2024年4月 8日 (月)

【釣行記】令和6年4月6日(土)伊東・井上丸さん

今年2度目の伊東釣行です!
202404060


相変わらず週末の天候に恵まれず、たまの釣り日和はバッチリ別予定が入ってるという不運コンボ続き。

気が付いたら前回釣行から2ヶ月です。2週に一度は出撃を狙っているので、釣行実現率は20%くらいでしょうか。つらい。


でもやっと出られそうな週末が来ました!

京急大津も凄い黒鯛フィーバーで魅力的ですが、いろいろ悩んだ末、今年の春は伊東優先でいくことにしました。

*今年の目標魚に年無し黒鯛が入ってるので、どこかで帳尻は合わせないと・・・(汗



🏁🏁🏁



さて、今回の狙いは前回と同じ、「カイワリ」「アマダイ」です。
とにかく前回衝撃を受けた「たくさんいるのに針に触れないカイワリ」へのリベンジ!!

仕掛けやコマセにバリエーションを用意して、変化の手数で勝負してみます。いろいろ不安がありますが、とにかくカイワリが釣れてくれれば良い日になるハズ。

それでは実際の釣りの話にまいりましょう!



🏁🏁🏁



【実釣ダイジェスト】

岸払いはAM5:40頃。

≪いきなり失敗!≫

「コマセを車に忘れてきた!」

今回はあらかじめ作り込んだコマセを、新しく購入したコマセバケツに入れてきました。
それを置き忘れ(泣

きっと僕のボートが朝一イチに引き返してくるのを見た方は「何やっとんだ?」と思われたと思います。お恥ずかしい。

でもポイントに到着する前に気付いて良かった。実害は20分くらい。


①AM6:20 カメヤホテル前(カイワリポイント)
水深40m。まずはカイワリ狙い。海上から海の様子も見る限り、色や透明度は前回と大差ありません。水温はかなり上がっています。カイワリの活性はどうでしょうか?

アタリは全然ありません。しかし、先針のオキアミ餌はけっこう齧られたり取られたりします。どうやら前回とは雰囲気が違うようです。

202404068
どんよりしてるけど、穏やか。悪くない条件です。


1時間経っても何も掛かりません。1度、2本目に出したロングハリス仕掛けの竿にヒットがあったものの、途中下車で魚を拝むことはできませんでした。

あれやこれやと30分おきくらいに仕掛けや釣り方に大きく手を入れながら探っていると、たまにアタリが出るんですが、なぜか乗りません。また、乗った!と思ったらすぐ途中下車というパターンも。

前回よりはだいぶマシな状況ではありますが、いまひとつスイッチは入らないようです。

しかし釣り開始から2時間ほど経ったところでやっとしっかりとフッキング!

慎重にリーリングして揚がってきたのは・・・。

202404062
カイワリちゃん!!ナイス!!!


やった!本命ちゃん来ました!!

そして、次の1投げでまたアタリが。

かなり強いガンガンした引き。お相手は・・・。

202404063
振り返ってみるとこの日1番のサイズでした(34cm)。


ハナダイちゃんでした!
大歓迎の外道です。前回の動画でカイワリ同様に手強いところを披露してくれていたお魚さんなので、これもウレシイ♪

その後、少し間を開けてまたヒットが!

202404064
また本命ちゃん!!素晴らしい!!!


2匹目のカイワリ!これはいい感じ?活性が上がってきたかな??

ここからアタリがポツポツと続くようになったんですが・・・。

期待に反して、どんどん気が滅入ってくる展開になりました。

せっかく明確なアタリが来ても乗らない!
なんとか針に掛けても、巻き上げ途中で外れる!

さらに、針が無くなる!
めげずに針を結び直して再投入すると、今度は針どころか、仕掛けが真ん中でスッパリ噛み切られる!

アタリは頻繁にあるのに、全然数が伸びません。

釣りあげられるのはアタリの数の3割くらい。しかもしょっちゅうフグに仕掛けをダメにされ、復帰までに手間と時間を要したりとやたら大変でした。

精神衛生にとても悪い釣り・・・。

でも、気持ちが折れずに頑張れたのは、それでも本命のカイワリちゃんがポツポツと釣れ続けたからです。

AM10:30頃、アタリが止まりました。どうやら風と潮が変わってボートが大きく振られたようです。

この段階で釣れたカイワリは6枚でした。アタリの状況からすればこれは少ないのかもしれませんが、事前に今回の目標にしていた4枚を達成できたのは満足でした。


≪その時海中では≫

さて、ここで自宅に帰ってから確認した海中映像の話。アタリが止まった頃合いを見計い、海にカメラを投入してみました。その時の映像です。

海底付近の映像を見て、いきなり前回の映像との違いに驚きました。

かなり濁っています!

前回はとても透明度が高く、視界も遠くまでありました。しかし今回は海中に浮遊物(おそらくプランクトン)が多く、視界は前回の半分くらいしかありません。

その濁りのせいでしょうか?前回と比べてカイワリやハナダイとオキアミ餌やウィリー針の距離感がかなり近いんです。なかなか食いつきはしないんですが、あと数cmまで近づいたり、鼻チョンしてるんじゃないの?というシーンが何度か見られました。

2024040612mv1
キミ、鼻チョンしてるんじゃないの?パクッと行っちゃえば?(結局咥えずに行ってしまった)


ボートの上から見た海の雰囲気では、こんなに濁っているとはまったく感じられませんでした。
(沈むビシはかなり深くまで見通せていたので、てっきり今回も澄み潮と思っていました)

そして2回目にカメラ付き仕掛けを投入してみたところ、なんとカイワリがヒット!

2024040613mv2
針に掛かって暴れてるシーンは正直あまり面白くもないですね(^^;


残念ながらバイトの瞬間はカメラ範囲外で写っていなかったのですが、カイワリの海中でのファイトを垣間見ることができました。

まだたった2回の比較だけなので安易な判断はできませんが、よく言われる釣りの基本どおり、澄み潮のカイワリは気難しく、遊泳層が濁っているほど針に食いつきやすくなるのかもしれません。

そうすると、問題はカイワリの遊泳層が濁っているかどうかの判別がなかなかつかないことでしょうか?

*海中を撮影した映像を回収したカメラの液晶画面上で見ると、暗くて何が映っているかよくわからないんです。また、動画のサイズが大きくてボート上でスマホに(クラウド経由で)動画をダウンロードすることも無理があります(そもそも塩水で濡れた指でスマホの細かい操作は難しい)。

海中映像の本編は後日Youtubeに投稿予定の動画版釣行記をお待ちくださいませ。



ここから実釣ダイジェストに戻ります。

そろそろ沖に出てアマダイ狙いに切り替える予定時間だったんですが、まだカイワリが釣れる可能性があると思い、もう少し延長することにしました。

するとAM10:40、再びアタリが!

2024040616
頑張れば釣れるカイワリちゃん。辛抱の釣り。


次の1投ではコイツが。

2024040623
絶対ヤバイやつ!!呪い殺されそう(あまり目を合わせないでください)


さらに次の1投ではこの子が。

2024040619
チャリコクラスは何匹か来て基本リリース。もうちょっと大きくなって。


アタリが入れ食いペースになりました。
しかし、相変わらず「乗らない」・「揚がらない」・「針が無くなる」のオンパレードで、先ほどの状況はさらに酷くなった感じです。

もう今日は腹を決め、徹底的にこの状況に付き合うことにしました。


最終的にこのヒドイ釣りを終了したのは丁度12:00頃。この日僕がカイワリ向けに持ち込んでいたすべての仕掛けを失っての「強制終了」でした。

釣れたカイワリは13枚。アタリの数は40回以上はあったと思います。

2024040621
今回最大だったカイワリ(23cm)。もっと大きいのも釣ってみたい。


*カイワリとフグって、仲が良いんでしょうか?一荷で掛かってきたことが3回もありました。カイワリちゃん、友達は選んだ方が良いよ(選んだ結果かもしれない)。

ちなみに最後に釣れたのはカイワリでもフグでもありませんでした。

2024040625
このホウボウちゃんで5目釣り達成です♪


②PM0:30 沖合・水深45mライン
カイワリポイントから北東方向に沖に出ました。予定通りのアマダイ狙いですが、何せカイワリ釣りで延長に延長を重ねてしまったため、時間がありません。

しばらく底トントンをしてみますが、まったくアタリはなく、エサも綺麗なままです。

想定と違う方向にボートが流されているようです。流すラインを修正。

すると、エサは取られたり取られなかったり。

辛抱強く流していると、底トントンの最中に何かがヒット!

元気の良い引き方で楽しませてくれたのは・・・。

2024040627
キダイは初めて。なんだか丸っこくて顔がおトボケ系?尻尾が小さい感じですね。


お初のキダイちゃんでした。今日6目めの魚。にぎやかな刺し盛りが頭に浮かびます(笑

しかし、今回流し釣りで釣れた魚はこの1匹だけでした。アマダイちゃんには出会えずにタイムアップ。

2024040629
一応午後になって晴れてきたんですが、太陽は覗かず薄曇りな感じのままでした。



③PM2:00 伊東港近く(?)
最後に、伊東港近くの海底地形を確認しながらタイラバを落としてみました。

まだ地形が把握できておらず、確認したいエリアが3箇所あったんですが、時間的に回れたのは2箇所。どちらも思っていた海底状況ではなく、魚の反応もありませんでした。

残りの1箇所は次回また改めて行ってみようかな。

そんなこんなでPM2:30に納竿。予報よりずっと穏やかな釣り日和。いろいろあったけど初めてカイワリの「つ抜け」が出来て、良い日でした。



🏁🏁🏁



持ち帰り釣果:カイワリ13(最大23cm)、ハナダイ1(34cm)、キダイ1、マダイ2(*)、ホウボウ1、イトヨリ1

2024040632

2024040633
アタリの数の割に伸びなかったですが、僕的には大漁です!\(^o^)/


*マダイは20cm強とリリースしたいサイズでしたが、針呑みとエラ出血の2尾のみキープ。

こうしてみると伊東の釣果は美味しいお魚さんが揃いますね!遠くても伺う甲斐があります。今回はアマダイが釣れませんでしたが、それはまたの挑戦として楽しみに取っておきたいと思います(^_^)。



🏁🏁🏁



【余談】

冒頭に書いた「コマセ忘れ」以外にも、今回大きな失敗がありました。

なんと、クーラーボックスの水抜き栓が緩んでいたんです!

釣っている最中、なぜかボート内に海水が入ってるなぁ、と不思議でした。雨が降ってるわけじゃないし、波も入ってきてないし。

まさか自分のクーラーから漏れているとは・・・(入れたはずの海水の水位が妙に少ない感じもしてたのに)。

この「漏れ」。結局自宅に到着するまで気づかず、車のリアハッチを開けて水浸しの荷台に唖然としてしまいました。

13年ボート釣りをやっていて初めてのトラブルですが、家族にこっぴどく怒られました・・・。

知らず知らずのうちに頭が固くなってきているようです。反省。



🏁🏁🏁



とにもかくにも、前回と比較すると明らかにカイワリの反応が良くなっていました。もう少し水温があがって春の海になると、もっともっと良くなると噂に聞きますので、楽しみです。

京急大津は4月に海苔棚が撤去されると5月くらいまでが1年で1番低調になる時期なので、伊東で勉強させてもらうにはちょうど良いかもしれません。

梅雨明けからは大津でタチウオを狙う予定なので、それまでの時間を有意義に使えたら良いですね。

いくつになっても、新しい釣りは楽しい。
失敗の繰り返しも含めて、ずっと続けていきたいですね。


2024040635
釣れてくれてありがとう!


2024年2月19日 (月)

【雑談】令和6年2月11日(日)伊東釣行のYoutube動画をアップしました。

釣行動画を公開しました!

釣りの内容はブログ記事のほうがずっと詳しいと思いますが、海中動画は参考になりやすいと思います。

もしご興味があれば良かったらご覧くださいませ。


2024年2月12日 (月)

【釣行記】令和6年2月11日(日)伊東・井上丸さん

2024年初釣行。伊東に行ってきました!
202402110

3ヶ月半振りの手漕ぎボート釣り&今年の初釣りです。

最近はスケジュールと悪天候が組み合わさって見事に出撃チャンスが潰れてばかり。今年も先が思いやられます。

でも、聞くところによると2024年は「3連休」がとても多いらしい。3連休となれば有休が取れなくても天候が良い日を選べるので、出撃チャンスが増えるハズ!

ということで、さっそく2月の3連休の中日に出撃です!


🏁🏁🏁



行き先は「伊東」
4年前に初めて釣行して好きになった場所ですが、その後福岡に赴任したこともあり縁遠くなっていました。
(実は昨年の釣り納めを伊東で考えてたんですが出撃チャンスが見つからないまま今に至る)

いつもの京急大津とはまったく違う海。それだけに、学ぶことも多いです。

さて、前回の伊東釣行ではカイワリ狙いで、結果は1尾と貧果でした(他に真鯛、ハナダイ、ワカシ)。今回は、カイワリ狙いリベンジに加えて、「アマダイ」を狙います。

ちなみにアマダイ釣り経験は完全なゼロ。
「コマセ釣り」を効率よく上達するため、「他の釣りは敢えてしない」と決めていたので、コマセを使わないアマダイ釣りは避けてきたんです。

しかし、もう10年以上が経過し、自らが定める計画上でも釣りの幅を広げる中級者期の終盤に入っていることから、満を持して解禁することにしました。

・・・なんて偉そうに書くこともできるものの、本音はもっと単純な理由です。

釣り人に限らず、広く世間で美味として知られるアマダイを早く食べてみたかったんです。もうガマンできないんです!!(笑



🏁🏁🏁



【初めての「井上丸」さん】

前回伊東に来た際には、オーシャン釣具店さんから出船しました。残念ながらオーシャンさんが閉業されたので、今回の出船は初めてお世話になる「井上丸」さんからです。

202402111
井上丸さん。この事務所(?)前に車が4台ほど停められるスペースがあります。

井上丸さんは長い歴史がある老舗と思いますが、現在のご主人さんはまだお若い方でした。落ち着いた雰囲気と気さくにお話してくださるお人柄を兼ね備えておられるので、とても親しみやすいと感じました。

手漕ぎと船外機もおひとりで作業対応されているようで、出船前や帰港時刻はとてもお忙しそうでした。

朝方、なんとまた「腰痛持ち」さんと遭遇!4年前もご一緒させていただきました。ご縁がありますね♪ そして釣りキチ先生のブログなどで10年以上前からお名前をお聞きしていた「サビキ小僧」さんをご紹介いただきました。初めまして!

202402112
左からサビキ小僧さん、僕、腰痛持ちさん♪

4年振りですが、なんともにぎやかで楽しいスタートになりました♪

*井上丸さんの受付開始時間は日の出時間によって変わります。今回は6:30でした。
*出船時間は受付完了次第すぐ、という感じ。手漕ぎが先で、船外機はその後という順番です。
*お店前の信号を渡ったすぐのところに公衆トイレがあります。
*駐車場がある井上丸さんのお店から出船場所(砂浜)までは200~300mの距離があります。荷物の重い方はキャリーカートがオススメ。
*車は井上丸さんの事務所前に停めますが、車のカギをご主人さんに預ける必要があります。
*バケツはお願いすれば借りられますが、小さめです。
*井上丸さん事務所から東に300m行ったところに「フードストアあおき伊東店」という大きなお店があります。ここには新鮮な魚が安く並ぶそうです。貧果時の補填に最適!(笑



🏁🏁🏁



早速実釣報告へ。

それにしても今回の釣り。肉体的にも精神的にも刺激が強かった・・・。

【実釣ダイジェスト】

当初、朝方の北風時にアマダイ狙いをして、風が東風に変わったらカイワリ狙いに変えることを考えていました。でも腰痛持ちさんのアドバイスで順番を入れ替えることに。
(結果からみても午前中の波がかなり高くて、沖を流すアマダイ釣りはあとにして正解でした)

202402114
海上から見る伊東の日の出。美しい光です。


①カイワリポイント(カメヤホテル前)東側
水深41m。カイワリ仕様の自作ウィリーと胴突き仕掛けの2本竿態勢で狙います。

しかし、手持ちで誘っても、コマセを大判振る舞いしても、置き竿にしてみても、まったくエサが取られません。2時間経ってもまったく状況は変わらず。今日はカイワリちゃん達はお留守なのでしょうか?

おまけに雨が降ってきました。その雨は、気付いたら雹になっている時もありました(めっちゃ寒い)。指がかじかんでエサ付けがいつもより難しい・・・。

今日は大潮。でも表層の潮の流れは不安定で、しかも底層と向きがかなり違う時間もあるようでした。でもしびれを切らしてしまい、無理やり下げ五分時点での流れを基に判断して移動することに。馬の背状になっているカケ下がりの北側に小移動してみます。

②カイワリポイント(カメヤホテル前)北側
水深39m。ここでもエサが撮られない状況が続き、あまり変わりありません。

さらに、沖から入ってくる「うねり」がどんどん高くなってきました。最も高い時ではボートの上下が2mくらいあったんじゃないかと思います。60~70m先にいる腰痛持ちさんのボートが完全に見え隠れするくらいでした。総合的に言って、状況はかなりキビシイ。

しかし、移動から30分ほど経ったところで、胴突き仕掛けの打ち返し投入直後に今日の初アタリが!

202402116
本命ちゃん!!会いたかった!!!

カイワリちゃんです!久しぶり!!

この1枚をきっかけに状況が変わるかと期待したんですが・・・。交通事故的な1枚だったらしく、状況は元どおりの無反応状態。

状況が変わることを信じ、このポイントでは12:30頃までずっと粘ってみましたが、結局この他ウィリー仕掛けにサバフグが1回来たのみ。非常に厳しい状況。

202402117
見たくないカオにまた出会ってしまった。

12:30頃、高かった波がようやく収まってきました。しかしこの時点でクーラーボックスにはカイワリ1枚のみ。気持ちがどんよりと重くなってきました・・・。


その時海中では

さて、自宅帰宅後に確認した海中映像をみた「答え合わせ」です。

ボート上では「魚がいない」と思っていました(エサがほぼそのまま。たま~に頭が齧られる程度という状態が5時間継続)。

この時、どうせ何も映らないだろうと思いながら、海中カメラを投入してみました。

その映像がコレです。

20240211s
たくさんいるのに、3つの釣り針はまったく見向きもされません。


なんじゃこりゃ~~~~!!(;´Д`)

めっちゃたくさんカイワリいます!アミコマセ食べてます!!

この状態で「エサがまったく取られない」・・・。

・・・。

・・・・・・。

くやしい。色々と悔しい。

これは工夫してリベンジを果たさなければいけませんね。

楽しみが増えた・・・気がします(^_^;)。

*この時の海中映像は後日Youtubeに投稿予定です。


③少し沖に出た水深43~45m付近
高いうねりが収まってきて、ようやく沖に出られたのが13時前くらい。アマダイ狙いにはせいぜい1時間くらいしか当てられません。

少ないチャンスを慎重に見極めます。上げ三分の流向から、馬の背地形の東側のラインを流すことにします。

202402119
お昼過ぎにやっと穏やかになってきた伊東の海。いろんな表情を見せてくれました。


人生初のアマダイ狙い。

1流しめ。

最初に20回底を叩いてから、1mずつ4mまで上げ、また底に落とす。次は底を5回叩いて繰り返し。そんな方法でやってみます(仕掛けのほうはごく普通のアマダイ仕掛け。ひと工夫ということで赤のケミホタルを付けました)。

4ターン目に仕掛けを3mに上げた時、いきなり明確なアタリが!

ビンビンとした小気味良い引きで揚がってきたのは・・・。

2024021111
ムシガレイちゃん♪

厳しい今日の状況ではとても嬉しい1枚。釣れてくれてありがとう!
(お店では「ミズガレイ」と言っていました。調べてたら「ムシガレイ」は関東の呼び方みたいですね)

そのまま流し続けて2ターン目。なにやら穂先が細かく震えています。
アワセを入れてみると、何かがヒット!

2024021112
お久しぶり♪

イトヨリちゃんでした。前回の伊東釣行以来なので4年振りの再会です。これまた嬉しい1尾。ヒットが続いて楽しい♪

さらに流し続けて2ターン目。
またもや仕掛けを上げて止めたタイミングで明確で力強いアタリが!!

かなり強い突っ込みです。少しドラグが出ました。

すぐにおとなしくなって上がってきますが、途中でまた強い引き込みがありました。これは・・・もしかして噂に聞く本命ちゃんの引きかも???

澄み潮の中から徐々に見えてきた魚の姿を見て、僕は思わず身を乗り出してしまいました。

2024021113
・・・???!!!?!

アマダイちゃんです!大本命!!やった!!!!

初トライの1流し目で、まさかの大本命。喜びが溢れます。

*この時、アマダイを釣ったことがない僕は気づきませんでしたが、お店のご主人さんに見せると「シロだね」とのこと。まさかの「シロアマダイ」でした。

結局、この奇跡の「1流し目」では本命込みの3種3匹をゲット。流し始めからわずか15分ほどで、それまでの暗い気持ちが吹き飛ぶ結果となりました。
(考えてみればヒメコダイやホウボウが釣れずにいきなりアマダイが来たのはやはりラッキーな気がします)


ただ、この後に流すラインには苦戦。

2流し目はラインが近すぎたのかアタリ無し。
3流し目は1本目のラインの延長線を流してみたものの水深が浅くなりすぎ?でアタリなし。
4流し目は1本目と同じ水深の別の場所で流してみたもののアタリなし。

ここでタイムアップとなりました。
流し方の経験を積むためにも、もっとアマダイ狙いの時間が取りたかったです。

14:00ちょうどに納竿。

貧果の部類ですが、楽しい気持ちで締めくくることができました。



🏁🏁🏁



持ち帰り釣果:シロアマダイ1(26cm)、カイワリ1、ムシガレイ1、イトヨリ1

2024021115
数は少ないけど、美味しい魚4種が揃いました♪ シロアマは本当に幸運☆☆☆

底トントンの釣りは初めてでしたが、かなり楽しめました。これからは積極的に採り入れていこうと思います。



🏁🏁🏁



3連休の中日ということで、帰路には4時間も掛かってしまいました。伊東は遠いですね・・・。

帰りにはナビの勧めで亀石峠→伊豆スカイライン→アネスト岩田ターンパイクと通りましたが、途中で綺麗な富士山が見えたりして、まさに日帰り小旅行という気分でした。


それにしてもカイワリの慎重な摂餌には驚きました。アジと違ってコマセについても慌てず騒がず、譲り合って警戒心を解くことなく選別して食べているようです。

あの冷静な群れの理性を切るにはどうした良いでしょう?いくつか手は思い浮かびますが、きっと手強いでしょう。次の機会からは楽しいチャレンジの始まりですね!o(^_^)o

伊東の海の神様、素敵な出会いをありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします!!



2024年1月21日 (日)

【妄想?】2024年の目標。身の丈にあった目標が大事!?

2024年の目標設定です!
2024goaltitle



今年も年頭にあたって釣りの目標を確認しておきます。

僕の手漕ぎボート釣りはブログを開始したころに建てた「20年計画」がベースになってます。でも、この長期計画はなかなかうまく進まず、もう5年分も落第しています(福岡赴任の2年分も含む)

改めて原因をよく考えてみたところ、「とても単純な問題」に行き当たりました。

それは「釣行回数」

最初の3年間は手漕ぎ釣行回数が年間10~15回。この頃は計画の進行も順調。しかし、近年の年平均手漕ぎ釣行回数は・・・なんとわずか「5.0」回

年がら年中釣りのことを考えているせいもあり、感覚的には「毎年25回くらい釣行を計画して、実際に出られているのは10回くらい」のような気がしてました。

(改めて数えてみたら結構驚いた・・・)

まあ、僕は自分について「釣行が少ないことが強み(陸の上の時間活用を重視)」と考えてます。そういう意味では面目躍如なのかもしれませんね。



🏁🏁🏁



これまで達成できなかった年間目標の例はというと「ダンゴ釣りの基本を押さえる」、「NS釣法の基本を押さえる」など。

そんなの無理!
とても5回程度の釣行で達成できるような目標ではないです。

ましてや、「複数の海域で実績を積む」ような目標は到底無理な相談。

これはやはり、目標の中身をもっと身の丈にあうものに調整していかないといけないですね。



🏁🏁🏁



そもそも釣行回数が伸びない理由はこんな感じ。

①なんといっても「天候運の悪さ」。
②仕事の責任増加に伴う忙しさ(休暇が思うように取れなかったり、休前日の帰宅が遅くなる、休日出勤等)。
③家庭、家族関連の予定との兼ね合い。

このうち②は数年ごとに人事異動等で環境が変わるので影響度合いも変わります。今の仕事は金曜と月曜が休みづらいので、結構厳しいほうかも。
また、③はそもそも人生最優先。問題と捉えるつもりは毛頭ありませんが、子供が小学生~高校生の頃は休日も色々予定が入ったものでした(今はもう子供も大きい)

今後も、環境は変わっていくと思いますが、その中でなんとか最善を尽くしていきたいものですね。



🏁🏁🏁



さて、昨年が20年計画上の8年目扱いだったので、今年は「9年目」扱いになります。
恒例のベースマップではこんな感じ。

2024goalvision

一番右の青い縦書き部分が「10年目標」、その左の記載が「5年目標」です。

現在もっとも大切に取り組んでいるのが5年目標の「もたれアタリを取れるようになること」。この点はかなり順調(?)。特にダンゴ釣りや冬の低水温期に活性の低い魚を釣る経験が良い訓練になっていると思います。

そして、既定のベースマップに基づいた2024年の1年目標は・・・。

・観音崎での釣りを再スタートする!
・1本竿で時合に合わせた釣りをする!
・4、7年目の継続目標を引き継ぐ!(4年目→NS釣法、7年目→ダンゴ釣り)

この3つ(実質4つ)とします。

ただ、釣行回数が少ないことを改めて自覚したので、とてもこれらすべてを達成できる見込みはありません。

そこで、ちょっと変更を加えつつ、優先順位をつけて以下のように整理します。

優先順位① … 1~2本竿で時合に合わせた釣りをする!
優先順位② … 観音崎での釣りを再スタートする!
優先順位③ … NS釣法、ダンゴ釣りそれぞれの経験値を増やす!

「1~2本竿で時合に合わせた釣りをする!」
具体的には竿の数を減らし、適切なタイミングを見極めつつ仕掛けや天秤、ビシの交換を積極的に行っていきます。そうすることで手持ち竿で攻める割合をより高めるとともに、海の状況の観察結果を行動に繋げる感覚を養います。

「観音崎での釣りを再スタートする!」
かつて、2012年に観音崎の海にチャレンジしました。その際、素晴らしい釣果は得られたものの、海に対して自分の実力があまりにも不足していることを実感し、当分の間観音崎の海から離れることを決意しました。それからもう11年。本格的なチャレンジは来年以降にするつもりですが、今年のうちに再スタートを切り、感覚のチャンネル調整を始めたいと思います。

「NS釣法、ダンゴ釣りそれぞれの経験値を増やす!」
この2つの釣りについては、常に準備できてるんです。しかし釣行が少なすぎてなかなか機会が回りません。この状況はすぐには改善しづらいと思うため、この目標達成の可能性はほぼ無いと思います。しかし、なんとか機会を見つけて少しづつでも前進できるよう頑張りたいと思います。

ベースマップに基づく目標設定は以上です。



🏁🏁🏁



次に「今年の目標魚」です。


昨年は「年無しクロダイ」と「ドラゴンタチウオ」でした。しかし、クロダイについては49cmをゲットしたものの結局達成はできませんでした。タチウオに至っては実質チャレンジすら出来ずじまい。

その純粋に悔しい気持ちを大切にしたいので、今年も同じ目標を引き継ぐことにします。

改めて書きます。

2024年の目標魚。

「年無しクロダイ!」
「ドラゴンタチウオ!」



🏁🏁🏁



もうひとつ、目標を決めておきたいことがあります。

Youtube動画の投稿です。

まだまだ初心者ですが、長い目で継続していこうと思います。

今年は以下の動画投稿を目指します。

・釣行動画を5本以上。
・ショート動画を2本以上。
・釣行以外の手漕ぎボート釣りに関する動画を2本以上。

さて、そもそも釣行平均が年5回しかない僕にこの目標が達成できるでしょうか?結構高いハードルだと思います。ちなみに「釣行動画」は手漕ぎ以外の釣りも想定しています。船外機や筏もあり得るかな?と考えています。



🏁🏁🏁



これで目標設定が完了。

目標達成のためにも、早いところ釣り初めを済ませたいですね!

どうか皆様にとっても今年1年の釣りが実りあるものになりますように!




2024年1月14日 (日)

【雑談】今シーズンの京急大津の海苔棚位置計測は中止します。

残念ですが、今シーズンの海苔棚位置計測は諦めます。
202401140


福岡に赴任していた2年間を除き、毎年継続してきた京急大津の海苔棚位置計測とそのKMLデータの公開。非常に残念なのですが、今シーズンは諦めることにします。

昨年11月中旬からずっと機会を窺ってきましたが、延べ9回も中止の憂き目に遭い、実現することができませんでした。

もう、丸2ヶ月間も釣り支度や頭の中の釣り計画が硬直したままになってしまっていて、このままでは2024年の釣り計画に良くない影響が出てしまうと判断しました。

挑戦11年目相当にして、初めての「失敗」ということになります。



🏁🏁🏁



中止してしまうと、今シーズンの海苔棚位置と高根の位置関係の正確な把握できないことはもちろんですが、翌年にデータを取ったときに前年との比較もできなくなってしまうことが気になります。

ただ、前年の海苔棚位置は、運が良ければネット上の情報で把握できる手段があります。

例えば、昨シーズン(2022-2023)は以下のように確認ができます。

202401141up


Yahoo!地図がこのデータに更新されたのはたぶん2023年10月。あ、そういえばYahoo!地図は航空写真ではなく「人工衛星写真」です。


202401142
昨シーズンにこのブログで公開したKMLデータ。


202401143up


2つのデータを重ねてKMLデータの画像を80%ほど透過に。


こんな感じで、Yahoo!地図やGoogleEarthの航空写真データで確認できるんです。

ただ、これは保証された方法ではなく、大津エリアの海上の航空写真データの撮影タイミングが海苔棚シーズンに合わなかったりして、うまく確認できないこともあります。

できれば、うまく欠損データが補完できることを祈ります。



🏁🏁🏁



オマケの話題。

大津エリアの過去の航空写真データは「Google Earth」では年別に見ることができます。

ほとんどの年のデータは、海が荒れていたり、濁り潮だったり、詳細の撮影が省略されていたりして、あまり直接釣りに役立つ画像にはなっていません。

しかし、2005年11月のデータは、凪かつ澄み潮のタイミングにあたったようで、ある程度の水深(水深7~8mくらい?)まで海底地形が写り込んでいます。

これを見ると、大津エリアと伊勢町エリアの間やカゴオトシ根付近にある浅瀬がよくわかりますね。
(よ~く見ると、大津港近くの根の一部も見えるような・・・)

参考までに、同じエリアの海図も載せておきます。

202401144_20240114180601
Google Earthの2005年11月データ。海苔棚の数が近年よりずっと多い!右上のタチウオ船団も凄い!!(画像が暗かったので明るさ補正しています)


202401145
大津港付近の海図です。ざっくりしたもので、細かい部分が参考程度ですね。



🏁🏁🏁



大津の海苔棚計測作業を撮影して動画に編集しようとしてたんですが、今回も実現できませんでした。昨年は計測作業はできたもののカメラトラブルで動画が撮れませんでしたので、2年連続失敗です。

普段の釣行とは違う海苔棚計測作業を動画に残しておきたいな、と思っていますが、また次回に改めてチャレンジしたいと思います。



🏁🏁🏁



さて、これでようやく今年の釣りに向き合い始められます。

次回は記事は今年の目標設定を予定。でも、もしチャンスがあれば、先に釣り初めに行ってきちゃうかも。

もう2ヶ月も手漕ぎボートに乗れていないので、早く出たいなぁ。



«【釣行中止】大津・海苔棚計測に向かうも強風により出船中止!

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ