« 【便利道具】iPhoneをGPSとして使う!(後編) | トップページ | 【釣果情報】9月15日(木)本牧海釣り施設サバ好調! »

2011年9月15日 (木)

【妄想?】クーラーボックスと氷のしょっぱい関係

当日のお刺身でもコリコリ感が変わっちゃう。


(H23.9.17追記 この続きの記事があります)


1316010957877.jpg
35cmの良型アジ2本のお刺身。コリコリでしたlovelyshine



釣りの先輩方には当たり前のことかもしれませんが・・・coldsweats01



ある船宿でアジの乗合船に乗った日。その日の夕飯のアジのお刺身が抜群にコリコリしていたことがあります。魚をさばくときに気がついたことは、クーラー内の海水がキンキンに冷えていて、触るだけで指先が痛くなるほど。よく見ると下船時に船宿でもらったペットボトル氷の周囲の海水がみぞれ状に凍りかかってました。刺身にしたアジは、氷締めがよく利いた状態だったみたいです(真夏sunの話)。


普段の手漕ぎボート釣行の時は、水を入れて自宅の冷凍庫で凍らせた500mlのペットボトルを2本くらいクーラーに入れてます。で、帰りにはコンビニでロックアイスを買ってそのままつっこんで補充したりしてます。帰宅しても氷はまだ十分溶け残っていることが多いです。でも、あの氷締めの利いたコリコリ感は再現できませんthink(十分美味しいけど)。


何が違うのかというと、その船宿では乗船前と下船後にそれぞれペットボトル氷をくれるんですが、中の水が「干物の漬け汁にも使える塩水」になってたんです。


下の表は、食塩水の塩分濃度と凍る温度(凝固点)の関係を表してみたものです。水1Lあたりに溶かす食塩の量も書いてみました。


Gyoukoten



海水の塩分濃度は3.1~3.8%らしいです。つまりマイナス3度くらいまでは凍らずに液体のまま。


僕の指先をシビれさせたあのクーラー内の海水は、まさにこの温度だったんだろうと思います(みぞれ状に凍りかけてたので間違いないかな?)。


真水を凍らせた普通のペット氷は0度で解けるので、いくらたくさん投入してもこの温度までは下がりません。


干物の漬け汁は、作り方によっても違うはずですが、だいたい水1Lあたり50~80gの塩を溶かして作ります。もし80gの割合だったとすると、凍る温度は約マイナス6度。なるほど、まわりの海水が凍るわけですね!


クーラーボックスに入れたアジが即死する温度が何度かわかりませんが、あの「マイナス3度」の海水が理想なんだと思います(魚を入れるたびに魚の体温で温度が上がっちゃうので、入れ食いの時ほど難しいと思うけど・・・)。



ところで「干物の漬け汁」。一般家庭の冷蔵庫で凍らせられるの??


国産の冷蔵庫メーカーの製品だと、製品によって設定可能な冷凍庫の温度が違う場合もあるけど、基本的にどの冷凍庫も「マイナス18度」が普通みたいです。


自宅の冷凍庫で試してみたのですが、500mlのペットボトルであれば、2日もあれば凍らせられました。ただし、外側が凍っているように見えても内側がまだ凍ってない状態が長く続きますので注意が必要。


超低温で急速冷凍できればいいのですが、普通の冷凍庫だと外側の水から塩分がジワジワと逃げ出し、塩分濃度が下がった状態で凍り始めます。必然的に中心の方の塩分濃度が高くなって、凝固点の温度が低くなっていくので、中心まで凍るには長い時間が掛かっちゃうのです(溶ける時は逆です。外側は0度で溶け始めるけど、中心に進むほど温度が下がっていきます)。


でも、とりあえず「干物の漬け汁」程度の塩水なら、時間さえかければ普通の冷凍庫で凍らせられるワケです。コレを実践しないテはありません!!(あとで干物作りにそのまま使えるんだしhappy02



コリコリしたお刺身をより身近にするためなら、妻の説得くらい・・・。


僕「あの~、2Lのペットボトル凍らせたいんだけど」
妻「そんな場所あるワケないだろ。500ml1本にしとけ!」
ああ、またダメか・・・weep



« 【便利道具】iPhoneをGPSとして使う!(後編) | トップページ | 【釣果情報】9月15日(木)本牧海釣り施設サバ好調! »

コメント

あのー、ペットボトルは500mlを2本凍らせてあげたと思うのですが…。
もう入れてやんないぞ(♯`∧´)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【便利道具】iPhoneをGPSとして使う!(後編) | トップページ | 【釣果情報】9月15日(木)本牧海釣り施設サバ好調! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ