« 【釣行記】京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記補足2】イシモチの血抜きと身の色、食味について。 »

2011年12月20日 (火)

【釣行記補足1】GPSログ、釣行テーマ等。

ポイント移動0回!ログの意味もあまり無いような・・・(汗


20111218log
総移動距離 3.9km (陸上移動分を差引済)
総移動時間 06:47:15

平均速度  0.6km/h
最高速度  11.7km/h


※「DIY GPS」のログエクスポート情報。



【釣行テーマについて】
事前に決めてあった今回の釣行テーマの実行結果です。


1.アジとイシモチを狙うため、平根か深場を狙う
とにかく今回はイシモチをゲットして昆布〆が食べたかったんです。そこで最もイシモチの実績が高い中根の深場と決めました。前日の情報では3枚目と5、6枚目が良かったと聞きましたが、今シーズンの実績も高く、深場のキワでもある4枚目に惹かれました。結果として幸運にもアジとイシモチが十分な数(24匹の定数オーバー)釣れ、僕的には上出来すぎと言える結果になりました。


2.潮が流れない時間が長そうなので、アオイソメを主体に使ってみる
個人的にイシモチの実績が高いアオイソメ。結果は「吉」とでました。途中、潮が流れ始めた時に、2回に分けて合計1時間半ほどオキアミと併用してみましたが、その間の6匹のアタリがすべてアオイソメ。また、アジとイシモチが同じ割合で釣れたことも特徴です。もし同じエリアでオキアミ使用の方々がアジ多めという情報があれば、「イシモチにはアオイソメ」の信頼感がちょっと上がるかもです。


3.ビシ竿2本体制で短ハリスと長ハリスの仕掛けを試してみる
AM11:30頃に来た大物のアタリ(当初クロダイかと思いましたが、釣りキチ先生の指摘からイナダの可能性が高いと思っています。釣りキチ先生ご指摘有難うございました)。
ハリス3.5m+クッション50cmの長ハリス仕掛けでした。短仕掛け(2.2m)と共に、ビシ着底からハリス分+50cm巻き上げた状態で置き竿です。
たった1回では検証にはなりませんが、大物のアタリがあったのは長仕掛けの方でした。今後もこの体制は継続しようと思います。



【実釣中の状況について】


実は、中根の海苔棚に係留して釣ったのは、今回が初めてです。それを前提とした感想・疑問になります。


•上にも書きましたが、ビシ仕掛けはハリス分+50cm巻き上げを基本にしていました。これは午前中は潮が流れないことを前提に、流れが無い時でもエサがベタ底にならないようにするためです。

次々に釣れては来るのですが、殆どが上針に掛かってきます。これは今までの経験では珍しいことです。試しにハリス分+1m巻き上げて釣って見ると、下針に掛かることが増えたように思いました。


•ビシの着底と引き上げの際には、砂地のようなズボッとした感触があるのですが、もしかしたら海底から50cmくらいまでは何かが堆積していてエサが漂わないのでしょうか?

確かKAKEさんのブログに以前そういったことが書いてあった気がして、帰宅後に確認しました。有りました!(→この記事です

KAKEさんの調査だと1mくらい堆積してるようですね。今後気を付けたいと思います


•風も潮流も無い中で海苔棚に係留するのは難しいですね。船が安定しないことと、仕掛けと海中ロープの位置関係に気を使わなければならないのは良いとして、船体が海苔棚の内側に入ってしまうことは避けなければならないと思います。船体が入ってしまうと、養殖中の海苔をこすってしまう恐れがあります。風が変わり、良くない状況になりそうだったのですが、海苔棚側のオールをおろし、係留点とオールの2点で海苔棚のロープに引っ掛ける状況にすることでボートを安定させることができました。他愛もないことですが、後日図解しようと思います。


•前回(水温15.5度)猛攻に遭ったフグですが、今回全く気配がありませんでした。ネットで情報集めをしても、17〜18日にフグの話は見当たりません。大津の水温は14.6〜14.7度。やっと何処かへ行ってくれたみたいです


泳がせ竿。朝8時前から沖上がりまでずっと出していました。タナは中層。スズキ狙いです。水温15度を切っていて、小潮でもあるので、青物は回って来ないと踏んでいました。すぐ近くの方にヒットした大物はワラサだった可能性が高いので、正直、読み違え感があります



【その他】


•久々にたくさんのアオイソメを針に刺したせいか、両手の親指と人差し指の指先の皮がボロボロに剥けてしまいました。最近オキアミメインだったので、すっかり忘れてました


•だいぶ寒くなりましたが、日曜日の大津は大賑わいでした。親子連れもいて、大津の海が大好きな人達は寒さなんて関係ないんだな、と改めて思いました(自分も含めて)。

1年中アジが釣れる釣り場というのも罪作りなものですね


•イシモチの刺身!息子が「これ昆布〆?」と言うくらいうまみがあって美味しかった(昆布〆は翌日用で、当日の夕食はお刺身。でも本当に昆布〆のような味わいでした)


1324339112838.jpg
当日の夕食。アジ5匹、イシモチ5匹のお刺身。息子が半分近くペロリ

•翌日の朝食はアジ茶漬け。「手漕ぎボート釣り&食べる話」のKAKEさんのオススメを早速実行させていただきました。美味しかったKAKEさん有難うございます


1324339120548.jpg
たっぷりのお刺身にアジとイシモチのお出汁。たまりません




« 【釣行記】京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記補足2】イシモチの血抜きと身の色、食味について。 »

コメント

大変貴重な調査内容ですね。
次回是非参考にさせてもらいたいと思います。
当日は方向が方向が定まらず苦労しました。
ところで写真下はイシモチでしょうか。
随分色が白いようですが、良いイシモチ血抜きの方法あるのでしょうか。

> hiwind247さん

コメント有難うございます。
また大津の海でご一緒できたんですね。嬉しい限りです(^o^)/
hiwind247さんも良いポイントに当たられていたようですね!

ボートが安定しないのは本当に困りますよね。

実は次の記事でイシモチの血抜きについて書こうと思っているところです。

発端は、海の上で「あ!イシモチの血抜き忘れてる~」と気が付いた時に、
「じゃあ、血抜き有り無しの比較企画にしよう!」と思いついた次第です。

2日以内にはポストできると思いますので、お楽しみに!(^_^)/

初めまして、APSと申します。釣りキチ先生のブログからこちらに辿り着きました。早速楽しいたくさんの記事を拝見させていただきました。ありがとうございました。

18日、私も子連れで石田ボートさんにお世話になりました。もしかしたら、私たちの1つ前のボートがHEPPOさんではなかったでしょうか?

私たちは、幸いスズキ2匹とアジ33匹をゲットできました。イシモチが全く釣れなかったのが少々残念でしたが。

海苔棚への係留についてですが、私はどうも苦手です。HEPPOさんのおっしゃるように、風や潮によってはボートが海苔棚そのものや海中へのロープに干渉してしまうんですよね。さらに、できれば一日を通して移動しなくて済むと嬉しいので、風向きが変わってもロープにかからないような海苔棚から離れたところにアンカーを下ろすことが多いです。ベテランの方々がうまく海苔棚に係留していらっしゃるのがうらやましく、よい方法があれば参考にさせていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

> APSさん

コメントありがとうございます。
僕が列を離れていた時に気を使ってくださった方ですね
その節はありがとうございました

息子さんとアジ33匹+それぞれスズキを釣りあげるなんて、
夢のような話ですね(@。@)
僕も5年生と3年生の子供がいますが、羨ましい限りです

息子さんも一生忘れないでしょうね。

僕は決してベテランではありませんが、今回の海苔棚係留で
気をつけたことは記事にする予定です。

図を数枚描こうと思っているのですが、なかなか時間が無いので
しばらくお待ちください

先日連れて行った息子は小3ですから、下のお子さんと同級ですね!

実は、上に2人、高1と小6の息子もいるのですが、最近では全く付き合ってくれません。3年前に釣りを始めた頃は誰が一緒に行くかで争っていたのに…

そんなわけで、1人釣行が多くなってしまいました。でも、大津の先輩方はみな親切ですし(人見知りであまり話ができないのですが)、釣れても釣れなくても楽しませてもらっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【釣行記】京急大津・石田ボートさん | トップページ | 【釣行記補足2】イシモチの血抜きと身の色、食味について。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ