼ねてます。乗るのは乗合船ですが、心は手漕ぎボートに乗っている・・・、そんな感じでしょうか


まっつーさんが大津で振られる最後の竿に、持ち前の釣り運が宿りますように





2012年3月 5日 (月)

【妄想?】(仕掛け研究補足)結節強度は「締め込み」がすべて!?

針結び・釣り針編の補足です。


関連記事:仕掛け研究1
関連記事:仕掛け研究2
関連記事:仕掛け研究2補足
関連記事:仕掛け研究3ー1
関連記事:仕掛け研究3ー2
関連記事:仕掛け研究4ー1
関連記事:仕掛け研究4ー2
関連記事:仕掛け研究5ー1

針結びと釣り針編はいったん完了宣言したのですが、まとめのところで大切なことを書き忘れていました


それは、仕掛けの強度を左右するのは、針の種類でもチモトの結び方でもなく、「締め込み具合」だということです。
(仕掛け作りのベテランの方々には当たり前の内容かと思います。初心者の戯言とご容赦ください


以下に補足として書き足しておきます。





【締め込みの重要性について】


エステル3号のハリスにチヌ針3号を結んだ実験での耐荷重は次の通りでした。


外掛け結び → 最大3.4kg(3.5kgでチモトが切れました)。
内掛け結び → 4.2kgに耐え、まだ余裕がありました(これ以上の荷重が危険なため終了)。


でも、この結果は「十分にチモトが締め込んであった」ものです。僕は締め込みをする際、結び目を湿らせた上、余分のラインの部分をペンチで掴み、両手で強く引っ張って締め込んでいます。これまでの実験で30回ほど針結びをしました。


しかし、毎回しっかり締め込んでいるつもりでも、5回に1回ほどの割合で締め込みが甘くなっていることに気付きました


締め込みが甘い場合、2.1kgを吊るすとチモトの結び目がタタキにズリ上がるのですぐわかります。


1330957427646.jpg
左が結び目がタタキにズリ上がってる状態。切れやすくなってます。

外掛け結びでも内掛け結びでもこれは同じです。これはチモトが切れる直前の状態であり、針結びに失敗している状態と言えます。


このことから、僕は自作仕掛けの強度確認方法として、2Lのペットボトルを吊るすことをオススメします(ハリス3号以上の場合)。
※正しく締め込んであれば2.1kgを吊るしても仕掛けの強度に影響はありません。これはエダス結び部分も同じです。


1330957831260.jpg
正しく締めこんである状態。2.1kg吊るしてもチモトの結び目はしっかりタタキに引っかかってます。この状態なら前述の最大耐荷重を発揮できる可能性が高いです。

甘くなってしまう主な原因は締め込む力が足りないせいではありません。


[1]結び目の形が綺麗になっていない場合。
[2]結び目の湿らせ方が足りない場合。


この2点だと思います。


[2]については良い防止法があります。それは「濡らした指で結ぶこと」です。結んでいる最中に舌で舐める方法だとうまく湿らせられない場合があります。このことに気付いてから、僕は水で指を濡らしてから結ぶようにしました。


[1]については結び直すしかありません。仮締めした時に結び目の形をチェックし、綺麗になっていない場合はすぐやり直します。面倒ですが、効果は高いです





【外掛け結びと内掛け結びの違いについて】


針結びの場合のチモトの結び目の締め込みについてもうちょっと詳しく書きます。


チモトでハリスが切れる原因は、結び目がズリ上がってしまい、鋭いナイフ状になっているタタキ面のエッジに擦り当たることです。下の写真がまさに結び目がタタキのエッジに当たっている状況です。


1330958105076.jpg
こうなってしまったら限界です。いつ切れてもおかしくありません。

こうならない為には、タタキに1番近い部分の締め込みをしっかりすることが大切です。


1330958106172.jpg


「外掛け結び」は、締め込みを行った場合に、タタキから遠い側から締め込まれるため、締め込みが利きにくいことになります。逆にいえば、しっかりと締め込んでタタキ側まで締め込まれていれば、十分な強度を発揮できます。


1330958106981.jpg


「内掛け結び」は、外掛けと逆に、タタキに近い方から締め込まれるため、締め込みが利きやすい結び方です。一般的に内掛け結びの方が強いとされている理由は、この特性から来ているんですね。


1330958107785.jpg





妄想タグをつけてしまいましたが、仕掛け作りの基本を学ぶ作業の中で、実際に感じることができた内容になります。やってみると色々と勉強になることが出てくるものですね


仕掛けを自作される方々、またこれから仕掛け作りをされる方々に、少しでもご参考頂けることがあれば幸いです





2012年3月 3日 (土)

【雑談】「釣り」と「わすれもの」の切ってもきれない関係!?

釣りの歴史はわすれものとの戦いの歴史。


そこまで言うと大袈裟ですが


子供の頃から忘れっぽいんです(妄想癖のせいだと思います)。そんな僕が、道具をたくさん使う「釣り」に行くと、もう大変


「何も忘れなかった」ことはほとんどありません(爆



Q.今までで1番高額な忘れ物は?


A.キャスティングロッド、リール、ライン、メタルジグのセット。合計31,000円。
石田ボートさんで下船した時に、乗船場に置いてきちゃったんです。車で佐原インターまで走ったところで気付きました(血の気が引きました)。慌てて戻ったら、置いた場所に無い(@。@)目の前が真っ暗になりました。藁にもすがる思いで、通りかかったまるまつ丸さんの方に尋ねたところ、幸運にも預かっていてくれましたギリギリセーフ



Q.1番ヒドイ忘れものは?


A.ロッド、リール以外の全てのタックルを自宅に忘れたことがあります。
金沢八景にメバル釣りに行った時。忘れないように玄関にまとめておいた荷物を、丸ごと車に積み忘れました・・・。釣り場で車のトランクを開けた時に、意識が半分吹っ飛びました。


1330697754563.jpg
イメージ。

4時間かけて自宅に取りに戻りました。
不幸中の幸いは高速道路料金が安い時だったことでしょうか・・・



Q.1番人に迷惑をかけた忘れ物は?
A.なんといっても「石田ボートさんの乗船チケット」です。


持って行くものではありませんが、受付の時に頂いたチケットを失くしてしまったんですご厚意で乗船させて頂くことはできたのですが、石田ボートさんにとても迷惑をかけてしまいました・・・。今思い出しても申し訳ない気持ちでいっぱいです(>_<)。(※hiwind247さんが証人です)



Q.最近つらかった忘れ物は?


A.「飲み物」です。
前回(2月10日)の釣りでは過去最長の7.33kmを漕ぎましたが、実は買ったはずのペットボトルを車に置き忘れたため、AM7:00前からPM3:30頃まで「飲まず喰わず」でした
かなり辛かった・・・。海の水を舐めそうになりました(どうなるか知ってるので思い留まりました)。不幸中の幸いは、夏じゃなかったことでしょうか



Q.その他、どんなものを忘れた?


A.昨年の実績で言うと・・・(笑
【持って行くのを忘れたもの】
「ラインカッター」「ハリハズシ用のラジオペンチ」「酔い止め薬」「サングラス」「活かしバケツ用のブクブク」「手拭き用タオル」「塩 (クーラーの凝固点降下剤)」


【置いてきてしまった(落としてしまった)もの】
「バケツ」「竿のキャップ(ティップガード)」「ロッドバンド(マジックテープのやつ)」


この中から、ほぼ必ず何か1つ、忘れてました



Q.何か対策してないの?


A.してます(一応
1.タックルバッグの整理。
こんなふうに小物を100円ショップの箱とバケツ(実はゴミ箱ですがに分け、持って行く箱の数でチェックするようにしてます。


1330697765075.jpg
これらをまとめるタックルバッグについては後日ご紹介します。

2.海に入れたものはバケツにまとめる。


そして下船後にすぐ水洗いしてしまい、その中身は次の釣行までできるだけ触らないようにします。これはKAKEさんを見習わせて頂いた方式です


1330697769971.jpg
見えてませんが、使い回す仕掛けとか錘も入ってます。

手漕ぎボート釣りに慣れてきたことと、こういう対策の効果で大きな忘れ物は減ってきたのですが、前記のような小物を毎回なにか1つ忘れます

「乗合船に乗った後」とか「陸っぱりに行った後」など、普段と違う動きをした後は更に危険ですね~。あるはずのものが無かったりしやすいです。


これからもきっといろいろあるんだろうなぁ・・・


皆さんもお気をつけを~
何か良い対策方法があったらぜひ教えてください





2012年3月 1日 (木)

【雑談】ブログ開設から6ヶ月を迎えました。

ブログ開設(H23.9.1)からちょうど6ケ月になりました


記事総数:134件(本記事含まず)
総訪問者数:23311人
アクセス総数:40363件


妄想中心で本筋から脱線しがちなブログ(ユムシとか)ですが、ご訪問を頂いている皆さんには心から感謝を申し上げます


釣行が多くなく「生の釣果怖報」はあまり提供できてません。チャレンジしてることは「1回の釣行ををできるだけ有意義に」でしょうか。海の上では出来るだけ多くを感じて、考えて、試すように努力してます。それもあって「釣行記」の後の「補足」はだんだんエスカレートし、前回は5回を数えてます


「釣りに関係ないことを書かない」これも小さなこだわりです。でも理由は釣り以外に興味がないのとは全く反対。他のことを書き始めると毎日あっちこっちに話が飛んで止まらなくなってしまいそうだからです(色々趣味があるのですが、どれもマニアックで、妻には呆れられてます)


記事が目に見えて減る期間があったら、その時期は何か他のことをやってると思ってください(または仕事が忙しい)。短期的に他のことにハマっても、必ず手漕ぎボート釣りに戻ってきます。ここは子供の頃からの僕の夢の世界なので・・・


あ、そうだ3ヶ月到達の時の記事で「テキストが長くて読みにくいことを反省してます」と書きましたが、全然行動に表せてません(笑


書きあげた記事を読み返してつまらなければ自主的にボツにしたり(週に1~2本はボツ)、必ず余分な文章をバッサリカットして極力無駄な文字を省いているので、なんとかご容赦ください


ブログ開始前、大津好きな人の数を想像で計算してみました。そして得た結論は「200~250人」。そしてこの数を、このブログの「1日の訪問者数(ユニークアクセス」の目標にしました。そして現在(過去30日の平均)、1日の訪問者数は約220名。ほぼ目標達成?でも本当のところ、この半年で新しく大津にデビューした方(又は近いうちにする方)の数がとても多いんだろうと思います。石田ボートさんの土日の賑わいを見ていると、今は母数が2倍以上になってるような気がします


アクセス数(PV)はあまり意味がわからないのですが(ブログの作りで結構変わっちゃう?)、一昨日(2月28日)時点で40000PVを超えたみたいです。ちょうどキリの良い数字ですね。覚えやすくて嬉しいです



HEPPOは「ヘッポコ釣り人」の「ヘッポ」。


釣りの腕前はxxxxですが、自然の優しさと怖さを体いっぱいに感じる喜びの虜です。



偉大な先輩方と、素晴らしい同好の方々、そんな皆さんと、これからもずっと楽しく情報交換をしていけたらいいな、と思います





« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ