« 【釣行記補足4】今回釣れたコノシロの調理法及び食味について。 | トップページ | 【ユムシ観察記】ついに最終話!ユムシ1号、2号、3号よ永遠に・・・!! »

2012年2月16日 (木)

【釣行記補足5】HEPPO式?アンカーロープのホールド方法!

手漕ぎボート釣り師の皆さんと共有したい「アンカーのホールド方法」です。


「HEPPO式」なんて大袈裟に書いちゃいましたが、すごく単純なことです。今回試してみたら、とても上手くいったのでご報告します


※当たり前のことだったりしたらスミマセン・・・。自分的にはブレイクスルーだったんです





京急大津の手漕ぎボートはコンクリブロックの重〜いアンカーで有名です。アンカーの打ち直しとなると、かなり体力を消耗します。このアンカーの重さが理由で「ポイントの移動は2~3回が限界」という人も多いのではないでしょうか。


僕はこれまで、6~7回が限界ラインでした。でも、今回の釣行では、軽く10回を超えるアンカリングが出来ています。なぜでしょう??


実は「アンカーを宙づりにした状態」でボートの小移動をしていたんです


Anchorhold
いちいちアンカーをボートまで引き上げるのは労力が大きいですもんね。


これを実現する上で活躍してくれたのが以前もご紹介した「ナイロンバネクランプ」です。


1329356071206.jpg
再び登場。手漕ぎボートで何かと便利。ホームセンターや通販で100〜300円くらい。




アンカーをある程度引き上げ、こんな風にアンカーロープを挟みこみます。


1329317461420.jpg
クランプはもともと複数のモノを挟んで固定するもの。本来の使い方と言えるかもしれませんね。



アンカーロープには結構結び目があります。その結び目で挟みこめば、ズルズル抜けることもありません。実験してみたところでは、結び目の無いところでもちゃんとホールド出来てました(潮の抵抗が大きいと違うかも)。


握るだけで使えるクランプなので、ホールドしたい時も外したい時も、素早くパッとできますこれは便利ですよ~



この方法が役に立つ場面には、アンカー打ち直しの他にこんな時もあります。


・海中ロープに引っ掛かってしまったアンカーを外す時。
再びアンカーを落とす必要がありません。引っかかった状態のままナイロンバネクランプでホールドし、ポートを前進させればすぐに外れてくれます


・流し釣りをしたい時。
アンカーを中層に宙づりすれば簡易シーアンカーになります。もともと可能なことですが簡単にできることがウレシイですね
※この「アンカーを利用したシーアンカリング」についてはもうひと工夫して後日別記事で書く予定です(夏に葉山でマゴチ狙いをする時、実際に使ってみる予定)。


・他にもマニアックな使い方が・・・。
妄想になってきてしまうので、後日妄想記事として書くか、または実際に検証できたらご紹介しますね



ただし、以下の点にはご注意ください。

あくまで仮止めです。アンカーが決まった時はキチンとロープを結ばないと、強い風や波で気付かないうちに外れてしまう可能性があります。


②高根まわりなどで宙づりにしたアンカーが横から根に突っ込んでしまうと、外れ無くなる危険性があると思います。


③バネクランプには色々な製品があります。大きさが合わなかったり素材が劣化していると、しっかり固定できなかったり、突然割れてバネが飛んだりするかもしれません(とりあえず僕は開口幅が50mmのものを使っています)。


④バネクランプの操作は強い握力を必要とします。中途半端な姿勢で行うと腕を傷める可能性があります。できるだけ両手で操作するのが望ましいと思います。


⑤慌ててボート上で姿勢を崩さないようにくれぐれもご注意ください。


⑥ナイロンバネクランプのこの可動部分(↓)は、製品よっては非常にパーツが外れやすいです。無くさないようにご注意ください。


1329393888441.jpg
別に無くなっても使えますが



当たり前ですが、バネクランプはボート用の製品じゃないので、性能や安全性の保証はできません。実践される場合は自己責任でお願いします(僕が実際に使っていることだけは確かです)。



応用範囲の広いナイロンバネクランプによる「アンカーのホールド」。興味のある方はぜひお試しください少しでも皆さんがボート釣りを気軽に楽しむことに繋がれば幸いです





5回を数えた今回の釣行記補足(しつこい)。これにて完了です





« 【釣行記補足4】今回釣れたコノシロの調理法及び食味について。 | トップページ | 【ユムシ観察記】ついに最終話!ユムシ1号、2号、3号よ永遠に・・・!! »

コメント

HEPPOさんおはようございます。

なるほど~。
また欲しいものが増えました
おいくらくらいするもんなんですかね?
ホームセンターとかで売ってるのかな?

普通にアンカー落とした後、余分なロープが出ていかないように止めるのにも
使えますね

またまたお勉強させてもらいました~

> せーじさん
コメントありがとうございます。

ナイロンバネクランプはホームセンターならだいたい300円くらい。100円くらいのところも見たことがあります。色んなサイズがあります。とりあえず開口幅が50mmなら使えると思いますよ。

シンプルな道具なのでアイデア次第で色々使えます。僕はいつも余分に持参してます(^-^)。

あくまで仮止めなので、アンカーが決まった時はキチンと結ばないと、強い風や波でいつのまにか外れたりするかもしれません。その点はお気を付けください。

HEPPOさんへ

アンカー宙吊りの絵が・・・。
分かりやすく、最高です!!
アンカーが底に着いた感じ、そしてリアルなアジ。
うーん、天才画家かも知れないゾ。
(知れないゾですヨ。冗談抜きで、絵を見ながら暫し研究中です)

KAKEさんのブログの所為(?)で、絵が今気になるんです(ブログC師者として)。
③の「♪」の使い方、絶妙です。このたった一つの♪マークで、全てを物語っています。

釣り人泣かせの石田ボートのアンカー対策、滑車でも付けたくなって来た所です。
実際に、滑車付けてるボート店もありますよネ。

    石田ボートのアンカーと戦っている釣り師より

> 釣りキチ先生 様
コメントありがとうございます。

絵心は無いです。でも先生に褒めて頂けるのは嬉しいです
僕は諸事情あってペンタブがまだ放置状態。なのでコレはマウス書きです。

Microsoft Excelのフリーラインで書いた「図」を重ね合わせてるだけなんです。
(あ、アジは本物の写真の縮小ですよ〜

春になったらペンタブ修行を始める予定です
先生の熟達スピードには絶対かなわないと思いますが

HEPPOさんこんばんわ。

なるほど!!
確かにそうすると少しは楽ですね♪
次回試してみます。

「バネクランプ」
そういった使い方もあるんですね!
実は何か使い方が他にもあるかも・・・と
私も2個購入していたのです。
1つは勿論魚探に使用(笑)
これでもう一つの使い道も出来ます。

いつも参考になる情報を本当にありがとうございますm(_ _)m

> Heavysizeさん
コメントありがとうございます。

単純な道具は応用の幅が広いですよね(^-^)。
まだまだ使い道が有りそうなので、今は色々なサイズを常に持ち歩くようにしてます!

それにしても、春が待ちどおしいですね〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記補足4】今回釣れたコノシロの調理法及び食味について。 | トップページ | 【ユムシ観察記】ついに最終話!ユムシ1号、2号、3号よ永遠に・・・!! »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ