トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の31件の投稿

2011年9月30日 (金)

【釣行準備】いよいよ明日!今回のテーマは・・・。

明日の土曜日(10/1)、3週間ぶりに釣行予定!

第1候補は京急大津でボート釣り。

アジ釣り初心者(ボートは初めて?)の会社の同期が一緒です。何とか良い釣りをしてもらいたいなー、と思います(船頭としての自分の腕にかかってる)。


北緯20度線以北に台風はいませんし、雨の予報は金曜日にずれてくれたので、残る天候の問題は「風」のみ。今朝はかなり強い南西風が吹いているようですが、明日の朝はまた北風になってるはず。もし強い北風なら、同じ大津港から出るアジの午前船に切り替えるつもりです。


ところで、今回のテーマ(ボートで出漁する場合)ですが・・・。

 ○アジの根を探し当て、「DIY GPS」+「マイ海図」体制の初陣を飾る
  (初めてGPSログも取得予定です)

 ○ビシ仕掛けでオキアミと青イソメそれぞれの反応を見る
  (何度もやってますが毎回反応が違い、使い分けが難しい・・・)

 ○泳がせ釣りで大物(青物)狙い
  (今回初めてスカリを導入!)


2人乗船で出せる竿が少ない為、前回釣行でやり残した「胴付き仕掛けで色々な付け餌を試す」は今回も見送りにします。



あとは、どこのポイントから攻めるか?ですが、明日の朝に状況をみて決めたいと思います。29日の石田ボートさん釣果は「まだ岸寄り」とのことですが•••。

どうか良い釣りができますように~




2011年9月29日 (木)

【便利道具】「Fishing Cube mini」!

買ってしまいました。


電動リールを持ってない僕が・・・なぜか買ってしまった電動リール用バッテリー
そうです。「iPhoneのサブバッテリー」として購入したんです


正確にはちょっと違います。なにせただのサブバッテリーとして見たらべらぼうに高いですので・・・。


決め手は「電動リール用バッテリーとしての基本性能が高いこと」でした。参考までにダイワから発売されている最新型の電動リール用バッテリーと比較してみました。



Daiwaripo_2


ダイワ「スーパーリチウム 6600WP-L-C」
・重量約800g。
容量6600mAh
・価格29,290円(ナチュラム価格)
・スマホの充電はできません。


Fishingcubemini2


八重洲電業「Fishing Cube mini」
重量約450g。
・容量5000mAh。
価格17,800円(シマノ、ダイワ用接続ケーブル同梱版の上州屋価格)。
スマホの充電できます(iPhoneを3回フル充電可)。


同じリチウムポリマー電池で、ダイワ純正品を上回るスペック&コストパフォーマンス。電動リール用バッテリーとしてはとても優秀な製品です。将来電動リールを購入したい希望もあるので、ムダな投資にはならないはず・・・



とにかくこれで、ボートに乗っている間中、GPSログを緊密に取り続けてもバッテリーの心配は無くなったはずです(これが嬉しい。しかも防水構造で、対衝撃プロテクター、キャリングケース付き余計な心配なしで使えそうです



1317252605102.jpg
このパッケージはコード付版。

1317252622591.jpg
USB給電端子が付いてます。これが重要。あれ?よく見ると商品写真と端子の位置が違うみたい。

1317252634037.jpg
パッケージをあけた段階で、4分の3は充電されてました。あ、そっか。電池だから最初から充電はされてるんですね



第一印象は申し分ありません。あとは今後の活躍に期待です




2011年9月28日 (水)

【水温情報】海水温は急激に低下中!

ここ1週間、海水温は急激に低下してますね。

台風の直撃をうけた9/21と、1週間後の今日(9/28)の海況速報を見てみると・・・。


1317217829918.jpg
全体にオレンジ色が広がってましたが•••。
1317217831803.jpg
一週間で、オレンジ色はほぼ消えてしまいました。

東京湾内の海水温は28日は観音崎の外側くらいまでしか表示がありませんが、おおよその見当はつきます。このとおり「約26.0℃」から「約22.5℃」。1週間で約3.5℃も低下しています。

また、横浜市本牧にある「本牧海釣り施設」で発表されてる水温をみてみると・・・。



 9月21日 → 25.5℃ ※台風当日朝の発表。


 9月28日 → 22.0℃



やっぱり約3.5℃低下してます。

8月から9月21日までは平均的にはほぼ25~26℃で推移してきてましたので、これは急激な変化といって良いと思います。

本牧海釣り施設に通っていた頃の経験だと、回遊魚は水温20~22℃くらいが1番よく回って来ていました。そういう意味ではプラスに受け止められるのですが、沿岸に居ついている魚(根魚等)は、急激な水温の変化で活性が下がるケースもあると思います(メバリングの経験ではそうでした)。

根まわりに居ついている固体も多いと思われる大津の金アジ達は、「回遊魚」と「根魚」のどっちの特性に近いんでしょう?そして深場に落ちていく水温は何度くらいなんでしょう?

潮まわりや濁りなどいろいろな影響があるのでしょうが、後学のために今週末の釣果情報には特に注目したいと思います(願わくば自分の釣果も含めて・・・

「どれくらい釣れるか?」「どこで釣れるか?」。楽しみですね~




【気象情報】台風19号発生。でも•••!

予想通り台風19号が発生

1317167341926.jpg

1317168044611.jpg


あのたまごが孵化。




でも、進路予想はまっすぐフィリピン方面です。
日本沿岸にうねりが到達するのは、台風「北緯20度線」を越えた位置にある時なので、このままなら今週末に台風の影響はなさそうです

1317167353011.jpg

参考→ 海上保安庁「秋の気象と海釣りの注意」




ただ、台風が来なくても、天気予報では前線が北上して「土曜日だけ」雨が降る予報なんですよね•••




週末までになんとか好転してくれないかな〜。


2011年9月27日 (火)

【便利道具】「DIY GPS」+「マイ海図」!

「マイ海図」をご存知ですか?


「DIY GPS」の特徴を整理してみると・・・。


  • 上が北で平面の地図であれば、なんでも地図データとして取り込める
    (逆に言うと、地図データ(画像)は自分で用意しなくちゃいけません)

  • 3G回線やWifiなどの電波が一切届かなくてもGPSとして使える
    (これも、「地図データは自分で入れる」仕様だからできるのです)

  • 地図は必要に応じて切り替えて使うことができる
    (概要地図と詳細地図をトラック記録中に切り替えることもできます)


この特徴を知って購入を決めたとき、ちょっと思いつきがありました。それは、「ボート釣りの神様」の1人、「<友>」こと「増渕薫氏」が作成・販売しておられる「マイ海図」との相性がバッチリなんじゃないかな、ということです。



Tomo_2


友よ。


マイ海図は同氏が膨大な時間と労力をかけて実測した主要ボート釣り場の海底地形の集大成です。


 ⇒ 「マイ海図とは?」


この海図は釣り場単位ではなく、主要な根単位で作成されています。例えば、京急大津の海の場合、以下の7つの根の「マイ海図」が販売されています。


 ・下の瀬根(通称「ヤマダ電機前」)
 ・富士山出し西(通称「丸根」)
 ・富士山出し東(富士山出し本体から「海底遺跡」(神ブログの主・KAKEさん命名)まで)
 ・カゴオトシ根
 ・武山出し
 ・中根
 ・五ッ根



1317133113804.jpg
四角で囲われた7つの根。

1317133115225.jpg
ボート上で使えるようにパウチされてます。

これらの詳細海図は、A4カラー印刷の紙をパウチ処理した状態で販売されています(1枚190円という「破格」の値段)。Garmin用のデジタルデータ版も発売されていますが、そちらはもうすこし値が張ります。



つまり、大津港からポイントを目指す時にはKAKEさん公開の「主要な航路.kml」等を元にした京急大津の海の全体画像を利用してポイントに向かい、ポイント付近に到達したら地図を「マイ海図」を取り込んだ詳細海図に切り替えて、根に対する自分の精緻な位置を確認しながらアンカリングする、という方法が可能になるはずなんです。


実際に京急大津の7つの根まわりのマイ海図を購入し、スキャンしてDIY GPSに取り込んでみました(マイ海図はGPS座標が明記されてるので地図設定も簡単なんです)。


1317133615277.jpg
この全体図でポイントへ。

1317133616811.jpg
付近にはいったらこの詳細図に切り替え確認。

複製・公開等は禁止ですのでこれ以上は載せられませんが、イメージは伝わるでしょうか?


これで今回のGPS戦略は準備完了です



・・・って、あれ?まだバッテリー対策してなかったっけ?



【気象情報】ちょっとイヤな予感•••f^_^;)

今週末こそは台風の無い釣り日和に〜。


現在発生している台風はこの2つ。

1317092977893.jpg

1317092988474.jpg




2つとも東京湾での釣りにはほとんど影響しない場所にいます。おまけにもうすぐ消滅しそうです。


やった今週末こそはバッチリ釣り日和〜



と、思ったのですが•••。
衛星写真を見てみると、なんかあやしい雲の塊が



1317094203471.jpg

もしや、台風19号の「たまご」



この雲の塊がもし台風になっても、週末までに日本に迫ってくることは無いと思います。


でも、フィリピン沖に台風がいるだけで日本沿岸にはうねりが来てしまうので、ボート釣りには影響が出てくる可能性があるんですよね•••。


今週末のボート釣行は2人で乗船予定なので、気になるところです。


早いとこ消えてくれないかな〜〜



2011年9月26日 (月)

【追加情報】9/24まっつーさんの釣果ポイント!

「排水溝2つ目沖合い200mの根」。


9月24日(土)に職場の同僚「まっつー」さんがアジ30匹を釣り上げたポイントを確認することができました(すごい時代になりましたね)。大津港から数えて2つめの排水溝からちょっとだけ東にズレた場所の沖合い約220m。いわゆる「排水溝2つ目の沖合い200mの根」だったみたいですね。


Mattsuuajipoint_2


次回こそはGoogle Earthに自分のGPSトラックを表示させたいなぁ

ボートの片舷から水深22〜23m。反対側の舷から仕掛けを入れると水深20mだったそうなので、根のかなり険しい部分の上だったみたいです。




今週は気温が低い状態で安定しそうなので、水温も下がり始めそうですね。アジがいつまで岸よりにいるかは難しい判断に。今週末は状況が変わるかなぁ・・・。


DIY GPSにはポイントのマーキング機能はないんですが、まっつーさんはGPSトラックの「記録開始」→「記録終了」とすぐに操作することでトラックポイントを残してくれました。これでマーキングに代えられますまた、KMLファイル又はGPXファイルでのトラック書き出しも出来ますので、Google Earthやカシミール3Dへのトラック取り込みもカンタンです。楽しみが広がりますね~

さて、次回釣行(10月1日予定)の準備として「DIY GPS」でやっておきたいもう一つのことがあるんです

それはまた次回に~



2011年9月25日 (日)

【釣果情報】京急大津・澄み潮収まるもアジはまだ岸より?

職場の釣り友「まっつー」さんからメールが届きました。


9月24日(土)に京急大津・石田ボートさんから出航したそうです。

結果、なんとこの日の竿頭

924chouka


他にも30匹の人はいたみたいなので、タイ記録かな?

実際の釣果は「アジ30、クロムツ2、カサゴ3、メバル3(他リリースサイズ多数)、ゴマサバ1」とゲストも多彩だった様子です。
1316947680246.jpg
クロムツも結構良い型。やったね〜!o(^▽^)o

メールで教えてもらった釣行内容の概略を速報的に書いておこうと思います。


<9月24日(土)京急大津・石田ボートさんから出航>


  • 天気は良かったが、風強く、うねりもかなり入ってきていてボートを漕ぐのが大変な状況。

  • 五ッ根を目指すも、1時間弱漕ぎ続けても到着せず、断念

  • しょうがなく、石田ボート情報で昨日良かったという排水口沖の様子を見に行った。

  • 排水口沖周辺に先に入っていた人達に聞いて回ったところ、小アジが釣れている情報をゲット!

  • その情報を参考に、二つ目の排水口の沖合い200mくらいのところで実釣開始。

  • すると型は小さめなものの、メバルとアジが立て続けに釣れてきた。

  • 結局、釣り始めた8時から納竿の12時半まで途切れることなく釣れ続けた。

  • 釣れたアジで泳がせ釣りの竿も出していたが、2~3回竿が絞り込まれ、巻き上げるも途中で軽くなってアジだけ取られている、という状況が2~3回有った。

  • 石田ボートの若女将さんによると、スミイカがいるからじゃない?エギ使えば釣れるはずよ~、とのこと。



全体的に型が小さめだったみたいですが、良い釣果ですね~さすがです

まっつーさんはiPhoneユーザーで、今回の釣りでは「DIY GPS」を初導入されてます。GPSログも取ったみたいですので、後日ログを頂いて確認させてもらおうと思います~。


スミイカ!これからしばらくはエギを持っていっても面白いかもしれませんね~



2011年9月23日 (金)

【便利道具】デオドラントペーパーって・・・すごい!

釣りの後の手のニオイ・・・。

ボート釣りを終え、陸に上がると、いつもまず着替えます。そして顔をおしぼりかウェットティッシュで拭いたりしてサッパリしてから帰途に着きます。でも、車の座席につき、ハンドルを握る前にちょっと指のニオイを嗅いでみると、いつもクサイ。魚の生臭さやアミコマセのニオイって、なかなか取れませんよね・・・

でも、今年の僕は違うんです。

臭いません。完全に無臭になります。初めて指が無臭になっていることに気付いたときには感動しました。

それは、釣りの後の顔拭きに、いつものウェットティッシュではなく、偶然持っていた別のペーパーを使った時のことです。何気なくこのペーパーで顔やら首やらを拭き、スーッとする気持ちよさを感じていました(冷感タイプなんです)。そして、いつものように車の座席につき、習慣的に指のニオイを嗅いでみると・・・。なんと、全くニオイがしません他のニオイでごまかされているワケではなくて、クサイ臭いが完全に消えている感じです。

このペーパー「GATSBY デオドラントボディペーパー アイスタイプ」です

1316758136670.jpg
30枚入りがコンビニで500円くらいです。
1316758148947.jpg
一度開けてもフタで密閉可。4ヶ月後でも使えました。


汗をかいた男性の体臭を消すためのものですが、釣りの後に使ってみてください!効果テキメン!しかも拭いた後にはスーッと冷えて気持ちいいですよ~!!(アイスタイプは冷却刺激がかなり強いので、肌の弱い人は顔は拭かない方がいいと思います)。

いいものに出会いました。これはもう手放せません

 

2011年9月22日 (木)

【釣行準備】来週土曜日(10月1日)、釣行計画中!

次回釣行は来週土曜日(10/1)。京急大津予定!

今週末の3連休は子供の運動会や、初めての家族BBQの予定があり、一家団らん

次回の釣行は来週土曜日に照準をセットです。偶然にも、会社の同期(海釣り経験ほとんどなしかな?)から「アジ釣りに連れてって~」という連絡があり、丁度良い機会になりそう

まずはボート釣行で計画中です。でも2人乗りになるので、波が高そうなら乗合船に切り替えると思います。


最近、会社で「釣りに連れてって」や「釣りを教えて」と言われることがたまたま続いたんです。その理由は偶然にも「子供を釣りに連れていけるように」ということで共通してました。

釣りって昔から大切な親子のコミュニケーションを持つチャンスなんですよね!なぜか日本映画ではあまり見かけませんが、外国の映画ではお父さんと息子が釣りに出かけて人生について話したりするシーンをよくみかけますよね?

ウチの息子と娘は、今が丁度良い年齢なんですが、どうなるかな~

【妄想?】京急大津のカサゴは色がキレイ!

大津のカサゴはいつも色がキレイ。


1316644244929.jpg
クーラーに彩りが加わってます〜。

カサゴは陸っぱりのルアー釣りや乗合船の夜メバルの(嬉しい)外道として釣ったことがあります。漁港まわりの陸っぱりで釣れるカサゴはほとんど黒っぽいくらいの茶色。夜メバルの乗合船では岸壁から10mくらいの場所で釣るのですが、少し色が明るくて、オレンジも入った茶色をしてました。


比べると、京急大津の海で釣れるカサゴは明るい赤色で本当にキレイです。特にお腹のあたりはピンクに近いほどだったり。美味しそう~に見えます


なぜ大津のカサゴはこんなに色が赤いんでしょう?


カサゴの色について調べると、「浅場のカサゴは色が黒く、深場のカサゴは色が赤い」という話がたくさん出てきます。京急大津の釣り場の水深は平均25mくらいあり、他の大抵の釣り場より深いと思います。でも竿を入れるところは根回りの16~22mくらいが多いです。これって深場に入る??


深場の魚の赤色(キンメダイとかチカメキントキとかみたいな)は保護色だそうです。太陽の光のうち、一番深くまで届くのは波長の長い赤色光です。なので、深場では赤い色が一番光と同化して見えにくくなります。


Chikamekintoki


チカメキントキ。見事に真っ赤。ウチの妻はこういう魚はキライ。

これってつまり、大津の海の水深16m程度の場所には、太陽の光がほとんど届いていない・・・っていうことでしょうか?


東京湾の透明度について調査しているサイトを見たら、東京湾の平均の透明度は約3mと書いてありました。うーん、やっぱり光はほとんど届いていないみたい。


 ⇒ 東京湾環境情報センター「東京湾をとりまく環境-水質」


美味しそうなカサゴの色の背景には「東京湾の透明度の低さ」があるんですね・・・(ちょっと複雑な気持ち^^;)。



1316643831467.jpg
ウチの妻がキライな魚2。

2011年9月21日 (水)

【妄想?】根の上なのに砂地の魚!?

根の上なのにヒイラギ、シロギスが釣れた。


(ワラサ釣行が潰れてしまったので、前回釣行(9/10)の振り返りを追加しときます


ヤマダ電気沖(下の瀬根)の水深16mにアンカリングしました。根を外していれば水深は23mくらいなので、間違いなく根の中腹です。でも、魚探(PS-500C)の表示を見ると底質表示は「レベル1~2」でした(平坦な砂地は0~1、根(岩礁帯)の上だと6~8くらい。魚探初心者なので理解が大雑把ですが^^;)。おかしいなぁ、と思っていました。しばらく釣っていても釣れてくる魚はヒイラギ、シロギス(剣豪さんの獲物)。完全に砂地の魚です。


そばで釣っていたまっつーさんがマルアジを1匹(35cm)を釣ったのですが、周囲に5~6艘浮いている他のボートは全くアジが釣れている気配がありません。僕は50mくらいの小移動を2回して、根の裏側を攻めてみたりもしたのですが、その間(移動中も含めて)、ずっと底質表示は砂地っぽいままでした。



この状況を改めて考えてみると、どうやら「根が砂をかぶった」状態だったように思います。前週は台風が来てましたし、ヤマダ電機沖は岸壁から反射してくる波のせいで複雑で高い波が起きるので、かなり底荒れしていた可能性は十分あると思います。台風で底荒れすると、海に濁りが入り、台風が過ぎた後にアジが爆釣する!という話はよく聞きます。実際、台風の過ぎた後は濁り潮で、石田ボートさんの釣果情報でのアジの「良い人」釣果は連日50匹程でした(3ヶ月振りくらいの好釣果)。


ところが、1週間経って以降は「澄みすぎ」と言われるほどの澄み潮。アジの釣果はトップひとケタの日もある不調ぶりになってしまっています。素人考えなのですが、底荒れ→濁り潮→澄み潮というプロセスの中で、根(特にヤマダ電機沖)にかなりの砂がかぶってしまったのではないでしょうか


とすると、どうなるんでしょう?根にかぶった砂がある程度流れ去るまで、アジは砂をかぶっていない根に移動したりしそう・・・な気がします。実際、最後の最後にアジを7匹ゲットできた「五ッ根」では、魚探の底質表示は「レベル6」でした。



これまた諸先輩方には当然のことかもしれませんが、今後の釣りに備えて頭の隅っこに入れておきたいと思います

2011年9月20日 (火)

【気象情報?】台風15号は・・・。

ワラサ釣行を吹き飛ばした台風。


台風15号「ロウキー」


1316520142322.jpg

憎たらしい奴なので、その姿を睨みつけてやろうとしたのですが・・・。


あれれ


1316520153843.jpg
なんだか美しい••。

こんなに目のキレイな台風は久々かも・・・。


うーん、美しいから許す!(おい)


でも、願わくばどこにも被害を出さずに通りすぎてくれますように・・・



2011年9月19日 (月)

【釣行準備?】明後日(21日)ワラサ乗合乗船予定・・・でした。

今年は悪天候に祟られっぱなしです(>_<)。


明後日、1ヶ月くらい前から予定していたワラサの乗合船に乗船予定・・・だったのですが、台風で船が出そうにありません


Zetubou_2



釣りが好きなお隣のご主人さんに誘われての釣行です(僕はボート釣り主体なので乗り合いにはたまにしか乗りません)。今年は剣崎沖~久里浜沖のワラサがすごく良い!という話がたっっくさん聞こえてくるので、有休を申請して、かなり気合を入れていたんですが・・・。残念


今年は6月くらいから週末が雨だったり台風だったりで釣行中止になることが多くて凹み気味。


ワラサはまだ釣ったことがないんです。チャンスまた作れるかなぁ~・・・。



【妄想?】因縁の巨大アナゴ!再戦はいつ!?

京急大津の海にいる「巨大アナゴ」。デカいです。
初対戦では、敗退でした


昨年10月のある日、京急大津の海に出ました。ボートに1人で乗るのは初めてで、ビシ仕掛けを使うのも初めての時でした。魚探もGPSも無く、海苔棚と航路ブイを目印に富士山根を目指して漕いでいきました。


「ここらへんかな?」というところでアンカーを落とし、まずビシ仕掛けを青イソメ餌で投入。ラインを見ていると、約23mで着底しました。ちょっとガッカリ。この水深では間違いなく根を外してます。そこで仕切り直しのためにすぐリールを巻き始めると「ズシッ」とした重みを感じ、竿がグイーッと弧を描きました。


「あれれ、根掛かりか~?」と思いました。でも竿を立ててみるとグーングーンと重さに周期があります。生物反応を確信しましたが、リールを更に巻くと竿が満月のように曲がります。ポンピングすると少しずつ浮いてきますが、とにかく重い!そしてグングンとした鈍い引きは魚の首の振りとは明らかに違います。リールを巻きながら、「こりゃエイかサメだな」と思いました。ところが・・・。


竿を立てながら慎重にリールを巻き、どうにかビシが水面に上がってくると・・・ハリスに付いていたのは見たこともない「ぶっといウナギ?」のような生き物でした。「なんだこりゃ~~っ


とにかくデカい想像もしたことのないサイズです!ハリスをつかんで魚体を水面まで引き上げましたが、でも2.5号ハリスで抜きあげられる重さには到底見えません。目の前でグネグネうねってる姿を半ば呆然としながら観察しました。うねってる状態でも80cmくらいあるので、伸ばしたら1mはありそうです。


そしてその太さ僕の手は普通の人よりもかなり大きく、千代の富士の現役時代の手形より大きいサイズなのですが、その僕の手で体をギュッと握ってみると、指が後ろまで回らないんです!(胴回りが20cm以上あったということです(@。@))


タモ網もギャフもありません。体をつかんで引き上げようとしました。ものすごいヌメリでとても引き上げられません。口に親指を突っ込んでみようとしました。ところが口を硬く閉ざしていて入りません。そうこう1分半くらい格闘していたら、無念にもハリスがプチッと切れてしまいました。どうやら歯で擦れて切れてしまったようです。「ぶっといウナギ」は悠然と消えていきました・・・。


タオルを使ってつかんでいたら、あるいは取り込めたかもしれません。あの時はビックリしていて思いつきませんでした。


その後、大津の釣果情報や、いろいろなブログ等を見ていると、あれが「京急大津の巨大アナゴ」だということが解りました。


Kyodaianago_2


コイツですコイツ‼あいつと同じ‼
左下のヤツが普通サイズのアナゴですよ。


独立行政法人 水産総合研究センター中央水産研究所 研究報告「東京湾の巨大アナゴの正体」



あの時の経験から、ハリスは最低でも3号にするようになりました。ランディングネットも常備するようになりました。でも、なかなか再戦の機会が巡ってきません。


「この次は必ず取り込んでやるからな~~!!」


ところであんな巨体、持ち帰ったとしてもうまく裁けるんでしょうか・・・??



2011年9月18日 (日)

【便利道具】スマートフォンのバッテリー対策は・・・。

バッテリー対策しないと前に進めません。


とりあえずGPS化に成功したマイiPhone 3GS。


先日の初陣釣行ではバッテリーを心配してGPSログも取らず、位置表示だけさせてみました。すると、AM6:30の岸払いからPM2:00のボート下船まで使って、残り15%くらいでした。2年使っている端末なので、予想よりずっと消費が少ない印象です(その間に周囲の様子や釣れた魚の写真を、合計20枚くらい取って、メールや電話も数回してます。ちなみに京急大津の海は3G回線の電波届きます)。


「DIY GPS」のサイトではログ記録ありで1時間あたり約19%消費、と目安が紹介されてます(3GSで記録タイプ「距離」「100mごと」設定の場合)。バッテリーの劣化も考えれば、GPSログを取るとおそらく5時間弱くらいでバッテリーが切れちゃう。午前中持たない感じですね


これからはログ取りもしていきたいので、バッテリー対策が必須です



ところで、本体のバッテリー容量ってどれくらい?


<iPhone内臓の充電池容量>


  • iPhone 4   1,420mAh
  • iPhone 3GS 1,218mAh
  • iPhone 3G  1,150mAh
  • (参考)iPad   6,613mAh ※iPadさすがにすごいですね


GPSログを取りつつ1日(最大9時間)使って、それから音楽(PV等)を再生しながら帰宅して、それでもちょっと余裕がある・・・そこらへんが最低ラインです。上記の本体の容量から推測すると、純正バッテリーの2倍(2500mAh)くらいは必要でしょうか。


あとは、携帯を買い換えたりすることも考え、機種の制限がない(USB端子で給電できる)ことも必要です。



<iPhone用増設バッテリー候補>


目についたところを・・・。価格はAmazonです。



Powerbar1_3
Powerbar2_3


→重さ80g。とにかくコンパクト。



Powervault1
Powervault2_6


→重さ204g。大容量。USB端子が2つ。片方はiPad用の電圧で、緊急時にはiPhoneの急速充電ができる。



Aurora1 Aurora2


→重さ145g。USB端子が2つ。片方はiPad用の電圧で、緊急時にはiPhoneの急速充電ができる。



Fcubemini1
Fcubemini2_2


変り種。重さ450g。電動リール用バッテリーです。USB端子付き。防水。専用プロテクタ、キャリングケース付き。



この候補をながめていて、大きな問題に気づきました・・・。


普通のサブバッテリー製品は防水、防錆になんてなってませんよね。ボートや乗合船に持ち込めば潮シブキをかぶることは避けられません。端子部分とかは潮気に当たるとすぐダメになっちゃうかも・・・。だとすると、スマホ本体と一緒にジップロックに入れられるサイズか、または自己責任で防水化するしか・・・。


「PowerBar」はなんとか一緒にジップロックに入れられそうかな。あとの2つはデザイン的には惹かれるんですが・・・ちょっと危険かなぁ。


将来、電動リールを買う可能性はあるので、「Fishing CUBE mini」も選択肢です。防水、対衝撃とも安心だし。ただのサブバッテリーとしては高すぎですが^^;。



どうしよう・・・。しばらく悩んでみます~~



2011年9月17日 (土)

【妄想?】(続き)クーラーボックスと氷のしょっぱい関係

海水に直接氷を入れれば水温マイナスは簡単に実現。


関連記事:魚が凍る!?海水氷の塩加減

大きな勘違いをしちゃってました


やっと整理ができたので、補足を書いておきます。



9月15日の記事では、大前提として真水の氷と海水を直接触れさせずに、海水をマイナス3度にする方法を考えてました。真水氷が溶けて海水の塩分濃度が薄くなってしまうと、魚の味が落ちちゃうんじゃないかと心配していたんです。


でも、塩分濃度が薄くなるんだったら、 「塩」 を足してあげればいいんですよねこの方が簡単な気がします。だから、十分なサイズの「干物の漬け汁のペット氷」を用意することが面倒なら、代わりに「塩」を用意していきましょう


<海水氷>


  1. 海水に真水氷を直接入れる。コンビニ氷なら袋から出してザラザラッと。

  2. 塩分が直接氷に触れると、浸透圧の力で氷中の水分が強制的に吸い出される。

  3. 結果として真水氷は普通より早く溶ける。

  4. そして、早く溶ける分、通常よりたくさん熱を奪うので、0℃を下回っていきます。

 ↑「海水氷」のお話です。

 ↓で、プラスの「塩」。


  1. 氷が溶け進むと、海水の塩分濃度が下がります。

  2. ココで、あらかじめ用意しておいた「塩」を投入してあげれば、塩分濃度を維持しつつキンキン状態をキープ。

  3. 海水の塩分濃度(3.1~3.8%)を考えると、用意する塩は「1kgの氷に塩40g」が目安。


干物の漬け汁のペット氷だとマイナス6℃くらいまで期待できるので、海水が凍る状態を作り出せます。もし冷凍庫に余裕があるなら、その方が確実かも。でも、ただロックアイスを海水にぶちこむだけでマイナス2~3℃くらいが実現できるんだったら、こっちの方が手軽でいいですよね。



ちなみに海水にさらに塩を投入し、氷もたくさん使うと、理論的には水温を最大マイナス21.3℃まで下げることが可能です(凍らせないまま)。・・・可能ですが、海水より高い塩分濃度になっちゃうと浸透圧の力で中の魚の水分まで吸いだされちゃうので困りそうです・・・



妻との協議の結果、今後の我が家ではこちらの方法で行くことに決定しました!


「冷凍庫のスペース」と「塩」のトレードです(笑



2011年9月16日 (金)

【妄想?】大津クロムツの南蛮漬けが食べてみたい!

小さいクロムツは南蛮漬けの最高峰らしい。


今年、京急大津でのボート釣りでは、ポツポツとクロムツが釣れてます。サイズは良くても17~18cm程度で、よく釣れても片手の指に満たないくらいですが・・・。


僕も先日(9/10)の釣行で1匹だけゲットできました!(釣れた場所は武山出しの東にある「五ッ根」)


1316181385053.jpg
この地味なやつが大津のレアキャラ。

14cmと小さかったんですが、珍しいのでお持ち帰りしました(妻に「こんなに小さいの!かわいそうに・・・」と哀しい目で見られましたが)。


初めて釣った魚で、どう食べれば良いか解らなかったので、とりあえずアジと一緒に干物にしました。


食べてみたところ、かなり美味しい気がしたんですが、いかんせん身が少なくてよく解りませんでした(ほんの1口食べた息子(僕より舌が肥えてる)曰く、「超美味い。もっと大きいの釣ってきて」」)。



後日、クロムツについてネットで調べてみると、小さいものは南蛮漬けが最高に合う!という話を見つけました。南蛮漬けにすると美味しいとよく言われるのは豆アジやシロギスや小メバルなどですが、ある旅館の板前さんが試しに小型のクロムツで作ってみたところ、いままでで最高の味わいだった!というお話です。


(その気になるお話が出てくるサイトは⇒【こちら】



う~~ん、食べてみたい(笑



京急大津でもレア(毎年釣れる訳ではなさそうなのでスーパーレアかも)に属すると思うので、たぶんチャンスはないかもしれませんが、もし4匹(家族分)釣れたら・・・南蛮漬け確定!!!



1316181403194.jpg
小さくても口に指入れたりしちゃダメですよ。

2011年9月15日 (木)

【釣果情報】9月15日(木)本牧海釣り施設サバ好調!

そろそろサバ祭り開始?


釣り好きな義理の弟(弟といっても同じ年齢)からメールが来ました。


今日(9/15)、朝から本牧海釣り施設の沖桟橋でサビキ釣り。AM10:00までにサバ9本もヒット!!(取り込みでオートリリースになっちゃったものも多かったみたい)


周りでは、アジ、サバ、ソウダ、イナダがパラパラと釣れ続いていたようです(シコイワシは全然釣れていなかった)。


AM10:00頃にパッタリとアタリが止まったため、早々と納竿して帰宅。大名釣りですねぇ~。いいなぁ~(=^o^=)


今日の横浜は干潮12:13だったので、AM10:00は下げ潮止まりくらいかな?夕方にいい潮が流れる日を狙って、午後から参戦もアリかもね~!



ところで本牧海釣り施設と言えば!今年、気になる情報がありました。


東日本大震災以降、根の大部分が消えてしまった・・・、という話です。



<震災前のポイント図>


Honmokupoint


<震災後の集約情報図>


Negakieta


※画像の元ネタは【 こちらのブログ】 から拝借致しました。



釣果が心配されてましたが、例年通り(ちょっと早いくらいかな?)のサバ祭り開幕なら、うれしいニュースですね!!



【妄想?】クーラーボックスと氷のしょっぱい関係

当日のお刺身でもコリコリ感が変わっちゃう。


(H23.9.17追記 この続きの記事があります)


1316010957877.jpg
35cmの良型アジ2本のお刺身。コリコリでした



釣りの先輩方には当たり前のことかもしれませんが・・・



ある船宿でアジの乗合船に乗った日。その日の夕飯のアジのお刺身が抜群にコリコリしていたことがあります。魚をさばくときに気がついたことは、クーラー内の海水がキンキンに冷えていて、触るだけで指先が痛くなるほど。よく見ると下船時に船宿でもらったペットボトル氷の周囲の海水がみぞれ状に凍りかかってました。刺身にしたアジは、氷締めがよく利いた状態だったみたいです(真夏の話)。


普段の手漕ぎボート釣行の時は、水を入れて自宅の冷凍庫で凍らせた500mlのペットボトルを2本くらいクーラーに入れてます。で、帰りにはコンビニでロックアイスを買ってそのままつっこんで補充したりしてます。帰宅しても氷はまだ十分溶け残っていることが多いです。でも、あの氷締めの利いたコリコリ感は再現できません(十分美味しいけど)。


何が違うのかというと、その船宿では乗船前と下船後にそれぞれペットボトル氷をくれるんですが、中の水が「干物の漬け汁にも使える塩水」になってたんです。


下の表は、食塩水の塩分濃度と凍る温度(凝固点)の関係を表してみたものです。水1Lあたりに溶かす食塩の量も書いてみました。


Gyoukoten



海水の塩分濃度は3.1~3.8%らしいです。つまりマイナス3度くらいまでは凍らずに液体のまま。


僕の指先をシビれさせたあのクーラー内の海水は、まさにこの温度だったんだろうと思います(みぞれ状に凍りかけてたので間違いないかな?)。


真水を凍らせた普通のペット氷は0度で解けるので、いくらたくさん投入してもこの温度までは下がりません。


干物の漬け汁は、作り方によっても違うはずですが、だいたい水1Lあたり50~80gの塩を溶かして作ります。もし80gの割合だったとすると、凍る温度は約マイナス6度。なるほど、まわりの海水が凍るわけですね!


クーラーボックスに入れたアジが即死する温度が何度かわかりませんが、あの「マイナス3度」の海水が理想なんだと思います(魚を入れるたびに魚の体温で温度が上がっちゃうので、入れ食いの時ほど難しいと思うけど・・・)。



ところで「干物の漬け汁」。一般家庭の冷蔵庫で凍らせられるの??


国産の冷蔵庫メーカーの製品だと、製品によって設定可能な冷凍庫の温度が違う場合もあるけど、基本的にどの冷凍庫も「マイナス18度」が普通みたいです。


自宅の冷凍庫で試してみたのですが、500mlのペットボトルであれば、2日もあれば凍らせられました。ただし、外側が凍っているように見えても内側がまだ凍ってない状態が長く続きますので注意が必要。


超低温で急速冷凍できればいいのですが、普通の冷凍庫だと外側の水から塩分がジワジワと逃げ出し、塩分濃度が下がった状態で凍り始めます。必然的に中心の方の塩分濃度が高くなって、凝固点の温度が低くなっていくので、中心まで凍るには長い時間が掛かっちゃうのです(溶ける時は逆です。外側は0度で溶け始めるけど、中心に進むほど温度が下がっていきます)。


でも、とりあえず「干物の漬け汁」程度の塩水なら、時間さえかければ普通の冷凍庫で凍らせられるワケです。コレを実践しないテはありません!!(あとで干物作りにそのまま使えるんだし



コリコリしたお刺身をより身近にするためなら、妻の説得くらい・・・。


僕「あの~、2Lのペットボトル凍らせたいんだけど」
妻「そんな場所あるワケないだろ。500ml1本にしとけ!」
ああ、またダメか・・・



2011年9月14日 (水)

【便利道具】iPhoneをGPSとして使う!(後編)

ここで紹介するiPhoneのGPS化は「超初級(へっぽこ)」レベルです。


何せHEPPOですし・・・。


今回は僕がやった具体的な手順をご紹介しようと思います(なんだか低レベル過ぎて恥ずかしい気がしてきました・・・


【手順】


  1. 「Google Earth」をPCにインストール。

  2. KAKEさんのKMLファイルを「Google Earth」の地球画面にドラッグ&ドロップ。
      → 京急大津の海に自動的にズームアップされ、ポイントと航路線が表示されます。

    Kouro
  3. KAKEさん、有難うございます!

  4. 他に登録しておきたいKMLファイルや、ポイント等があればここで登録して一緒に表示させておきます。

  5. 「Google Earth」を全画面表示(F11)にして、京急大津の海全体がちょうど入るようにズームを調整。

    Zzengamen


  6. 「Alt+PrintScreen」で全画面表示のハードコピーを撮る(僕の場合、1920×1080の画像になります)。

  7. 画像を「ペイント」等に貼り付け、BMPファイルで名前をつけて保存。

  8. 「画像編集ツール」などで保存した画像の上部の不要部分(地図じゃない部分)をキレイにトリミングし、地図(航空写真)だけの画像にします。

    Triming
  9. JPEGにしたら字が見にくくなっちゃった。

  10. 【ここがキモです】画像の左上の角の点と、右下の角の点(基準点と呼びます)のGPS座標を「Google Earth」で調べる。

    僕のやり方→「Google Earth」のウインドウと地図画像のウインドウを並べてできるだけ大きく表示し、できるだけ同じようは画角を保ちながら基準点に向かってズームアップしていきます。そして見比べながら、「Google Earth」のカーソルを地図画像の基準点と同じと思われる場所の点(出来る限り正確に)に合わせます。そして「Google Earth」に表示されたGPS座標をメモします(筆記用具で!)。同じ方法で、左下の角の点と右下の角の点の座標を確認します。この座標が不正確だと、その分位置表示がズレます(魚探と併用するなら少しくらいずれていても大丈夫だと思います)。

    ※ 「カシミール3D」というフリーソフトの「マップカッター」という機能を使えば、座標情報を含んだ地図画像をカンタンに作れるのですが、フリー版で使える地図には京急大津の海の航空写真が入ってなかったので、この原始的な方法に落ち着きました。

  11. 「DIY GPS」を購入・iPhoneにダウンロード(先に済ませてももちろん大丈夫)。

  12. 1315956670498.jpg
    山用なのでシンボルは登山靴。

  13. iPhoneにPCメールアドレスを使って地図画像を送信(画像ファイルを添付して送る)。地図画像のiPhoneへの転送方法には他の方法もあります。公式のガイドページもご確認ください。

  14. iPhoneのメーラー(SMSじゃないよ)で添付ファイルをタップすると、「『DIY GPS』で開く」という選択肢が表示されるので、タップして地図画像をアプリ内に保存。

  15. H23.9.29追記 添付された画像をカメラロールに保存するだけでも大丈夫です。DIY GPS内の「地図を開く」の詳細画面の中に、カメラロールから画像を読み込む機能が有るので、そこから開きます。

  16. 「DIY GPS」を起動。「地図を開く」ボタンから地図選択画面を開く。

  17. 1315956687949.jpg

  18. 地図選択画面で画像ファイル名をタップすると、地図の基準点(左上と右下の点)を設定する画面になりますので「60進法」を選択肢、2つの基準点のGPS座標を入力。

  19. 1315956692066.jpg 1315956697796.jpg

  20. 完了したら、地図選択画面の地図名の横の「USE」ボタンをタップ。すると「DIY GPS」が作成した地図画像で動作を開始します。

  21. 1315956701444.jpg 1315956705697.jpg
    これでOK!

  22. 最後に、必ず座標設定が合っているか確認します。もう1回「Google Earth」と見比べてGPS座標を確認(今度は角の点じゃなくて、目立つ建物とかで大丈夫)。

  23. 確認してみて、座標がほぼ正確であれば大成功です!座標がズレてしまっている場合は基準点の座標が間違っているか、または使っている地図画像が平面になっていない可能性があります(「Google Earth」はズームアップし過ぎると平面表示から地上斜め視点にシフトするので注意)。

手順は以上です!



この「DIY GPS」というアプリは「自分で加工した画像を地図として使える」という点がとにかく特徴です。3G回線が圏外でも、Wifiが無くても、バッテリーと衛星捕捉さえあれば動作します。心強いです。魚探の相棒としては良い選択だと思いますよ~。



2011年9月13日 (火)

【便利道具】iPhoneをGPSとして使う!(前編)

GarminのGPSを買わないで済みそう。

海の手漕ぎボート釣りをより楽しもうとすると必要になってくるもの。

 1.ポータブル魚探
 2.ポータブルGPS

これは10年くらい前に発売された辰巳出版の「釣れる!海のボート釣り」にも紹介されてます。まさに海のボート釣りの「2種の神器」!(?)

Tureruuminobotoduri_2

伝説の名著。

魚探は僕も購入済みなので(1年悩みましたが^^;)、あとはGPSです・・・。
これがまた高いんですよね・・・。

1315868435474.jpg
伝説の名著2。

1315868451244.jpg
伝説の名著3。

でも、ここ2年くらいでGPSを巡る状況はド~ン!と変わってきています。
そうです!「身近なGPS」といえばスマホですよスマホ!いまや普及著しいスマートフォンです。

ほとんどのスマートフォンにはGPS機能が標準でついてます。これがうまく使えれば、高いGarminのポータブルGPSを買わないで済むかも・・・。

結果として、うまくいきました!!
先日(9月10日)の京急大津釣行で初めて実践投入してみたのですが、僕のiPhone3GSはナデナデしてあげたくなる程よく働いてくれましたよ~\(^o^)/

1315870342758.jpg
このとおりバッチリ使えちゃいました!!

但し、使い方はめっちゃ単純です。高度なことは全然出来ていません。
ただ海の上で自分のいる位置を、予め登録(記入?)しておいた地図画像の上に表示させただけです。GPSログすら取っていません。
(バッテリー対策を何もしていないので、とにかく最低限のことしか求めませんでした)

それでは、僕がやってみたことをご紹介していきます~。

前編の今回としては、利用したもの(準備するもの)を紹介していきます。

1つめ。まずなんといってもiPhoneのGPSアプリ
コレを選ぶのに苦労しました。

僕の結論はコレです!

「DIY GPS」 (Keiji様提供の有料アプリ)

Diygps_3

僕の購入時点で450円。元々は山用のアプリです。

・最大の特徴は「地図が入っていない」こと。つまり、地図は使う人が自分で入れる必要があるんです(だから「Do It Yourself」)。
・カンタンに言うと、上が北で平面になっている地図画像があれば、なんでも登録して使うことができます(その画像の上に自分の位置を表示させられる)。
・使いたい地図画像を用意する際の条件としては「その画像の左上と右下の角のGPS座標が解ること」です。
・画像を登録し、左上と右下の角のGPS座標を入力してあげさえすれば、設定は完了です。

•【注意】任意のGPS座標を登録して保存する機能はありません。あくまで必要なポイントが記入された地図画像を使うソフトです。

★H23.9.22追記 任意の座標をマーキングする機能はないのですが、GPSログ取得開始→すぐにストップすることでトラックポイントを記録、表示させることができそうです。次回釣行で試してみようと思います。 

★H23.9.28追記 上記のトラックポイントの記録はできました!トラック表示の色や太さの設定を変えればマップ上で視認できるようになります。また、自分でKMLファイルを作成して、トラックとしてインポートすれば、任意のポイントを表示させることは可能です。ただし、複雑なKMLファイルはインポート時にエラーになることもあるようです。 

そして2つめ。このGPSアプリに入れる地図画像を作る(といっても画面をハードコピーするだけ)には、コレです!

「Google Earth」 (PC用・フリーソフト)

Gearth

言わずと知れた世界最強のフリーソフト。

・後述のKMLファイルを画面にドラッグ&ドロップするだけで、京急大津の釣り場のポイント(根の位置)を表示してくれます。
・僕はこのソフトからの画像の切り出しの良い方法を知らなかったのですが、ハードコピー(Alt+PrintScreen)で行けちゃいました^^;
・本体画面で、切り出した画像の角に当たる部分にカーソルを合わせればGPS座標が表示されるので、それをメモメモ。

最後に3つめ。京急大津の海のポイントのGPS座標を示した「KMLファイル」はこちらのBlogで公開されているものです。

「京急大津ポイントのKMLファイル」

Kmlsample

航路の線が太くて海上で見やすいんです!

 → Blog「手漕ぎボート釣り&食べる話」

ブログ主のKAKEさんは、僕みたいな凡人には想像すらつかないほど高度で戦略的なポイントの攻め方をされてます。海底地形や過去の航路、釣果をどんどん蓄積しておられ、未来に活かす姿勢を貫かれています。見ているだけでボート釣りの概念が変わるブログですよ~。

この3つが揃って初めて、僕にも「使える」GPSが実現できました。
すばらしい!!本当に感謝感謝です。

次回は、もうちょっと具体的な手順をご紹介しようと思います。お楽しみに~。

2011年9月11日 (日)

【釣行記】京急大津・石田ボートさん

ヤマダ電気沖不発でしたというよりどこもダメだった?)。
・お昼を過ぎた時点でアジ1匹。移動に移動を重ね、最後の最後に名前も知らない根でどうにか7匹追加。
・でも魚種は豊富で7目達成。怒涛のカサゴコンボも



平成23年9月10日(土)、中潮・干潮AM9:52。
京急大津の石田ボートさんから2ヶ月振りの出航です。
今回も職場の同僚、まっつーさん&剣豪さんと一緒。


前日の波予報も問題なし。


1315724467516.jpg
三浦半島の波の高さ1.5m以下。

天候、風も朝のうちは穏やかそうです。


1315724487566.jpg
期待が高まる天気!だったけど•••。

今回のテーマはこの3つ。


1.iPhoneをGPSとして使い、海の上で迷子にならないようにする!
2.胴突き仕掛けでいろいろな付け餌を試してみる!
3.泳がせ釣りで大物狙い!


・・・だったはずなのですが、あまりにもアジが釣れなくてテーマはぶっ飛んでしまいました


石田ボートさん情報では岸よりのポイントが良い!とのこと。
なので最初のポイントは前回の爆釣ポイントだった「ヤマダ電気沖」に決定!


根の頂上近くの水深16m付近でアンカリングし、3人ともヤマダ電気前で2時間くらい頑張ってみたのですが、まっつーさんが35cmのマルアジを1匹釣ったのみで、アジはさっぱり。
底の方では魚の反応はあるものの、釣れたのはヒイラギ、シロギスと砂地の魚ばかり。周りにも4~5艘のボートがいたのですが、誰も釣れている気配なし。


1315724492027.jpg
今日の一番手さん。

釣っている間に海の様子を眺めていると、澄み潮。台風12号以降、濁りが多いと聞いていましたが、かなりの澄み潮でした。
あまり潮も流れていない感じ(干潮時刻が9:52なので、午前中潮が動かないことは予想の範囲)。


僚船2人の案内役だということもあり、GPS(iPhone)のバッテリーがあるうち他のポイントもチェックすることに。


1315733104749.jpg
iPhoneのGPS化は大成功!その話は次回に。

向かった先は「富士山根」。40分ほどいましたが、良型のキュウセン1匹(赤ベラだったのでリリース)のみ。


1315724494673.jpg
良型。青ベラならキープだったのに。

次に向かったのは「排水溝沖」(大津港から数えて3つ目の排水溝の沖合い300mくらい)。


ここで本日最初のアジが来ました。ギュンギュンというアジの引きがすごく嬉しい


1315724503960.jpg
期待したのですが、その後が•••。

次に来たのは極小記録?のカサゴたんでした。


1315724506584.jpg
ハオコゼかと思った。

ここから突然、怒濤のカサゴコンボが発生します。


1315724509897.jpg
わずか1投で、極小記録更新!!

1315724512232.jpg
ちょっと成長したカサゴたん。リリース。

1315724516733.jpg
「秋空とカサゴ」。キープには小さいかな。

1315730616762.jpg
ダブル?下にどんだけいるんだ!

1315724524352.jpg
もういいよ。

途中から剣豪さんも合流(連続カサゴパンチの目撃者)。
でも、この調子で1日が終わるのはあんまりなので、僕は移動を決意。
でも、どこに行けばいいんだろう?時間はもうすぐお昼。終盤戦に入っちゃう。


周りの海の状況を見渡すと、武山出しあたりに2~3艘浮いている。・・・が、よく見るとオール漕いでる人もいる。ダメみたい。
あと、武山出しとは違うもっと東のほうに5~6艘集まってるところがある。さっきから移動する気配はないみたい。
中根とも違う、あんな場所の根は全然聞いたことが無い。赤い旗が見えないので、石田ボートの人はいないっぽい。


まっつーさんと連絡を取ってみると、偶然にもその謎のボート集団と近い方角で釣っていた。
なんとなくまっつーさんの顔見がてら、あのボート集団のところにいってみよう!と決定。


一直線に漕いでいって、まずはまっつーさんに到達。この場所はネットのブログに出ていた山立ての場所らしい。
到着直後にアジ2匹連続で釣ったって!魚探に頼らないでスゴイ!でもその後はパッタリらしい。


まっつーさんの場所を離れ、魚探画面とiPhoneの画面をにらみながら、更に沖のボート集団に接近します。



ボート集団エリアに入ったところ、魚探には突如として大きな根が映った!魚の反応もかなり出てる。
アンカリングに失敗しながらも、1回目の投入でなんと2本竿両方にアタリがあり、待望の本命アジを一気に2匹ゲット!
(お昼を過ぎ、潮もかなり流れてきているみたい)


1315747227051.jpg
ついに今日のポイントを見つけた!?

アンカリングをしなおしたあと、アタリが遠くなってしまったものの、その後はポツリポツリと拾い釣りの感じでアタリが続く。
2人にメールを送り、ここの今日最後の場所と決めて頑張ることにしました。


1315744660349.jpg
この場所(GPS座標)です。

比較的近くで釣っていたまっつーさんはすぐに合流。剣豪さんはアジを諦め、岸際の砂地でシロギスの数を揃える作戦に出たらしい。
(12時を過ぎた頃からかなり南西風が強くなってきていて、沖合いはリスクもあったので懸命な判断でした)


結果、沖上がりまでの1時間半で、7匹のアジを追加!あとスペシャルゲストの「クロムツ(14cm)」たんが1匹。
他の外道では、良型のウミタナゴ1、チビカサゴ1、ハオコゼ1(チビカサゴかと思った)。
なんとか家族分のお刺身が確保できたかな



1315747406068.jpg
「秋空とアジ」。アジは似合わないな。

南西風の中、頑張って大津港に戻り、石田ボートのご主人に武山出しの東の根について聞いてみると「イツ。漢字は知らん。」とのこと。
そうやら「イツ根」という名前らしい。全然聞いたことが無かった。かなり大津港から東に離れてるけど、新しい引き出しが増えて良かったかも。
(イツ根にいたボートは僕以外全て船外機ボートでした)



結果、僕の釣果はアジ8、クロムツ1(ここまではお持ち帰り)、カサゴ13、ウミタナゴ1、キュウセン1、ハオコゼ1、ヒイラギ1と、振り返れば新記録の7目達成でした。
同行の2人はというと、まっつーさんはアジ8、トラギス1(他外道たくさんリリース)、剣豪さんは良型シロギスを5、キープサイズカサゴ5、最後の最後にゲットしたアジ3、という結果でした。
難しい釣りだったけど、全員にお土産があって良かった。


1315730618121.jpg
ちょっと寂しいかな。

帰宅後、魚をさばく時に良く見ると、8匹のアジ全部が金アジでした。


大津は金アジの割合が高いけど、全部っていうのは初めてかも。



脂の乗りも文句なく、刺身もウマー。


1315726942243.jpg
昼前、妻に「ダメだ。今日はアジ釣れねー」とメールしてあったせいで、刺身がハンバーグと被ることに・・・。

未消化のテーマは持ち越しです!(>_<)

2011年9月 8日 (木)

【気象情報】台風は大陸方面へ

幸いなことに、予報進路では台風は大陸方面へ向かうみたいです。

1315440801340.jpg


1315440812771.jpg

くらー!どっか行け〜〜!!


とりあえず今週末にはダイレクトな影響はなさそうですね


でも、このエリアに台風がいると、東京湾にもうねりが入ってくることは確実なので注意が必要です。


怖いのはいわゆる「土用波」。遠洋の台風のうねりが偶然重なって出来る大波です。


高さ3m以上になると、ボートも転覆の可能性が出てきます(実際の高低差はもっと大きくなっちゃうため)。


今回の台風の位置だと、大津は三浦半島の影なのでたぶん大丈夫だと思います。


それに、先週の台風で海に出られなかったアングラー達が、今週末にこぞって出漁しそう(この時期に2週間連続出漁不可なんて拷問)なので、いざという時は助け合えそうです(転覆を目撃したら、即ボート屋さんに通報です)。




波の高さ、どんな感じになるかなぁ〜。

2011年9月 7日 (水)

【気象情報】台風発生!?マジですか〜!(◎_◎;)

海釣りは危険もともなう趣味です。



それを忘れないようにするため、僕は釣りに行く前には海上保安庁が広報している海釣りの注意点を読み返すようにしています。


今週のにボート釣りの予定があるので、また読んでみました。


海上保安庁「海釣り事故防止のための注意事項」


特に、季節の部分は気にしています。


「秋の気象と海釣りの注意点」


ここに書いてあるとおり、太平洋のフィリピン沖より北側に台風が発生していると、日本沿岸にもうねりがきます。


そこで、念のために、現在の台風情報を調べてみました。


すると•••。


なんと、今日まさに台風14号がフィリピン沖に発生しているではありませんか!?

1315370371796.jpg

産まれたてのホヤホヤ。


1315370383964.jpg

まだ可愛いけど•••。


週末に黄信号ということですか〜〜!?。
・°°・(>_<)・°°・。




どうか発達せずに消えてくれますように•••。

【釣行準備】今週土曜日(10日)出航予定!

今週末、海にボートで出航しようと思います。


当日の風にもよりますが、第一候補はやっぱり京急大津。天気予報を見る限り、天候は安定しそうですね
(週間天気予報は当たる方が少ないので逆に不安ですが・・・


前日PM7:00前のNHK天気予報の波予報がこんな感じであってくれれば万々歳です。


1315319736736.jpg
三浦半島の波の高さ1.5m以下。

2ヶ月振りのボート釣りなので、試してみたいことがたくさんあります。でも、色々なことに手を出すと結果は良くならないので、目標を絞ってみます。ずばり、以下の3つ。


 (1)iPhoneのGPS機能でだいたいのポイント位置を特定する!
    →前回のように魚探だけに頼り「太平洋ひとりぼっち」状態にならないように。
 (2)胴突き仕掛けでいろんなエサを試してみる!
    →イカタン、豆アジ(死にエサ)、冷凍エビを使ってみようと思います。
 (3)泳がせ釣りで青物狙い!
    →9~10月はイナダ、ワラサの回遊もあるかもしれないので期待~。


用意する仕掛けはビシ仕掛け、胴突き仕掛け、泳がせ仕掛けの3つ。
予備は市販のものですが、スタメンは手作りの仕掛けです。


そのうち、今回初チャレンジの「胴突き仕掛け」を紹介します。


<胴突き仕掛け>


す、ご~~くオーソドックスな胴突き仕掛けです。


大物用にするか迷いましたが、まずは確率の高いアジや根魚をターゲットにしてみました。


Doutuki
モトス、ハリスともエステル3号。針はチヌ針4号、サルカン類は10号です。
オモリは30号。コマセカゴは付けないでやってみたいと思います。
(別の竿のコマセに群がる小物魚に、遠巻きに忍び寄る中型魚を狙うため)


2chの釣り版に出てきた話で、この胴突き仕掛けに適当なエサ(スーパーで売ってる豆アジ、冷凍エビ等をちぎる)を付けると面白い!というレスを見たことがあり、1回試してみたかったんです。


(静岡の方では7号ハリスを引きちぎる大物が複数回掛かったというような話も


釣れなければ付け餌を青イソメとオキアミに変え、それでも釣れなければ見切りをつけてビシ仕掛けに切り替える予定です。



天気が良くなるといいなぁ。
 


2011年9月 6日 (火)

【便利道具】魚探の振動子固定具について

一般の人に「魚探買っちゃった」と話すと、100%一瞬固まられます。


どうやらリアクションに困るみたいです。


僕にとっては1年以上も悩みぬいて決めたことなので、つい友人に話してしまう買い物なわけですが・・・。


想像するに、サバイバルゲームをしている人に「赤外線暗視スコープ買っちゃった」と言われるようなものでしょうか?・・・なるほど。固まるかも


1315265738774.jpg
もしかして夜釣りとかにも使える?絶対捕まる(笑

さておき、魚探を買うこと自体が、少なからずボート釣りをこれからずっと楽しんでいきたい!という決意の表れです。


その決意までの過程の中で、1番の問題は価格でした。3万円程度(まともな魚探の中では最安の部類です)の機種を考えていたのですが、サラリーマンのお小遣いの範囲で買うには、ちょっと思い切りが必要な価格でした。


そして2番目の問題は、レンタルの手漕ぎボートに振動子がキチンと取り付けられるか?ということ。もし取り付けが出来なかったら3万円が無駄になっちゃいますので・・・


メーカー品の固定パイプもあります。が、価格が異様に高い!(ほとんどタダのステンレスパイプなのに)その上、手漕ぎボートに使えるかわからないものばかり。いくら説明を探して読み込んでも、船外機ボートやインフレータブルボート(空気で膨らませるやつ)への取り付け方法しか書いてありません


手漕ぎボートのヘリの部分はボート屋さんによって異なり(中には同じボート屋さんでもヘリの形状が違ったりします)、竿受けの「受太郎」を取り付ける時にも苦労するので、ここのところは大問題なのです。


となると、あとは自作しか・・・。


ネットで探すたびに、自作した方々に行き当たります。でも、マネはできません(まったく同じ材料は手に入らない)。
また、工作のレベルが僕の手には手の届かないものだったり(金属に穴をあける、という時点で深夜の自宅では不可能なのです)。
確信をもって解決できるところまで行けませんでした。


でも、シーズンを前に「案ずるよりよこやまやすし!」という気持ちになり、思い切って魚探本体は購入してしまいました。


1315265749091.jpg
「案ずるよりよこやまやすし!」

こうなるともう後戻りはできません。漠然としたイメージだけを頼りに100円ショップ(ダイソー)探索に出発です。
ようなこんな感じの機能さえ果たせれば・・・。


 ・クランプ部分は手漕ぎボートのヘリをしっかり挟めること。
 ・パイプ部分は最低でも長さ60cmくらい。
 ・パイプ部分先端に振動子が取り付けられること。
 ・全体がステンレス製で錆びないこと。


ダイソーを漁ってみたところ、等間隔にネジ穴のあいたステンレスの細長い板を発見しました。
長さの違うものや、L字型のバージョンもあります。要は、しっかりしていて振動子を海面に突っ込めれば良いので、パイプ部分にはコレを使うことにしました。
長さが足りないので、2本をネジでつなぐ必要があります。あと、何かに使えるかもしれないと思い、太さ1.5mmのステンレスワイヤーも購入しました。


1315233584128.jpg
このシリーズです。

他に使えそうなものは見当たらなかったので、次にホームセンターに行ってみました。そこで見つけたものは以下のとおりです。


 ・金属製のクランプ(最大対応幅が13cmほどあるもの。残念ながらステンレス製は見当たらず)
 ・蝶ボルトとナット、ワッシャー(ステンレス製)。


Shindoushiparts1_2


材料はこんなカンジ

1315233599520.jpg
ステンレス製です。4セット購入。

家に帰り、買ってきた材料を使って仮組みしてみます。


おおまかな感じではイメージ通りなのですが、1ヶ所大きな問題があります。
この部分です。


Shindoushiparts2


この2つのパーツをどうやってくっつけるか?

結束バンドを何本も使って縛ってみても良いのですが、せっかくステンレスワイヤーを買ったので、ワイヤーで縛り上げてみることにしました。


1315233610731.jpg
ペンチだけ使って、後は力技で何とか。

結果はこんな感じです。縛るというよりはただのグルグル巻き。かなり力技です。
見てくれは悪いのですが、これ、かなりガッチリと固定されています。


1315233622265.jpg
こんなにいい加減なのも珍しい。

制作費は2000円弱。これでうまくいくといいのですが・・・。



さて、実際の釣行での使用感です。


幸い、京急大津の石田ボートさんのところの手漕ぎボートには取り付けることができました。
ただし、船尾のところにはどうしても取り付けられず、ボートの横辺の少しミヨシ(船首)寄りのあたりに付けられました。
ちょうど漕ぎ手の真横あたりです。


初陣で、使い手(僕)の問題はいろいろと発生しましたが、結果として大活躍してくれました。(⇒実際の釣行の様子


まだまだ完成形にはほど遠い(使えただけで奇跡的)のですが、とりあえずひと安心です。
これからも時間をかけてより良いパーツを探し、改良していこうと思います。
 


1315233628696.jpg
完成度40%くらいかな?
H23.11.16追記 より使いやすく作り直しました。

2011年9月 3日 (土)

【便利道具】クーラーボックスのプルーフケース

クーラーボックスの有効活用

釣りを身軽にするための大切なポイントだと思いませんか?


アジ狙いの釣行ではこのクーラーボックスを使ってます。


「ダイワ プロバイザーIZM GU1600X」

1315054776322.jpg
夏の釣行では氷の交換が必要ですが、それ以外の季節は十分な保冷力です。

アジやイシモチが20~30匹入っても、スペースがだいぶ余った状態なので、そのスペースをどう利用するかずっと考えていました。


ダイワ純正のプルーフケースでは、16L用はクールラインシリーズ用しかなく、プロバイザー用がありません。
しかも深さが浅く、仮にプロバイザー用が出てもたいしたものは入らなそうです。
少なくとも飲み物、できればおにぎりやパンも入るサイズが欲しいのです・・・。


Cocoproofcap01_2 Cocoproofcap02
純正プルーフケース(クールライン用)。イマイチ・・・。

もう1年くらい前から良いものはないかと探していたのですが、最近やっと見つけました!
見つけた場所は東京都瑞穂市にある「JOYFUL HONDA」の1階です。


1315054794191.jpg
MADE IN KOREAと書いてあります。

「LOCK&LOCK」というブランドの「NHPL829」というキッチン向けのストッカーケースです。
サイズは「23.2×16.5×16.2cm」容量は「3.9リットル」。
冷凍、電子レンジ、食器乾燥機すべてOK!(釣りには関係ありませんが)。


1315054803080.jpg

このストッカー、このプロバイザー16Lのクーラーにベストマッチします!


1315054812661.jpg
本当にピッタリ。ちなみに価格は830円。

このストッカーを入れると、底側にはちょうどロックアイスが一袋入るスペースが残ります。


1315054821540.jpg

このストッカーには4辺でロックして密閉できるフタがついているのですが、そのフタを外してもまだピッタリ。


1315054832336.jpg

さらにスゴイところは、このストッカーのサイズと容量です。


1315054841526.jpg
保冷剤がボロボロに汚くてすいません。

このストッカーの底には保冷剤が1つピッタリとおさまります。また、その保冷剤を入れた状態で1Lのペットボトルが入っちゃいます。


1315054851471.jpg
ちなみに500mlのペットボトルだときっちり2本入ります。

まだちょっとスペースがあるので、おにぎりかパンを2つくらい入れることもできそうです。


どうでしょうか?ほぼ僕の理想通りのプルーフケースです。
フタの密閉力がかなりあり、防水性も高いので、他の用途もありそうです。例えば、ボート上で時間がある時に3枚におろした魚の身をジップロックにまとめ、ここに入れておいたり、外道でイカが釣れた時にも他の魚と分け、氷に触れさせないために重宝しそうです。


良い買い物をしました。!


今後、活躍してくれそうで楽しみです!



1315054860287.jpg
犬も入ります(笑

【妄想?】今シーズンの目標(というより夢)

それは「ワラサ」です。それも手漕ぎボートで。

1314978571215.jpg
時に7号ハリスをも引きちぎるボート釣り界のボスモンスター

いろいろな方のブログを拝見していると、手漕ぎボート&大津の海でワラサ、マダイを釣りあげた!という方々がいます。

すべて釣りあげたアジを生き餌にした「泳がせ釣り」での釣果です(マダイはコウジ餌のブッコミ仕掛けの例も)。
ボート釣り初心者の部類の僕から見ると、大拍手!尊敬します!!

他にも大津の海ではクロダイやサワラの大物が来ることもあるようです(あと因縁の巨大アナゴも・・・)。


やっぱり大きな青物は存在感が違います。ボートでワラサ、釣れたらいいなぁ。


ただ憧れていてもしょうがないので、具体的な妄想でもしてみましょう。


泳がせ釣りでワラサを狙うのは定番なので、そこは外して「ビシ仕掛け」で。
(ちなみに、アジ狙いのビシ仕掛けでワラサを釣った!という話は聞いたことがありません)


以下は標準的なアジとワラサの仕掛けの違いです。参考までにマダイ仕掛けも対比してみました。
ボート釣りでの対比なので、ワラサ、マダイは水深40mくらいの場合の仕掛けです。


Hikaku_2


仕掛けの仕組みは片天秤で同じだし、付け餌もオキアミで共通しています。違うのは仕掛け全体の強度です。

かなり違いますね。釣りの仕掛けはその場所で釣れる一番の大物に合わせるのが基本だと思います。

ワラサ仕掛けでアジが釣れれば問題なし?どうでしょう??
思いつくところでは、以下の理由でとっても手返しが悪そうです。


 ・ハリスが長くてコマセとの同調に時間がかかりそう。
 ・やはりハリスの長さで、アタリの感度が悪くなりそう。
 ・仕掛けの取り回しが難しく、取り込みに時間が掛かったり、ボート内で絡んだりしそう。
 ・ハリスの太さや針の大きさで、アジのアタリが減ったり、カカリが悪くなる?(これは違うかも)


どうでしょう?やっぱりアジとワラサは同じ仕掛けでは釣れない?
でもよく考えてみるとボート釣りなりのこんな釣り方も考えられますね。


 ・人とオマツリ(仕掛けが絡むこと)する心配が無く、掛かった魚を思いっきり走らせることができる。
 ・大物の貴重さが違うので、手返しを考えず、時間をかけてファイトすることができる。
 ・(注意点)走らせすぎてアンカーロープに巻きつかれたら、ジ・エンド。


3つ目の注意点はとっても気をつけなくてはならないのですが、ドラグやクッション、それに6:4や5:5調子の竿で

ワラサパワーをいなしていくことを考慮すれば、アジとワラサの間をとった仕掛けでも、

何とか良いチャレンジに持ち込めないでしょうか。


【妄想アジワラサ仕掛け】 ⇒ PE3号、ビシ40~50号、ハリス5号4m、クッションゴム2mm・50cm
            (相当にキビしいチャレンジになりそうですが・・・)


ワラサって、どれだけパワーがあるんだろう?
実は、今月もしかしたら乗合船のワラサに行ける機会があるかもしれません。ボートとはタックルも仕掛けも違いますが、まずは「敵を知る」ことで道が開けるかもしれませんね!


あ、ちなみに泳がせ釣りをやらないというコダワリがある訳じゃありませんよ。
泳がせだけじゃなく、ビシ竿でも狙えれば確率が上がるかなぁ、というお話です。
今年の秋はガンガン泳がせちゃうつもりですよ~!!


1314978582036.jpg

2011年9月 1日 (木)

【魚探初陣!】京急大津・石田ボートさん

過去分の釣行記のポストです。

平成23年7月3日(日)、昨年から何度も(たぶん8回目くらい?)お世話になっている石田ボートさんからの出航。
天候はバッチリ!前日PM7:00のNHK予報では南風弱く、波の高さは1.5m以下。実際に到着してみても、海は鏡のようなベタ凪。朝日が海面に反射してまぶしい。

1314889942910.jpg
晴れてる。凪いでる。珍しい。

今回は職場の同僚2人(まっつーさんと剣豪さん。どっちも釣りのベテラン。ベテランというと相当の年齢に聞こえる?2人とも30代)と一緒です。
で、僕はこの2人から大切なミッションを任されてます。

 ミッション = 「魚探でアジのポイントを見つけろ!!」

ベテランから任されるのは理由があります。
この時期(4月~9月)、大津の海にはポイントの目印になる海苔の養殖棚や航路ブイが全然ありません。
ほんとに、な~んにもありません。沖に出るにつれて「太平洋ひとりぼっち(東京湾だけど)」状態になります。
ポイントとなる根(→海中の岩山)を外れてしまうと、90%ボウズ(→1匹も釣れない)。

そうなんです。この時期の大津の海に挑むには、魚探やGPSで武装していかないと、勝負にならなかったりするのです。

予想通り、出航すると2人は必死に僕のボートについてきます。その妙に忠実な姿に、不思議な冷や汗が・・・(笑

初めて魚探で見る大津の海は、複雑な地形で、大きな魚群が繰り返し現れる単調な映像でした。

・・・ん?単調??
単調なのは当たり前です。デモンストレーション画面でした(汗

その後も、接続端子の向きが違っていて画面が真っ青(僕の頭は真っ白)になったりもしましたが、何とか正しい映像が出せるように。

最初に向かったのは「富士山出し」という根。晩秋から春にかけてアジが手堅く釣れた場所(いわゆる僕達の「鉄板」ポイント)。
でも目印になる航路ブイが無いので、勘を頼りに進みます。・・・が、全然根が見つからない(汗。水深25m程の平坦な砂地ばかり。

「おかしいなぁ~」と思いつつ、あたりを同心円上にグルグル回ってみると・・・、あった!ありました!高さ2m程の小さな根。
富士山根の一部か分かりませんが、とりあえず根です(笑。

ようやく3艘で釣りスタート!
僕はビシ仕掛け+サビキ仕掛けの2本体制。1本ずつ投入して置き竿にすると、程なくアタリ(魚の引き)が!
アタリがあったのはビシ竿の方。幸先よく本命のアジをゲット!

その後も入れ食い(→釣れまくり)とは行かないものの、ポツリポツリとアジのアタリが来ます。
ビシ竿の実績が3匹になったところでサビキに見切りをつけ、ビシ仕掛け2本体制に変更。
その後は20~30分に1回くらいの割合でアタリが来る拾い釣りの感じ(来るときは2本同時に来ます)。
どうやら、根についている群れじゃなく、根の周りを回遊している小さな群れのようです。

PM9:00頃、アタリがピタッとなくなりました。
どうやら、潮の流れが止まったようです(時間的には下げ5分くらいのはずだけど・・・)。

僕の実績はアジ8匹、カサゴ1匹と決して悪くないので、このままここで粘る選択肢もアリ。
実際、しばらく頑張ってみたのですが、アタリは遠いまま。おまけに段々南風が強くなってきてしまいました。
AM11:00頃、風速にして7~8mくらいの感じになってきたので、大事をとって岸寄りの方に移動することにしました。

岸寄りのポイントというと「排水溝沖」と「丸根」が思い浮かびました。
ここから近いのは丸根。よし!目標決定!!

相変わらず目印は無いので、勘を頼りに進んでいきます。
そしてまた「太平洋ひとりぼっち」状態に・・・。根が無いよ~~(汗。

想定した丸根の場所を大分超えたところ(かなり平成港寄り)で、魚探の映像にハッキリとした根を発見!!
水深25mから17mまで上がる立派な根です!

ここ、結果的に大正解でした。

ここでの釣り開始から約1時間の間、怒涛の入れ食い状態!2本目の竿を投入するヒマが無いほどで、アジとメバルが半々の割合で掛かってきます。
一荷釣り(→一度に2匹以上釣れること)も4回ありました。しかもアジのサイズが大きい!大津のアジのアベレージサイズは20~25cmだと思いますが、
25cmを超える良型が混じります(あとで確認したら、27~29cmが4匹もいました)。

でも、やっぱりポイントは難しいなぁ、と思わされたことがあります。
入れ食いの始めにメールを入れて2人を呼び寄せたのですが、ほんの5~10mしか離れていないにもかかわらず、2人には入れ食いタイムが来なかったんです(泣。

ただ、1人富士山根で長く粘っていたまっつーさんは、僕の移動後にも釣果を伸ばしていて、トータルでアジ15匹ゲット。流石です。

僕を追ってかなり長距離を漕いでくれた剣豪さんは前述のポイントの難しさがあってアジ4匹と伸びきれず(ゴメンよ~)。僕自身は19匹、という結果になりました。
僕は他にメバルを10匹強(大半リリース)、シロギス、ウミタナゴも釣れていたので、ボート釣り初の五目達成というオマケが付きました。

1314889953475.jpg
五目写ってます。わかりますか?

と、いうわけで、初の魚探釣りはまあまあの結果となりました!

【まとめ】
・今の季節は平成港寄りの根(通称「ヤマダ電機前」)が良い感じ。何しろ型が大きい。
・すべて2本針のビシ仕掛け。付け餌は青イソメ。オキアミより餌持ちが良くて使いやすい(保存は効かないけど)。
・実は1番の心配だった自作の魚探振動子固定具。うまくボートに取り付けられた。良かった!

1314889964608.jpg
この振動子固定具のことはまた今度。

【開設】ボート釣りを中心としたブログをはじめようと思います。

はじめまして!へっぽこ釣り人のHEPPOです。

子供の頃から釣りが好き。人生の教科書は「釣りキチ三平」でした。
(詳しくはプロフでどうぞ)

職場の同僚に誘われて、初めて海のボート釣りをしたのは平成22年5月4日。
葉山でシロギス狙いでした(ボートからジェット天秤で投げ釣りとかしてました。でも本命13匹ゲット!)。

そして初めてのボートでのアジ釣りは、平成22年8月21日。京急大津。
ポイントも分からず、重いアンカーに苦労しながら頑張って移動を繰り返し(5回も!)、
排水溝前の岸際100~200mで何とかアジを4匹釣り上げました。

それからはもう、誰にも邪魔されず、創意工夫に応えてくれ、ちょっと危険でもあるボート釣りの奥深い魅力に引き込まれっぱなし。

そして・・・。
平成23年6月。ついに買ってしまった。「魚群探知機」。機種は「HONDEX PS-500C」。

これを機にブログも開始です♪

オカっぱりや乗合船も出てきますよ~

よろしくお願いします!

トップページ | 2011年10月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ